海外FXの自動売買(EA)を徹底解説!スマホでできるおすすめ業者なども紹介!

「FXで自動売買(EA)を始めてみたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、以下の理由からあきらめてしまっていませんか?

  • 国内FX業者では自動売買(EA)に対応した業者が少ない
  • 自動売買(EA)の始め方がわからない
  • どのFX業者を利用して自動売買(EA)を始めればいいのかわからない

このような理由であきらめていた方には、海外FX業者の自動売買(EA)がおすすめです。海外FXでは自動売買(EA)を提供している業者が多いため、様々な選択肢を比較検討することができます。

この記事では、初心者の方でも海外FXの自動売買(EA)を始められるように、自動売買(EA)の初歩から丁寧に解説していきます。

  • 海外FX自動売買の基礎知識
  • 海外FX自動売買のメリットデメリット
  • 海外FX自動売買の始め方
  • 海外FX自動売買の選び方
  • 自動売買で稼ぐコツ
  • 自動売買ができるおすすめの海外FX業者

海外FX自動売買(EA)の未経験者には、是非読んでいただきたい内容になっています。よかったらご一読ください。

海外FX自動売買(EA)の基礎知識

まずは、海外FXの自動売買(EA)に関する基礎知識を見ていきましょう。

「EA」とはMT4で動作する自動売買プログラムのこと

「EA」とは、Expert Adviser(エキスパート・アドバイザー)の略で、自動で取引をしてくれるプログラムのことを指します。

EAはMT4/MT5上で稼働するプログラムで、EAをMT4/MT5に導入することでプログラム通りの取引が自動的に行われます。

EAはネット上からダウンロードできるので、入手は簡単です。主な入手先として、「EAを無料配布しているサイト」や「EAを有料で販売する専用サイト」などがあります。

EAを動かすために必要な環境

自動売買(EA)を動かすために必要な環境を整えましょう。必要なものは以下の通りです。

  • MT4/MT5:EAを使って取引するためのツール
  • EA:自動売買(EA)を行うためのプログラム
  • PC:自動売買(EA)で利用するパソコン
  • VPS:VPSとは、Virtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバー)の略で、クラウド上に仮想デスクトップを作成するサービスのこと。

自動売買(EA)を使って自動売買を行う場合は、一般的にパソコンを常時起動させて、MT4上で自動売買(EA)を稼働させ続けなければなりません。

しかし、VPSを使って仮想デスクトップ上のMT4を利用することで、パソコンを起動しなくてもMT4を動かすことができます。

したがって、VPSを利用することによって、パソコンの消耗や電力消費を抑えることが可能です。

ただ、VPSを利用するには、専門業者との契約が必要になります。しかし、一部の海外FX業者では、VPSサービスも提供しているところもあります。

無料EAと有料EAの違い

無料自動売買(EA)と有料自動売買(EA)には以下のような違いがあります。

  • 無料自動売買(EA)
    海外FX業者がサービスの一環として提供しているもので、利用できる業者が限定されます。他にも、アフィリエイト報酬(キャッシュバック)目当てで提供されているものもあります。
  • 有料自動売買(EA)
    有料自動売買(EA)は自動売買で利益を得ることを目的として販売されているため、無料自動売買(EA)とは異なり口座の縛りなどの制約が少ないものもあります。
    また、無料自動売買(EA)より成績が優秀なものが多いなどの特徴があります。

無料自動売買(EA)と有料自動売買(EA)には以上のような違いがありますが、有料だから「良い」「勝てる」というわけではありません

どのような自動売買(EA)を使ったとしても、試行錯誤は必要です。したがって、最初のうちは無料自動売買(EA)からはじめてみて、徐々に経験を積んでいく方がよいでしょう。

