【2022最新】仮想通貨FX海外取引所おすすめランキング!稼げる業者の見分け方も紹介(ビットコインFX)

値動きの大きい仮想通貨は、FX取引でも人気の高い銘柄の一つです。

しかしいざ仮想通貨FXを始めるとなると、様々な海外取引所があるため、迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、仮想通貨FX(ビットコインFX)におすすめの海外取引所をランキング形式でご紹介していきます

ランキングに加えて、以下のような内容も解説しています。

  • ビットコインFXができる海外取引所の選び方
  • 仮想通貨FX海外取引所を使うメリット・デメリット
  • 仮想通貨FXと外国為替取引との違いとは?
  • 仮想通貨を安全に保管する方法

海外取引所の利用を考えている方の参考になる内容ですので、是非ご覧ください。

目次

仮想通貨FXができる海外取引所おすすめランキング

今回のランキングは、以下の選定基準をもとに比較し、作成しました。

  • レバレッジの高さ
  • 取扱通貨数の多さ
  • 取引手数料(コスト)の安さ
  • セキュリティの安全性

では、ビットコインFX(仮想通貨FX)ができる海外取引所のおすすめランキングを見ていきましょう。

ビットコインFX海外取引所一覧
順位業者名レバレッジ通貨数取引手数料セキュリティ
1位FXGT1000倍30無料
(スプレッド制)
二段階認証
2位BAQRON125倍3600.02%/0.04%※
メイカー手数料
テイカー手数料
KYC
二要素認証
3位Bybit100倍27-0.025%/0.075%二段階認証
ハッカー感知システ
4位CryptoGT500倍21無料
(スプレッド制)
二段階認証
5位Bitters888倍
(変動制)
15無料
(スプレッド制)
二段階認証
6位OKEX125倍270-0.015% 〜0.15%二段階認証
7位Binance20倍3600.02%/0.04%
0.015%/0.04%
ISO認証取得
8位Bigboss50倍30無料
(スプレッド制)
現物なし
9位iFOREX10倍41無料
(スプレッド制)
現物なし
10位TitanFX20倍12無料
(スプレッド制)
現物なし
11位FXPro20倍15無料
(スプレッド制)
現物なし
12位HotForex10倍9無料
(スプレッド制)
現物なし
13位easyMarkets30倍6無料
(スプレッド制)
現物なし
14位Tradeview10倍3無料
(スプレッド制)
現物なし
15位FBS5倍4無料
(スプレッド制)
現物なし
16位MILTON MARKETS10倍3無料
(スプレッド制)
現物なし

FXGT

仮想通貨FXができる海外取引所1位FXGT

取扱商品仮想通貨
外国為替
その他CFD
レバレッジ1,000倍
取引手数料無料(スプレッド制)
通貨数30種類
日本円入金可能
仮想通貨入金可能
日本語サポートあり
所在地セーシェル

FXGTは仮想通貨、為替、CFDが取引できるハイブリッド取引所として2019年にサービスを開始しました。

それ以来FXGTの人気は右肩上がりで日本人の口座開設数がグングン伸びています。

ズバリFXGTの魅力は、証拠金として使える豊富なボーナスと、仮想通貨FXが最大レバレッジ1000倍で取引できることでしょう。

それ以外にもBTCUSDのスプレッドは業界最狭水準であるなど、トレーダーに還元する姿勢を見せています。

注目のボーナスは口座開設ボーナスと入金ボーナス。

常時、新規口座開設者には3,000円分のボーナス付与があります。そして入金ボーナスでは初回入金分がそのままボーナスになり証拠金として利用できるので実質資金が2倍になります。

ボーナスは今後減額される可能性もあるので、今のうちにもらっておきましょう。

※実際に、常時入金30%ボーナスの上限が200万円から120万円に減額されています。

\\3,000円ボーナスをGETしよう//
無料で口座開設をする
(FXGT公式サイト)

BAQRON

仮想通貨FXができる海外取引所2位BAQRON

取扱商品仮想通貨
コピートレード
レバレッジ125倍
取引手数料0.02%/0.04%~
(ここから更に20%割引)
通貨数360種類
日本円入金不可
仮想通貨入金可能
日本語サポートあり
所在地セーシェル

