海外FXのおすすめの出金方法はどれ?全方法の使い勝手を徹底解説

海外FX業者を利用するに当たり、口座からの出金に不安を感じる人も少なくありません。

海外の口座からの出金、しかも一般的な銀行振込ではなくFX口座からの出金です。

とは言え、海外FX業者の出金は基本的なルールを抑えれば難しくありません。

国内・海外の銀行送金やオンラインウォレット、近年では仮想通貨による出金にも対応する業者もあります。

本記事では、海外FX業者で利用できる出金方法と注意点についてまとめました。

海外FX業者で利用できる主な出金方法

海外FX業者で利用できる主な出金方法は以下のように複数存在します。

海外FXの主な出金方法

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • bitwallet
  • STICKPAY
  • 仮想通貨送金

海外FX業者で利用できる主な出金方法は上記の7種類です。

普段利用する銀行振込と同じ国内銀行送金や、一般的な海外銀行送金。

また、便利なオンラインウォレットによる出金もあります。

もちろん、上記7種類以外の出金方法が利用できる場合もありますが、主な出金方法だけ理解して置けば特に問題ありません。

ここでは、海外FX業者で利用できる7種類の出金方法をご紹介します。

国内銀行送金の出金

国内銀行送金に対応する海外FX業者も最近は増えてきました。

分かりやすく国内銀行送金がどういった出金方法かと説明すると「日常的に使う銀行振込と同じ」です。

海外FX業者の取引口座からの出金が、国内の銀行口座からあなたの国内の銀行口座に振り込まれる仕組みです。

国内銀行送金

ただし、実際に国内の銀行口座を海外FX業者が持っていると、日本の金融庁の認可の元、国内FX業者と同じルールでFX業者を運営しなければなりません。

したがって、実際には海外FX業者が提携する決済代行サービスの銀行口座から、出金申請額と同額が銀行口座に振り込まれる流れになります。

国内銀行送金出金のメリット

  • 銀行口座への着金が早い
  • 手数料が無料の場合が多い
  • シンプルで初心者でも使いやすい

海外FX業者の取引口座から、国内銀行送金を使って出金するメリット・デメリットを見てみましょう。

国内銀行送金のメリット①銀行口座への着金が早い

国内銀行送金は、ようするに普通の銀行振込で出金が行われます。

したがって、海外FX業者で出金申請を行ってから、最終的に自分の銀行口座に着金するまでの時間が早いのがメリットです。

おおむね国内銀行送金に対応する海外FX業者では、最短で当日中もしくは長くとも3営業日以内に着金となります。

国内銀行送金のメリット②手数料が無料の場合が多い

国内銀行送金を取り扱う海外FX業者の場合、出金手数料が無料・銀行の振込手数料を無料もしくは両方を無料で提供していることも少なくありません。

海外銀行送金では、FX業者による出金手数料が無料でも、受取先の銀行口座によって中継銀行の手数料(リフティングチャージ)が必要になります。

海外銀行送金の手数料は2500円以上となることも多いため、国内銀行送金は手数料無料が多いのはメリットです。

国内銀行送金のメリット③シンプルで初心者でも使いやすい

初心者にとって、英語による銀行の所在地など送金に必要な情報を調べて手続きをする海外銀行送金は難しいです。

国内銀行送金による出金では、ほとんどの場合は対応する銀行口座があれば、簡単な振込先の情報を登録するだけで簡単に出金できます。

普段使っている容易な銀行振込とほとんど同じなので初心者でも使いやすいのがメリットです。

国内銀行送金出金デメリット

  • 手数料が自己負担の場合がある
  • 最小出金額が決められている場合がある
  • 対応する海外FX業者が少ない

国内銀行送金のデメリット①手数料が自己負担の場合がある

国内銀行送金による出金には、自己負担となる手数料が発生する場合もあります。

例えば、決済代行業者の手数料、銀行側から発生する振込手数料、○○円以下の出金は出金手数料といった様に各社で自己負担になる出金手数料や条件があることが多いです。

国内銀行送金のデメリット②最小出金額が決められている場合がある

国内銀行送金で出金するに当たり、最小出金額が決められている場合があります。

出金したい金額が条件を満たしていない場合は、国内銀行送金を利用できません。

または、一定金額を満たしていない国内銀行送金の出金に関しては、振込手数料や決済代行業者の手数料が自己負担となる場合もあるため、最小出金額のルールは事前に確認しておきましょう。