海外FXで自動売買(EA)を利用するメリット

自動売買(EA)の基礎的な理解が進んだところで、自動売買(EA)を海外FX業者で使うことの主なメリットについて3つご紹介していきます。

自動売買(EA)を利用するメリット

  • チャートに張り付く必要がない
  • メンタルに左右されず取引できる
  • 分散投資によりリスクを回避できる

1つずつ見ていきましょう。

チャートに張り付く必要がない

自動売買(EA)を利用することで、チャートに張り付く必要がないということは、大きなメリットといえるでしょう。

ほとんどのサラリーマントレーダーは、兼業トレーダーであり日中は仕事があるため、トレードに集中できる環境を作りだすことは難しいでしょう。

トレードに集中する環境を作り出すことができるとしても、仕事終わりの時間を利用することになります。

為替が活発に動き出す時間帯は21時~翌2時くらいなので、仕事終わりの時間を利用すれば、兼業トレーダーにとって都合がいいように思うかもしれません。

しかし、裁量トレードの場合、ただトレードを行えばいいわけではなく、「ニュースのチェック」「チャートチェック」などを行った上で、さらに「トレードができる形」になるまでチャートに張り付いていなければなりません。

その上、短期トレードでは、高い集中力を維持し続ける必要があります。疲労がたまった仕事終わりの状態では、このような高い集中力を維持し続けることは難しいでしょう。

このような場合に自動売買(EA)を使えば、プログラムが自動で取引をしてくれるため、チャートに張り付く必要がなくなる上に、集中力を維持する必要もなくなり、精神的な負担を強いられることはありません。

加えて、値動きが大きくなる夜遅くの時間帯であっても、自動売買(EA)ならチャンスも逃さずに取引を行ってくれます。

メンタルに左右されず取引できる

自動売買(EA)を利用することで、メンタルに左右されない取引が可能です。

FXで勝つためには、1回1回のトレードの勝ち負けに対して、一喜一憂することのないメンタルが必要です。

特にチャート画面とにらめっこしなければならない裁量トレードの場合、値動きから受ける感情への影響は大きくなります。

例えば、

  • 「利益が減っていくのを見ていられず、利益確定を想定よりも早くしてしまった」
  • 「もしかすると戻るのではないかと期待して、損切りの判断を躊躇してしまった」

など、値動きがメンタルに影響を及ぼし、適切でない判断を下してしまうことも多々あります。

しかし、自動売買(EA)の場合は、事前にプログラムされたロジックで自動的にトレードが行われるため、自身の感情とトレードを切り離すことが可能です。

したがって、メンタル面に不安を抱えているときであっても、感情に左右されずに計画通りのトレードが行えます。

分散投資によりリスクを軽減できる

自動売買(EA)を利用することで、分散投資によりリスクを軽減することが可能です。

なぜなら、自動売買(EA)を利用するにあたり、銘柄や手法を自分自身で理解する必要がないからです。

一方で、裁量トレードの場合、取引手法や取引対象銘柄の値動きなどの理解は必須です。また、監視できる銘柄数にも限界があるでしょう。

特に、熟練度の低い裁量トレーダーでは、取引手法は固定され、取引対象銘柄も限定されてしまいます。

したがって、取引できる手法や取引対象は毎回同じものになってしまい、リスクは分散されにくくなります。

銘柄や手法の理解を必要としない自動売買(EA)なら、幅広い種類の自動売買(EA)を利用することができるため、リスクを分散させた投資が可能です。

このように、自動売買(EA)なら、裁量トレードでは難しかった分散投資がトレーダーの熟練度に関わらず比較的簡単に行えます。

また、自動売買(EA)の組み合わせ次第では、効果的なリスク分散が可能です。

海外FXで自動売買(EA)を利用するデメリット

海外FXで自動売買(EA)を利用するデメリットを3つご紹介していきます。

自動売買(EA)を利用するデメリット

  • 突発的な相場の変動に対応できない
  • 初期費用・維持費用がかかる
  • 勝てるEAを探すのが大変

それぞれの詳細を見ていきましょう。

突発的な相場の変動に対応できない

自動売買(EA)では、突発的な相場の変動に対応できません。

自動売買(EA)はプログラム通りのトレードを行うため、突発的な値動きなどの予期せぬ動きには対応できません。

特に、均衡が崩れた相場状況では値動きが荒くなるため、自動売買(EA)をそのまま稼働し続けるのは危険です。

自動売買(EA)を放置し続けていると、損失が積み上がってしまうような状況に陥ってしまう可能性もあるからです。

したがって、自動売買(EA)の運用状況は、こまめにチェックする必要があります。

初期費用・維持費用がかかる

本格的に自動売買(EA)で運用を開始するには、初期費用・維持費用がかかります。初期費用・維持費用の主なものは以下の通りです。

  • VPSの契約費用
  • 自動売買(EA)の購入費用(有料EAを使う場合)

