海外FX70社のレバレッジを徹底比較!ハイレバのメリットとは

海外FX最大の魅力のひとつが、ハイレバレッジです。

最大レバレッジが25倍までに制限されている国内FXとは違い、海外FXには最大レバレッジの制限がありません。

最大レバレッジが高いことにより、少額でも高い資金効率で取引できるロスカットのリスクを下げられる、といったメリットがあります。

国内FX海外FX
最大レバレッジ25倍まで制限なし
ゼロカット禁止ほとんどのFX業者が搭載
ロスカット水準100%20~30%
スプレッド狭い広い
ボーナス少額高額

国内FXのレバレッジ25倍に慣れている方にとっては、ハイレバレッジは危険というイメージがあるかもしれません。

ですが、海外FX業者のほとんどが「ゼロカット」という追証の補填サービスを採用しています。ゼロカットにより追証や借金が発生しないため、ハイレバレッジでも安心して取引することができます。

さらに海外FX各社が提供している豪華なボーナスキャンペーンを活用すれば、自己資金よりも大きなポジションを保有することが可能です。

この記事では、海外FX業者のレバレッジを徹底比較し、ハイレバレッジ以外のスペックも充実しているおすすめ海外FX業者を紹介していきます。

目次

海外FXのレバレッジとは

レバレッジFXの中核概念と言っても過言ではありません。

まずは、海外FXのレバレッジについての基礎を学んでいきましょう。

海外FX業者の最大レバレッジはなぜ高い?

そもそもなぜ、国内FXでは最大レバレッジ25倍なのに、海外FXではハイレバレッジでの取引が可能なのでしょうか?

実はこの差は、FX業者が拠点を置く国の違いによって生じています。

日本に拠点を置く国内FX業者は、日本の金融庁の規制化にあります。日本の法律では、FX業者は25倍を超える最大レバレッジを提供してはいけないという決まりです。

日本における最大レバレッジは、1998年の為替法改正から年々規制が厳しくなっていきました。理由は、FXの歴史が浅い国内で、資金管理ができないトレーダーが無謀な取引を繰り返したことです。

最終的に国内FXのレバレッジ制限は、現在の「最大レバレッジ25倍」という規制に落ち着いています。

一方、海外に拠点を置く海外FX業者には、最大レバレッジの制限がありません。中にはレバレッジ21億倍という、ほとんどレバレッジ無制限のFX業者まで存在します。

日本の金融庁のライセンスを取得していないからといって、ハイレバレッジの取引は危険?

ネット上には、「ハイレバレッジで取引できてしまう海外FXは危険」という意見が散見されます。

しかしそれは決して正確ではなく、資金管理ができないままFXをやるということが危険なのです。

FXが日本に導入された当初に無謀なトレーダーが多かった時期とは異なり、今では日本人トレーダーの間でも投資に関する知識が蓄積され、億単位で稼ぐような専業トレーダーも出てきています。

資金管理さえ徹底すれば、ハイレバ=危険という図式は成り立ちません

2%ルール(損失を自己資金の2%に抑える)といった有名な資金管理方法にもあるように、資金管理を徹底し無理のないトレードを心掛ければ、FXはあなたの資産を増やす心強い味方となってくれるはずです。

最大レバレッジは業者によって変わる

これまで解説してきたように、海外FX業者には最大レバレッジの制限がありません。

よって、海外FX業者各社が、それぞれに自社の最大レバレッジを設定しています。海外FX業者の最大レバレッジは、公式サイトを見ればすぐに分かります。

自己資金と希望する資金効率に合わせて、自分がトレードしたいレバレッジを選ぶようにすると良いでしょう。

また、レバレッジで海外FX業者を選ぶときのポイントとして、最大レバレッジの制限についても見ておく必要があります。ハイレバレッジを提供している海外FX業者でも、口座残高や取引量に応じて最大レバレッジを制限する海外FX業者があるからです。

海外FX業者選びでは、レバレッジ制限に関するルールも合わせて確認しておきましょう。

海外FX23業者レバレッジ比較一覧(スタンダード口座)

では、いよいよ海外FX業者のレバレッジを比較していきましょう。

まずは、各社スタンダード口座に該当する基本口座の最大レバレッジロスカット水準を比較していきます。

海外FX業者(口座タイプ)最大レバレッジロスカット水準
XM trading(スタンダード)1000倍20%
GEMFOREX(オールインワン)1000倍20%
FXGT(スタンダード)1000倍20%
AXIORY(スタンダード)400倍20%
TitanFX(スタンダード)500倍20%
LandFX(LIVE)500倍30%
iFOREX(エリート)400倍0%
FBS(スタンダード)3000倍20%
Tradeview(MT4 XLeverage)200倍100%
HotForex(プレミアム)500倍20%
FXPro(MT4)200倍20%
exness(スタンダード)MT4:無制限
MT5:2000倍
0%
Bigboss(スタンダード)999倍20%
IS6FX(スタンダード)1000倍50%
MyFX Markets(スタンダード)400倍20%
TradersTrust(クラシック)3000倍20%
MiltonMarkets(スマート)1000倍50%
easyMarkets(スタンダード)400倍30%
IFC Markets(マイクロ)400倍10%
FXDD(スタンダード)200倍50%
ironFX(ライブ変動)1000倍80%
FXBeyond(スタンダード)1111倍50%
VirtueForex(スタンダード)500倍100%