国内銀行送金のデメリット③対応する海外FX業者が少ない

国内銀行送金による出金は、日本語サポートの海外FX業者であっても対応していない場合が多いです。

また、海外FX業者の国内銀行送金は、決済代行業者との提携が欠かせないため、新興の海外FX業者やアジアに進出してから浅いFX業者では、やむおえず海外銀行送金を利用することになります。

海外銀行送金の出金

海外銀行送金は、海外FX業者からの出金方法で最も一般的な出金方法です。

海外銀行送金は、海外FX業者の取引口座から直接、国内の銀行口座へ送金します。

ただし、国をまたぐ銀行送金では、中継銀行を間に挟む必要があるため、国内銀行送金より日数が必要です。

海外銀行送金

海外FX業者の取引口座→出金先の銀行口座が指定する中継銀行→国内の銀行口座という流れで出金されるため、海外FX業者側の手数料・中継銀行の手数料・国内銀行の手数料がFX業者によって必要になります。

海外FX業者の取引口座から、海外銀行送金を使って出金するメリット・デメリットを見てみましょう。

海外銀行送金出金のメリット

  • 対応する海外FX業者が多い
  • 国内の銀行口座へ直接振り込まれる

海外銀行送金のメリット①対応する海外FX業者が多い

海外銀行送金は、出金方法・入金方法として対応する海外FX業者が非常に多いです。

また、基本的に海外銀行送金の出金手順はどの海外FX業者でも同じになります。

したがって一度、海外銀行送金で入金から出金まで手続きすれば、次回の入出金、他社口座で入出金する際も手続き方法が分からず困ることはないでしょう。

海外銀行送金のメリット②国内銀行口座へ直接振り込まれる

海外銀行送金を利用したことのない方にとって、何となく海外からの送金は複雑な仕組みだと思われやすいです。

しかし、実際には海外FX業者からの出金方法で、海外銀行送金は最もシンプルな方法と言えるでしょう。

なぜなら、海外銀行送金で関わるのは利用中の海外FX業者と提携する銀行、そして自身の出金先の銀行口座と提携先の中継銀行だからです。

例えば、海外FX業者からの国内銀行送金なら第三者として決済代行業者を利用します。

クレジットカードならクレジットカード情報、オンラインウォレットならウォレットアカウントと残高からの出金といった1つの中継地点が増えるのです。

また、銀行とFX業者以外に自分の個人情報や出金先の銀行を登録するため、情報漏洩などの潜在的なリスクもゼロではありません。

海外銀行送金出金のデメリット

  • 着金までの日数が長い
  • 出金手数料が高い
  • 必要情報が多い

海外銀行送金のデメリット①着金までの日数が長い

海外銀行送金のデメリットは、着金までの日数が長いことです。

大手海外FX業者でも、海外銀行送金の出金申請から国内の銀行口座に着金するまで、少なくとも2日、長い所で1週間程度の期間を要する場合もあります。

海外銀行送金の仕組み上、通常の振込と違って中継銀行を送金の間に挟むことになるため、海外FX業者の提携先の銀行、中継銀行、そして国内の銀行口座での確認と海外銀行送金の受け取り手続きが必要です。

したがって、どうしても国内銀行送金の出金より着金までの日数が長くなります。

海外銀行送金のデメリット②出金手数料が高い

海外銀行送金による出金は、他の出金方法より手数料が高くなりやすいです。

もちろん各海外FX業者と、出金先の銀行口座によって具体的な金額は異なります。

ただし、海外銀行送金の仕組み上、海外FX業者側からの出金手数料が無料の場合も、別途手数料が金融機関で発生する場合があるため注意が必要です。

例えば、海外銀行送金による出金手数料には以下が挙げられます。

  • 海外FX業者の取引口座からの出金手数料
  • 海外銀行送金の中継銀行の手数料(リフティングチャージ)
  • 国内銀行送金の振込手数料

海外FX業者の取引口座からの出金手数料は無料となる場合が多いです。

ただし、多くの海外銀行送金では、中継銀行の手数料は自己負担になります。

中継銀行の手数料は少なくとも2,000円以上となることが多く、どの中継銀行を利用するかは出金先の銀行口座によって異なるため、海外FX業者側の管轄ではありません。

したがって、海外FX業者からの出金手数料は無料、中継銀行等で発生する手数料は自己負担となることが多いです。

海外銀行送金のデメリット③必要情報が多い

海外銀行送金による出金では、他の出金方法よりも必要情報が多くなりやすいです。

基本的には、初回の出金でのみ必要情報の入力を行い、2回目以降の出金では省略となります。

とは言え、初めての海外銀行送金の出金では、どういった情報が必要になるのかが分からない人も多いでしょう。

海外銀行送金による出金では以下の情報が必要です。

  • 受取人のフルネーム
  • 出金先の銀行名
  • 出金先の銀行口座番号/IBAN
  • 出金先の銀行口座の所在地
  • 出金先の銀行のSWIFTコード
  • 中継銀行(コルレス銀行)名
  • 中継銀行(コルレス銀行)のSWIFTコード