続いておすすめしたい取引所はBAQRON(バクロン)です。

BAQRONは2021年12月にサービスを開始したばかりの新興取引所。Binanceと提携しているため、取引板の流動性や取引所としての安全性は業界でもトップクラスです。

取引スペックも最大レバレッジ125倍であり、手数料もBinanceより安く、完全にBinanceを上回ってしまっています

取引におけるスペックが高く、そこでトレーダーに還元しているため、今の所ボーナスなどのキャンペーンはありません。

それでも充分利用価値のある取引所です。運営歴や認知度などは大手には及びませんが、本格的な仮想通貨FXをしたい方にはピッタリでしょう。

\\業界最低水準の取引手数料//
無料で口座開設をする
(BAQRON公式サイト)

Bybit

仮想通貨FXができる海外取引所3位Bybit

取扱商品仮想通貨
レバレッジ100倍
取引手数料
(USDT無期限)
-0.025%/0.075%
取引手数料
(インバース無期限)
-0.025%/0.075%
通貨数90種類以上
日本円入金不可
仮想通貨入金可能
日本語サポートあり
所在地シンガポール

Bybitは仮想通貨FXの人気業者で、多くの日本人が利用しています。

その理由は、入金ボーナスと取引手数料の安さ、そして最大100倍のレバレッジでしょう。

どれほど手数料が安いのかと言うと、Maker(指値)なら手数料がもらえるほどです。ボーナスがある会社で低手数料を実現している業者は数少ないので人気になっています。

また、日本語サポートはFXGT、BAQRONと同じく完璧に話が通じるので安心して利用できます。日本語対応のアプリの使いやすさも魅力です。

紹介入金にボーナスが付くのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

\\初回入金ボーナスをGETしよう//
無料で口座開設をする
(Bybit公式サイト)

CryptoGT

仮想通貨FXができる海外取引所4位CryptoGT

取扱商品仮想通貨
外国為替
その他CFD銘柄
レバレッジ500倍
取引手数料無料
(スプレッド制)
通貨数63ペア
日本円入金不可
仮想通貨入金可能
日本語サポートあり
所在地キプロス

CryptoGTは仮想通貨を500倍のハイレバレッジで取引ができる取引所です。

新しい通貨ペアをどんどん追加していてサービス改善に邁進している印象を受けます。

また、BTCXAU(ビットコイン/ゴールド)のような銘柄の組み合わせをした通貨ペアもあり、FX上級者でも新鮮なトレードができる取引所でもあります。

CryptoGTもFXGT同様豪華な入金ボーナスを用意していますが、ボーナスの還元率はFXGTより少し低め。

なのでFXGTのボーナスを使い切ってしまった方に特におすすめです。

\\初回入金ボーナスをGETしよう//
無料で口座開設をする
(CryptoGT公式サイト)

Bitters

仮想通貨FXができる海外取引所5位Bitterz

取扱商品仮想通貨
外国為替
その他CFD銘柄
レバレッジ888倍
取引手数料無料
(スプレッド制)
通貨数29ペア
日本円入金可能
仮想通貨入金可能
日本語サポートあり
所在地セントビンセントグレナディーン

Bitterz(ビッターズ)は日本人によって設立された海外取引所です。

サポートや取引画面、公式サイトは全て完全に日本語対応しており、日本人にとっては非常に使いやすい取引所になっています。

それに加え、888倍のハイレバレッジ、豊富なボーナスを兼ね備えていて人気は急上昇中です。

2020年4月に設立されたまだ若い取引所ながら総口座数は10万口座を超えています。

BTC通貨ペアのスプレッドがやや広いデメリットはあるものの、ボーナスが豊富なのでコスパは良いでしょう。

\\1万円ボーナスをGETしよう//
無料で口座開設をする
(Bitterz公式サイト)

ビットコインFXができる海外取引所の選び方

ビットコインFXができる海外取引所を選ぶ際は、以下の選定基準をチェックしておくことで、自分に合った取引所を選ぶことができます。

  • レバレッジの高さを見る
  • 取扱通貨数を見る
  • 取引手数料の安さ、スプレッドの狭さを見る
  • 仮想通貨を取引や入出金に使う場合はセキュリティの安全性を見る
  • 通貨の流動性を見る
  • 日本語サポートがあるかどうかを見る