STP口座の最大レバレッジは、exnessが最大です。条件付きにはなりますが、なんと最大レバレッジ無制限で取引することが可能。

ロスカット水準は0~30%という海外FX業者が多いですね。ロスカット水準100%だと国内FXとあまり変わりないので、ハイレバでもロスカットの危険が高く、他の業者を選んだ方が良いかもしれません。

最大レバレッジが高いおすすめ業者5選(スタンダード口座)

続いては、上記の海外FX業者レバレッジ比較(スタンダード口座)の中から、レバレッジが高いおすすめ業者を5社紹介していきます。

GEMFOREX オールインワン口座(最大レバレッジ1000倍)

最大レバレッジ1000倍
ロスカット水準20%
ボーナス・口座開設:2万円
・入金:100%
最小取引量0.01Lot
最大取引量30Lot
最大保有ポジション30ポジション
最低入金額1,000円
GEMFOREXオールインワン口座のメリット

  • 国内で2番目に人気の海外FX口座
  • 海外FX業界でもトップクラスの最大レバレッジ1000倍
  • 海外FX業界ー豪華なボーナス
  • スプレッドが狭い
  • VPS・自動売買ツールが無料で利用可能

​​GEMFOREXのオールインワン口座は、初心者でも非常に使いやすいハイレバレッジ口座です。最大レバレッジ1000倍、ロスカット水準は20%とスペックは十分

通貨ペア数は31種類と海外FXにしては少なめですが、自動売買、両建て、スキャルピングが禁止されておらず、自由度の高い取引ができます。

また、GEMFOREXは豪華なボーナスキャンペーンを提供する海外FX業者としても人気です。新規口座開設だけで2万円のボーナスが獲得できるほか、最大500万円の入金ボーナスが毎月開催されています。

ハイレバレッジと合わせてボーナスを利用すれば、かなり有利な資金効率で取引することができるでしょう。

また、口座残高によるレバレッジ制限も、海外FX業者の中では良心的です。

口座残高最大レバレッジ
200万円以上1000倍
500万円以上500倍

海外FXの醍醐味である高いレバレッジと豪華なボーナスを体験したい方にはまずおすすめの口座です。

\\ハイレバを体験しよう//
無料で口座開設をする
(GEMFOREX公式サイト)

GEMFOREXのレバレッジルールについてより詳しくはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の最大レバレッジは1,000倍です。ただ、1,000倍のレバレッジで取引するためにはいくつかの条件があります。 また、GEMFO[…]

blank

GEMFOREX 5000倍口座(最大レバレッジ5000倍)

最大レバレッジ5000倍
ロスカット水準20%
ボーナスなし
最小取引量0.01Lot
最大取引量30Lot
最大保有ポジション30ポジション
最低入金額1,000円
GEMFOREX 5000倍口座のメリット

  • 最大レバレッジが5000倍の超ハイレバレッジトレード可能
  • オールインワン口座と同じスプレッド
  • スキャルピング・両建てが可能

GEMFOREXの5000倍口座は、その名の通り最大レバレッジが5000倍。

最大レバレッジ5000倍は、海外FX業界ではトップクラスに大きい数字で、少ない証拠金で資金効率良くトレードが可能です。

実際に1ドル120円の時に1ロット(=10万ドル=¥12,000,000)のポジションを持つために必要な証拠金を計算してみました。

レバレッジ必要証拠金
1倍120000ドル (=1200万円
1000倍1200ドル (=12000円)
5000倍24ドル (=2400円)

上記のように、1ドル=120円時に1ロットのポジションを持つにはレバレッジ1倍なら当然1200万円、1000倍なら12,000円の証拠金が必要です。

一方、レバレッジ5000倍の場合には24ドル=2,400円の証拠金で1ロットのポジションを保有することができます

GEMFOREXの5000倍口座は、GEMFOREXの他の口座と同じスプレッドを採用しているので、レバレッジ5000倍の好条件だからといってコストが大きくなることはありません。

もちろん、ゼロカットシステムも同様に搭載されているので、入金額以上の損失が発生することも無いので安心してくださいね。

注意点として、入金額の上限が10万円であること、含み益も合算した利益の合計額が100万円を超えると強制決済されることは認識しておきましょう。

FXGT スタンダード口座(最大レバレッジ1000倍)

最大レバレッジ1000倍
ロスカット水準20%
ボーナス・口座開設:5000円
・入金:初回100%以降50%
最小取引量0.01Lot
最大取引量4,000Lot
最大保有ポジション200ポジション
最低入金額500円
FXGTスタンダード口座のメリット

  • 1000倍のハイレバレッジ
  • 仮想通貨トレードでも1000倍レバレッジでトレードが可能
  • 仮想通貨トレードにも力を入れていて取扱銘柄が多い
  • 口座開設ボーナス・入金ボーナスが充実

FXGTスタンダード口座では、FX通貨ペアに加え、仮想通貨も1000倍レバレッジ、ロスカット水準20%でトレードできます。

FX通貨ペアは48種類と平均的ですが、仮想通貨は30種類と海外FX業者としては多様な銘柄が揃えられています。

FXGTは新興海外FX業者ながら、2021年6月に大幅なアップデートを行い、レバレッジが500倍から1000倍へ、口座タイプも5種類に増えたことで、かなりスペックが充実してきました。