上記の情報を英語で入力する必要があります。

海外銀行送金を受け付けている銀行であれば、公式サイトに全ての情報が英語で記載されていることが多いです。

したがって、コピペで入力できますが、初回の出金では必要情報の登録が手間になります。

クレジットカード出金

クレジットカードによる出金は、入金時にクレジットカードを利用した場合に入金分を上限に利用できます。

クレジットカードは、海外FX業者で最も早い入金方法として重宝されていますが、ショッピング枠を利用して入金する仕組み上、出金時にルールも多いです。

クレジットカード

クレジットカードによる出金は、入金時にショッピングと同じ方法で入金を行っているため、出金時にはショッピング利用のキャンセルの手続きを海外FX業者が行います。

キャンセル処理によって、基本的にはショッピング枠の利用額へ入金分と同額が戻されますが、キャンセル処理の期間や返金処理となるかは使っているカード会社の管轄です。

ご利用中のクレジットカードによっては、翌月末に返金など最終的な出金完了まで時間が掛かってしまいます。

海外FX業者の取引口座から、クレジットカード出金をするメリット・デメリットを見てみましょう。

クレジットカード出金のメリット

  • 出金手数料は基本的に無料
  • 入金反映が最も早い

クレジットカード出金のメリット①出金手数料は基本的に無料

クレジットカード出金は、ショッピング利用をキャンセルする形となるため基本的に出金手数料は、どの海外FX業者でも無料です。

ただし、クレジットカード会社から返金処理が行われる場合には、例外としてクレジットカード会社から振込手数料や事務手数料を返金から差し引く場合があります。

海外FX業者の入金に使っているクレジットカードの利用規約等を確認して、キャンセル処理や返金処理となった場合に自己負担する手数料がないか確認しておきましょう。

クレジットカード出金のメリット②入金反映が最も早い

出金の際にデメリットが多いにもかかわらず、クレジットカードによる入金が重宝される理由は、入金反映の早さにあります。

クレジットカード入金は、ショッピング利用と同じ決済方法になりますから、海外FX口座への入金も即時反映です。

クレジットカードによる入金は、海外FX業者で利用できる入金方法の中で最も早い手段になります。

デメリット

  • 利益分の出金には使えない
  • 出金完了までの時間が長い
  • 出金に手続きとルールが多い

クレジットカード出金のデメリット①利益分の出金には使えない

クレジットカード出金のデメリットは、利益分の出金には使えないことです。

クレジットカードによる出金は、ショッピング利用のキャンセルが前提になります。

したがって、入金(ショッピング枠の利用)を超える金額は出金できません。

例えば、10万円をクレジットカードで入金した取引口座から、100万円を出金するには、まず10万円をクレジットカードに出金し、残り90万円は海外銀行送金など他の方法を利用します。

つまり、クレジットカードで入金すると、出金する際にはクレジットカード出金と他の出金方法で2回の手続きが必要になるため手間が多いです。

クレジットカード出金のデメリット②出金完了までの時間が長い

入金は最速のクレジットカードですが、出金に関しては最も時間が掛かかることが多いです。

海外FX業者の出金処理、クレジットカード会社への利用キャンセル申請が即時でも、実際にはクレジットカード会社の処理が出金完了までの時間を長くしてしまいます。

例えば、当月利用分のキャンセルは翌月にショッピング利用枠へ戻す、あるいは返金処理が申請日から30日前後で行われるといった場合など様々です。

また、キャンセル申請を行えば、キャンセル申請後の処理はカード会社が行うため、海外FX業者側で出金を早くすることができません。

クレジットカード出金のデメリット③出金に手続きとルールが多い

クレジットカード出金は、海外FX業者で利用できる出金方法の中でも細かなルールが多いです。

基本的に、海外FX業者といっても各国の金融ライセンスによる管轄の元で運営しています。

クレジットカードの不正利用によるマネーロンダリングを防ぐ目的で、クレジットカードによる出金には、いくつかのルールがあります。

近年では、クレジットカードで海外FX業者に入金する場合には、クレジットカードの画像提出が求められることも増えてきました。

デビットカード

デビットカードによる出金は、クレジットカードによる出金と同じ仕組みです。

各海外FX業者で対応しているカードブランドの違いはあるものの、クレジットカードによる入出金に対応していれば、同じカードブランドのデビットカードも利用することが出来ます。

