海外FXのスワップポイントで生活できるのか?業者比較や両建て手法、計算方法まで網羅

スワップポイントとは、ペアになっている通貨の金利差調整分のことで、高金利通貨と低金利通貨の組み合わせの通貨ペアでは、比較的大きなプラスのスワップポイントが生じやすいですね。

この記事では、スワップポイントによって利益を獲得したいと考えている人のために、以下のような項目から、海外FXのスワップポイントについて解説します。

  • スワップポイントの計算方法や、利益を出す方法
  • スワップポイントで稼げる銘柄10選
  • 海外FX業者の通貨ペア別スワップポイント比較表
  • スワップポイントを狙う取引の注意点

海外FXのスワップポイント事情について知りたい人や、海外FXのスワップポイントで利益を出したい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

海外FXでスワップポイント狙いの取引はできる?

海外FXでも、トルコリラや南アフリカランドなどの高金利通貨と、ユーロ・円・米ドルのような低金利通貨の組み合わせが取引できるので、スワップポイント狙いの取引が可能です。

まず最初は基礎知識として、スワップポイントの概要や計算方法、そして利益の出し方などについて確認していきたいと思います。

スワップポイントとは?

FXで取引する通貨ペアは、2つの通貨の組み合わせになっています。各国の通貨にはそれぞれ政策金利が設定されているので、通貨ペアを取引する際はそれぞれの通貨の金利差も考慮する必要が出てきます。スワップポイントとは、通貨ペアを日をまたいで保有する際に発生する、金利差調整分のことです。

FX業者が設定しているスワップポイントは、各国の政策金利に基づくため、政治・経済などの状況によって変動する場合があります。

また、実際にFX業者が提供するスワップポイントは各社の手数料なども関係するため、同じ通貨ペアでも業者ごとに違いが出てきます。スワップポイント狙いのトレードをしたい場合は、各海外FX業者のスワップポイントや取引環境などから、自分に合った有利な業者を選ぶ必要があります。

スワップポイントの計算方法

海外FX業者の公式サイトなどを見ると、現在のスワップ値を確認できる場合があります。しかし、スワップ値だけを見ていても、何ロットの取引をしたら1日に何円の損益が発生するかまでは分かりません。

したがって、表示されているスワップ値から、実際に反映される日本円でのスワップポイントを計算する必要があります。

また、海外FX業者が公式サイトやMT4/MT5などの各種取引ツールで表示しているスワップ値には、大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

  • ポイント
  • 通貨
  • パーセント

そして、それぞれのスワップタイプによってスワップポイントの計算方法も異なります。

ここでは、スワップタイプの確認方法と、スワップタイプごとにスワップ値から実際のスワップによる損益を計算する方法を順番に確認していきましょう。

MT4/MT5からスワップタイプを確認する方法

スワップ値から1日分のスワップポイントを計算するには、そのスワップ値がどの形式で表示されているのかを確認する必要があります。

なぜかというと、例えば何かの銘柄で「買スワップ:-5」などと表記があったとしても、その「-5」の単位は何か、ポイントで示しているのか、それともパーセントで示しているのかは、スワップタイプを確認しないと判断がでず、タイプが分からないと正しく計算できないからです。

スワップタイプを確認するには、MT4の場合は「表示→通貨ペアリスト→各銘柄の設定→スワップタイプ」から、MT5の場合は「表示→銘柄→各銘柄詳細の中のスワップタイプ」から確認できます。

関連:海外FXの取引ツールMT4とは?おすすめの対応業者も紹介

関連:海外FXのMT5の特徴とは?導入しているおすすめ海外FX業者7選も紹介!

続いて、実際のスワップポイントの計算方法を見ていきましょう。

スワップタイプが「ポイント」の場合の計算方法

ポイント表示は、多くの銘柄で見られるスワップタイプです。FX通貨ペアは基本的にポイントとなっており、例えばMT4では以下のように表示されます。

海外FXのスワップポイントの計算方法

1日あたりの円換算のスワップは、以下の計算式で求められます。

契約サイズ×最小ポイント×ロット数×スワップ値×円換算レート=円換算のスワップポイント

それぞれの項目の意味は以下の通りです。

契約サイズ1ロットあたりの数量で、コントラクトサイズとも呼びます。海外FXの場合、FX通貨ペアの契約サイズはすべて「100000」です。しかし、貴金属やその他銘柄の場合は、銘柄ごと、そして業者ごとに設定値は違うため、その都度確認する必要があります。
最小ポイント小数点以下の桁数のことで、最小変動値のことです。ユーロドルなどは「1.12345」のように小数点以下は5桁で表示されるので、「0.00001」として計算し、ドル円などは「100.123」のように小数点以下は3桁で表示されるので、最小ポイントは「0.001」として計算します。最小ポイントも、同じ銘柄でも業者ごとに違いがある場合があります。
ロット数1ロットを取引する場合は「1」として計算します。
スワップ値業者の公式ページやMT4などに表示されているショート/ロングのスワップ値を入れます。
円換算レートスワップポイントはそのペアの決済通貨で算出されます。日本円に換算する場合は、さらに決済通貨と日本円のレートを計算する必要があります。決済通貨が日本円の場合は「1」として計算します。

ここで、例としてユーロドルのスワップポイントを計算してみましょう。

2022年1月7日のXMのユーロドルのロングスワップは「-5.1」です。

これを元に、1万通貨をロングした場合のスワップを計算します。

100000(契約サイズ)×0.00001(最小ポイント)×0.1(ロット数)×-5.1(スワップ値)×115.9(ドル円の為替レート)=約-59円(円換算のスワップポイント)

計算の結果、この条件でユーロドルを1万通貨ロングして日をまたぐと、約-59円のスワップが発生することが分かります。

スワップタイプが「通貨」の場合の計算方法

MT4/MT5から確認できるスワップタイプに、「USD」や「AUD」などの通貨が表示されている場合があります。このタイプは株価指数や商品などの銘柄で見られ、MT4の場合は以下のように表示されます。

