TitanFXのスワップポイント一覧まとめ!スワップ取引におすすめの通貨ペアも紹介

TitanFX(タイタンFX)は業界トップクラスでスプレッドが狭く、スキャルピングやデイトレードといった短期売買に最適な海外FX業者といえます。

では短期売買に向いた業者ということであれば、TitanFXはスイングトレードといった中長期売買には向いていない業者なのでしょうか。

中長期売買で重要なのはスプレッドの狭さよりも、スワップポイントの大小です。

スワップポイントが大きければ取引期間が長いほど利益は大きくなるため、スイングトレーダーにとっては重要なポイントといえるでしょう。

TitanFXが中長期売買に向いているのか検証すべく、今回の記事ではTitanFXのスワップポイントを一覧でまとめています。

スワップポイントの大きい通貨ペアもランキング形式で掲載していますので、ぜひ一度ご覧ください。

海外FX全体のスワップポイントについてはこちらで解説しています。

あわせて読みたい

スワップポイントとは、ペアになっている通貨の金利差調整分のことで、高金利通貨と低金利通貨の組み合わせの通貨ペアでは、比較的大きなプラスのスワップポイントが生じやすいですね[…]

blank

TitanFXのスワップポイント一覧(メジャー通貨ペア)

それではまずはじめにメジャー通貨ペアのスワップポイントを確認していきましょう。

通貨ペア買い売り
EURUSD-3.44-1.14
GBPUSD-3.06-5.22
AUDUSD-2.08-3.76
USDJPY-2.18-3.98
USDCHF0.83-5.7
USDCAD-2-4.05
NZDUSD-1.41-2.49

表中の数値をご覧いただいてお分かりになったと思いますが、TitanFXではほとんどのメジャー通貨ペアのスワップポイントがマイナスとなっています。

プラスになっているのは米ドル/スイスフランの買いだけで、数値も0.83と寂しい数字ですね。

しかし、TitanFXのようにメジャー通貨ペアがマイナススワップだらけというのは珍しいケースではありません。

国内FXでは当たり前のようにプラススワップだった通貨ペアが、海外FXではマイナススワップとなっているケースはいわば当たり前なのです。

TitanFXに限らず、主要の海外FX業者でもマイナススワップの通貨ペアが多いのが実情ですので、実際に取引する前に通貨ペアのスワップポイントを調べるようにしましょう。

それでは続いてマイナー通貨ペアのスワップポイントを確認していきます。

TitanFXのスワップポイント一覧(マイナー通貨ペア)

続いてはTitanFXのマイナー通貨ペアのスワップポイントを確認していきましょう。

通貨ペア買い売り
AUDCAD-1.13-2.69
AUDCHF1.05-3.95
AUDJPY-1.16-2.13
AUDNZD-3.94-1.73
AUDSGD-2.68-3.6
CADCHF1.3-4.42
CADJPY-0.95-2.51
CHFJPY-4.36-0.19
CHFSGD-7.52-1.27
CNHJPY0.4-1.12
EURAUD-4.84-1.56
EURCAD-4.82-1.13
EURCHF-1.14-4.32
EURCZK-357.81190.49
EURGBP-3.57-2.27
EURJPY-3.99-1.1
EURNOK-50.4111.66
EURNZD-8.540.37
EURPLN-36.2118.81
EURSEK-30.76-10.82
EURSGD-7.3-2.4
EURTRY-1235.86550.11
EURZAR-381.96156.14
GBPAUD-4.22-7.36
GBPCAD-4.46-6.41
GBPCHF-0.76-9.13
GBPJPY-3.22-5.98
GBPNOK-48.8-21.46
GBPNZD-6.24-3.61
GBPSEK-25.62-50.52
GBPSGD-4.95-5.97
GBPTRY-729.66473.84
HKDJPY-5.7-3.53
MXNJPY0.54-1.15
NOKJPY0-0.57
NOKSEK0.96-5.47
NZDCAD-1.9-3.18
NZDCHF0.03-4.14
NZDJPY0.07-2.62
SEKJPY-0.26-0.26
SGDJPY-1.52-3.54
THBJPY-1.67-2
USDCNH-35.45.2
USDCZK-275.51127.39
USDHKD-16.01-15.51
USDMXN-41.9617.68
USDNOK-27.54-6.68
USDPLN-24.469.04
USDRUB-2068.16932.47
USDSEK-9.71-27.11
USDSGD-3.71-4.64
USDTHB-216.99-223.15
USDTRY-865.86385.44
USDZAR-284.83143.32
ZARJPY0.68-1.48