デビットカード

ただし、クレジットカードと違い、デビットカードの利用分は銀行口座から支払いと同時に引き落とされるため、さほど出金の手続きは複雑ではありません。

海外FX業者の取引口座から、デビットカード出金をするメリット・デメリットを見てみましょう。

デビットカード出金のメリット

  • 出金手数料は基本的に無料
  • 入金反映が早い
  • 口座残高以上の入金ができない

デビットカード出金のメリット①出金手数料は基本的に無料

デビットカードの出金についても、クレジットカードと同様に利用キャンセルとして出金を行うため基本的にどの海外FX業者でも出金手数料は発生しません。

デビットカード出金のメリット②入金反映が早い・口座残高以上の入金が不可

クレジットカードと同様に、デビットカードによる入金反映は非常に早いです。

ほとんどの場合、入金の手続きが済むと海外FX業者の取引口座に入金が即時反映されます。

また、デビットカードは紐づけされた銀行口座から利用分が同時に引き落とされる仕組みです。

ショッピング利用枠で入金するクレジットカードと違い、自己資金以上の入金ができないのもメリットです。

本来の自己資金以上に入金すれば、万が一口座を溶かした場合、ゼロカットがある海外FX業者でもカード利用の借金ができてしまいます。

デビットカード出金のデメリット

  • 利益分の出金には利用できない
  • 出金完了までの時間が長い

デビットカード出金のデメリット①利益分の出金には利用できない

デビットカードの出金ルールは、基本的にクレジットカードと同じルールが適用されます。

デビットカードも、クレジットカードの出金と同様、入金時にデビットカードを利用した入金分のみ出金可能です。

デビットカードで入金していない、利益分の出金については海外銀行送金や国内銀行送金、オンラインウォレットなど他の出金方法を利用しましょう。

デビットカード出金のデメリット②出金完了までの時間が長い

デビットカードは、銀行口座から利用分が引き落とされる仕組みですが、クレジットカードと同様に出金完了までの時間が長くなりやすいです。

あくまでデビットカードは十店舗や通販サイトでのショッピングや、海外ATMでの現地通貨引き出しといった用途を想定して作られています。

したがって、利用キャンセルとしてクレジットカード同様に海外FX口座からの出金では手続きされるため、カード会社によって出金完了までの期間が異なります。

bitwalletの出金

bitwallet(ビットウォレット)は、海外FX業者の入出金方法で定番のオンラインウォレットサービスです。海外FX業者からの出金は、bitwalletのウォレット残高へ即時に出金されます。

blank

ただし、オンラインウォレットの仕組み上「海外FX業者の取引口座→bitwalletのウォレット残高→国内の銀行口座」という流れで最終的に出金することになります。また、bitwalletからの出金は、国内銀行送金を利用するのが一般的です。

海外FX業者の取引口座から、bitwalletで出金するメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

  • 日本語サポートで使いやすい
  • セキュリティレベルが高い
  • 入出金手数料が安い
  • 国内銀行送金で出金できる

bitwalletのメリット①日本語サポートで使いやすい

bitwalletは海外FX業者の出金に使えるオンラインウォレットの中で日本語サポートが整っているのが特徴の1つです。

ウォレットアカウントの作成から、ウォレット残高の入出金、マイページから行える各種操作画面は全て日本語表示に対応しています。

もちろん、問い合わせ窓口に関しても日本語サポートがあるため安心です。

bitwalletのメリット②セキュリティレベルが高い

bitwalletは、数あるオンラインウォレットで最も高いセキュリティレベルが評価されています。

bitwalletのセキュリティレベルは、国際的なカードブランドのセキュリティ規格「PCI DSS」の基準を満たしており、他のオンラインウォレットよりも安全性が高く、安心して利用できるのがメリットです。