では、各選定基準について詳しく見ていきましょう。

レバレッジの高さを見る

資金効率を高めリスクを抑えるためにも、基本的には最大レバレッジが高い海外取引所を選ぶのがおすすめです。

最大レバレッジの高い海外取引所を選ぶことで、次のようなメリットがあります。

レバレッジの高い海外取引所を選ぶメリット

  • より大きな金額を扱えるので、取引の幅が広がる
  • 資金効率が高まり、利益を増やしやすい
  • 必要な証拠金額が少なくて済む
  • ロスカットされづらくなる

レバレッジはビットコインFXにおいて、様々なメリットをもたらしてくれます。

ただし、最大レバレッジが高いからといってフルレバトレードは厳禁。ご自身の資金量に合わせて、無理のないポジションサイズを選ぶようにしましょう。

取扱通貨数を見る

続いて、取扱通貨数の種類ができるだけ多い海外取引所を選ぶようにしましょう。

取扱通貨数が多い海外取引所のメリット

  • 取引したい銘柄がすぐに買える
  • 多くの仮想通貨銘柄から勝てる相場を選べる
  • 分散投資でリスクを抑えられる

仮想通貨FXは、外国為替にも増して値動きが激しい投資であり、勝てる相場を選ぶことが非常に重要です。扱通貨数が多ければ多いほど利益を出せる相場を見つけやすくなります。

また、複数の仮想通貨に投資することで、万が一1つの銘柄が暴落したとしても、別の銘柄で損失をカバーできる可能性があります。仮想通貨FXに慣れていないときほど、複数の通貨に分散投資することでリスクを抑えることができます。

取引手数料の安さ、スプレッドの狭さを見る

海外取引所の取引手数料の安さ、スプレッドの狭さも確認しておきましょう。

取引手数料やスプレッドは取引するたびに毎回発生するコストです。

取引回数が多い短期トレードの場合、取引手数料やスプレッドが利益を大きく圧迫してしまいます。

取引手数料やスプレッドを抑えることで、最終的により大きな利益を残せます。

仮想通貨を取引や入出金に使う場合はセキュリティの安全性を見る

仮想通貨はドルや円などの現金と異なり、デジタル上に存在する通貨です。

ハッキングや流出などで資産を失ってしまうことのないよう、セキュリティ対策をしっかりと実施している海外取引所を選ぶようにしましょう。

具体的には、次のポイントをチェックしてください。

  • 2段階認証を採用している
  • 顧客資産を分別管理している
  • 有事の際の資金保証を規約に明記している
  • コールドウォレットの運用

また仮想通貨FXを行うトレーダー側でも、IDやパスワードを複数サイトで使いまわさない、PCにウイルス対策ソフトをダウンロードする、といった対策により、アカウントの悪用を未然に防ぐことができます。

通貨の流動性を見る

仮想通貨取引所の良し悪しを決める重要な要素のひとつが、「流動性」です。

仮想通貨取引所は各社が独立した市場を設けているので、取引所によって流動性が大きく異なります。

流動性が高い、つまりマーケット参加者が多い海外取引所では、スムーズな約定が期待できます。

  • 流動性が高いと?
    →取引が活発に行われているため、狙った価格で注文が通りやすい
  • 流動性が低いと?
    →取引が滞りがちになり、狙った価格で注文が通りにくい