ボーナスキャンペーンも豊富で、新規口座開設ボーナス初回入金100%ボーナス追加入金20%ボーナスなど海外FXならではのボーナスが用意されています。

FXGTスタンダード口座の取引銘柄は、銘柄によって最小レバレッジ・最大レバレッジが異なります。

取引銘柄最大レバレッジ最小レバレッジ
FX通貨ペア1000倍20倍
仮想通貨1000倍20倍
メタル・エネルギー100倍10倍
株価指数100倍10倍
株式投資50倍5倍

さらに、取引量でも銘柄によってレバレッジ制限がかかります。

メジャー通貨のレバレッジ制限

該当通貨ペア
AUD/USD・EUR/CHF・EUR/GBP・EUR/USD
GBP/USD・NZD/USD・USD/CAD・USD/CHF
USD/JPY
証拠金(USD)レバレッジ
0~300,000ドル1000倍
300,000~1,000,000ドル500倍
1,000,000~2,000,000ドル200倍
2,000,000~3,000,000ドル100倍
3,000,000~5,000,000ドル50倍
5,000,000ドル20倍

クロス通貨ペアのレバレッジ制限

該当通貨ペア
AUD/CAD・AUD/CHF・AUD/JPY・AUD/NZD
CAD/CHF・CADJPY・CHF/JPY・EUR/AUD
EUR/CAD・EUR/JPY・EUR/NZD・GBP/AUD
GBP/CAD・GBP/CHF・GBP/JPY・GBP/NZD
NZD/CAD・NZD/CHF・NZD/JP
証拠金最大レバレッジ
0~20,000ドル1000倍
200,000~50,000ドル500倍
500,000~1,000,000ドル200倍
1,000,000~2,000,000ドル100倍
2,000,000~3,000,000ドル50倍
3,000,000ドル~20倍
\\ハイレバ取引を体験しよう//
無料で口座開設をする
(FXGT公式サイト)

FXGTのレバレッジルールについてより詳しくはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい

最大レバレッジが1,000倍と、海外FXの中でも非常にハイレバレッジをかけたトレードができるFXGT(エフエックスジーティー)。 ただし、FXGTのトレードで適応で[…]

blank

XM スタンダード口座(最大レバレッジ1000倍)

最大レバレッジ1000倍
ロスカット水準20%
ボーナス・口座開設:5000円
・入金:100%
最小取引量0.001lot
最大取引量50Lot
最大保有ポジション200ポジション
最低入金額500円
XM スタンダード口座のメリット

  • 国内人気No.1の海外FX業者
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 3種類のボーナス

XM tradingは、言わずと知れた老舗海外FX業者で、信頼性・安全性はNo.1です。日本人トレーダーの間では最も人気がある海外FX業者ともいえます。

レバレッジは最大1000倍、ロスカット水準は20%です。取引銘柄も豊富で、FX通貨ペア57種類の他、豊富な株価指数も取引できます。

唯一のデメリットと言えるのが、スプレッドが海外FX業者の中では広く割高なこと。

ただ常時開催のボーナスキャンペーンが豊富なので、ボーナスを活用して自己資金を抑えることができるでしょう。

XMのボーナスキャンペーン
  • 5,000円新規口座開設ボーナス
  • 初回入金100%ボーナス
  • 追加入金20%ボーナス
  • 取引キャッシュバック

XMのレバレッジ制限は、アカウントごと・口座残高による制限です。

有効証拠金最大レバレッジ
200万円~1000万円未満200倍
1000万円以上100倍
\\レバレッジ1000倍を体験しよう//
無料で口座開設をする
(XM公式サイト)

exness スタンダード口座(最大レバレッジ無制限)

最大レバレッジ無制限※
ロスカット水準0%
ボーナスなし
最小取引量0.01Lot
最大取引量7:00~20:59:200Lot
21:00~6:59:20Lot
最大保有ポジション無制限
最低入金額1ドル

exnessスタンダード口座は、海外FX業界で唯一の無制限レバレッジを提供する海外FX口座です。ロスカット水準0%、スプレッドも平均以下なので、ロスカットが起こりづらく、ハイレバレッジに見合うスペックが備えられています。

勿論ゼロカットシステムも採用されています。

なお、exnessの無制限レバレッジを使うには、いくつかの条件があります。

レバレッジ無制限の条件
  • 5ロット以上の取引を達成
  • 10回以上の取引を達成
  • 有効証拠金999ドル以下を維持
  • MT4を利用する(MT5対象外)

これらの条件を満たすことができれば、とにかく高いレバレッジを求めている方にはぴったりのFX業者と言えます。

最低入金額は1ドル(約100円)からと、開始ハードルも低めです。ただかなり尖ったスペックとなっているので、海外FXがまったく初めてという方は、GEMFOREXやXMのようなバランスの良いFX業者がおすすめです。

有効証拠金額によるレバレッジ制限は、以下のとおりです。

有効証拠金額最大レバレッジ
0~999ドル無制限
1,000 ~ 2,999ドル2,000倍
3,000 ~ 9,999ドル1,000倍
10,000 ~ 19,999ドル600倍
20,000 ~ 49,999ドル400倍
50,000 ~ 199,999ドル200倍
200,000ドル以上100倍