bitwalletのメリット③入出金手数料が安い

オンラインウォレットを海外FX業者で利用する際には、FX業者側の入出金手数料が無料でも、オンラインウォレットへの入出金での手数料は自己負担になります。

bitwalletは、オンラインウォレットの中でも、比較的入出金手数料が安いのがメリットです。

bitwalletへの入金は、提携する銀行口座への入金なら手数料無料で営業時間内なら15分程度で入金が反映されます。

また、出金手数料は一律777円の手数料で3営業日以内の着金目安となり、年間のbitwalletの利用量に応じてアカウント優待による最大半額の割引も可能です。

bitwalletのメリット④国内銀行送金で出金できる

bitwalletは入金だけでなく、出金に関しても国内銀行送金が利用可能です。

通常の振込と同様に即日出金はできないものの、3営業日以内に国内の銀行口座へ着金するため、オンラインウォレットの出金としては非常に早い着金目安となります。

デメリット

  • 対応していない海外FX業者もある
  • ウォレットからの出金手数料は自己負担

bitwalletのデメリット①対応していない海外FX業者もある

bitwalletは全ての海外FX業者で利用できるわけではありません。

入出金方法にbitwalletを利用できない場合もあります。

bitwalletに対応している海外FX業者なら、bitwalletを経由することで、資金の移動も低コストで即時に行うことが可能です。

しかし、bitwalletに非対応の海外FX業者では、他社へ資金移動して取引したい場合に一度銀行口座へ出金するといった手間があります。

bitwalletのデメリット②ウォレットからの出金手数料は自己負担

bitwalletへの出金は多くの海外FX業者が出金手数料無料で対応しています。

しかし、bitwalletから自身の銀行口座への出金に関しては、海外FX業者の管轄外になりますから、出金手数料は自己負担となります。

ただし、bitwalletからの出金手数料が自己負担となるのは他のオンラインウォレットでも同じです。

オンラインウォレットから銀行口座への出金手数料としてはbitwalletが最も低価格になっています。

STICKPAYの出金

STICPAY(スティックペイ)は、海外FX業者の出金方法としてbitwalletとほぼ同じ程度に普及しているオンラインウォレットです。

海外FX以外にも、オンラインカジノ等の決済手段としても利用されています。

blank

STICPAYの出金も、bitwalletと同様に「海外FX業者の取引口座→STICPAYのウォレット残高→国内の銀行口座」の流れで最終的には出金を完了させることになります。

海外FX業者の取引口座から、STICPAYで出金するメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

  • 専用アプリでスマホからも操作できる
  • 日本語サポート
  • 海外FX業者のキャッシュバックがある

STICPAYのメリット①専用アプリでスマホからも操作できる

STICPAYは、専用アプリがリリースされておりスマホから簡単に操作できます。

もちろん、専用アプリがなくてもブラウザから他のオンラインウォレットでもスマホから操作可能です。

とは言え、専用アプリなら海外FX業者への入出金だけでなく、ウォレットからの出金が初心者でも使いやすいでしょう。

STICPAYのメリット②日本語サポート

STICPAYは日本語サポートが年々と強化されており、最近ではbitwalletとほぼ同じレベルの日本語対応を行っています。

ただし、まだ公式サイトや一部のサービスは日本語の誤訳も見受けられるため、不安な方はbitwalletを選ぶと良いでしょう。

STICPAYのメリット③海外FX業者のキャッシュバックがある

STICPAYでは、提携する海外FX業者を対象に取引に応じてキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックは、STICPAYのウォレットへ現金で反映されるため非常にお得です。

ただし、各社が実施するボーナスキャンペーンの対象外となる場合もあるため、事前にキャンペーンの利用規約を確認しておきましょう。

デメリット

  • 入出金手数料が高い
  • 非対応の海外FX業者もある

STICPAYのデメリット①入出金手数料が高い

STICPAYのデメリットは、海外FX業者の出金に利用できるオンラインウォレットの中でも入出金手数料が高いことです。

具体的に、STICPAYのウォレット残高の入出金手数料は以下の金額が発生します。

  • 国内銀行送金による入金:入金額の2%相当
  • 国内銀行送金による出金:出金額の2%相当+800円

金額に応じて2%相当の入出金手数料が発生するため、STICPAYの入出金手数料は高くなりやすいです。

同じオンラインウォレットでもbitwalletは入金手数料が無料、出金手数料は一律777円でアカウントに応じて割引もあります。

STICPAYのデメリット②非対応の海外FX業者もある

STICPAYも他のオンラインウォレットと同様に必ずしも全ての海外FX業者で利用できるとは限りません。

また、種類の違うオンラインウォレット間の送金は不可能なので、やはりSTICPAY対応のFX業者とSTICPAY非対応のFX業者間で資金を移動するには、一度は銀行に出金する手間があります。