仮想通貨取引所のランキングサイトなどを利用して、流動性をチェックするとよいでしょう。

※この記事のランキング表にある「現物なし」の業者は、現物取引ではなく日本円やドルでCFD取引を行うため、流動性は関係ありません。

日本語サポートがあるかどうかを見る

利用を考えている海外取引所で、日本語サポートを受けられるかどうかも確認しておきましょう。

というのも、トラブルに遭遇した場合、ご自身でトラブル解決に挑まなければならないような状況も想定できるからです。

トラブルに遭遇した場合、日本語サポートがあるのとないのとでは、トラブル解決のための難易度は大きく異なります。

ですので、海外取引所が日本語サポートに対応しているのかどうかの確認は行っておくべきでしょう。

 仮想通貨FX海外取引所を使うメリット

ここでは、仮想通貨FXで海取引所を使う6つのメリットをご紹介します。

仮想通貨FXで海外取引所を使うメリット

  • ハイレバレッジで仮想通貨が取引ができる
  • 仮想通貨の種類が国内に比べて圧倒的に多い
  • 取引手数料が安くコストが抑えられる
  • ゼロカットが適用されるため借金のリスクゼロ
  • 日本人以外も使うため流動性が高い取引所が多い
  • 登録が簡単ですぐ利用できる

1つずつ見ていきましょう。

ハイレバレッジで仮想通貨が取引ができる

海外取引所なら、ハイレバレッジで仮想通貨取引が可能です。ハイレバレッジを利用した取引なら、ロスカットまでの値幅に余裕ができる上に、資金効率も高まります。

一方で国内取引所では、レバレッジ取引が規制により2倍までと定められているため、仮想通貨取引を行うにはある程度の資金が必要です。

例えば、ビットコインは1BTCあたり約440万円(2022/2)であるため、少額資金で取引を行うためには取引量を減らさざるを得ません。

ある程度の値動きが期待できるとはいっても、資金効率はどうしても落ちてしまいます。したがって、少額資金を上手に活用するためには、レバレッジを効かせて取引したほうがよいでしょう。

仮想通貨の種類が国内に比べて圧倒的に多い

海外取引所は国内取引所に比べて、取引できる仮想通貨の種類が圧倒的に多いというメリットがあります。

取引通貨数の多さは取引チャンスの多さと直結します。取引チャンスが多ければ、取引しやすい通貨を選択できる可能性が高くなるため、取引の難易度を引き下げることも可能です。

加えて、取引する対象通貨を分散させることができるため、リスク分散がしやすくなります。

取引できる種類の多さは、単に数だけの多さにとどまらず、取引の難易度やリスクという観点からのメリットももたらしてくれます。

取引手数料が安くコストが抑えられる

海外取引所ならビットコインに限らず、他のコインでも取引手数料も抑えることができます。国内取引所は手数料が高いため、海外取引所を利用した方がコスト面で有利といえるでしょう。

また、国内取引所では利用者が国内在住者に限定されるため、流動性に関しては海外取引所にかないません。

流動性が低ければスムーズな取引が難しくなり、スプレッドも広がると考えられるでしょう。

したがって、海外取引所の方が有利に取引できる傾向にあるといえます。

ゼロカットが適用されるため借金のリスクゼロ

海外取引所なら、ゼロカットが適用されるため借金のリスクがゼロになります。

【ゼロカットとは】
海外取引所独自の損失補填サービスのことです。ロスカットが間に合わず多額の損失が発生した場合も、口座残高をゼロに戻してもらえます。

国内の仮想通貨取引所にはゼロカットがないため、自己資金以上の損失が発生した場合は追証を請求されます。

一方海外取引所では、ゼロカットが適用されるため、借金のリスクはゼロになります。つまり、海外取引所では最大リスクが口座残高までに限定されているとも言い換えることもできます。

想定外の損失発生リスクをゼロにできるということは、海外取引所を使う大きなメリットといえるでしょう。

日本人以外も使うため流動性が高い取引所が多い

仮想通貨海外取引所は世界中のトレーダーが利用しますが、国内の仮想通貨取引所は、日本国内在住の人しか取引できません。

従ってより多くのトレーダーが取引する仮想通貨海外取引所では、必然的に流動性が高まり約定もスムーズです。

ただ、ランキング表の「現物なし」の業者では現物取引ではなく、日本円やドルでCFD取引を行うため、流動性は関係ありません。

登録が簡単ですぐ利用できる

登録(口座開設)が簡単ですぐに取引開始できるのも、海外取引所ならではのメリットです。海外取引所では口座開設ボーナスが豪華で、入金することなくリアルトレードを開始することが可能です。

