海外FXの最大ロットはどれぐらい?| 各FX業者の最大ロットを比較

ハイレバレッジやゼロカットなしといった海外FXの派手な特徴の陰に隠れてしまいがちですが、取引ロット数を増やすことでも大きな利益をあげることができるのが海外FXの魅力の一つです。

今回は海外FXにおけるロットについて解説したのち、各海外FX業者を最大ロットの観点から比較していきます。

また、最後に最大ロットで海外FXを選定する際の注意点についても解説しているのでぜひ最後まで読んでいただきたいです。

先に大口トレードができるおすすめ業者を見る

海外FXのロットとは?

最大ロットについて解説する前に「ロット」という言葉の意味をおさらいしましょう。

ロットを一言で表せば、取引を行う単位のことです。

FXでは通常、1通貨ごとのやりとりはしません。

10,000通貨ごとなど、ある程度まとまった通貨を取引します。

この10,000通貨をひとまとめにして1ロットと呼びます。

イメージとしては、タバコのカートンやたまごのパックがわかりやすいでしょう。

スーパーなどではたまごを一つ一つバラで販売はせずに10個1パックなどで売っていますよね。

また、ロットは取引でのミスを無くすためにも重要な役割を担っています。

10万通貨を発注する場合、ロットの考え方がなければ「100,000」と入力する必要があります。

一回きりの注文ならばいいですが、毎回手入力するのは面倒ですし、0の数を間違えてしまいそうですよね。

ロットを使えば、1ロット1万通貨の場合「1」と入力すれば簡単に、そしてミスなく入力することができます。

海外FXのロット単位は?

海外FXでは「1ロット=10万通貨」が基本です。

最小注文ロットは0.01ロット(1,000通貨)がほとんど。

一方、国内FXでは「1ロット=1万通貨」となるので注意してください。

1回の注文での最大ロットと保有できる上限のロットは業者によって異なります。

当然、保有できるロット数が多ければ多いほど損益の幅が大きくなるため、上級者や一攫千金を狙いたい方は上限ロットが高い業者を選ぶと良いでしょう。

注文に対するロットと1口座あたりのロット

最大ロットの話をする際に把握しておかなければならないのは

「1注文に対する最大ロット」と、

「1口座で保有できる最大ロット」です。

1注文に対する最大ロット

こちらはシンプルに、

「1注文で注文できるロット数」となります。

例えば最大注文ロット数が100だった場合には100ロット(=1,000万通貨)までを1回の取引で注文可能。

主要な海外FX業者では30〜1000ロットで設定されています。

1口座で保有できる最大ロット

FXでは1口座あたりで保有できる最大ロット数も定められています。

例えば、ある海外FX業者で

注文あたりの最大ロット:100ロット
口座あたりの保有可能最大ロット:1,000ロット

だった場合、100ロットの注文を10回できるということです。

もちろん、途中でポジションを手放した場合は保有ロット数が減るので安心してください。

ロットについての基本情報を理解していただいたところで、海外FXの各業者の最大ロットについて説明いたします。

海外FX各社の最大ロットを比較

それでは、海外FX各社の1注文に対する最大ロット数と1口座内で保有可能な最大ロット数を比較してみましょう。

業者名注文に対する最大ロット数保有できる最大数
XM50ロット(500万通貨)10,000ロット(10億通貨)
LANDFX30ロット(300万通貨)100ロット(1,000万通貨)
GemForex30ロット(300万通貨)30ロット(300万通貨)
iFOREX50ロット(500万通貨)ポジション数制限なし
HotForex60ロット(600万通貨)60ロット(600万通貨)
TitanFX100ロット(1,000万通貨)100ロット(1,000万通貨)
AXIORY1,000ロット(1億通貨)ポジション数制限なし
FXGT100ロット(1000万通貨)200ロット(2000万通貨)
Exness200ロット(2,000万通貨)ポジション数制限なし
FBS500ロット(5000万通貨)200ポジション

国内FXの最大ロット数は?

国内FXの最大ロット数を確認してみましょう。

主要な国内FXの最大ロットもまとめてみました。

注文に対する最大ロット数保有できる最大ロット数
GMO10ロット(100万通貨)400ロット(4000万通貨)
DMM10ロット(100万通貨)1000ロット(1億通貨)
ヒロセ通商30ロット(300万通貨)制限なし
外為ジャパン10ロット(100万通貨)1000ロット(1億通貨)
外貨ドットコム50ロット(500万通貨)500ロット(5000万通貨)

基本的に最大ロットは海外FXの方が大きいため、大口取引をするトレーダーは海外FXを選択した方が思い通りの取引ができるでしょう。

最大ロットで選ぶ海外FXランキング

海外FXの方が最大保有ロット数が大きいことは分かったと思いますが、前述したように海外FX業者によって最大ロットの大きさは変わってきます。

では、最大ロットの観点で海外FX業者を選定した際に最も優れているのはどの業者なのでしょうか?