仮想通貨送金の出金

仮想通貨送金を使って出金ができる海外FX業者も少しずつ増えてきました。

対応する仮想通貨の種類によって異なるものの、手数料が抑えたり、基本的に24時間365日体制で出金が進められます。

ただし、海外FX業者からの出金方法として新しいため、海外FX業者毎の仕様の違いや、仮想通貨ならではのデメリットもあります。

仮想通貨送金の出金

基本的には仮想通貨送金による出金では、仮想通貨を証拠金にできる海外FX業者では同じ仮想通貨を同じ枚数あるいは、同価値になる仮想通貨で出金することができます。

また、仮想通貨を証拠金にできない海外FX業者からの出金では、出金申請時点の交換レートを元に出金額に相当する仮想通貨で出金を行います。

海外FX業者の取引口座から、仮想通貨送金で出金するメリット・デメリットを見てみましょう。

仮想通貨送金出金のメリット

  • 入出金の手続きがいつでも可能
  • 出金手数料が安い
  • 仮想通貨取引所にも直接送金できる

仮想通貨送金のメリット①入出金の手続きがいつでも可能

仮想通貨の多くは、特定の金融機関や取引市場を持たず、世界中のプラットフォームで流通・取引されています。

銀行システムによって送金も行わないため、24時間365日いつでも入出金の手続きが可能です。

例えば、日本円や米ドルといった法定通貨の入出金では、銀行の営業時間内でのみ、入出金の手続きが進められます。

営業時間の概念がないのが仮想通貨送金で出金する主なメリットです。

仮想通貨送金のメリット②出金手数料が安い

仮想通貨送金は、海外銀行送金と比べて出金手数料が安く抑えることができます。

仮想通貨送金は、海外銀行送金と違い、中継銀行を挟むことなくメールを送信するようにネットワークを介して送金を行うため、中継銀行への手数料が発生しません。

また、受け取り先の仮想通貨取引所や、仮想通貨ウォレットによる手数料も無料となる場合が多くあります。

ただし、ビットコインのブロックチェーンを始めとするマイニングによって取引・送金が支えられている仕組みでは、トランザクションフィーという手数料の支払いが必要です。

仮想通貨送金のメリット③仮想通貨取引所にも直接送金できる

仮想通貨送金に対応するプラットフォームであれば、多くの海外FX業者では出金先に制限はありません。

したがって、自身のアカウントがある仮想通貨取引所に直接出金することも可能です。

例えば、海外FXで得た利益を使って、仮想通貨の現物を複利運用したいといった方に仮想通貨送金を使った出金は向いています。

仮想通貨送金出金のデメリット

  • 出金時と着金時でレートの差が発生する
  • 着金までの時間は仮想通貨の種類によって異なる
  • 対応する海外FX業者は少ない

仮想通貨送金のデメリット①出金時と着金時でレートの差が発生する

仮想通貨の価格は、他の金融商品より大きく変動します。

市場自体が、営業日の概念がないため、24時間365日絶えず取引が行われていることもあり、海外FX業者からの出金時と着金時で法定通貨ベースでの交換レートに差が発生するのがデメリットです。

仮想通貨送金のデメリット②着金までの時間は仮想通貨の種類によって異なる

仮想通貨送金は、送金する仮想通貨の流動性と送金システムによって出金完了までの時間が異なるデメリットがあります。

例えば、ビットコインの送金でも毎回同じ時間で出金が完了するとは限りません。

なぜなら、トランザクションの混雑状況やハッシュパワーの変動によって、送金にかかる時間も異なるからです。

送金に関わるシステムの混雑状況等によって、各海外FX業者が提示する出金完了目安より、時間を要する可能性もあります。

仮想通貨送金のデメリット③対応する海外FX業者は少ない

出金方法に仮想通貨送金を追加する海外FX業者も増えてきましたが、まだ対応する海外FX業者が少ないのも事実です。

また、出金に利用できる仮想通貨の種類も各業者で異なります。

出金前に知っておきたい海外FXの出金ルール

ここまで、海外FXで利用できる出金方法についてメリットやデメリットを解説してきました。

ここからは事前に知っておきたい出金する際のルールも詳しく説明いたします。

ルールを知らないと出金完了まで無駄に時間がかかってしまったり、出金拒否になるなど様々な問題が発生する可能性もあります。

海外FXの出金ルール

  • 出金方法は入金方法は原則同じでないといけない
  • 出金方法は廃止になることもある
  • ボーナスを持っている場合は出金タイミングに注意
  • 取引口座名義と同一名義の元に出金する
  • 出金方法によって反映速度が違う
  • 出金方法が入金方法より少ないことがある
  • 出金申請してから着金するまでの速さは業者次第