海外FXのスワップポイントの計算方法

スワップタイプが「通貨」の場合、1日あたりの円換算のスワップは、以下の計算式で求められます。

ロット数×スワップ値×円換算レート=円換算のスワップポイント

スワップタイプが「パーセント」の場合の計算方法

MT4/MT5から確認できるスワップタイプに、「パーセント表示」などが表示されている場合があります。パーセント表示タイプのスワップも株価指数や商品などの銘柄で見られ、MT4の場合は以下のように表示されます。

海外FXのスワップポイントの計算方法

1日あたりの円換算のスワップは、以下の計算式で求められます。

契約サイズ×ロット数×(スワップ値÷100)×(銘柄の価格または終値÷360)×ティックバリュー÷ティックサイズ×円換算レート=円換算のスワップポイント

計算式の中の「ティックバリュー÷ティックサイズ」については、それぞれが同一の数値の場合や数値の表示がない場合は省略可能です。

スワップポイントで利益を出す方法

金利差が少ない通貨同士のペアのスワップポイントは、ほとんどの海外FX業者で売り買いともにマイナススワップになっているので、スワップポイントで利益を出すことは難しいでしょう。

したがってスワップポイントで利益を出すには、高金利通貨と低金利通貨の組み合わせの通貨ペアを選択すると効率が良く、さらに高金利通貨を買って低金利通貨を売るような方向のポジションを持つ必要があります。

具体例としては、ユーロトルコリラでショートポジションを持つ(ユーロを売ってトルコリラを買う)ような取引の仕方をすると、スワップポイントで効率よく利益を出すことができますね。

以下は代表的な高金利通貨、そして代表的な低金利通貨です。

代表的な高金利通貨代表的な低金利通貨
・トルコリラ
・メキシコペソ
・南アフリカランド
・ニュージーランドドル
・ユーロ
・スイスフラン
・日本円
・米ドル

海外FX業者によっては、上記の通貨でペアがない場合があります。また、上記の通貨の組み合わせでも、必ずしも高いスワップポイントが提供されているとは限らないので、取引の際はリアルタイムのスワップポイントを確認してくださいね。

スワップポイントで稼げる通貨ペア10選

ここからは、スワップポイントで稼ぎやすい通貨ペアを、海外FX10社の中からランキングで比較したいと思います。

比較するのは以下の10社です。

また、比較の条件は以下の通りです。

  • スワップポイントや円換算レートは2022年1月のものです。
  • 1ロット(10万通貨)で取引した場合の1日分のスワップポイントを比較します。
  • 比較表のスワップポイントは日本円に換算してあります。

【スワップポイントのプラスが大きい上位10通貨ペア】

ランキング海外FX業者名通貨ペアポジションスワップポイント
1位AxioryEURTRYショート7,069円
2位AxioryUSDTRYショート6,354円
3位TradeviewEURTRYショート4,186円
4位TitanFXGBPTRYショート4,011円
5位TitanFXEURTRYショート3,654円
6位TradeviewUSDTRYショート3,413円
7位TitanFXUSDTRYショート2,625円
8位XMEURTRYショート2,458円
9位AxioryEURRUBショート2,373円
10位XMUSDTRYショート1,974円

今回の比較では、AXIORY「EURTRY」「USDTRY」が1位2位を占め、3位以降はTradeviewの「EURTRY」が続く展開となりました。

特に1位となったAXIORYのEURTRYでは、1ロットのショートポジションをロールオーバー(日をまたいでポジションを持ち越すこと)すると、およそ7,000円の高いスワップ益を得ることができます(2022年1月上旬時点)。

すべての通貨ペアでショートポジションによってスワップ益が上がる形になっており、さらには、ユーロや米ドルなどの低金利通貨を売って、トルコリラを買うという共通点も見られますね。

スワップポイントのマイナスが大きい通貨ペア10選

続いて、スワップポイントでのマイナスが大きい通貨ペアを、海外FX10社の中からランキングで比較したいと思います。

比較するのは以下の10社です。

  • XM
  • GEMFOREX
  • FXGT
  • AXIORY
  • TitanFX
  • LANDFX
  • iFOREX
  • FBS
  • Tradeview
  • HotForex

また、比較の条件は以下の通りです。

  • スワップポイントや円換算レートは2022年1月のものです。
  • 1ロット(10万通貨)で取引した場合の1日分のスワップポイントを比較します。
  • 比較表のスワップポイントは日本円に換算してあります。

【スワップポイントのマイナスが大きい上位10通貨ペア】

ランキング海外FX業者名通貨ペアポジションスワップポイント
1位HotForexZARJPYショート-15,800円
2位FBSUSDBRLロング-12,211円
3位TitanFXEURTRYロング-10,563円
4位FXGTUSDRUBロング-10,467円
5位XMEURTRYロング-9,337円
6位AxioryEURTRYロング-8,281円
7位XMUSDTRYロング-8,089円
8位HotForexEURHUFロング-7,604円
9位TitanFXUSDTRYロング-7,523円
10位AxioryUSDTRYロング-7,070円

今回の比較では、1位がHotForex「ZARJPY(ショート)」となり、2位以降はTitanFXの「EURTRY(ロング)」が続く形になりました。

いずれの通貨ペアでも、低金利通貨を売って高金利通貨を買うようなポジションでスワップポイントはマイナスになっており、方向としてはロングが多いですね。

プラススワップが多い通貨ペアも、マイナススワップが多い通貨ペアも、通貨ペアとしてはほとんど似通っており、損益を分けるのはロングかショートかの方向の違いとなっています。スワップポイントによる利益を狙う場合は、エントリーするポジションの方向には十分に気をつける必要がありますね。

両建てでプラススワップになる業者と通貨ペア

次は少し珍しい、両建てでプラススワップになる業者と通貨ペアについて確認したいと思います。

比較するのは以下の10社です。

  • XM
  • GEMFOREX
  • FXGT
  • AXIORY
  • TitanFX
  • LANDFX
  • iFOREX
  • FBS
  • Tradeview
  • HotForex

また、比較の条件は以下の通りです。

  • スワップポイントや円換算レートは2022年1月のものです。
  • 1ロット(10万通貨)で取引した場合の1日分のスワップポイントを比較します。
  • 比較表のスワップポイントは日本円に換算してあります。

