安全に使える海外FX業者はどこ?信頼性見極めのポイントや絶対に使ってはいけない業者も紹介

海外FX業者は、国内FX業者と比較して最大レバレッジが高いことや、ボーナスが豪華であることが大きな魅力です。

しかし初めて海外FX業者を利用する人の中には、「本当に資金を預けて大丈夫なのか」と安全性の部分に不安を感じる方も多いでしょう。

この記事では、「安全性が高い海外FX業者を見極めるポイント」や「安全性・信頼性の高い海外FX業者ランキング」を紹介していきますので、是非海外FX業者を選ぶ際の参考にしてみてください。

安全性の高い海外FX業者を見極めるポイント4つ

海外FX業者を選ぶ際には、どのような点に着目して見極めればよいのでしょうか。海外FX業者の安全性を見極めるためには、以下の4つのポイントが重要となります。

  • 金融ライセンスを所持しているか
  • 運営年数・実績があるか
  • 顧客資金の管理方法は明確か
  • ネットやSNS上での評判は悪くないか

以下の項目でこれら4つのポイントについて、さらに詳しく見ていきましょう。

金融ライセンスを所持しているか

海外FX業者の安全性を見極めるためには、金融ライセンスの有無が重要になります。

金融ライセンスとは営業許可証のようなもので、主に「経営状況」「入出金のスムーズさ」「ユーザーの資産管理」「ユーザーへのサポート体制」などを中心に評価されるものです。

この金融ライセンス取得の基準は各国で異なっており、取得難易度が高い金融ライセンスを取得しているFX業者ほど安全性が高いといえます。そのため、金融ライセンスを確認する際には、どの国の金融ライセンスであるかという点も確認しましょう。

金融ライセンスを取得していれば100%安全というわけではありませんが、定められたプロセスを経て承認に至っていることから、一定の信頼には足るといえます。

また日本向けサービスを展開している子会社の金融ライセンスだけでなく、グループ会社(親会社)の金融ライセンスを参考にするのもおすすめです。

たとえばXMでは、日本人向けの法人ではセーシェル共和国の金融ライセンスを取得していますが、本社ではキプロスの金融ライセンスを取得しています。

キプロスの金融ライセンスは世界的に認定基準が厳しいことでも知られているため、そのような金融ライセンスを取得している会社が親会社である点は、トレーダーにとって大きなメリットとなります。

あわせて読みたい

海外FX業者を選ぶポイントとして、多くの方が「その業者が安全かどうか」といった点を重視するのではないでしょうか。 資産を預けても問題がない健全な業者なのかというポイ[…]

blank

運営年数・実績があるのか

海外FX業者の安全性を見極めるためには、運営年数や実績についても確認をしましょう。

運営年数が浅い海外FX業者は、ユーザー獲得のために豪華なキャンペーンなどを開催している場合がありますが、他のユーザーからの評判・口コミも少ないため、十分な安全性が確認できるとはいえません。

運営年数が長い海外FX業者は資本的な体力もあり、これまで業界で積んできた運営ノウハウもあります

これまで利用してきたユーザーも多いことから、実際に利用してみた人の声を確認することも可能です。

同じトレーダー目線での口コミを確認できる点は、口座開設を行う上で大いに参考になるといえます。

運営年数が長い海外FX業者には、長く事業を継続できている理由があるため、まずは老舗の海外FX業者を選んでおくと安心して利用できますよ。

顧客資金の管理方法は明確か

海外FX業者の安全性を見極めるためには、トレーダーから預かった資金の管理方法にも注目しましょう。

海外FX業者を選ぶ際には、トレーダーが預けた資金に信託保全を行っている海外FX業者がベストです。信託保全とは、トレーダーから預かった資金を信託銀行に預けるなどして管理を行っていることを指します。

これにより万が一FX業者が破綻した際にも、トレーダーの元へきちんと資金が返還されるのです。

しかし、国内FX業者では金融商品取引法にて信託保全を行うことが定められていますが、海外FX業者では信託保全は義務ではありません

したがって信託保全が行われている海外FX業者を選ぶことがベストではありますが、実状として信託保全を行っている海外FX業者の選択肢は少ないのが現実です。

そのため信託保全の次に確認すべき点は、「分別管理を行っているか」という点になります。分別管理とは、トレーダーから預かった資金とFX業者の運営資金を分けて管理を行うことです。

きちんと分別管理が行われることによって、万が一FX業者が破綻した時も、トレーダーへ返還されるべき資金とFX業者の運営資金が混合される心配がありません。

この分別管理が徹底されていないFX業者では、トレーダーの資金も運営資金へ回されている可能性があるため、FX業者が破綻した際にトレーダーのもとへ資金が返還されない場合があります。そのため、海外FX業者を選ぶ際には分別管理をしっかりと行っている業者を選ぶようにしましょう。