スタンダード口座のレバレッジ制限を比較

これまで見てきたように、海外FX業者それぞれでレバレッジ制限が異なりましたね。

口座残高によるレバレッジ制限ではどの海外FX業者のレバレッジが高いのか、表で一覧していきましょう。

海外FX業者(口座タイプ)レバレッジ制限
XM trading(スタンダード)
  • 約200万円以上:最大200倍
  • 約1000万円以上:最大100倍
GEMFOREX(オールインワン)
  • 200万円未満:1000倍
  • 口座残高200万円以上:500倍
AXIORY(スタンダード)
  • 1000万円以上:300倍
  • 2000万円以上:200倍
TitanFX(スタンダード)500倍
口座残高による制限なし
LandFX(LIVE)
  • 500万円以下:500倍
  • 500万円以上:200倍
  • 1000万円以上:100倍
iFOREX(エリート)400倍
口座残高による制限なし
FBS(スタンダード)
  • 0〜2万円:3000倍
  • 2〜20万円:2000倍
  • 20〜50万円:1000倍
  • 50〜300万円:500倍
  • 300〜1500万円:200倍
  • 1500万円以上:100倍
Tradeview(MT4 XLeverage)1000万円以上:100倍
HotForex(マイクロ)3,000万円未満:1000倍
3,000万円以上:75倍
exness(スタンダード)
  • 0~999ドル:無制限
  • 1,000 ~ 2,999ドル:2000倍
  • 3,000 ~ 9,999ドル:1000倍
  • 10,000 ~ 19,999ドル:600倍
  • 20,000 ~ 49,999ドル :400倍
  • 50,000 ~ 199,999ドル:200倍
  • 200,000ドル以上:100倍
Bigboss(スタンダード)
  • 0円~1,999,999円:999倍
  • 2,000,000円~4,999,999円:555倍
  • 5,000,000円~9,999,999円:200倍
  • 10,000,000円以上:100倍
IS6FX(スタンダード)
  • 200万円以上:500倍
  • 500万円以上:200倍
  • 1000万円:100倍
MyFX Markets(スタンダード)口座残高によるレバレッジ制限なし
TradersTrust(クラシック)
  • 200万円以上:200倍
  • 500万円以上:100倍
MiltonMarkets(スマート)
  • 10万円以上:500倍
  • 100万円以上:200倍
IFC Markets(マイクロ)制限なし
口座残高50万円時点で資金移動か口座移行が必要
FXDD(スタンダード)口座残高によるレバレッジ制限なし
ironFX(ライブ変動)
  • 100万円以上:500倍
  • 500万円以上:200倍
  • 1000万円以上:100倍
FXBeyond(スタンダード)
  • 200万円未満:1111倍
  • 200万円以上:200倍
  • 500万円以上:100倍
  • 1000万円以上:50倍

スタンダード口座で口座残高によるレバレッジ制限がない海外FX業者は、以下の4社です。

  • TitanFX(最大500倍)
  • MyFX Markets(最大500倍)
  • FXFD(最大500倍)
  • iFOREX(最大400倍)

レバレッジ制限が緩やかな次の2社も、口座残高が多くてもハイレバレッジで取引できます。

  • HotForex(口座残高3000万円未満まではレバレッジ1000倍)
  • GEMFOREX(口座残高200万円以上はレバレッジ500倍)

最大レバレッジ3000倍のFBSは一見ハイレバ業者に見えますが、口座残高により細かく制限がかけられていくので、レバレッジ重視の方にはあまりおすすめできない海外FX業者です。

海外FX23業者レバレッジ比較一覧(ECN口座)

続いて、ECN口座(低スプレッド口座)の最大レバレッジ、ロスカット水準を見ていきましょう。

ECN口座の典型的な特徴としては、スプレッドがかなり狭い代わりに往復の取引手数料がかかります。(一部取引手数料がかからないFX業者もあります)

海外FX業者最大レバレッジロスカット水準
XM trading(Zero)500倍20%
GEMFOREX(ノースプレッド)1000倍20%
FXGT(ECN)1000倍40%
AXIORY(ナノ)400倍20%
TitanFX(ブレード)500倍20%
LandFX(ECN)200倍30%
FBS(ゼロスプレッド)3000倍20%
Tradeview(ILC)100倍100%
HotForex(プレミアム)500倍20%
FXPro(cTrader)500倍30%
exness(ロースプレッド)無制限0%
Bigboss(プロスプレッド)999倍20%
IS6FX(プロ)400倍50%
MyFX Markets(プロ)500倍20%
TradersTrust(プロ)500倍20%
MiltonMarkets(エリート)200倍50%
easyMarkets(プレミアム)400倍30%
FXDD(プレミアム)500倍50%
ironFX(ゼロスプレッド)500倍80%
FXBeyond(ゼロスプレッド)500倍50%

最大レバレッジが高いおすすめ業者5選(ECN口座)

では、最大レバレッジが高いおすすめ海外FXのECN口座を見ていきましょう。

GEMFOREX ノースプレッド口座(最大レバレッジ1000倍)

最大レバレッジ1000倍
ロスカット水準20%
USD/JPYスプレッド0.0pips
取引手数料無料
初回入金額30万円

GEMFOREXノースプレッド口座は、海外FX業者でも珍しく、取引手数料がかからない低スプレッド口座です。

完全にスプレッドのみで取引できるため、スプレッドと取引手数料の合計額では最安と言えるでしょう。

レバレッジ制限は、GEMFOREXのオールインワン口座(スタンダード口座)と同様、高残高200万円まではレバレッジ1000倍、200万円以上は500倍です。

ボーナス、自動売買は利用できないのでご注意ください。

\\1000倍レバレッジを体感しよう//
無料で口座開設をする
(GEMFOREX公式サイト)