今回は10社のべ567通貨ペアから、ショートスワップ・ロングスワップの合計値を計算し比較しましたが、両建てをしてもスワップポイントがプラスになったのは、GEMFOREX「USDJPY」1つだけという結果になりました。

両建てでプラススワップになる業者と通貨ペア

海外FX業者名通貨ペアショートスワップロングスワップ合計スワップ
GEMFOREXUSDJPY28円21円49円

一般的に海外FX業者のスワップポイントは各国の金利に基づいて決められており、さらに各社の手数料なども関わるため、ショートとロングの合計値は必ずと言って良いほどマイナスになります。同じ数量を両建てをしてもスワップで利益は得られない、ということですね。

しかしその中にあって、GEMFOREXのドル円ではショートとロングのスワップポイントの両方がプラスの珍しい設定になっています。

GEMFOREXのドル円を両建てすることで、為替レートによる損失の影響を最小限にしながら、少額ながらコツコツとスワップポイントを貯めることができますね。

ただし、両建ては同じ口座内でのみ許可されています。他の口座間との両建ては禁止されているので、くれぐれもご注意ください。

海外FX業者の銘柄別スワップポイント比較表

続いて、銘柄別のスワップポイントを海外FX10社で比較したいと思います。

比較する海外FX業者、比較する銘柄、比較条件は以下の通りです。

海外FX業者

  • XM
  • GEMFOREX
  • FXGT
  • AXIORY
  • TitanFX
  • LANDFX
  • iFOREX
  • FBS
  • Tradeview
  • HotForex

【比較する銘柄】

  • 為替通貨ペア
  • 貴金属
  • 株式指数
  • エネルギー
  • コモディティ
  • 仮想通貨

【比較条件】

  • スワップポイントや円換算レートは2022年1月のものです。
  • 為替通貨ペアを除く各銘柄では、1ロットあたりの数量が同じ銘柄でも各社で異なる場合があるので、可能な限りそれぞれの銘柄で取引数量を合わせて1日分のスワップポイントを比較しています。
  • 表のスワップポイントは、すべて日本円に換算してあります。