ただ、まずは無料でできる範囲内の自動売買(EA)から開始してみてもよいでしょう。

勝てるEAを探すのが大変

そもそも、勝てる自動売買(EA)を探すのが大変というのも、自動売買(EA)のデメリットのひとつといえるでしょう。

自動売買(EA)を選ぶときに参考になるのが、「バックテスト」によって得られた数値です。バックテストとは、自動売買(EA)を過去の相場上で稼働させテストすることを意味します。

バックテストで得られた数値を参考に、自動売買(EA)の優劣を判断します。しかし、バックテストはあくまでも過去相場での成績であるため、実際の相場で同じような成績を残せるという保証はどこにもありません。

また、有料のものや高額な自動売買(EA)だからといって、良い成績がでるとも限りません。

どんな自動売買(EA)であっても実際の相場で運用し、パフォーマンスを参照しながら改良していく必要があります。

つまり、初めから勝ち続けられる自動売買(EA)を探しだすことは、極めて困難であるといっていいでしょう。

したがって、ある程度優秀な自動売買(EA)の目星をつけることができたのなら、地道に試行錯誤を繰り返していく方が、トータルで利益を得るための近道だといえるでしょう。

海外FX自動売買(EA)の始め方

海外FX自動売買(EA)の始め方を見ていきましょう。具体的な手順は以下の3ステップです。

海外FX自動売買(EA)の始め方

  1. 自動売買(EA)をダウンロードする
  2. 自動売買(EA)を動かしたい海外FX業者で口座開設する
  3. VPSの契約をする

ステップごとに見ていきましょう。

①EAをダウンロードする

まずは、使いたい自動売買(EA)をダウンロードしましょう。自動売買(EA)の入手方法は以下の3通りです。

  1. ネット上で無料公開されている自動売買(EA)をダウンロードする
  2. 自動売買(EA)販売サイトで有料の自動売買(EA)を購入する
  3. 自分で自動売買(EA)を作成する

入手方法には3通りありますが、最初に選べる選択肢は無料自動売買(EA)に絞られるでしょう。

なぜなら、自分で自動売買(EA)を作成するという選択肢は難易度が高く、有料の自動売買(EA)を購入するという選択肢は、ある程度の知識や経験を要するからです。

したがって、まずは無料の自動売買(EA)から試して知識と経験を積んでいくべきでしょう。

無料自動売買(EA)を探すには以下のサイトがおすすめです。

  • GEMTRADE
  • EA-BANK
  • TRADERS-Pro

以上のサイトから無料自動売買(EA)を利用することができます。

②EAを動かしたい海外FX業者で口座開設する

自動売買(EA)をダウンロードしたら、自動売買(EA)を稼働させたい海外FX業者の口座を開設しましょう。

ほとんどの海外FX業者はMT4に対応していますが、iFOREXのように独自ツールしか使えない業者もあるため注意が必要です。

また、近頃はMT5対応の業者も増えていますが、MT5用の自動売買(EA)はMT4用の自動売買(EA)よりも数が少ないため、多くの自動売買(EA)を利用したなら、MT4を選んだ方がよいでしょう。

③VPSの契約

最後にVPSサーバーのレンタル契約を行いましょう。VPSサーバーを契約する際は、利用する海外FX業者のサーバーと同じ、もしくは近い場所にデータセンターを設置しているVPSを選ぶとよいでしょう。

