レバレッジ無制限(21億倍)の業者が存在する?Exnessの実体を解説

海外FXに興味があったり、利用しているなら「海外FXにはレバレッジ無制限の業者が存在する」といった話を聞いたことがある方も少なくないでしょう。

国内FXでは考えられないような話ですが、Exnessという海外FX業者では、いくつかの条件はあるものの、「レバレッジ無制限(約21億倍)」を提供しています。

この記事では、そんなExnessの概要や、レバレッジ無制限の注意点・メリット・デメリットなどについて解説しています。

海外FXにはレバレッジ無制限の業者が存在する

レバレッジ無制限(21億倍)が利用可能な海外FX業者は「Exness」です。

ただし、レバレッジ無制限を無条件で利用できる訳ではなく、いくつかの条件をクリアすることで利用が可能になります。

これから、Exnessの概要とレバレッジ無制限を利用するための条件をチェックしていきましょう。

Exnessはこんな業者

Exnessは2008年に設立された海外FX業者で、一時期は日本市場から撤退していたものの、2020年に日本人向けのサービス(公式サイト・日本向けサポートなど)を再開しました。

そんなExnessの特徴として挙げられるのは「レバレッジの高さ」で、いくつかの条件はあるものの、前述の通り無制限のレバレッジを利用可能です。

「すぐロスカットされるのでは?」と心配になりますが、Exnessではロスカット水準が0%に設定されており、レバレッジを限界までフル活用することができます。

また、以下のような商品を取り扱っており、各商品ごとの銘柄も豊富です。

取扱い商品一覧

  • FX(為替)
  • 貴金属
  • 仮想通貨
  • エネルギー
  • 株式
  • インデックス(指数)

ハイレバレッジを提供しているということもあって、信頼性に疑問を持たれる方も居るかも知れませんが、Exnessの関連グループは世界各国にサービスを展開しており、グループ会社の中には「CySEC(キプロス)」「FCA(イギリス)」といった信頼性の高いライセンスに登録している会社もあります。

ただし、ボーナス・キャンペーンなどには積極的ではないため「ボーナスを利用して、ノーリスクでレバレッジ無制限のトレード」といったことはできません。

ボーナス・キャンペーンが無いのが残念なポイントではあるものの、総合的に見るとスペックの高い海外FX業者であると言えるでしょう。

Exnessでレバレッジ無制限(21億倍)を使う条件

Exnessでレバレッジ無制限を利用するためには、一定の条件をクリアしないといけません。

Exnessでレバレッジ無制限を利用するための条件は、以下のとおりです。

  • 5Lot以上の取引を行う(累計)
  • 合計10往復以上の取引を行う
  • 口座残高が999ドル以下である(証拠金)
  • MT4口座を利用している
  • 仮想通貨などレバレッジが制限される商品を取引しないこと

上記全てを満たしている必要があります。

5Lot以上と聞くとハードルが高く感じられるかもしれませんが、あくまで累計のため、1回で5Lotの取引が必要な訳ではありません。

その他の条件に関しても、一般的なトレードの範囲で十分にクリア可能な条件であると言えるでしょう。

Exnessでレバレッジ無制限を使う際の注意点

Exnessのレバレッジ無制限は一定の条件をクリアすると利用可能ですが、いくつか注意したいポイントもあります。

これから、Exnessのレバレッジ無制限の注意点をチェックしていきましょう。

レバレッジ無制限を利用するには設定を変えなければいけない

Exnessでレバレッジ無制限を利用する際は、予め設定を変更しておきましょう。

というのも、Exnessのレバレッジ無制限は条件をクリアさえすれば、自動的に設定される訳ではありません。

Exnessでレバレッジ無制限を利用したい場合は、Exness内の「レバレッジ設定」を変更する必要があります。

以下の手順で、レバレッジ設定の変更が可能です。

レバレッジの変更手順

  1. Exnessのマイページへ
  2. レバレッジを変更したい口座を見つける
  3. 設定マークへ(歯車)
  4. 「レバレッジの変更」へ
  5. 「レバレッジ設定」へ
  6. 利用したいレバレッジへ変更する

レバレッジを下げたい場合も、同じ手順で変更可能になっています。

柔軟に最大レバレッジを変更できるため、運用方法に応じて細かく調整するのがおすすめです。

スプレッドを考慮すると本当にレバレッジ無制限というわけではない

Exnessのレバレッジ無制限はスプレッドを考慮すると、本当に無制限であるとは言えません。

Exnessのレバレッジ無制限では、21億倍のレバレッジが利用可能となっており、単純計算で100円で2,100億円のポジションが持てることになります。

しかし、実際の運用において、100円で2,100億円のポジションを持つことはできません。

というのも、実際に運用する際は、スプレッドがコストとして発生します。

例えば、USD/JPY(1ドル = 100円)で1Lotポジションを持つと仮定しましょう。

仮に、スプレッドが1.0pipsであった場合、取引コストは1,000円になります。

実質的に、スプレッドは含み損であるため、この場合最低でも1,000円の証拠金が必要ということになります。

このような点を考慮すると、100円の証拠金で単純に2,100億円のポジションを持てるといったことではないことに注意しましょう。

超ハイレバレッジはロスカットされやすいので注意

Exnessはレバレッジ無制限が利用できますが、当然ハイレバレッジではリスクも高くなります。

一例として、レバレッジ3,000倍で運用を行ったケースで、Lot数ごとにロスカットされるpipsを簡単にチェックしてみましょう。(レートは1ドル = 100円、証拠金1万円、1Lot = 10万通貨)