それでは早速、順番に1日分の日本円換算のスワップポイントを比較していきましょう。

為替通貨ペア

下記表では、1ロット取引時の1日分のスワップポイントを日本円に換算して比較しています。

XMGEMFOREXFXGTAxioryTitanFXLANDFXiFOREXFBSTradeviewHotForex
銘柄ショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロング
AUDCAD-311-379-181-208-295-401-175-174-217-133-66-66-15-20-386-365-107-244-183-275
AUDCHF-518-166-481-98-63934-3818-472103-86-48-34-1-7791-342-25-3400
AUDHUF74-109
AUDILS-18-17
AUDJPY-363-303-290-246-401-169-201-121-181-150-63-68-25-33-414-218-172-151-230-140
AUDNZD-307-378-242-408-194-393-89-353-343-330-72-71-3-32-268-422-111-242-157-251
AUDSGD-256-427-187-343-273-256-299-384
AUDUSD-212-247-174-243-376-336-259-445-423-258-59-59-49-38-285-312-270-403-174-208
AUDZAR696-1,426
CADCHF-608-138-67753-43448-554166-93-52-660-4-43750-3770
CADHUF79-117
CADILS-22-16
CADJPY-451-301-470-265-465-38-235-107-245-100-70-55-28-36-487-209-253-88-210-90
CHFCAD2-55
CHFDKK-955-103
CHFHUF175-708137-190
CHFILS-2-50
CHFJPY-291-75139-640-231-612-25-426-3-452-66-101-8-45-111-760-22-430-10-320
CHFNOK30-83
CHFPLN101-154
CHFSGD-570-1,322-214-1,025-106-647-496-974
CHFTRY946-1,365
CHFZAR1,383-2,401-48-363
CNHJPY-769-354-1,458
DKKJPY-6-7
DKKNOK-825-458
DKKSEK-691-75
DKKZAR-892-297
ERUPLN495-1,004
EURAUD-321-762-210-582-196-816-51-484-178-352-113-127-6-49-133-831-107-416-33-375
EURCAD-284-797-143-71112-846-29-513-114-438-79-124-2-53-128-9124-546-37-321
EURCHF-616-453-341-176-572-346-420-270-559-131-107-104-32-23-674-377-372-196-302-239
EURCNH-51-76-303-1,637
EURCZK912-1,888742-1,717-85-140126-180-140-763
EURDKK-1,065-912-948-692-88-90-23-32-240-293
EURGBP-93-628-154-592-129-689-134-779-346-573-83-1262-57-137-802-227-688-63-393
EURHKD-758-1,212-88-148-46-496
EURHUF39-2,070-615-901112-620-48-152139-19398-587-20-7,604
EURILS-7-48
EURINR142-197
EURJPY-196-516-157-424-275-426-132-412-104-402-78-98-12-60-275-691-115-392-130-270
EURMXN1,580-2,69885-4661,297-2,475
EURNOK-597-1,376-351-1,158133-650134-637-84-11127-82-77-425-7-995
EURNZD-296-775-106-855-29-866200-764-245-763-74-13717-72-96-1,010-15-535-274-612
EURPLN-298-1,718-372-1,146471-1,042-51-139101-156-40-462-586-1,282
EURRUB1,295-4,8032,373-3,705-1,392-5,508154-529
EURSEK-671-1,306-674-816-99-415-139-393-90-115-11-44-125-406
EURSGD-671-1,320-153-734-243-607-96-130-137-688-145-837
EURTRY2,458-9,3371,391-5,2067,069-8,2813,654-10,563-179-427363-1,360133-3,6084,186-4,772
EURUSD-127-591-49-485-116-811-12-518-158-371-83-112-42-97-80-738-23-528-23-266
EURZAR1,524-3,550799-3,4591,322-2,4701,379-2,939-32-451164-301-4-2,791
GBPAUD-723-548-517-431-571-529-530-399-676-280-112-117-42-23-541-619-556-397-358-217
GBPCAD-665-628-430-534-652-776-536-471-613-388-115-118-38-28-566-647-449-545-293-284
GBPCHF-1,055-225-906-97-1,105-213-989-176-1,174-72-145-78-748-1,157-57-892-146-4400
GBPDKK-1,500-819-123-79-63-2-714-252
GBPHKD-136-196
GBPHUF130-196
GBPILS-43-22
GBPJPY-547-297-378-182-600-350-575-316-607-314-106-105-53-57-556-340-555-367-270-230
GBPMXN95-499
GBPNOK-1,045-1,318-317-599-146-97-3-62-522-390
GBPNZD-685-598-251-690-336-772-250-752-692-536-108-128-15-50-510-666-455-540-243-572
GBPPLN-87-13485-151
GBPSEK-1,493-875-653-314-117-102-49-17-575-394
GBPSGD-1,133-1,227-415-492-537-399-143-150-415-517-547-820
GBPTRY4,011-6,114-271-528485-1,656
GBPUSD-486-371-264-328-498-463-548-412-651-312-97-103-77-71-448-504-439-518-243-301
GBPZAR1,306-2,605-52-479150-314953-2,240-4-3,404
HKDJPY-4-6
MXNJPY-12262
NOKJPY-53-1-6-3-29-23
NOKSEK-648-6812-14-5-71-32-26
NZDCAD-316-334-364-252-258-33-990-829-68-59-28-5-416-266-156-162-220-165
NZDCHF-523-121-68830-39862-603-169-84-42-4613-8818-37743-503-13
NZDJPY-379-269-279-243-418-112-226-85-280-175-63-46-35-20-480-168-208-86-690-70
NZDSEK-268-61
NZDSGD-559-627-378-121-67-58
NZDUSD-227-204-324-145-256-205-379-89-313-302-59-53-26-25-360-345-221-239-336-93
NZDZAR-32-224
PLNDKK-3321
PLNHUF2-14
PLNNOK-2210
PLNSEK-3119
SEKDKK-4-2
SEKJPY-26-25-3-5
SGDJPY-622-620-442-142-344-165-26-34-370-160
THBJPY-269-730
TRYHUF-8153
TRYJPY-1,157115-490330-8015
USDBRL-652-12,211
USDCAD-296-342-221-256-458-383-301-285-348-207-91-91-26-22-326-276-264-281-147-137
USDCHF-593-39-57639-63486-586-21-70396-150-59-52-33-8723-55047-2890
USDCLP83-131
USDCNH-928-819-24-1,929-395-462-87-414-1,604-2,4953-116-329-1,7331,167-1,686-1,150-460
USDCZK-192-605596-1,458454-1,322-81-14587-135-360-435-145-1,090
USDDKK-1,105-647-955-103-103-59-44-4-428-43-1,043-115
USDHKD-885-858-674-640-137-271-56-129-56-56-270-202-172-150
USDHUF-176-1,623-1,054-453-37-403-78-12698-146-137-292-20-759
USDILS-290-260-30-18-314-237
USDINR101-150
USDJPY-374-2542821-325-1-436-186-376-241-88-69-39-24-434-231-400-212-170-130
USDMXN934-2,701496-2,649511-2,1251,151-2,2431,076-2,60552-42559-342618-984857-1,894-245-1,988
USDNOK-733-1,016-828-46512-460-78-371-97-750-48-295-150-207-432
USDPLN-483-1,297-958-391208-703236-681-70-10565-113-259-178-416-1,051
USDRUB906-3,990-37-10,4671,718-3,0281,401-3,023-231-69593-464-1,477-1,8071,256-2,178-1-228
USDSEK-987-770-1,164-156-366-137-327-144-102-83-34-14-328-141-404-709
USDSGD-760-999-672-706-615-731-344-423-396-323-102-92-17-32-344-370-359-333
USDTHB-801-743-688-1,032
USDTRY1,974-8,0891,080-5,1901,230-4,0706,354-7,0702,625-7,523-182-400321-1,20294-3,2023,413-3,939-4-4,575
USDZAR1,143-2,9378-65300-908918-1,9401,295-2,357-110-398-8-370395-1,216621-1,631-4-1,942
ZARJPY-230-230-14767-16083-162-15,800100

スワップポイントで稼ぐことを目的にするなら、高スワップを提供している業者の通貨ペアをピンポイントで狙えば良いですが、ここではあえて各業者のFX通貨ペアでのスワップポイントについて、全体的な傾向に目を向けたいと思います。

以下は各社が扱う全通貨ペアでの、ショート/ロングスワップの平均値です。

 ショートスワップ平均ロングスワップ平均平均値の合計取扱い銘柄数
XM-327円-1,256円-1,582円57
GEMFOREX-191円-717円-907円33
FXGT-414円-815円-1,229円54
Axiory+269円-934円-66561
TitanFX+4円-906円-902円60
LANDFX-132円-279円-411円64
iFOREX+30円-142円-111円89
FBS-387円-1,071円-1,458円37
Tradeview-1円-624円-625円59
HotForex-564円-754円-1,318円53

各社で取扱い銘柄に違いがあり、エキゾチック通貨ペアを多く扱う業者が不利になるため、参考として取扱い銘柄数も表示しています。

平均値や平均値の合計を見ると、特にLANDFXiFOREXは多くの通貨ペアを扱っている割には平均値が高く、スワップポイントが取引に与える影響は少なめと判断できます。

また、ECNブローカーとして有名な、Axiory、TitanFX、Tradeviewなども、スワップポイントの影響は少なめですね。反対に、XM、FBS、HotForexスワップポイントの面では少々不利といえそうです。

メジャー通貨ペアで為替差益を狙うデイトレードなどをする場合、スワップポイントの影響はあえて気にするほどでもありませんが、スイングトレードなど中長期的なトレードをする場合は、各社のスワップポイントの傾向は考慮しても良いですね。

貴金属

貴金属取引では契約サイズ(1ロットあたりの取引量)が業者・銘柄ごとに異なります。下記表では、分かりやすさと公平性の点から、それぞれの銘柄で各社の契約サイズを統一して日本円に換算した1日分のスワップポイントを比較していますが、実際に取引する場合は各社・各銘柄の取引条件をよくご確認ください。