なぜなら、VPSが海外FX業者のサーバーと物理的に近ければ近いほど、通信速度は上がり自動売買(EA)の意図した取引タイミングで注文が処理されるからです。

したがって、VPSの契約を行う際は、海外FX業者のサーバーとの距離を確認しておきましょう。

優秀な自動売買(EA)の選び方

優秀な自動売買(EA)の選び方を見ていきましょう。自動売買(EA)の選別は「バックテスト」のデーターをもとに判断していきます。

自動売買(EA)の優劣を判断するための、主な基準を4つをご紹介します。

優秀な自動売買(EA)の選び方

  • 成績のグラフが右肩上がりになっている
  • プロフィットファクタが高い
  • 最大ドローダウンが小さい
  • 総取引数が1,000回以上ある

1つずつ解説していきます。

成績のグラフが右肩上がりになっている

自動売買(EA)の成績グラフが右肩上がりになっていれば、バックテストにおいて継続的に利益を生み出している自動売買(EA)であることがわかります。

成績グラフは一般的に資産推移を表していて、成績グラフから一定期間内における資産の増減を把握することができます。

まずは、資産曲線が右肩上がりに推移し、急降下している時期がないかどうかのチェックを行いましょう。

資産曲線が右肩上がりに推移しているのであれば、安定して利益が生み出されているため、優秀な自動売買(EA)である可能性が高いと判断できます。

プロフィットファクタが高い

プロフィットファクターが高い自動売買(EA)は、継続的に勝てる可能性が高い自動売買(EA)であると判断できます。

プロフィットファクターとは、一定期間内の総利益額と総損益額の比率を示したもので、以下の計算式を用います。

  • プロフィットファクター=総利益額÷総損失額

つまり、利益額と損失額が同じ場合、プロフィットファクターが1.00になり、プロフィットファクターが高くなればなるほど、利益額が大きくなるか損失額が小さくなることを意味します。

例えば、総利益額が100万円で総損失額が50万円なら、プロフィットファクターは2.00(100万円÷50万円)になり、反対に総利益額が50万円で総損失額が100万円なら、プロフィットファクターは0.50(50万円÷100万円)になります。

このように、プロフィットファクターは総利益額と総損失額の比率を示すことで、自動売買(EA)の優劣を判断します。

プロフィットファクターで判断するための目安として、最低でも1.30以上の自動売買(EA)であることが望ましいといえるでしょう。

最大ドローダウンが小さい

自動売買(EA)を選ぶ際の判断基準としての、最大ドローダウンの小ささにも注目しておきましょう。

最大ドローダウンとは、過去の最大資産に対する損失額の割合のことです。例えば、100万円から50万円の損失を出してしまった場合、ドローダウンは50%になります。

最大ドローダウンを見ることで「最悪どのくらいの損失が出るのか」の目安になります。最大ドローダウンは小さい方が自動売買(EA)の安定性が高く、破産リスクが小さいことを示します。

また、プロフィットファクターが同じ値を示す自動売買(EA)を比較する時の判断基準として、最大ドローダウンの大小を利用することもできます。

自動売買(EA)を選ぶ際は、ひとつの目安として最大ドローダウンが10%以下のものを選ぶとよいでしょう。

総取引数が1,000回以上ある

バックテストでの、総取引数が1,000回以上あるということも、自動売買(EA)を選ぶ際の判断基準にするとよいでしょう。

というのも、バックテストにおける取引回数は、多ければ多いほどより信憑性の高いデータが得られるからです。

例えば、以下の2つのEAを比較した場合を考えてみましょう。

  • 総取引回数10回、10戦6勝4敗、勝率60%の自動売買(EA)
  • 総取引回数1,000回、1000戦600勝400敗、勝率60%の自動売買(EA)

どちらの自動売買(EA)も勝率は60%ですが、総取引回数が10回の場合は、たまたま勝率が良かっただけの可能性もあり、データとしての信憑性は低いと言わざるを得ません。