上記の項目をそれぞれ見ていきましょう。

出金方法と入金方法は原則同じでないといけない

海外FX業者の多くは、金融ライセンスの管轄元「アンチマネーロンダリング」を徹底しなければなりません。

例えば、不正取得したクレジットカードで入金を行い、銀行送金で出金を行えば、不正に現金を得ることができてしまいます。

このような、資金洗浄(マネーロンダリング)を防ぐために、基本的に入金分に関しては、入金方法と同じ出金方法を利用することになります。

出金方法は廃止になることもある

海外FX業者で利用できる出金方法は、規制の変更や提携する決済サービスとの契約終了などによって廃止になる場合があります。

例えば、海外FX業者AXIORY(アキシオリー)では、bitwalletの入出金が廃止となりました。

他の出金方法の案内が基本的にありますが、急な規制変更等によって出金対応が遅れる可能性もあるため、あらかじめ理解しておきましょう。

ボーナスを持っている場合は出金タイミングに注意

入金ボーナスや口座開設ボーナスなど、海外FX業者ではボーナスキャンペーンによって「クレジット」が付与されます。

クレジットは、トレード資金の一部として利用できますが、クレジット自体は現金でないため出金できません。

しかし、口座からの出金に合わせて、クレジットは同割合あるいは全額が消失するルールがあります。

ボーナスのある口座から出金する場合は、証拠金維持率の変動なども考慮して、ポジションを決済するなどの対応が必要です。

取引口座名義と同一名義の元に出金する

海外FX会社から出金する際には必ず取引口座名義と同一名義の元に出金リクエストする必要があります。

マネーロンダリング防止措置の徹底が義務付けられているため、家族名義でも基本的には出金は認められていません。

また、ご本人名義だとしても、ローマ字のスペルミスなどで一致しない場合も処理が保留になってしまいます。

出金拒否の原因ともなりますので事前に確認しておきましょう。

出金方法によって反映速度が違う

出金申請から出金先の銀行口座やウォレットへ着金するまでの時間は、出金方法によって異なります。

例えば、国内銀行送金なら1~3営業日以内、海外銀行送金なら3~7営業日以内と、出金方法によって着金するまで期間が異なります。

出金申請から着金までの早さは、

オンラインウォレット→仮想通貨→国内銀行送金→海外銀行送金→クレジット・デビットカード

の順で、オンラインウォレットが最も早く、クレジットカードの出金完了が最も遅くなりやすいです。

出金方法が入金方法より少ないことがある

業者によっては、入金手段は多数用意しているにもかかわらず、出金する際の方法は限られている場合も多々あります。

必ずしも入金方法と同じだけ出金方法も用意されている訳ではない点を理解しておきましょう。

出金申請してから着金するまでの速さは業者次第

同じ出金方法でも、どの海外FX業者を利用しているかによって着金するまでの早さは違います。

なぜなら、出金申請をアカウントページで行ってから、実際に出金の手続きや送金作業が行われる期間は海外FXの運営側次第だからです。

例えば、同じオンラインウォレットへの出金でも、専用のシステムを通して自動的に出金処理を行う業者からの出金は着金が早く、確認作業を含めてスタッフが行う場合はスタッフ人数によって時間が掛かってしまいます。

主要海外FX業者の出金方法まとめ

ここでは、日本から利用できる主要な海外FX業者で各社が対応している出金方法をご紹介します。

  • 国内銀行送金で出金したい
  • 同じオンラインウォレットで入出金を管理したい
  • 仮想通貨取引所に直接出金をしたい

上記のような自身の求める出金方法に対応する海外FX業者を見つける参考などに活用してください。

対応する出金方法海外銀行送金国内銀行送金クレジット・デビットカードbitwalletSTICPAY仮想通貨送金
XM Trading
GEMFOREX
FXGT
AXIORY
exness

XMの出金方法

出金方法出金可否出金手数料出金完了日数
国内銀行送金無料1日〜5日
海外銀行送金無料1日〜5日
クレジットカード無料1日〜2日
デビットカード無料1日〜2日
bitwallet無料24時間以内
STICKPAY無料24時間以内
仮想通貨送金無料24時間以内