また海外FX業者によっては、破綻時に備えて保険や投資家保護基金へ加入していることもあります。この場合は「破綻時には○○円まで補償する」といった上限付きで補償されることとなります。

このように海外FX業者を選ぶ際は、信託保全や分別管理が行われていること、独自の資金補償体制が整っていることなどを確認するようにしましょう。

ネットやSNS上での評判が悪くないか・出金拒否の噂がないか

海外FX業者の安全性を見極めるためには、インターネットやSNSでの評判も参考にすることがおすすめです。

海外FX業者の安全性を見極めるための2つめのポイントとして、「運営年数・実績がある業者を選ぶこと」を挙げましたが、中には運営年数が長くても悪い評判が多い業者も存在します。

たとえばIronFXは運営年数が10年を超える海外FX業者ですが、SNSでの口コミを見ると、「出金拒否をされた」、「日本から撤退するらしい」など多くの悪い評判が目立ちます。
いくら運営年数が長いFX業者でも、他のトレーダーからの評判が悪ければ、安心して利用できるとはいえませんよね。

そのため海外FX業者を選ぶ際には、あらかじめTwitterや検索サイトで「海外FX業者名 + 出金拒否」などのキーワードを使って、実際の利用者の被害状況を調べてみましょう

その口コミについても仕込まれたサクラでないかなど、信憑性を確かめることも大切です。

ここまで、海外FX業者の安全性を見極めるための4つのポイントを紹介してきました。次の項目ではその4つのポイントを踏まえた上で、「安全性・信頼性の高い海外FX業者ランキング」を紹介していきます。

安全性・信頼性の高いおすすめ海外FX業者ランキング

ここからは安全性・信頼性の高い海外FX業者をランキング形式で紹介していきます。実際の利用者の口コミも併せて紹介していきますので、是非口座開設を行う際の参考にしてください。

XM

安全に取引できる海外FX業者XM

金融ライセンス・セーシェル金融庁(FSA)、ライセンス番号SD010・モーリシャス金融サービス委員会(FSC)、ライセンス番号GB20025835
設立年2009年
主な資金補償投資家補償基金(ICF)によって1人最大2万ユーロまでの補償
ゼロカットシステムあり
取引方式NDD方式

XMは日本人トレーダーの間でも、知名度の高い海外FX業者です。まずその理由として挙げられるのが、約定率の高さ。全注文の99.35%が1秒以内に約定しており、リクオートや約定拒否などが少ないことが特徴です。

リクオートとは、トレーダーが注文を出した際のレートで約定せず、FX業者が再度レートを提示してくることを指します。これにより、トレーダーが不利な条件で約定が成立することもあるため、リクオートが多いFX業者は敬遠される要因となります。

XMではその約定率の高さから、トレーダーが安心して発注を出せる環境が整えられているのです。

また、XMは最大レバレッジが1000倍であることも魅力。海外FX業者ならではのハイレバレッジ取引で、少額取引のトレーダーも大きな利益を狙うことが可能です。

もちろん、その分リスクには考慮する必要がありますが、ハイリスク・ハイリターンを狙うトレーダーにとっては嬉しいメリットです。

さらに、XMは「NDD方式」での取引を採用している点も大きなメリットといえます。

NDD方式での取引は、トレーダーの注文が直接インターバンク市場へ流されるため、FX業者によって為替操作などが行われません。そのため、トレーダーにとって有利な条件で取引が行えるのです。

Axiory

安全に取引できる海外FX業者AXIORY

金融ライセンスベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、ライセンス番号 000122/267
設立年2007年
主な資金補償信託保全
ゼロカットシステムあり
取引方式NDD方式

AXIORYの最も大きな魅力は、顧客の資産に信託保全が行われている点です。トレーダーから預かった資産は、信託銀行で別保管されているため、万が一AXIORYが破綻した場合もきちんとトレーダーのもとへ返還されます

国内のFX業者は、この信託保全が金融商品取引法によって義務付けられていますが、海外FX業者のほとんどは信託保全を行っていません。分別管理をしている業者はありますが、AXIORYのように完全信託保全を行っている海外FX業者は珍しいといえます。

そのため、トレーダーは万が一の事態についても心配することなく、安心してAXIORYを利用できるのです。

またAXIORYは、日本語のサポートデスクが充実していることも特徴です。海外FX業者を利用する際、日本語が通じないことへの不安を抱く方も多いでしょう。AXIORYでは、日本語のサポートデスクが、以下の時間で利用できます。