登録に必要なものはメールアドレスと氏名などの個人情報だけで、ほとんどの海外取引所で難しい手続きもなく口座開設できます。

また、海外取引所では国内取引所をはるかに凌駕する超高額の口座開設ボーナスキャンペーンが開催されます。

もちろん、国内取引所でもボーナスを提供してる取引所はありますが、キャッシュバック形式のものが多く、口座開設に加えて入金や一定量の取引を行う必要があります。

すぐに仮想通貨FXを始めたい!と思ったら、簡単な条件でボーナスがもらえる海外取引所はぴったりの選択といえるでしょう。

仮想通貨FX海外取引所を使うデメリット

続いて、仮想通貨FXで海外取引所を使う3つのデメリットをご紹介します。

仮想通貨FXで海外取引所を使うデメリット

  • 入出金が複雑
  • 日本語サポートがない取引所もある
  • 信頼性が低い仮想通貨も扱っている

1つずつ見ていきましょう。

入出金が複雑

仮想通貨国内取引所の場合、国内銀行や国内の金融機関を利用するため、入出金に特に手間がかかることはありません。

一方、仮想通貨海外取引所に入出金する場合、日本円をビットコインなどに変換してから海外取引所で入出金を行う必要があり、海外取引所によっては手続きが複雑なケースがあります。

取引所独自の複雑なルールが原因で入金や出金ができないことも起こり得るので、海外取引所を利用する際は、国内に増してルールをしっかり確認しておくことが重要です。

日本語サポートがない取引所もある

海外取引所の中には、日本語サポートがない取引所も存在しています。海外取引所が初めての方や、仮想通貨の取引経験が浅い方にとっては大きなデメリットといえるでしょう。

したがって、事前に日本語サポートの有無を確認し、日本語サポートに対応していない海外取引所の利用は避けた方がよいでしょう。

信頼性が低い仮想通貨も扱っている

海外取引所では、信頼性が低い仮想通貨も取り扱っています。信頼性の低い仮想通貨の取り扱いは、取引できる通貨の多さというメリットの裏返しともいえます。

仮想通貨の信頼性と取引できる通貨の数は、トレードオフの関係にあるため、メリットとデメリットのバランスをご自身で行うのか、取引所に委ねるかの二者択一です。

もし、ご自身で判断するのであれば、信頼性を測る指標として、国内取引所でも取り扱っているかどうかを確認するのもよいでしょう。

まずは、ある程度信頼性の高いメジャーな仮想通貨を取引対象として、経験を積んでみてはいかがでしょうか。

仮想通貨FXの注意点。外国為替取引との違いとは?

仮想通貨FXと外国為替取引(FX)の違いとともに、仮想通貨FXの注意点を解説していきます。

為替よりボラティリティが激しい

仮想通貨FXは為替よりもボラティリティが高いため、リスクも高くなります。例えば、ビットコインは1日で10〜15%程度動くのに対して、為替は1日で1%も動かないときもあります。