しかし、総取引回数が1000回あり、そのうちの600回勝てていのであれば、そのデーターの信憑性は高く、実際の相場での再現性も高いと判断できるでしょう。

また、取引回数が少なすぎる場合、バックテストでの成績が良かった期間だけを切り取り、意図的に結果を良くしている可能性もあるため注意が必要です。

このようなEAを排除するためにも、少なくとも1,000回以上の取引回数がある自動売買(EA)を選ぶようにするとよいでしょう。

海外FXの自動売買(EA)で稼ぐコツ

海外FXの自動売買(EA)で稼ぐコツを押さえておくことも重要です。というのも、同じEAを使ったからといって、誰もが同じ結果になるとは限らないからです。

運用時のちょっとしたコツを知っているか知らないかで、結果に大きな差が生まれる場合もあります。

初心者でも利益を出すためには、最低でも以下の3つのコツは押さえておきたいところです。

  • 最初は少なめのロット数から始める
  • すぐにパラメーターをいじらない
  • システムの見直しを定期的に行う

どれも簡単にできるものなので、是非覚えておいてください。

最初は少なめのロット数から始める

現在の相場で自動売買(EA)を稼働させるための大前提として、最初は少なめのロット数から始めることをおすすめします。

なぜなら、選んだ自動売買(EA)が現在の相場で稼げるかどうかは、実際に自動売買(EA)を動かしてみないとわからないからです。

いくら優秀な結果をたたき出している自動売買(EA)であったとしても、それはあくまで「過去相場」で良い結果が出ただけであって、今後の相場でも同じ結果が出せるというわけではありません。

したがって、まずは少なめのロット数で自動売買(EA)の運用を開始し、利益が出て継続的に勝てるという判断がついてから、ロット数を上げていくことをおすすめします。

すぐにパラメーターをいじらない

損失が出たからといって、「すぐにパラメーターをいじらない」ということは、基本的なことですがとても重要です。

自動売買(EA)を稼働させて損失が続いた場合でも、最大ドローダウンの範囲内であるなら想定内の損失といえるでしょう。

なぜなら、勝ち続けられるEAは存在せず、必ず損失は発生しするため、連敗することも当然あり得るからです。

もし、想定内の損失であるにも関わらずパラメーターをいじってしまえば、その後に得られたであろう利益をみすみす放棄してしまことになります。

また、無計画にパラメーターをいじった結果、さらに損失がふくらむ可能性も出てきます。

さらに、自身の主観に基づいた判断を入れることによって、「感情を差しはさまずトレードができる」という自動売買(EA)のメリットがなくなってしまいます。

したがって、自動売買(EA)を運用するにあたって、損失をどこまで許容するのかをあらかじめ決めておく必要があるでしょう。

どうしてもEAのパラメーターを変更する必要があるのであれば、明確な基準をあらかじめ設定しておき、その場の主観で判断できないような仕組みを作っておく必要があります。

システムの見直しを定期的に行う

自動売買(EA)のパフォーマンスと照らし合わせながら、システムの見直しを定期的に行う必要があります。

自動売買(EA)のパラメーターを頻繁にいじるのはよくないとはいっても、EAを放置しておいていいというわけではありません。

相場状況の変化によって、自動売買(EA)のパフォーマンスは絶えず変化するため、定期的に運用を継続するかどうかなどの判断を下す必要があります。

定期的にパフォーマンスを監視していれば、使用している自動売買(EA)の特徴をある程度把握することができるようになってくるでしょう。

例えば、レンジブレイク後に、自動売買(EA)のパフォーマンスが低下していることに気づいたのであれは、レンジブレイク後は自動売買(EA)の稼働を停止させるなどのルールを新たに設けることもできます。

そして、その後のパフォーマンスがどう変化するのかを監視し、良い結果が出るのであればルールを継続的に使用し、反対にパフォーマンスが悪化するようであれば、一旦元のルールに戻して様子をみるなどの対策を施すことができます。

ですので、「勝ち続けられるEAはない」ということを常に念頭に置きながら、定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

自動売買(EA)におすすめの海外FX業者3選

MT4を使った自動売買(EA)におすすめの海外FX業者を厳選した結果、以下の3社に絞り込みました。

自動売買(EA)おすすめ海外FX業者

  • GEMFOREX
  • XM
  • AXIORY

それぞれの業者について解説していきます。

GEMFOREX

blank
GEMFOREXは、元々自動売買(EA)の無料提供サービスをメインとする会社として創業しています。

したがって、自動売買(EA)にはかなりの力を入れているため、以下のような充実したサービス提供をしています。

  • 300種類以上の自動売買(EA)を常時無料提供。
    「自動売買(EA)のダウンロード数ランキング」や「成績ランキング」なども公開されているので、初心者でも簡単に人気の自動売買(EA)を利用することができます。
  • VPSの無料提供サービス。
    無料でVPSのサービスが受けられます。ただし、口座残高が約50万円以上必要です。