GEMFOREXのレバレッジルールについてより詳しくはこちら。

あわせて読みたい

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の最大レバレッジは1,000倍です。ただ、1,000倍のレバレッジで取引するためにはいくつかの条件があります。 また、GEMFO[…]

blank

FXGT ECN口座(最大レバレッジ1000倍)

最大レバレッジ1000倍
ロスカット水準20%
USD/JPYスプレッド0.3pips
取引手数料片道5ドル
初回入金額25,000円

FXGTのECN口座は、FXGTの中でも最も取引銘柄が多彩で、FX通貨ペア48種類の他、株式10銘柄、シンセティックというユニークな銘柄が用意されています。

シンセティックとは、簡単に言うと合成ペアのことで、FXGTでは「BTCとダウ平均株価」、「BTCとApple」など、ビットコインとの合成ペアが取引できます。

入金ボーナスも豪華で、初回入金100%ボーナス(上限7万円)と追加入金30%ボーナス(上限700万円)が用意されています。

FX通貨ペアのレバレッジ制限はスタンダード口座同様、通貨ペアの種類と取引量による制限です。

CFD銘柄などその他の銘柄は、固定レバレッジが適用されます。

  • 貴金属:200倍固定
  • エネルギー・株価指数:100倍固定
  • 株式:50倍固定
\\ハイレバ取引を体験しよう//
無料で口座開設をする
(FXGT公式サイト)

FXGTのレバレッジルールについてより詳しくはこちら。

あわせて読みたい

最大レバレッジが1,000倍と、海外FXの中でも非常にハイレバレッジをかけたトレードができるFXGT(エフエックスジーティー)。 ただし、FXGTのトレードで適応で[…]

blank

XM ZERO口座(最大レバレッジ500倍)

最大レバレッジ500倍
ロスカット水準20%
USD/JPYスプレッド0.1pips
取引手数料片道5ドル
初回入金額100ドル

XMのゼロ口座は平均スプレッドが0.1pipsとかなり狭く、スキャルピングやデイトレードにかなり適している口座といえます。

狭いスプレッドを謳う海外FXは多くありますが、これほどスプレッドが狭い業者も珍しいです。

その分、スタンダード口座の最大レバレッジ1000倍より小さい500倍のレバレッジが最大になってしまいます。

しかし、狭スプレッド口座には珍しく、口座開設ボーナスを受け取ることが可能です。

他の海外FXの場合、狭スプレッドの口座ではボーナスがなし!というパターンが多いため、口座開設ボーナスを受け取れるのはXM ZERO口座ならではの特徴と言えるでしょう。

最低入金額も500円なので、気軽に始めることが可能です。

Exness ゼロ口座(最大レバレッジ無制限)

最大レバレッジ無制限
ロスカット水準0%
USD/JPYスプレッド0pips
取引手数料片道3.5ドル
初回入金額20,000円

Exnessのゼロ口座は、多くの種類があるExnessの口座タイプの中で最もスプレッドが狭く、1日の95%の時間帯でメジャー通貨ペア30銘柄をゼロスプレッドで取引できます。

 別途手数料はかかりますが、スプレッドがゼロ固定のため、取引コストの管理をしやすいのが特徴です。

もちろん、Exnessの全口座共通のメリットのレバレッジ無制限、最低入金金額10ドル、ロスカット水準が0%などのメリットも享受できます。

注意点は、メジャー通貨ペアの30銘柄以外は取引コストが高く設定されている点です。

ゼロ口座はメジャー通貨を中心にトレードしたい方向けの口座ともいえます。

TitanFX ゼロブレード口座(最大レバレッジ500倍)

最大レバレッジ500倍
ロスカット水準20%
USD/JPYスプレッド0.1pips
取引手数料片道3ドル
初回入金額20,000円

TitanFXのゼロブレード口座は、上級トレーダーにも人気の高い玄人向けの海外FX口座です。

TitanFXは海外FX業者にしては珍しく、信託保全があります。万が一TitanFXが倒産しても顧客資金が守られるため、安全性を重視する方におすすめです。

口座残高によるレバレッジ制限がなく、FX通貨ペア、CFD銘柄をレバレッジ500倍で取引可能です。

スプレッドはかなり低いもののボーナスキャンペーンは一切なく、自己資金のみで取引する硬派な海外FX業者と言えます。

\\500倍レバレッジを体感しよう//
無料で口座開設をする
(TitanFX公式サイト)