Lot数ロスカットされるpips
0.5Lot20pips
1Lot10pips
5Lot2pips
10Lot1pips
100Lot0.1pips

Lot数が大きくなるにつれて、余裕が無くなっていることが分かるでしょう。(また、実際のトレードではスプレッドもあるため、その点を加味すると上記の計算以上にシビアです)

上記はあくまで一例ですが、レバレッジ無制限であっても無理なポジションを持つと、当然ですがリスクが高くなります。(ロスカットされやすくなる)

ストップレベルが広いので超ハイレバトレードは難易度が高い

Exnessはスプレッドが狭いものの、ストップレベルが広いため、ハイレバトレードにおける利確までのハードルが高いです。

以下が、Exnessの平均スプレッド・ストップレベルです。(スタンダード口座)

通貨ペア平均スプレッドストップレベル
USD/JPY1.1pips2.7pips
USD/EUR1pips1.8pips
USD/GBP1.2pips2.5pips
USD/CHF1.4pips1.5pips
USD/AUD1.4pips2.2pips
USD/CAD2.1pips2.5pips
USD/NZD2pips4pips

上記したようなスプレッド・ストップレベルだと、レバレッジ無制限を活かして小さなpipsで利益を出すといったことが難しいのが実情です。

レバレッジ無制限が使えるのはMT4口座のみ

Exnessで、レバレッジ無制限が利用できるのは「MT4口座のみ」となるため注意しましょう。

Exnessでは、以下のような4つの種類の口座が提供されており、各口座種類ごとにMT5口座・MT4口座の選択が可能です。

  • スタンダード口座
  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • プロ口座

MT5口座を利用してしまうと、レバレッジは2,000倍に制限されます。

残高によってレバレッジ制限がかかる

前述の通り、Exnessのレバレッジ無制限を利用するには、口座残高(証拠金)が999ドル以下である必要があります。

999ドルを超えてしまうと口座残高(証拠金)の金額によって、段階的なレバレッジ制限がかかります。

口座残高最大レバレッジ
0ドルから999ドル無制限
(条件に該当する場合)
0ドルから4,999ドル2,000倍
5,000ドルから29,999ドル1,000倍
30,000ドル〜500倍

仮に999ドルを超えてしまったとしても、比較的高いレバレッジを利用可能なものの、注意点に挙げられるでしょう。

含み益が増えすぎると残高が1000ドルを超えてレバレッジ制限の可能性がある

Exnessのレバレッジ無制限では、含み益と元々の口座残高(証拠金)が1,000ドルを超えてしまうとレバレッジ制限がかかる可能性があります。

仮に制限がかかったとしても2,000倍のレバレッジが利用できるため、最低でも約20億円のポジションまで耐えられる計算になるものの(1000ドルの口座残高があるため)、レバレッジが制限されることは押さえておいた方が良いでしょう。

また、Exnessでは含み益を他の口座に移すことも可能になっています(Exness内部での口座間の振替)。

そのため、含み益を抱えたままレバレッジ無制限を利用したいというケースでは、含み益を他の口座に移し、レバレッジ無制限の口座を999ドル以下に調整するのもおすすめです。

銘柄によってはレバレッジ制限がかかっている

Exnessでは、商品・銘柄によってはレバレッジ制限がかかっており、一部でレバレッジ無制限を利用できないケースがあります。

商品・銘柄最大レバレッジ
エキゾチック通貨ペア200倍
仮想通貨400倍
エネルギー50倍
株式20倍
株式指数400倍

このような商品・銘柄では、各制限内のレバレッジしか利用できないため注意しましょう。

経済指標発表前後と土日前後にはレバレッジ制限がかかる

Exnessでは、為替などへの影響が大きい経済指標発表前後・土日・祝日などで、レバレッジ制限がかかります。

各タイミング・イベントごとのレバレッジ制限の期間・範囲は、以下のとおりです。

タイミング・イベント最大レバレッジの倍率はじまる・終わるタイミング
経済指標発表時200倍発表前15分前から発表後5分後まで
土日200倍閉まる3時間前開いてから2時間後

(祝日については、商品によって影響が大きく異なることから、対象の商品・期間についてメールで連絡が来る)