  • メール受付時間:日本時間 月曜から金曜 9:00~24:00
  • チャット受付時間:日本時間 月曜から金曜 10:30~23:30

特にチャットによるサポートは、AIによるチャットボットでなく実際のスタッフによってサポートを受けられます。時間も23:30まで対応しているため、夜間取引の際でも安心して利用できますよ。

あわせて読みたい

Axiory(アキシオリー)には以下のような悪い評判・口コミが見られます。 Axioryの悪い評判・口コミ 常時開催のボーナスがなくキャンペーンも[…]

blank

GEMFOREX

安全に取引できる海外FX業者GEMFOREX

金融ライセンスモーリシャス金融サービス委員会(FSC)、ライセンス番号GB21026537
設立年2014年
主な資金補償分別管理
ゼロカットシステムあり
取引方式DD方式

GEMFOREXでは、150を超えるFX自動売買ソフトを無料で提供しています。そのため、「夜間は自動売買システムで取引を行いたい」というトレーダーにとっては、多くのソフトを試せる海外FX業者です。

約定率も、全取引の99.99%が0.78秒以内に執行されるなど非常に高いものとなっているため、システムトレードを考えている方にとっては、是非検討した海外FX業者といえます。

またGEMFOREXは、ボーナスの豊富さも魅力です。新規口座開設ボーナスで1万〜2万円が付与されるキャンペーンを常時開催しており、自己資金なしでもすぐにトレードを始められます

「海外FX業者で取引を始めてみたいけど、なかなか勇気が出ない」という方には、キャッシュを使うことなく取引が体験できる嬉しい特典です。

さらにGEMFOREXでは、口座開設が最短30秒で完了します。海外FX業者での取引に興味があっても、「口座開設が面倒で後回しになっている」という人も多いでしょう。

GEMFOREXでは必要事項の入力だけで口座開設が完了します。手間のかかる必要書類の提出などは口座開設完了後となるため、興味がある方はまず口座開設だけ済ませておくこともオススメです。

あわせて読みたい

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、豪華なボーナスキャンペーンと低スプレッドを特徴とする評判の海外FX業者です。 最大500万円の100%入金ボーナスなど、高額[…]

blank

iFOREX

安全に取引できる海外FX業者iFOREX

金融ライセンスイギリス領バージン諸島金融サービス委員会(BVIFSC)、ライセンス番号SIBA/L/13/1060
設立年1996年
主な資金補償分別管理
ゼロカットシステムあり
取引方式DD方式

iFOREXは取扱銘柄が豊富なことで知られています。FX通貨ペアは80種類以上となっており、そこにCFD銘柄も加えると計750以上の銘柄で取引可能です。

iFOREXでは通貨ペア以外にも豊富な選択肢が用意されているため、トレーダーはあらゆるマーケット環境で利益を狙うチャンスがあるといえます。

また、iFOREXはボーナスキャンペーンが充実していることも魅力です。「100%+25%ウェルカムボーナス」に加え、有効保有額1,000ドルから15万ドルに対して3%の固定利息がもらえます。

国内の銀行利息が低下していることも考慮すると、3%の固定利息が受け取れる点は、トレーダーにとって大きなメリットがあるといえるでしょう。

さらにiFOREXは、長い運営歴があることも大きな魅力です。1996年に設立されたiFOREXは、既に20年を超える歴史を持つFX業者となっています。海外FX業者を選ぶ際に、長い運営歴があることは、トレーダーにとっても安心して利用できる点です。

FBS

安全に取引できる海外FX業者FBS

金融ライセンス日本人向けサービスでは金融ライセンス取得なし、バヌアツ共和国での法人登録のみ
設立年2009年
主な資金補償信託保全
ゼロカットシステムあり
取引方式NDD方式

FBSは日本ではあまり知名度がない海外FX業者ですが、アジア圏では着実にユーザーが増えていることでも知られています。

FBSの魅力は、最大レバレッジが3,000倍と海外FX業者の中でもスバ抜けてハイレバレッジである点です。そのためトレーダーは少ない証拠金でも、大きな利益を追求することが可能となっています。

もちろん、リスクが大きくなる点には注意しなければいけませんが、FBSではゼロカットシステムを採用していることから、預入額以上の損失が発生することはありません。ゼロカットシステムでは追証を要求されることがないため、最大損失は口座への預入額となります。

したがって「最悪0円になっても大丈夫」という金額で取引を行えば、その金額以上の損失を被ることはないのです。

またFBSはユーロペアのスプレッドが低いことにも定評があります。もちろんスプレッドは相場環境によって変化しますが、ユーロペアでの取引を考えている方は、FBSを候補に入れて検討することがオススメです。