仮に、ビットコインの値動きをドル円にあてはめてみると、1日に11円から16.5円(1ドル=110円の場合)動く計算になります。

このように考えると、ビットコインのボラティリティがいかに高いものであるのかを、理解できるのではないでしょうか。

また、2021年12月4日、週末の商いが薄いタイミングで「フラッシュクラッシュ」により、一時22%の大幅安を記録したことがあります。

ビットコインを含む仮想通貨FX取引では、ボラティリティが高くなるため、リスク管理は必須といえるでしょう。

値動きの要因が為替より掴みづらい

仮想通貨は特定の管理者が存在しないため、為替と比べて値動きの要因が掴みづらいといえます。

ドルや円のような法定通貨であれば、国家が発行・管理しているため、各国の発表する経済指標や要人発言が値動きの要因だと判断することができるでしょう。

しかし、仮想通貨は特定の管理者が存在しないため、不特定多数の管理者による需給バランスによって値動きが形成されます。

仮想通貨FXでは為替よりも値動きの要因が掴みづらい傾向にあるといえるでしょう。

取引商品のそもそもの値段が大きい

仮想通貨FXで取引する商品は、為替に比べて取引銘柄の値段がそもそも高額です。

例えば2022年2月8日の1BTCの価格は、日本円にして5,070,713.97円。銘柄そのものが高額なので少しの売買で大きく価格が変わります。

値段の高さはボラティリティを高めるための、ひとつの要因になっているといえるでしょう。

取引所によってはスワップポイントにも注意が必要

為替と同様に、仮想通貨FXでも日をまたいでポジションを保有した場合、スワップポイントが発生します。

為替のようにスワップポイントがプラスの場合であれば、保有するメリットもあるでしょう。

スワップポイントの値は海外取引所と仮想通貨銘柄によって異なるので、マイナススワップの銘柄を長期的に保有する場合はその分コストがかさんでしまうため、注意が必要です。

仮想通貨を安全に保管する方法

仮想通貨FXはデジタル上の通貨を扱うため、外国為替よりも資産の管理や安全対策を綿密に行う必要があります。

もし対策なしで仮想通貨を保有していると、ハッキングや盗難、個人情報の流出といった被害にあってしまうかもしれません。

仮想通貨FXを安全に行うためにも、仮想通貨の適切な保管方法を見ていきましょう。

仮想通貨はウォレットで保管する

通常、仮想通貨はウォレットで保管します。

ウォレットとは、仮想通貨を保管する場所のことを指し、簡単にいえば仮想通貨専用のお財布のようなものです。

ウォレットは、大きく分けると2種類あります。

  • ホットウォレット
    仮想通貨をインターネットに接続された状態で保管する
  • コールドウォレット
    仮想通貨をインターネットに接続せずに保管する

ホットウォレットはすぐに取引に使える仮想通貨、コールドウォレットは保管用の取引にはすぐに使えない仮想通貨と捉えてもらうと、分かりやすいかと思います。

ハッキングや盗難に遭わないためのセキュリティ対策としては、取引にしばらく使わない資金はコールドウォレットに保管しておくのが一般的です。

ホットうウォレット、コールドウォレットにはいくつか種類があるので、ご自身の取引環境に合わせたウォレットを選ぶようにしましょう。

おすすめのホットウォレット

仮想通貨海外取引所のおすすめホットウォレット

おすすめのホットウォレットは「MetaMask(メタマスク)」です。

MetaMaskはイーサリアム系のトークンを保管するためのホットウォレットで、「イーサリアム」や、イーサリアムをベースに発行された「ERC-20トークン」を保管することができます。

MetaMaskはブラウザ(Google Chromeなど)の拡張機能として利用できるため、利便性はさらに高くなります。

もちろん、スマホにも対応しているため、場所を問わず利用することが可能です。ただ、ビットコインの保有はできないので、注意が必要です。

おすすめのコールドウォレット

仮想通貨海外取引所おすすめのコールドウォレット

おすすめのコールドウォレットは「LedgerNanoS(レッジャーナノS)」です。LedgerNanoSはハードウェアタイプのコールドウォレットで、インターネットに接続されていない環境下で仮想通貨の保管ができるため、高い安全性を備えています。

また、ビットコイン・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)などをはじめとする有名仮想通貨はもちろんのこと、イーサリアムをベースに発行された「ERC20トークン」の保管も可能です。

LedgerNanoSで保管可能な仮想通貨は実に1,100種類以上にも及びます。

海外取引所のビットコインFXに関するよくある質問

海外取引所のビットコインFXに関するよくある質問を見ていきましょう。

税金はどのような扱いになりますか?

海外取引所を利用して、仮想通貨FX取引により得た利益は、総合課税にて課税されます。

スプレッドが狭いのはどこですか?

取引手数料が無料で、スプレッドが狭く設定されている海外取引所は以下の通りです。

  • FXGT
  • iFOREX

ただ、仮想通貨FXでは、そもそもスプレッドがかなり広いため、注意する必要があります。また、取引手数料が安い取引所は以下の通りです。

  • BAQRON
  • Bybit

海外FX業者でもビットコイン入金はできますか?

海外FX業者により、ビットコイン入金ができる業者とできない業者があります。

次の海外FX業者は入金にビットコインを利用することができます。

  • XM
  • GEMFOREX
  • AXIORY
  • FXGT
  • HotForex
  • TradersTrust

海外FX業者でもビットコインによる出金はできますか?