TitanFXのレバレッジルールについてより詳しくはこちら。

あわせて読みたい

TitanFXは海外FX業界でもトップクラスの狭いスプレッドを提供しており、スキャルピングなどの短期売買を行うトレーダーに人気の海外FX業者です。 最大レバレッジは[…]

blank

ECN口座のレバレッジ制限を比較

続いて、海外FXのECN口座のレバレッジ制限を比較していきましょう。

海外FX業者レバレッジ制限
XM trading(Zero)
  • 約200万円以上:最大200倍に制限
  • 約1000万円以上:最大100倍
GEMFOREX(ノースプレッド)
  • 200万円未満:1000倍
  • 口座残高200万円以上:500倍
AXIORY(ナノ)
  • 1000万円以上:300倍に制限
  • 2000万円以上:200倍
TitanFX(ブレード)口座残高によるレバレッジ制限なし
LandFX(ECN)1000万円以上:100倍
FBS(ゼロスプレッド)
  • 0〜2万円:3000倍
  • 2〜20万円:2000倍
  • 20〜50万円:1000倍
  • 50〜300万円:500倍
  • 300〜1500万円:200倍
  • 1500万円以上:100倍
Tradeview(ILC)口座残高によるレバレッジ制限なし
HotForex(プレミアム)約3000万円以上:75倍
exness(ロースプレッド)
  • 0~999ドル:無制限
  • 1,000 ~ 2,999ドル:2000倍
  • 3,000 ~ 9,999ドル:1000倍
  • 10,000 ~ 19,999ドル:600倍
  • 20,000 ~ 49,999ドル :400倍
  • 50,000 ~ 199,999ドル:200倍
  • 200,000ドル以上:100倍
Bigboss(プロスプレッド)
  • 5,000,000円~9,999,999円:200倍
  • 10,000,000円以上:100倍
IS6FX(プロ)口座残高によるレバレッジ制限なし
MyFX Markets(プロ)口座残高によるレバレッジ制限なし
TradersTrust(プロ)
  • 200万円以上:200倍
  • 500万円以上:100倍
MiltonMarkets(エリート)口座残高によるレバレッジ制限なし
FXDD(プレミアム)口座残高によるレバレッジ制限なし
ironFX(ゼロスプレッド)
  • 500万円以上:200倍
  • 1000万円以上:100倍
FXBeyond(ゼロスプレッド)
  • 200万円以上:200倍
  • 500万円以上:100倍
  • 1000万円以上:50倍

ECN口座は、そもそもの口座の最大レバレッジがスタンダード口座よりも低く設定されていることがほとんどです。

レバレッジ制限の緩やかな海外FXのECN口座としては、口座残高によるレバレッジ制限のないTitanFX口座残高200万円までは最大レバレッジ500倍のGEMFOREXなどがおすすめです。

海外FXのハイレバレッジの注意点

ここでは、ハイレバレッジの海外FX業者を選ぶときの注意点について解説していきます。

高い最大レバレッジをうたっていても、実際にはレバレッジに制約や条件が付けられていることがあります。

またハイレバトレードでは、徹底した資金管理が不可欠。損切りラインについても解説していきます。

口座タイプごとで最大レバレッジが違う場合がある

海外FX業者によっては、口座タイプによって異なるレバレッジが提供されていることがあります。

傾向としては、低スプレッドで取引できるENC口座では、最大レバレッジが低めに設定されていることが多いです。

海外FX業者を選ぶ際は、ご利用になる口座タイプの最大レバレッジを確認しましょう。

取引ツールごとで最大レバレッジが違う場合がある

海外FX業者の取引ツールには、MT4、MT5、cTraderの他に、海外FX業者が独自に提供する取引ツールがあります。

どの取引ツールを利用するかによって、最大レバレッジが変わる場合があります。

たとえばeasyMarketsでは、MT4を利用する場合は最大レバレッジ400倍ですが、独自取引ツールを使う場合は最大レバレッジが200倍に制限されます。

銘柄ごとに設定されている最大レバレッジがある

取引銘柄ごとに最大レバレッジを設定している海外FX業者もあります。

FX通貨ペアと仮想通貨ペアなどの大きいくくりで分けている場合はまだ分かりやすいのですが、FXGTという海外FX業者では、メジャー通貨とクロス通貨ペアで口座残高によるレバレッジ制限の区分が異なります。

証拠金残高やロット数によってレバレッジ制限がかかる

海外FXで最もメジャーなレバレッジ制限の方法は、証拠金残高やロット数によるレバレッジ制限です。

証拠金残高が増えるほど、あるいは取引ロット数が増えるほど、レバレッジが制限されます。

具体例として、FBSの最大レバレッジは3000倍ですが、口座残高2万円までしか最大レバレッジ3000倍を利用できず、実質のレバレッジ制限がかなり厳しくなっています。

海外FX業者を選ぶときは、口座に入金したい資金の額に対し、レバレッジ制限がかかるかどうかをチェックしておきましょう。

損切り(SL)ラインを決めてポジションを持つ

海外FXで投資を行うときは、利益だけではなく損失が起こり得ることも、頭に入れておかなければなりません。

そこで、いかに損失を最小限に食い止めるか、つまりどのように損切りするかが非常に重要になってきます。

損切りでは、含み損が一定額に達したらポジションを決済するという、損切り(SL)ラインを設定します。

最初のうちは、総資産の-5%を目安に損切りラインを引き、ポジションを持つのが良いでしょう。トレードの感覚がつかめるまでは、いきなり高いレバレッジで取引するのはくれぐれもやめておきましょう。