基本的に上記のようなタイミングでは、レバレッジが200倍に制限されるということになりますので、レバレッジ無制限を活用して大きなポジションを持っていると、予期せぬタイミングで強制的にロスカットされる可能性があります。

そのため、Exnessのレバレッジ無制限を利用する際は、予め各経済指標の発表タイミング・曜日をチェックしておきましょう。

レバレッジ無制限のメリット

これから、Exnessのレバレッジ無制限のメリットについてご紹介していきます。

Exnessの強みを把握して、活用できるようになっていきましょう。

証拠金がほぼ0円でも好きにポジションを持てる

Exnessのレバレッジ無制限(21億倍)では、スプレッドのコストさえ確保すれば、ほぼ0円でポジションが持てるということになります。

スプレッドを無視した単純計算だと、1円であってもフルレバなら21億円のポジションが持てます。

スプレッドのコストを用意しておけば、自由にポジションが持てるというのは、大きなメリットに挙げられるでしょう。

ゼロカットと相性が良い

Exnessのレバレッジ無制限は、ゼロカットと相性が良いです。

他の海外FX業者同様に、Exnessでもゼロカットを導入しており、どれだけ大きな損失を出したとしても、口座残高以上の損失は出ません。

そのため、仮にExnessのレバレッジ無制限を利用して、数百万円の損失を出してしまったとしても、口座残高以上に損失を補填しなくて良いということになります。

レバレッジ無制限という特性上、非常にリスクの高いポジションを持てる一方で、ある意味どれだけ無謀なポジションでも最低限の保証があります(口座残高以上の損失は出ない)。

このような点を考慮すると、Exnessのレバレッジ無制限とゼロカットは相性が良いと言えるでしょう。

Exnessでは含み益を別の口座に資金移動することもできる

前述の通り、Exnessでは含み益を別の口座に移すことが可能です。

レバレッジが制限されてしまうExnessの仕様を考慮すると、非常に利便性が高いと言えるでしょう。

Exnessの資金移動を利用すれば「レバレッジ無制限を利用するために、利益を抑える」といったことを行う必要はありません。

安心してExnessのレバレッジを活かし、利益を出していけます。

Exnessはロスカット水準0%なので相性が良い

Exnessはロスカット水準が0%のため、非常にレバレッジ無制限と相性が良いです。

この特徴によって、レバレッジを活かしてダイナミックなトレードを行いながら、証拠金が0円ギリギリになるまでポジションを持つといったことが可能です。

別の観点から見ると、21億倍といったレバレッジを提供するためには、実質的にロスカット水準を0%にするしかなかったとも言えるかもしれません。

「レバレッジ無制限」と「ロスカット水準0%」は表裏一体の関係ではあるものの、0円ギリギリまでポジションを持てるというのは、大きなメリットに挙げられるでしょう。

レバレッジ無制限のデメリット

さきほど、Exnessのレバレッジのメリットについてご紹介しましたが、その一方でデメリットも存在しています。

これから、Exnessのレバレッジ無制限を利用する上で、押さえておきたいデメリットについてご紹介していきます。

レバレッジ制限の要因が多く予期せぬ制限を受ける可能性がある

Exnessは、レバレッジ制限の対象となる以下のような要因が多いため、予期しないうちに制限を受ける可能性があります。

制限を受ける出来事の例

  • 影響が大きい経済指標発表
  • 土日のマーケット
  • 祝日
  • 含み益などによる残高の増加

ただ、Exnessに限らず、上記のような要因からレバレッジ制限を設定している海外FX業者は存在しています。

しかしレバレッジ無制限という特性上、一般的な海外FXでの運用以上に口座残高(証拠金)に対して大きなポジションを持つことも考えられるでしょう。

仮に経済指標の発表などによりレバレッジが200倍に制限されると、一般的な海外FX業者によるレバレッジ制限よりも影響は大きくなります。

レバレッジ無制限という特性上、一般的な海外FX以上にレバレッジ制限には特に注意しておきたいところです。

ポジションが大きいと少しの負けでもロスカットされる

口座残高に対して適度なポジションを保有しておけば、レバレッジはロスカットまで余裕を持たせる効果があります。

しかしそれはあくまで適度なポジションの範囲内であって、Exnessのレバレッジを活かして大きなポジションを持ちすぎると少しの負けであってもロスカットされるリスクがあります。

基本的にポジションは大きくなればなるほど、ロスカットされるリスクが高まるという点を押さえた上で、運用を行った方が良いでしょう。

まとめ

この記事では、Exnessのレバレッジ無制限についてご紹介しました。

Exnessのレバレッジ無制限は非常にユニークな機能であると言えますので、「海外FX特有のハイレバを体験してみたい」といった方におすすめです。

ただし、ご紹介したように注意点やリスクが無い訳ではないため、そのようなポイントを踏まえた上で、計画的に利用していきましょう。