XM(エックスエム)では、国内銀行送金やbitwalletなど全5種類の出金方法に対応しています。

XMのアカウントページから、出金申請を行うと24時間以内にXMの運営による出金処理が行われるため、非常に出金はスピーディーです。

また、出金手数料はどの出金方法でも基本的に無料です。

ただし、40万円以下の出金額に関しては、国内銀行送金で利用する決済代行業者の手数料が自己負担となります。
 

GEMFOREXの出金方法

出金方法出金可否出金手数料出金完了日数
国内銀行送金×
海外銀行送金1日1回無料3日〜5日
クレジットカード×
デビットカード×
bitwallet×
STICKPAY×
仮想通貨送金×

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、1日1回の出金に関しては手数料を完全無料で提供しています。

GEMFOREXの取引口座からの出金に関する手数料なら、銀行で発生した手数料に関してもアカウントページの専用フォームから申請することでキャッシュバックされるのが特徴です。

ただし、1日1回を超える出金に関しては、出金毎に出金額の2%(20万円以下の出金については一律4,500円)の手数料が発生するため注意しましょう。

また、2022年現在はビットコイン、bitwallet、ZOTAPAYの入出金がメンテナンス中のため、実際に利用できる出金方法は海外銀行送金のみです。

FXGTの出金方法

出金方法出金可否出金手数料出金完了日数
国内銀行送金無料5営業日前後
海外銀行送金×
クレジットカード無料2営業日
デビットカード無料2営業日
bitwallet無料48時間以内
STICKPAY無料48時間以内
仮想通貨送金無料48時間以内

FXGT(エフエックスジーティー)は、新興ブローカーながら手数料無料の国内銀行送金を始め、多くの出金方法に対応しています。

また、仮想通貨FXを本格的に取り入れていることが特徴であるため、全4種類の仮想通貨による出金も可能です。

ただし、銀行送金による最低出金額が10,000円からと、他社より高い設定になっています。

法定通貨を入金する場合は、bitwalletかSTICPAYを利用する方が出金時に不便がありません。
 

AXIORYの出金方法

出金方法出金可否出金手数料出金完了日数
国内銀行送金2万円以上は無料2日以内
海外銀行送金2万円以上は無料2日以内
クレジットカード2万円以上は無料3日程度
デビットカード2万円以上は無料3日程度
bitwallet×
STICKPAY2万円以上は無料1~3日以内
仮想通貨送金2万円以上は無料1~3日以内

AXIORY(アキシオリー)では、国内銀行送金を含めた全7種類の出金方法に対応しています。

2019年2月以前までは、bitwalletによる入出金もAXIORYは対応していましたが、現在はbitwalletとの契約が終了しています。

AXIORYの出金方法で種となるのは、国内銀行送金でしょう。

AXIORYの国内銀行送金は、送金業者として日本の金融庁へ登録済みのCurfex(カーフェックス)との提携によって実現しています。

海外FX業者の提供する国内銀行送金で、日本の金融庁認可の決済手段が利用できるケースは珍しく、着金も1~2営業日と早いため非常に便利です。
 

exnessの出金方法

出金方法出金可否出金手数料出金完了日数
国内銀行送金無料1〜日以内
海外銀行送金×
クレジットカード無料1~14営業日
デビットカード無料1~14営業日
bitwallet無料即時
STICKPAY無料即時
仮想通貨送金無料最大72時間

exness(エクスネス)では、国内銀行送金や仮想通貨送金を含めた全7種類の出金方法に対応しています。

全ての出金方法において、exnessでは出金手数料無料で提供しています。

ただし、利益分の出金方法に関しては他社にないルールを採用しているため注意が必要です。

exnessでは、複数の入金方法を利用した場合、入金分を同じ出金方法で出金した後、残りの利益分は「入金した時に使った方法と同じ方法で同じ割合に分けて出金する」というルールに従う必要があります。

例えば、bitwalletで7万円・STICPAYで3万円を入金、利益が10万円の口座から出金する場合は、7万円の利益をbitwallet・3万円の利益をSTICPAYで出金しなければなりません。

まとめ

今回は海外FXの出金方法について、ルールや注意点もふまえて詳しく解説いたしました。

海外FXを利用する際には、どうしても国内口座間だけのやり取りにならないことから不安も多いと思います。

業者によっては出金拒否などの悪い噂もありますが、ほとんどの業者はルールを理解した上で適切な処理をすることで出金処理も正常に行われるので安心してください。

今回ご紹介した出金方法の種類や注意点を理解し、出金処理にも困らないよう参考にしていただければ幸いです。

それでは今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!

海外FXの入金方法まとめ。おすすめの方法はどれ?

そのほかの手数料に関してはこちらをご覧ください。

海外FXの手数料をお得にするには?海外FX15社の様々な手数料を比較