XMGEMFOREXFXGTAxioryTitanFXLANDFXiFOREXFBSTradeviewHotForex
銘柄ショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロング
XAUUSD-205-367-244-457-3-872-352-507-358-439-191-226-278-299-246-156-183-690-139-220
XAUAUD-448-393
XAUCHF-95435
XAUEUR-784-50-290-295-665-483
XAUGBP-403-488
XAUJPY-537-295
XAUTRY702-843
XAGUSD-463-579-347-6436-1,147-301-455-243-376-145-168-132-142-1,025-718-140-614-25-25
XAGAUD-283-346
XAGEUR-496-130-65-59
XCUUSD-166-178
XPDUSD00-636-1,002-694-901-192-65-1,070-1,143-1,193-1,737-174-174-63-186
XPTUSD00-872-774-883-843-36-90-141-151-1,181-984-174-174-58-174

※XMでもパラジウムとプラチナを取引可能ですが、先物CFD商品のためスワップポイントは発生しません。

※表にはありませんが、LANDFXでは取引サイズが1/10の「XAUUSD(mini)」も提供しています。その銘柄でもスワップレート自体は同社のXAUUSDと同じです。

各社・各銘柄ともにマイナスのスワップポイントがほとんどですが、今回の比較では以下の銘柄でプラスのスワップとなりました。

FXGTXAGUSD(ショート)+6円
TitanFXXAUCHF(ロング)+35円
iFOREXXAUTRY(ショート)+702円

ただし貴金属相場は長期的には上昇傾向にある場合が多いので、スワップ狙いでショートする場合はご注意ください。

株式指数

株価指数取引では契約サイズ(1ロットあたりの取引量)が業者・銘柄ごとに異なります。下記比較表では、分かりやすさと公平性の点から、全社・全銘柄で契約サイズを「1」として、日本円に換算した1日分のスワップポイントを比較していますが、実際に取引する場合は各社・各銘柄の取引条件をよくご確認ください。

また、株価指数の銘柄名(シンボル)は、業者ごとに表記が異なる場合が多くありますが、今回の比較表では一般的に多く使われている表記を採用しています。

株式指数のスワップポイント
XMGEMFOREXFXGTAxioryTitanFXLANDFXiFOREXFBSTradeviewHotForex
銘柄ショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロング
AUS200(ASX200)-51-52-9-77-17-88-26-25-33-35-9-38-58-60-35-36-55-38-44394
CAN60(Canada60 Index)-14-15
CN50(China50 Index)-38-210-152-153
EU50(EURO STOXX50)-56-38-42-31-33-14-46-28-15-10-104-97-40-20-50-34
FANG+-158-159
FRA40(CAC40)-93-63-67-50-103-33-55-23-67-37-23-16-107-100-63-31-77-52-85-111
GER40(DAX)-207-140-153-113-229-74-302-129-209-139-56-39-125-116-179-101-149-102-189-111
HK50(HSI)-30-31-13-56-136-156-15-17-14-14-14-13-24-27-262-292
HSCEI(Hang Seng Index)-6-7
IND50(India50 Index)-130-328-115-116
IT40(FTSE MIB)-359-243-82-77
JP225(Nikkei225)-2-2-2-2-3-2-123-110-1-1-9-9-92-95-7-6-204-188-2-2
NETH25(AEX)-10-7
NETH25(Netherlands25 Index)-19-16-116-108-65-111
SING30(Singapore20 Index)-10-10-123-123
SPAIN35(IBEX)-113-77-19-21-71-66-535-473-466162
SWISS20(Swizerland20 Index)-162-101-112-48-151-163-63-107
TWTFSE(SGX TFSE Taiwan Index)-17-22
UK100(FTSE100)-93-105-74-118-40-150-42-55-92-105-30-33-76-85-68-64-77-80-79-134
US30(Dow Jones)-344-356-208-308-113-566-154-188-172-201-880-375-155-156-275-282-256-284-277-327
US100(NASDAQ)-146-152-153-153-49-243-663-751-82-94-30-33-177-178-136-100-103-114-118-140
US500(S&P500)-44-45-28-46-15-73-499-609-20-25-10-12-154-155-44-25-36-28-58-98
US2000(US Russell2000 Index)-21-23-108-109
USDX(US Doller Index)-3-2-109-110
VIX(US Volatility Index)-3-1-16-16
ギリシャ20-88-82
サウジ全株指数-111-118
ドバイ指数-61-60
トルコ100614-746
ブラジル60266-645
メキシコ35-23-203
韓国200-84-136
中国SSE-146-220
南アフリカ40-16-750
日本100-132-136
日本225(米ドル)-123-124
日本400-89-92

株価指数のスワップポイントの特徴として、業者ごとの値の差が大きいことが挙げられます。例えば日経225(JP225)のスワップポイントは、今回比較した全社でマイナスですが、数値には幅があります。取引するなら、なるべくマイナススワップの少ない業者を選びたいですね。

また、株価指数全体の特徴として、ほとんどの銘柄でマイナススワップになることにも注意したいです。しかしその中でも、以下2つの銘柄はプラススワップになっています。

HotForexAUS200(ロング)+394円
HotForexSPAIN35(ロング)+162円

エネルギー

エネルギー取引では契約サイズ(1ロットあたりの取引量)が業者・銘柄ごとに異なります。下記表では、分かりやすさと公平性の点から、それぞれの銘柄で各社の契約サイズを統一して日本円に換算した1日分のスワップポイントを比較していますが、実際に取引する場合は各社・各銘柄の取引条件をよくご確認ください。

また、エネルギーの銘柄名(シンボル)は、業者ごとに表記が異なる場合が多くありますが、今回の比較表では日本で一般的に使われている表記を採用しています。

XMGEMFOREXFXGTAxioryTitanFXLANDFXiFOREXFBSTradeviewHotForex
銘柄ショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロング
WTI原油00-32410-119-283-27719641-220-356-969-118-129-779-9907-14-269-9
WTI原油インデックス-27719641-220
ブレント原油00-45557-122-269-17288-17-182-445-952-90-98-727-896-15535-211-45
ブレント原油インデックス-17288-17-182
天然ガス00-132-566-1,758563100-15666-166-221-241-804-744
ガソリン-256-279
ヒーティングオイル-259-283