ビットコイン出金の可否も、それぞれの海外FX業者によって異なります。

以下の海外FX業者は、ビットコイン出金に対応しています。

  • XM
  • AXIORY
  • HotForex
  • Tradeview

仮想通貨FXでレバレッジ最大なのはどこですか?

仮想通貨FXの最大レバレッジが最も高い取引所はFXGTです。FXGTでは最大1000倍のレバレッジを利用して仮想通貨FX取引が可能です。

仮想通貨FXでボーナスがある海外業者はどこですか?

仮想通貨FXでボーナスを提供している海外取引所は、FXGTやBittersなどがあげられます。FXGTでは、口座開設ボーナスに加え、入金ボーナスも頻繁に開催しています。

また、Bittersでも同様に口座開設ボーナスと入金ボーナスを提供しています。

仮想通貨FXでおすすめの取引手法は何ですか?

仮想通貨FX取引ではボラティリティが高いため、スキャルピングでもある程度の値幅が期待できます。

ただ、スプレッドが広いことも考えると、スキャルピングよりも取引回数を抑えることができるデイトレードあたりがおすすめです。

反対に、長期保有を考えているのであれば、仮想通貨FXよりも、現物で保有することをおすすめします。

仮想通貨FXの取引時間は?

仮想通貨FXの取引時間は365日、24時間取引可能です。

初心者向けの取引所はどこですか?

初心者向けの取引所は、ボーナスを利用して取引ができるFXGTBittersです。ボーナスを利用すれば、ノーリスクで取引を体験することができるため、初心者には特におすすめです。

一方で、メジャーな取引所を希望するのであれば、Binance(バイナンス)やBybitあたりがおすすめといえるでしょう。

まとめ

仮想通貨市場はまだまだ歴史が浅く、市場規模も小さいため、未知な領域も多い市場といえます。

しかし、今後の伸びしろが期待できる市場でもあり、多くのチャンスが存在しています。この記事でご紹介した仮想通貨FXについての知識は、すぐにでも活用できるものばかりです。

したがって、仮想通貨市場に参入するための足掛かりとしてご利用いただければ幸いです。そこで、もう一度記事の内容を軽くおさらいしておきましょう。

仮想通貨FX海外取引所を使うメリットとして以下の6つご紹介しました。

仮想通貨海外取引所のメリット

  • ハイレバレッジで仮想通貨が取引ができる
  • 仮想通貨の種類が国内に比べて圧倒的に多い
  • 取引手数料が安くコストが抑えられる
  • ゼロカットが適用されるため借金のリスクゼロ
  • 日本人以外も使うため流動性が高い取引所が多い
  • 登録が簡単ですぐ利用できる

一方のデメリットは、3つご紹介しています。

仮想通貨海外取引所のデメリット

  • 入出金が複雑
  • 日本語サポートがない取引所もある
  • 信頼性が低い暗号資産も扱っている

以上の知識はすぐにでも活用できるため、是非覚えておいてください。

また、「海外取引所の選び方」でご紹介した以下の6つの選択基準もすぐに使える知識です。

  • レバレッジの高さを見る
  • 取扱通貨数を見る
  • 取引手数料の安さ、スプレッドの狭さを見る
  • 仮想通貨を取引や入出金に使う場合はセキュリティの安全性を見る
  • 通貨の流動性を見る
  • 日本語サポートがあるかどうかを見る

海外取引所を選ぶ際には以上の選択基準をご利用ください。もし、判断に迷うのであれば、おすすめランキングにてご紹介した以下の3社を使ってみてはいかがでしょうか。

順位業者名レバレッジ
1位FXGT最大レバレッジ:1000倍
取扱い通貨数:30
手数料:無料
ボーナス:口座開設ボーナス、入金ボーナス
セキュリティー:二段階認証
2位BAQRON最大レバレッジ:125倍
取扱い通貨数:360
手数料:0.02%/0.04%
セキュリティー:KYC、二段階認証
3位Bybit最大レバレッジ:125倍
取扱い通貨数:27
手数料:-0.025%/0.075%
セキュリティー:二段階認証、ハッカー感知システム