あわせて読みたい

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、豪華なボーナスキャンペーンと低スプレッドを特徴とする評判の海外FX業者です。 最大500万円の100%入金ボーナスなど、高額[…]

blank

ここまで、安全性・信頼性が高い海外FX業者を5社紹介してきました。その反対に、中には安全性が低い海外FX業者もあります。次の項目からは、利用に注意すべき海外FX業者を5社紹介していきます。

安全性の低い海外FX業者5選

海外FX業者の中には、安全性が低い業者も多くあります。金融ライセンスを取得していなかったり、顧客資産が分別管理されていなかったりと、安心して利用できる環境でない業者もあるため、事前に評価を確認しておきましょう。

IronFX

Iron FXは多くのトレーダーから、出金拒否の報告が挙がっている海外FX業者です。「利益が出ていても出金できない」など、スムーズに出金できない事例が多く起こっているようです。

またIron FXは2012年に、強制的にトレーダーのポジションを決済したことで、トレーダーから多くの非難を浴びたFX業者です。その際にも金融庁から警告が出されているため、トラブルなく利用できる環境とはいえません。

InstaForex

Insta Forexは、海外最大級のFX掲示板である「FPA(Forex Peace Army)」でSCAM(詐欺業者)の認定を受けている海外FX業者です。

入出金手続きや、サポートの悪さに対する口コミが多く、利用に際してきちんとしたバックサポートが受けられるとはいえません。

またInsta Forexは日本語での利用に対応していないため、口座開設から取引まで全て英語で行う必要があります。したがって、初めて海外FX業者を利用する方にはおすすめできないFX業者です。

Insta Forexの金融ライセンスは、英国領バージン諸島金融サービス委員会(BVI FSC)から取得していますが、マイナーライセンスであるため、こちらも信用度が高いとはいえません。

FXDD

FXDDは、2015年のスイスフランショックの際にゼロカットシステムを実行しなかったことで知られています。ゼロカットシステムは追証が発生せず、トレーダーは預入額以上の損失を被らないシステムです。

しかしこのスイスフランショックの際に、FXDDはトレーダーに対して追証を求めています。他のFX業者ではきちんとゼロカットシステムが実行されたにもかかわらず、FXDDではトレーダーに負担を負わせたため、多くの非難がありました。

この一件でFXDD側には「損失を被りたくない」という保身的な姿勢が見えたことからも、万が一の際にトレーダーを守ってくれないFX業者であるといえます。

今後も「○○ショック」といった大きな変動は必ず起こるため、そのような際に安心して利用できないFX業者はおすすめできません。

FXopen

FXopenは公式サイトでは「ゼロカットシステム採用」と謳っているにもかかわらず、実際には追証を要求された声が多く挙がっています。

FXopenでは、「取引でマイナスが発生した際に、次回入金分より差し引く」といった特殊なルールとなっており、これは実質追証と同じ仕組みです。そのためトレーダーは大きな損失を被ることもあり、ハイレバレッジで取引をするとそのリスクは膨大なものといえます。

またFXopenでは、日本語でのサポートを提供していないため、口座開設~取引まで全て英語で行う必要があります。FXopenでは出金拒否などのトラブルも報告されており、そういったトラブル発生時の対応を考えると、英語に自信がない方や、初心者の方にはおすすめできない海外FX業者です。

FXsuit

FXsuitは2019年に設立された新興の海外FX業者です。FXsuitは金融ライセンスを取得していないことや、信託保全が行われていないことから、トレーダーが安心して利用できる環境とはいえません。

またFXsuitとIronFXの取締役は同姓同名の人物が務めており、SCAM認定されているIronFXが看板を変えただけとも受け取れます。IronFXは金融庁からも警告を受けており、2014年には事前告知もなく、いきなり日本から撤退しているFX業者です。

FXsuitの取締役が同一人物であると断定できるわけではありませんが、そのつながりが完全に払拭されているともいえません。利用には慎重になるべき海外FX業者です。

まとめ

海外FX業者は、ハイレバレッジ取引が可能であることや、ボーナスが豪華である点から魅力的に感じる人も多いでしょう。

しかし利用の際には、金融ライセンスの所持や、運営実績、顧客資金の管理方法についてはきちんとチェックする必要があります。
またトラブル発生時のことを考慮すると、日本語でサポートが受けられる点も重要です。

日本の金融庁から認定を受けていない海外FX業者では、トラブルが発生した時にも資産を守ってもらうことができません。海外FX業者を利用する際には、きちんとリスクを踏まえたうえで利用することを心がけましょう。