※XMでも各種エネルギー銘柄を扱っていますが、先物CFD商品のためスワップポイントは発生しません。

エネルギー銘柄ではプラススワップが発生する場合が比較的多く、以下の業者・銘柄でプラススワップを提供しています。

GEMFOREXWTI原油(ロング)+10円
GEMFOREXブレント原油(ロング)+57円
AXIORYWTI原油/インデックス(ロング)+196円
AXIORYブレント原油/インデックス(ロング)+88円
TitanFXWTI原油/インデックス(ショート)+41円
LANDFX天然ガス(ショート)+66円
TradeviewWTI原油(ショート)+7円
Tradeviewブレント原油(ロング)+35円

コモディティ

下記表では、1ロット取引時の1日分のスワップポイントを日本円に換算して比較しています。

XMiFOREXHotForex
銘柄ショートロングショートロングショートロング
砂糖00-124-135-15-44
コーヒー00-128-140-58-175
大豆00-163-178
ココア00-189-206-60-180
コーン00-102-111
綿00-222-243-114-376
小麦00-186-203
00-60-180

※XMでも各種コモディティ銘柄を扱っていますが、先物CFD商品のためスワップポイントは発生しません。

コモディティは取り扱う業者が少ないのですが、今回の比較では全社・全銘柄でマイナススワップとなりました。値としては大きくはありませんが、スワップによる損失が気になる場合はXMを利用しても良いですね。

仮想通貨

仮想通貨ペアは、今回比較した10社のうち過半数を超える6社で取り扱いがあります。

仮想通貨ペアは、同じ銘柄でも各社でに契約サイズ(1ロットあたりの数量)が異なる場合や、スワップポイントの計算方法が異なる場合が多くあるため、完全に取引規模の条件を揃えて比較することが難しいです。以下の表は、各社の1ロットごとの24時間分の日本円に換算したスワップポイントの一覧となります。

FXGTだけはスワップ体系が大きく異なるので、一覧表の下に別表を設けてありますので、合わせてご確認ください。

FXGTTitanFXiFOREXFBSTradeviewHotForex
銘柄ショートロングショートロングショートロングショートロングショートロングショートロング
AAVEUSD-12-19
ADAUSD-12-19
ADAUSD-0.108-0.130-0.126-0.126
ALGUSD-0.136-0.136
ATOMUSD-12-24
AVAUSD-1.1-1.1
AVAXUSD-12-23
AXSUSD-12-24
BATUSD-0.091-0.091
BCHUSD-26-32-138-230-12-19-35-35-51-51
BNBUSD-174-290-12-24-42-42-3.4-3.4
BSVUSD-13-26
BTCUSD-3110-3845-1667-2778-14-23-3910-3910-563-563-682-682
CAKEUSD-12-23
CROUSD-12-24
DASHUSD-12-19
DOGEUSD-12-18
DOGUSD-0.019-0.020-1.9-1.9
DOTUSD-1.4-1.4-83-139-11-18-3.4-3.4
DSHUSD-10-10-184-184
EGLDUSD-12-23
EOSUSD-105-174-11-18-0.273-0.273-6.3-6.3
ETCUSD-12-18-3.3-3.3-28-28
ETHUSD-218-300-116-193-12-19-267-267-37-41-114-227
FILUSD-12-19-4.5-4.5
FTTUSD-12-24
ICPUSD-11-22
IOTAUSD-12-19
IOTUSD-0.159-0.159-159-159
KSMUSD-12-23
LEOUSD-12-23
LNKUSD-75-124-12-19-1.8-1.8
LTCUSD-11-13-51-86-12-19-10-10-10-10-114-227
LUNAUSD-12-19
LUNUSD-8.0-8.0
MKRUSD-12-23-216-216
MTCUSD-0.182-0.182
NEOUSD-11-18-3.4-3.4-80-80
OMGUSD-0.910-0.910-57-57
SHBUSD-0.0000028-0.0000029-0.000007-0.000007
SOLUSD-12-12-11-18-17-17
THETAUSD-11-18
TRXUSD-11-18-0.00796-0.00796-11-11
UNIUSD-51-85-12-19-1.8-1.8
VECUSD-0.0114-0.0114
VETUSD-11-18
WBTCUSD-14-28
XLMUSD-0.0168-0.0170-91-152-11-18-0.0250-0.0250-11-11
XMRUSD-11-18-19-19-13-13
XRPUSD-0.047-0.049-288-479-19-19-0.069-0.069-4.5-4.6-114-227
XTZUSD-137-228-12-23
ZECUSD-10-10-166-166

※業者によっては、主要な仮想通貨に対しては各種法定通貨とのペアを提供している場合があります(BTCUSD/BTCJPY/BTCEURなど)。決済通貨となる法定通貨だけが違う仮想通貨ペアの場合、スワップ値が同じなら算出されるスワップポイントも基本的に同じになるため、上の表では代表として、仮想通貨とUSDのペアを比較しています。ただし、法定通貨が違う同じ仮想通貨ペアでも、業者によっては異なるスワップ値を設定している場合がありますので、取引の際はより有利な(マイナスの少ない)設定のペアを選択して取引した方が良いでしょう。

※今回比較した業者では、FXGTとFBSで、仮想通貨と法定通貨のペアだけではなく、仮想通貨同士のペアや仮想通貨とその他銘柄のペアも提供しています。しかし2社のスワップ体系が大きく異なることや、提供しているペアの内容も細かい分岐が多く統一感が少ないため、比較としては割愛しています。

※FXGTの仮想通貨取引でのスワップポイントは、「レバレッジ手数料」という名目になっています。さらにFXGTのスワップポイントは、1日ごとではなく4時間ごとに発生します。上記表では1ロットあたりの24時間分(4時間×6回)のスワップポイントを記載しましたが、以下に1回ごと(4時間ごと)に発生する1ロットあたりのスワップポイントを記載します。