ランキング形式で発表していきます。

1位 AXIORY(アキシオリー) | 大口ロットでトレードするならまずは選ぶべき

blank

最大注文ロット数最大保有ロット数最大保有ポジション最大レバレッジ
1,0001,000制限なし400倍

Axioryは1取引1,000ロットが上限で保有ポジションは無制限と、大口トレーダーにとって非の打ちどころのない海外FX業者です。

他の海外FX業者と比べても圧倒的に最大ロットが高く、スプレッドも狭いので、スキャルピングやデイトレードにも向いています。

1,000ロットでトレードした場合、1pipsの値動きで100万円の損益が発生。

海外FXの醍醐味を存分に味わいたい方は口座開設を検討してみましょう。

\\取引可能ロット最大級//
無料で口座開設をする
(AXIORY公式サイト)

2位 XM(エックスエム)|1000倍のハイレバで大口トレードもしやすいスペック

blank

最大注文ロット数最大保有ロット数最大保有ポジション最大レバレッジ
50ロット10,000ロット2001000倍

XMは1ポジションごとの最大ロット数は50ロットと低いですが、最大で保有できるロットは10,000ロットと超大口の取引が可能です。

また、XMでは証拠金200万円まで1000倍のレバレッジで取引をすることができます。

1000倍を使えば大口の取引もしやすいでしょう。

さらに証拠金を増やせる50万円分の入金ボーナスも用意されています。

ボーナスで自己資金以上に証拠金を高め、大口の取引にチャレンジしてみてください。

まずは口座開設ボーナスの3,000円を使って無料でXMのリアルトレードを試してみてはいかがでしょうか。

\\3千円ボーナスをGETしよう//
無料で口座開設をする
(XM公式サイト)

3位 FBS(エフビーエス) | ハイレバレッジと組み合わせた自由度の高い取引が魅力

blank

最大注文ロット数最大保有ロット数最大保有ポジション最大レバレッジ
500200(ECN口座なら無制限)3,000倍

FBSは取引あたりの最大ロットが500ロットとAxioryに次ぐ最大ロットの高さを誇ります。

最大ポジション保有数は200でAXIORYには及びませんが普通にトレードをする分には十分といえるでしょう。それでも保有ロット数に不満がある方はECN口座を利用してください。

ECN口座なら保有ロット数が無制限で取引できます。

最大ロット数が大きいFBSですが最大レバレッジも3,000倍で非常に高いです。

ハイレバレッジと大ロットで自由度の高いトレードを行いたい方は、ぜひFBSの口座を開きましょう。

\\最大レバレッジは3000倍//
無料で口座開設をする
(FBS公式サイト)

4位 Exness(エクスネス) | 安心かつ自由なトレードが行える

blank

最大注文ロット数最大保有ロット数最大保有ポジション最大レバレッジ
  • 7:00 – 20:59 →200
  • 21:00 – 6:59 →20
  • (どちらもGMT+0)
     

ポジション数制限なし無制限

一時日本から撤退していたExnessが2020年に復活し、日本でのサービスを再開しました。

セーシェルのライセンスに加えてFCA、CySECも取得しているため安全性や信頼感に不安はありません。
SNSやネットの評判を調査しても好意的なユーザーの声が多く見られました。

Exnessの注文時の最大ロット数はGMT時間(イギリス標準時刻)の7:00~20:59は200、21:00〜6:59は20と少しクセがありますが、保有できる最大ロットは無制限です。

最大レバレッジ無制限または2,000倍から選択可能・ロスカット率0%など、海外FXの魅力が凝縮されたようなExnessを試してはいかがでしょうか。

\\最大レバレッジは無制限//
無料で口座開設をする
(exness公式サイト)

5位 TitanFX (タイタンエフエックス)| コアなトレーダーなら選ぶ価値アリ?!