このようにGEMFOREXでは、自動売買(EA)を開始するための便利な環境が整えられています。

また、「2万円の口座開設ボーナス」や「入金100%ボーナス」など、豪華なボーナスを活用することで、少額からでも自動売買(EA)にチャレンジすることができます

XM

blank
XMは日本人からの人気が最も高い海外FX業者で、総合的なスペックが高く、自動売買(EA)を稼働させるのに適した海外FX業者といえるでしょう。

XMは約定力に自信があり、公式サイトでは以下のような記載がされています。

  • 全注文の99.35%を1秒以下で執行
  • 執行率100%、、約定拒否なし
  • リクオートは一切なし

XMではNDD方式を採用しているため、実際の約定力にも定評があります。XMで自動売買(EA)を稼働させるのであれば、スプレッドの狭いZERO口座がおすすめです。

さらに、XMでは「3000円の口座開設ボーナス」もあるため、ボーナスだけで自動売買(EA)を利用してみることも可能です。

AXIORY

blank
AXIORYは口座スペックが高いため、自動売買(EA)を稼働させるにはおすすめの業者といえるでしょう。

通常自動売買(EA)では、裁量トレードよりも取引回数が多くなるため、1回1回の取引における注文処理の安定性が望まれます。

この点、AXIORYの口座スペックなら、安定した環境下で取引が行われるため、自動売買(EA)稼働用の口座として利用可能です。

また、以下の理由からナノスプレッド口座がおすすめです。

  • 約定力が高く、公式サイトで公表されている約定率は99.99%。
  • スプレッドは業界最狭水準であるため、取引回数が多くなりがちな自動売買(EA)であっても高いコスト削減効果が期待できます。
  • スキャルピング可能、最大ポジション数無制限、最大ロット1,000ロット、ストップレベルはゼロなので、どんなタイプの自動売買(EA)でも問題なく稼働させることができます。

このように、AXIORYでは満足のいく環境下で自動売買(EA)を利用することができるでしょう。

ただ、AXIORYでは自動売買(EA)やVPSのサービス提供は行っていないため、別途契約が必要になります。

まとめ

自動売買(EA)とは、MT4上で動く自動売買のプログラムのことを指し、主にVPSを利用して稼働させます。

自動売買(EA)のメリットとして、以下の3つをご紹介しました。

自動売買(EA)のメリット

  • チャートに張り付く必要がない
  • メンタルに左右されず取引できる
  • 分散投資によりリスクを回避できる

反対に以下のような3つのデメリットもご紹介しています。

自動売買(EA)のデメリット

  • 突発的な相場の変動に対応できない
  • 初期費用・維持費用がかかる
  • 勝てるEAを探すのが大変

このように、自動売買(EA)は取引中の手間を軽減できる一方で、取引の前後における管理は必要になってきます。

また、自動売買(EA)の選び方についても以下のような4つの判断基準を提示しています。

自動売買(EA)の選び方

  • 成績のグラフが右肩上がりになっている
  • プロフィットファクタが高い
  • 最大ドローダウンが小さい
  • 総取引数が1,000回以上ある

自動売買(EA)選びに困った時は、以上の判断基準を参考にしてください。

加えて、自動売買(EA)で稼ぐコツであげた3点は基本的なことながらとても重要なことなので、是非押さえておいてください。

そして、業者選びに迷ったら、以下の3社を利用していただければ問題ないでしょう。

自動売買(EA)おすすめ海外FX業者

  • GEMFOREX
  • XM
  • AXIORY

最後に、海外FX自動売買(EA)の始め方に迷ったら、大まかな3つの手順を思い出してください。

海外FX自動売買(EA)の始め方

  1. EAをダウンロードする
  2. EAを動かしたい海外FX業者で口座開設する
  3. VPSの契約

この記事を海外FX自動売買(EA)を始めるためのロードマップとして、ご活用していただければ幸いです。