 ショートロング
ADA-0.0179円-0.0217円
BCH-4.34円-5.32円
BTC-518.4円-640.8円
DOG-0.0031円-0.0033円
DOT-0.23円-0.24円
ETH-36.3円-49.9円
LTC-1.86円-2.23円
SHB-0.00000047円-0.00000048円
XLM-0.0028円-0.0028円
XRP-0.0079円-0.0081円
LUNUSD-1.33円-1.33円
SOLUSD-1.94円-1.94円

スワップポイントを狙う取引の注意点

ここからは、実際にスワップポイントを狙う取引をする際に注意したい点を確認していきたいと思います。

スワップポイントの特徴や、価格変動のリスク、そして口座利用時に気をつけたいことを見ていきましょう。

スワップポイントは業者によって変わる

スワップポイントは各国の政策金利をもとに設定されていますが、実際には手数料などの海外FX業者ごとにある事情も考慮されているため、同じ銘柄でも業者によってスワップポイントは異なります。

特に、スワップポイントを狙ったトレードをしたい場合は、より有利なスワップポイントを提示している業者を選ぶことが重要になりますね。

スワップポイントは固定されておらず、状況に応じて変動する

スワップポイントは固定されておらず、各国の金利やその他状況に応じて変動します。今まではプラススワップだったのに、ある時からマイナススワップになってしまった、という話は珍しくありません。

ただし、国内FXではスワップポイントは日ごとに細かく変わることも珍しくありませんが、海外FXの場合は、数週間以上にわたってスワップポイントが変わらない場合もあるので、変動のサイクルは比較的長めといえるかも知れません。

スワップポイントの付与タイミングは業者によって違う

スワップポイントによる損益は、基本的にはサーバー時間でのロールオーバー(ポジションを翌日に引き継ぐこと)のタイミングで発生します。日本時間では、だいたい早朝の6時〜7時ごろですね。

ただし、すべてのスワップポイントがそのタイミングで発生するとは限りません。例えばFXGTでは仮想通貨取引に限り、4時間おきにスワップポイントが発生します。

また、スワップポイントは土日のロールオーバーにも存在しますが、その分のスワップポイントは特定の曜日のロールオーバーで3日分がまとめて反映される場合がほとんどです。その曜日では、週またぎのポジションの有無の履歴に関係なく、ロールオーバーした際のスワップポイントが3倍になります。このいわゆる「3倍デー」になる曜日は海外FX業者によって異なるので注意したいですね。

新興国の高金利通貨は値動きが激しい

スワップ狙いのトレードでメインとなるのが、高金利通貨を含む通貨ペアです。しかし高い政策金利を設定している新興国の通貨は、ファンダメンタルズが不安定であることを忘れてはいけません。

例えば本記事の比較でスワップ益のランキングが1位になったユーロトルコリラでは、2021年11月中頃からレートが急騰し始め、12月20日から23日にかけて上昇分を一気に戻す大暴落を見せました。この一連の上昇と下落による最高値と最安値の値幅は9万pipsほどあり、メジャー通貨ペアでは考えらないような激しい値動きになっています。

新興国の通貨を含む通貨ペアは、荒い値動きの特徴をよく理解して取引する必要がありますね。

定期的に決済しておく

スワップによる利益を狙いやすい通貨ペアは、買っても売ってもスワップ益を得られる訳ではなく、ほとんどの場合でショートした場合にプラススワップが発生します。

しかし高金利通貨を含む通貨ペアは、現在のところ長期的には上昇トレンドとなっている場合が多いため、売りっぱなしでいると為替差損が発生するリスクも高くなる点には気をつけたいですね。

なるべく価格が高い時にショートポジションを持つことや、為替差損を回避するために定期的に決済するなどの工夫も必要でしょう。

また、新興国の高金利通貨を含む通貨ペアでは、スプレッドも非常に広く設定されている点や、スプレッドの変動幅も大きい点に注意が必要です。海外FX業者によっては、年末年始の閉場から開場にかけて、スプレッド幅が通常よりも拡大する場合があるので、そうしたタイミングでは一旦決済しておくことも考慮する必要があります。

証拠金維持率が高くなるようにポジションを持つ

スワップポイントで利益を得るには、証拠金に対してどれくらいの数量のポジションを持つかも重要なポイントです。

獲得するスワップポイントを大きくする方法の1つとして、取引するロット数を増やすことが挙げられますが、証拠金に対して大きなロットで取引した場合、毎朝のロールオーバー時のスプレッド拡大でロスカットされたり、為替変動による含み損に耐えらえずロスカットになるリスクが高くなります。

スプレッドや値動きの変動に耐えるため、証拠金維持率が高くなるようにポジションサイズを調整する方が良いでしょう。

他の口座を利用した両建ては禁止されている

スワップ益が出るポジションは多くの場合ショートポジションになりますが、その際の為替変動リスクを回避するために、相関性のある銘柄と両建てしてはどうか、というアイデアがあるかも知れません。

基本的に海外FXでは、同じ口座内での両建ては認められていますが、同じ業者内の別口座や、他業者の口座を利用した両建ては禁止されています。

利用規約違反が見つかった場合は、最悪の場合、資金凍結などの重いペナルティが科せられる場合があります。スワップ狙いのトレードの場合も、他口座間の両建ては行わないようにしましょう。

スワップポイントの確認方法

スワップポイントは固定されておらず、各国の政策金利やその他事情で変動します。

「昨日まではプラススワップだったのに、今日はマイナススワップになってしまった」という可能性もありますので、スワップ狙いのトレードをする場合は、定期的にスワップポイントを確認する必要がありますね。

ここからはMT4/MT5からスワップポイントを確認する方法を、順番に見ていきたいと思います。

MT4で確認する方法

MT4でスワップポイントを確認するには、MT4上部にあるメニューから「表示」を選び、その中の「通貨ペアリスト」を選択します。

海外FXのスワップポイントをMT4で確認する方法

通貨ペアリストから確認したい銘柄を選択し、左側にある「設定」を選択します。

海外FXのスワップポイントをMT4で確認する方法

取引条件が表示されるので、下へスクロールし、スワップポイントを確認します。

海外FXのスワップポイントをMT4で確認する方法

MT5で確認する方法

MT5でスワップポイントを確認するには、MT5上部にあるメニューから「表示」を選び、その中の「銘柄」を選択します。

海外FXのスワップポイントをMT5で確認する方法

銘柄のウィンドウが開くので、一覧から確認したい銘柄を選択すると下部に詳細が表示されるので、下へスクロールし、スワップポイントを確認します。

海外FXのスワップポイントをMT5で確認する方法

海外FXのスワップポイントに関するよくある質問

最後に、海外FXのスワップポイントについて、よくある質問とその回答を見ていきます。

スワップポイントの計算方法や、スワップポイントで利益を得るためのポイントなどについて、改めて確認しましょう。

スワップポイントをどのように計算しますか?