blank

最大注文ロット数最大保有ロット数最大保有ポジション最大レバレッジ
100100200500倍

TitanFXは注文時は100ロット、保有は200ロットに最大ロットが定められています。

多くの海外FX業者でレバレッジ制限が用いられ、一定の口座残高以上になると、かけられるレバレッジがガクンと小さくなり。ダイナミックなトレードができなくなります。

しかし、TitanFXなら口座残高によるレバレッジ制限ありません。

口座残高がいくらになろうがレバレッジ上限の500倍でのトレードが可能です。

また、取引銘柄が多くマイナー通貨ペアの取引もできます。

デメリットとして大きいのはボーナスなどのキャンペーンの類は一切行わない点。

初心者の方や資金の少ない方にとっては少々ハードルが高いといえます。

\\取引スペック最高水準//
無料で口座開設をする
(TitanFX公式サイト)

6位 iFOREX | 保有ロット制限・レバレッジ制限なしが魅力

blank

最大注文ロット数最大保有ロット数最大保有ポジション最大レバレッジ
50制限なし400倍

iFOREXの注文最大ロット数は50と平均的ですが、保有ロット数・レバレッジ制限がありません。

100%の入金ボーナスや700種類の取引銘柄が取引可能など、初心者・玄人のどちらにとっても使いやすい海外FX業者といえます。

ただし、出金手続きが煩雑な点やDD方式を採用している点はトレーダーからは不評です。

目立つデメリットはいくつかあるものの、多くのポジションを保有しつつ、ハイレバレッジで勝負したい方にとっては魅力的といえるでしょう。

\\入金ボーナスでお試しあれ//
無料で口座開設をする
(iFOREX公式サイト)

最大ロットで海外FXを行う方への注意点

ここまで海外FXのロットについて解説しましたが、ロットに注目する際に気をつけなければいけないことがいくつかあります。最後にそれを紹介します。

ポジション制限の有無について確認(保有可能な最大ロット)

一般的に最大ロット=1注文での最大ロットを連想しがちですが、「保有可能な最大ロット」についても忘れないでください。

注文あたりの最大ロットが小さくても、保有可能な最大ロットが大きければ注文を重ねることで取引量は大きくなります。

反対に注文可能ロットが大きくても保有可能ロットが小さければ取引できる通貨数は少なくなってしまい、思うように利益をあげられないことも多くなってしまいます。

これらはかなり多くのロットを取引する際に懸念すべき事項ですが、気になる方は注文・保有のどちらの最大ロットも大きいAxioryを選べば問題ないでしょう。

レバレッジ制限に注意

レバレッジ制限とは、口座残高やロット数によりかけられるレバレッジに制限がかかることです。

最大レバレッジが高くても、口座の残高次第で利用できるレバレッジが下げられてしまうのです。

レバレッジ制限がかかって口座の最大レバレッジが下がっていることに気がつかずに大ロットの取引をすると、実効レバレッジが引き上がってロスカットされやすくなってしまいます。

「ハイレバレッジとポジションを多く持つことで一気に利益を増やしたい!」

と考えている方は特に注意してください。

ただし、レバレッジ制限をかけられたとしても国内FXとは比べ物にならないぐらいのハイレバレッジトレードが可能なのでそこまで心配する必要はありません。

どうしても最大レバレッジでのトレードを楽しみたい方は、TitanFXやiFOREXにはレバレッジ制限がなく常に最大レバレッジでのトレードが可能なので利用を考えてみましょう。

初心者は小ロットから始めよう

たくさんのポジションを保有すると、少しの値動きで利益が出る可能性がある分、当然損失も大きくなります。

FX・海外FX初心者の方は初めからたくさんのポジションを持つことはせず、0.01ロット(1,000通貨)ぐらいからトレードするのが良いでしょう。

「レバレッジはかけていないからたくさんポジションを持っても大丈夫」

というのは間違いです。

FXの損益が決まるのはレバレッジではなくロット数です。

多くのポジションを持つのは後からでも遅くありません。

初めは小ロットの取引で経験を積みましょう。

まとめ

今回は海外FXのロット数や各業者の最大ロットについて解説しました。

ポイントは以下です。

  • ロットとはFXで取引を行うまとまった通貨の単位のこと。通貨のパックだと考えれば良い
  • ロットを大きく持つほど損益の幅が大きくなる
  • 海外FXの方が国内FXよりも注文時の最大ロット数・保有可能ロット共に大きい
  • 最大ロット数で選ぶなら一番オススメはAxiory
  • 初心者は小ロットでの取引で経験を積むべし

海外FXの魅力であるハイレバレッジと大口トレードを活かしたトレードで一攫千金を狙うのも良いでしょう。ただし、大口ロットでのトレードはリスクも伴います。

それを承知した上でトレードしてくださいね。