ハイレバ取引のメリット

続いて、海外FXでハイレバレッジで取引することのメリットを見ていきます。

少ない資金で大きな取引ができる

ハイレバレッジ最大のメリットは、なんといっても少ない資金で大きな取引ができることです。

自己資金が2万円の場合で考えてみましょう。

最大レバレッジ25倍の国内FXでは、50万円までしか運用できません。

一方最大レバレッジ1000倍の海外FX業者であれば、同じ2万円でも最大2000万円まで運用することができます。

同じ金額でも、最大レバレッジが高いほど運用資金の幅が広がり、より大きな取引にもチャレンジできます。

1万円以下の少額から始められる海外FX業者もあるので、初心者の方でもチャレンジしやすいでしょう。

利益が大きくなる

レバレッジ10倍で1万円の利益が出た場合でも、もしレバレッジ100倍でトレードしていれば、利益は10倍の10万円です。

用意できる自己資金が少ない人ほど、ハイレバレッジで取引した方が資金効率の面で圧倒的に有利です。

国内FXよりも格段に高いレバレッジで取引できるので、元手が少なくても一攫千金を狙えるチャンスは十分にあります。

趣味程度にコツコツ資金を貯めたい場合や、自己資金が大量にある場合を除き、ハイレバレッジは抜群に有利だということを覚えておきましょう。

必要証拠金が少ないためポジションを多く持てる

ハイレバレッジの海外FX業者なら、証拠金が少なくてもポジションを多く持つことができます。

必要証拠金の計算式は以下です。

取引したい金額(取引量)/ 最大レバレッジ

例えば1000万円分のポジションを持ちたい場合の必要証拠金は、

【レバレッジ25倍】
10,000,000 / 25 = 必要証拠金40万円
【レバレッジ1000倍】
10,000,000 / 1,000 = 10,000円

のようになります。

どちらが必要証拠金が少なく済むのかは、一目瞭然ですね。

たとえゼロカットされて全額証拠金を失ったとしても、レバレッジ1000倍の痛手はたった1万円です。

ポジションを多く持てる・損失額を抑えられるのがハイレバトレードということです。

ハイレバ取引のデメリット

ハイレバレッジによるデメリットは、利益が大きくなると同時に、負けたときの損失も大きくなるということです。

10万円の利益を得る可能性があるということは、10万円を失う可能性も大いにあるということ。

当たり前の話なので、ハイレバレッジ=危険というのは少々短絡的でしょう。

ハイレバレッジの危険性をしっかりと理解するには、「最大レバレッジ」と「実効レバレッジ」の概念を押さえておく必要があります。

正確な表現としては、「最大レバレッジの高い海外FX業者」を利用し、「高い実効レバレッジで取引すること」が危険なのです。

次の章でもう少し深掘りしてみましょう。

実効レバレッジの計算方法

おさらいまでに、「最大レバレッジ」とは、各海外FX業者が設定している、その口座で利用できる最大倍率のレバレッジのことです。

「実効レバレッジ」は、現在あなたが保有しているポジションで実際に効いているレバレッジ倍率のことです。

FXで重要なのは、現在のレバレッジ倍率である実効レバレッジになります。実効レバレッジは、以下の計算式で算出することができます。

実効レバレッジ = (取引量 × 現在のレート) / 有効証拠金(資金合計+評価損益)

実効レバレッジの計算例

実際に実効レバレッジについて計算してみましょう。

取引条件
  • レート:1ドル100円
  • 1Lot=10万通貨
  • 5Lotのポジションを保有
  • 有効証拠金:100万円

100万円の有効証拠金で5Lotを保有すると、この時点の実効レバレッジは次のようになります。

(5Lot × 100,000通貨 × 100)/ 1,000,000 = 50

ということで、レバレッジ50倍が実際に効いている実効レバレッジです。

最大レバレッジ1000倍の場合、5Lotのポジションを持つのに必要な証拠金は5万円ですから、95万円分の損失までは耐えられるということです。

しかし、元手資金が10万円しかない場合、実効レバレッジは500倍です。

(5Lot × 100,000通貨 × 100)/ 100,000 =500

ロスカットに耐えられる損失額は、元手100万円の場合から大幅に減り、5万円の損失ですぐにロスカットされてしまいます。

これが、最大レバレッジと実効レバレッジの関係です。

ロスカットを防ぐには、自己資金が少ないにしろ多いにしろ、「最大レバレッジの高い業者を選んでおく方が有利」というのは、こうした仕組みのためです。

間違えても最大レバレッジギリギリでポジションを持ってはいけません。取引がフルレバ(最大レバレッジに近い実効レバレッジでのポジション保有)に近くなりほど、小さな値動きでもロスカットされてしまいます。

FXでは、自己資金額に対し無理のない取引ロットを保有することが不可欠ということですね。

海外FXのレバレッジ1000倍でどれくらい稼げるのか?ハイレバ取引シミュレーション

ここでは、ハイレバトレードのイメージが湧かないという方のために、最大1000倍レバレッジで取引するとどれくらい稼げるのか、シミュレーションを行ってみましょう。

海外FX業者の例として、GEMFOREXのトレードスペックを引用します。

GEMFOREXのトレードスペック
  • 最大レバレッジ:1000倍
  • ロスカット水準:20%
  • 1Lot = 100,000通貨

比較対象として、以下の条件の国内FX業者のトレードスペックは以下とします。

国内FX業者のトレードスペック
  • 最大レバレッジ:1000倍
  • ロスカット水準:100%
  • 1Lot=100,000通貨
取引条件
  • 取引通貨ペア:USD/JPY
  • レート:1ドル=100円
  • 自己資金=100,000円
  • 利確幅:20pips

レバレッジ1000倍の場合フルレバレッジで100Lotを保有できますが、GEMFOREXの最大Lotは30Lotなので、保有ポジションは30Lotとしておきます。