スワップポイントの計算方法として、一般的にはポイント制の場合の計算方法が紹介されている場合が多いようです。

しかし実のところ、海外FXのスワップタイプには「ポイント」以外にも「通貨」「パーセント表示」の合計3タイプがあり、それぞれで計算方法が異なります。

スワップタイプは、MT4/MT5などの銘柄の取引条件から確認できます。

各スワップタイプの計算方法は以下の通りです。

スワップタイプ計算方法
ポイント契約サイズ×最小ポイント×ロット数×スワップ値×円換算レート=円換算のスワップポイント
通貨ロット数×スワップ値×円換算レート=円換算のスワップポイント
パーセント契約サイズ×ロット数×(スワップ値÷100)×(銘柄の価格または終値÷360)×ティックバリュー÷ティックサイズ×円換算レート=円換算のスワップポイント
※計算式の中の「ティックバリュー÷ティックサイズ」については、それぞれが同一の数値の場合や数値の表示がない場合は省略可能。

1日に獲得できる円換算のスワップポイントの計算は少々手間がかかるのですが、公式サイト内でスワップ計算機を利用できる海外FX業者の場合は、そうしたサービスを利用すると簡単にスワップポイントを知ることができます。

スワップポイントで利益は出せますか?

スワップポイントで利益を出すことは可能です。

しかし、すべての通貨ペアや銘柄でスワップ益を得られるわけではなく、反対に基本的にスワップポイントはマイナスの場合が多いとお考えください。

スワップポイントで利益を出すための基本的な条件として、高金利通貨と低金利通貨のペアを取引すること、なおかつ高金利通貨を買って低金利通貨を売るポジションを持つこと(例 EURTRYをショートする、など)があります。

スワップポイントで生活することはできますか?

スワップポイントで生活することは不可能ではありません。

しかし、裁量トレードで専業トレーダーになることと同じく、決して容易ではないと考えた方が良いでしょう。

スワップポイントで利益を得るには、高いプラススワップのついた銘柄をショート(またはロング)してロールオーバーすれば良いだけですが、長期的に利益を得ようとすると、為替変動のリスクから逃れることはできません。

スワップポイントで安定して利益を出し続けるには、資金管理やポジションの調整はもちろん、相場に対する理解や正しい分析力も必要になります。

トルコリラが一番スワップポイントが高いですか?

本記事が行なったプラスのスワップポイントが高い通貨ペアのランキングでは、上位10ペア中9ペアまでがトルコリラを含む通貨ペアでした。

本ランキングは2022年1月の各社のスワップポイントをもとに作成しましたが、最もスワップ益が高くなりやすい通貨として、トルコリラを含むペアを挙げることは間違いではないでしょう。

詳しくは、本記事の「スワップポイントで稼げる銘柄10選」をご参照ください。

ただし、例えばユーロトルコリラをショートすると大きなスワップポイントを得やすいですが、ロングするとそれ以上のマイナススワップが発生します。トルコリラによるスワップポイントは、単に利益をもたらすだけではない点にはご注意ください。

両建てでスワップポイントがプラスになる通貨ペアはありますか?

2022年1月時点で、GEMFOREXのドル円でのみ、両建てした場合でもプラスになるスワップポイントが設定されています。

GEMFOREXのドル円は、ショート/ロングともにプラススワップという大変珍しい設定がされているため、両建てをすることで為替変動のリスクを抑えながらスワップポイントを少しずつ貯めることができますね。

それ以外の各社・各通貨ペアでは、ショート/ロングのスワップポイントの合計値はマイナスになるため、同ロット数による両建てでは利益を出すことはできません。

海外FXでスワップポイントの取引をするメリットはありますか?

海外FXでスワップ狙いの取引をするメリットは、高いレバレッジを利用できることやロスカット水準が低いこと、業者や銘柄によっては高いスワップポイントを提供していること、そして業者によってはボーナスキャンペーンで証拠金を増やせることが挙げられます。

中でも海外FX特有の取引環境として、最大レバレッジの高さは大きなポイントでしょう。少ない資金からでもスワップポイントを狙う取引に挑戦することが可能です。

スワップポイントの取引でおすすめの業者はどこですか?

ポジションを長期保有する場合もあるスワップ狙いの取引では、高いスワップポイントを提供していることだけではなく、海外FX業者自体や取引環境の面でも一定の信頼性があることも重要な条件になります。

本記事が行なったスワップポイントが高い通貨ペアランキングでは、上位10社までにAxioryTitanFX、XM、Tradeviewがランクインしましたが、この4社はスワップポイント狙いの取引に必要な条件を満たしており、おすすめできる海外FX業者です。

XMの場合は入金ボーナスも提供しているので、少ない自己資金から始めてボーナスで証拠金を増やし、スワップポイントを狙いにいきたい人には向いているのではないでしょうか。

まとめ

今回は海外FXのスワップポイントについて、計算方法や注意点などの基礎知識とともに、2022年1月時点でのスワップポイントのランキングや、各社・各銘柄ごとのスワップポイントの一覧表などを見てきました。

海外FXでは多くの銘柄を取引可能ですが、最もスワップポイントを狙いやすい銘柄は、高金利通貨と低金利通貨のペアになっているFX通貨ペアですね。海外FXでは、高いレバレッジや、業者によってはボーナスキャンペーンも利用できるので、資金効率よくスワップ狙いのトレードが可能といえるでしょう。

ただし、スワップポイントは変動するのもなので、スワップ狙いの取引をする場合は、取引時点でのスワップポイントを必ず確認してくださいね。本記事がスワップポイントの取引をする際の参考になれば幸いです。