一方国内FXのレバレッジ25倍では、保有可能な最大ポジションは2.5Lotです。

有効証拠金は同じく10万円からスタートすると、利確が20pips、40pips、60pipsのそれぞれで、利益は次のようになります。

GEMFOREX国内FX
最大Lot30Lot2.5Lot
利益20pips60,000円5,000円
利益40pips120,000円10,000円
利益60pips180,000円15,000円

同じ金額の有効証拠金からスタートし、利確幅が同じであったとしても、レバレッジ25倍の国内FXとレバレッジ1000倍の海外FXでは、これだけ利益に差が出ます。

実際にはフルレバレッジで取引することはありませんが、最大レバレッジはそのまま資金効率、つまり最終的な利益額に直結します。

自己資金額に関わらず、

  • 最大レバレッジが高い方が稼げる
  • 最大レバレッジが高いほどロスカットされにくい

という点を抑えた上で、自分に合う海外FX業者を選んでいただければと思います。

海外FXのレバレッジに関するよくある質問

最後に、海外FXのレバレッジに関するよくある質問にお答えしていきます。

海外FXのレバレッジは最大で何倍ですか?

海外FX業者には、国内FXのように最大レバレッジの制限がありません。そのため、各海外FX業者が自由に最大レバレッジを設定しています。

レバレッジが一番高い海外FX業者はどこですか?

条件付きにはなりますが、海外FX業者で最もレバレッジが高い業者は、exnessというFX業者がレバレッジ無制限で取引できます。

レバレッジ制限なしの業者はありますか?

TitanFX、iFOREX、MyFX Markets、FXDDなどは、口座開設数や取引量によるレバレッジ制限がありません

海外FXでレバレッジ1000倍の業者はどこですか?

レバレッジ1000倍の海外FX業者は、以下の4社です。

  • GEMFOREX
  • FXGT
  • IS6FX
  • MiltonMarkets

海外FXでレバレッジ3000倍の業者はどこですか?

レバレッジが3000倍の海外FX業者は、以下の2社です。

  • TradersTrust
  • FBS

ただFBSはレバレッジ制限が厳しいので、利用するのであればTraders Trustの方がおすすめです。

実効レバレッジの計算方法を教えてください。

実効レバレッジは、以下の計算式で算出することができます。

実効レバレッジ = (取引量 × 現在のレート) / 有効証拠金(資金合計+評価損益)

海外FXのハイレバレッジは強制ロスカットされやすいですか?

最大レバレッジが高いほど必要証拠金が少なくて済むので、海外FXは国内FXよりもむしろロスカットされづらいといえます。

口座残高が少ない状態で、実効レバレッジが高くなった場合はロスカットされやすくなります。

ご自身の資金量に見合ったポジション保有を心掛けましょう。

海外FXのCFDのレバレッジは何倍で取引できますか?

海外FXのCFD銘柄のレバレッジはFX業者によって異なりますが、多くの業者でFX通貨ペアよりも低い最大レバレッジが設定されています。

ハイレバレッジでCFD取引をしたい方は、CFD銘柄もレバレッジ1000倍で取引できるFXGTがおすすめです。

海外FXの原油のレバレッジは何倍で取引できますか?

国内の原油取引の最大レバレッジは20倍です。

一方海外FXでは、原油取引の最大レバレッジ制限はありません。

原油のレバレッジが高い業者としては、TitanFXがレバレッジ500倍で取引することができます。

まとめ

今回の記事では、海外FXのレバレッジの特徴と、ハイレバレッジの海外FX業者を選ぶときのポイント、さらにおすすめ業者についても紹介してきました。

最後に、内容をまとめておきましょう。

  • 海外FX全体では最大レバレッジの制限がない
  • 業者ごとに最大レバレッジ・レバレッジ制限ルールが設定されている
  • 業界最高のレバレッジはexnessのレバレッジ無制限
  • ハイレバレッジほど資金効率が高く、ロスカットもされづらい

ハイレバレッジを上手に活用すれば、資金効率が高まるだけではなく、リスクも最小限に抑えながらFXを楽しむことができます。

ご紹介したおすすめ業者はこちらです。

【STP口座(基本口座)のおすすめ海外FX業者】

海外FX業者(口座タイプ)最大レバレッジロスカット水準最低入金額
exness
(スタンダード口座)
無制限0%1ドル
TradersTrust
(クラシック口座)
3000倍3000倍5,000円
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1000倍20%1,000円
FXGT
(スタンダード口座)
1000倍20%500円
XM
(スタンダード口座)
1000倍20%500円

【ECN口座(低スプレッド口座)のおすすめ海外FX業者】

海外FX業者最大レバレッジロスカット水準初回入金額
exness
(ロースプレッド口座)
無制限0%200ドル
TradersTrust
(プロ口座)
500倍20%20,000円
GEMFOREX
(ノースプレッド口座)
1000倍20%30万円
FXGT
(ECN口座)
1000倍40%25,000円
TitanFX
(ブレード口座)
500倍20%20,000円

中でもXMやGEMFOREX、FXGTはゴールドや日経225もハイレバレッジで取引することが可能。

AXIORY(アキシオリー)やTitanFX(タイタンFX)はハイレバで且つスペックが高いのでおすすめです。

当サイトでは、ハイレバレッジ以外にも、トレードスペック別におすすめの海外FX業者を解説しています。

こちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

海外FXのおすすめ業者ベスト15と優良業者を見分ける方法を紹介!【2022年度最新版】