TitanFXではトルコリラや南アフリカランドといった高金利通貨の取引も可能で、それら高金利通貨の絡む通貨ペアでは高いスワップポイントが設定されています。

ただし、南アフリカランド/日本円やメキシコペソ/日本円といったクロス円の通貨ペアでは低めの設定となっているので注意が必要です。

そのため、スワップポイントの高さを優先して通貨ペアを選ぶならばクロスユーロやドルストレートの通貨ペアを狙うのが良いでしょう。

以上がマイナー通貨ペアのスワップポイントの紹介でした。

次はTitanFXのスワップポイントをランキングで紹介していますので確認していきましょう。

TitanFXのスワップポイントランキング

ここではTitanFXのスワップポイントの高い通貨ペアをランキング形式でまとめています。

通貨ペアポイント
1位USDRUB(ショート)932.47
2位EURTRY(ショート)550.11
3位GBPTRY(ショート)473.84
4位USDTRY(ショート)385.44
5位EURCZK(ショート)190.49
6位EURZAR(ショート)156.14
7位USDZAR(ショート)143.32
8位USDCZK(ショート)127.39
9位EURPLN(ショート)18.81
10位USDMXN(ショート)17.68

1位は米ドル/ロシアルーブルのショートとなっており、2位以降はトルコリラの絡む通貨ペアが続いていますね。

スワップポイント狙いで通貨ペアを選ぶなら、ここで紹介した通貨ペアが狙い目といえます。

ただし、高金利通貨は政治リスク・経済リスクなどで大きく価格変動しやすいという特徴もありますので、レバレッジを抑える・証拠金を多めに入金しておく等のリスク管理が必須といえるでしょう。

その他CFDのスワップポイント一覧

続いてはTitanFXで取引可能な各種CFDのスワップポイントを確認していきます。

TitanFXで取引できるCFDは以下のとおりです。

  • 貴金属
  • エネルギー
  • 株価指数
  • 株式
  • 仮想通貨

それではそれぞれ順番に確認していきましょう。

貴金属のスワップポイント

貴金属CFDのスワップポイントは以下のとおりです。

貴金属買い売り
XAUUSD-3.79-3.09
XAUCHF0.28-7.58
XAUEUR-0.38-6.01
XAUAUD-4.72-5.38
XAUGBP-3.1-2.56
XAUJPY-2.95-5.37
XAGUSD-0.65-0.42
XAGEUR-0.2-0.76
XAGAUD-0.83-0.68
XPTUSD-7.28-7.62
XPDUSD-7.78-5.99

エネルギーのスワップポイント

エネルギーCFDのスワップポイントは以下のとおり。

エネルギー買い売り
UKOUSD-1.57-0.15
USOUSD-1.90.35
XBRUSD-1.57-0.15
XNGUSD-1.350.86
XTIUSD-1.90.35

株価指数のスワップポイント

株価指数のスワップポイントは以下のとおりです。

株式指数買い売り
JPY225-12.47-12.93
NAS100-8.15-7.06
US30-17.36-14.85
US500-2.19-1.76
US2000-2-1.85
USDX-17.46-22.56
VIX-1.29-2.73
UK100-6.7-5.86
GER30-10.68-16.02
EUSTX50-2.12-3.49
FRA40-2.87-5.17
AUS200-4.21-3.93
CAN60-1.59-1.49
CN50-18.11-3.29
HK50-11.78-9.97
HSCEI-4.82-4.18
IND50-28.34-11.19
NETH25-1.21-1.47
SING30-1.16-1.14
SWISS20-3.78-8.87
TWFTSE-1.86-1.51

株式のスワップポイント

株式のスワップポイントは以下のとおり。

なお、株式のスワップポイントは全銘柄一律で設定されています。

株式買い売り
ADP-2.73-2.27
AMD-2.73-2.27
ActivisionBlizzard-2.73-2.27
Adobe-2.73-2.27
Alphabet-2.73-2.27
Amazon-2.73-2.27
Amgen-2.73-2.27
Apple-2.73-2.27
Biogen-2.73-2.27
BookingHoldings-2.73-2.27
Broadcom-2.73-2.27
CME-2.73-2.27
CSX-2.73-2.27
CharterCommunications-2.73-2.27
Cisco-2.73-2.27
Comcast-2.73-2.27
Costco-2.73-2.27
eBay-2.73-2.27
ElectronicArts-2.73-2.27
Equinix-2.73-2.27
Facebook-2.73-2.27
GileadSciences-2.73-2.27
21stCenturyFox-2.73-2.27
Intel-2.73-2.27
Zoom-2.73-2.27
Intuit-2.73-2.27
IntuitiveSurgical-2.73-2.27
Microsoft-2.73-2.27
Moderna-2.73-2.27
Mondelez-2.73-2.27
NVIDIA-2.73-2.27
Netflix-2.73-2.27
Novavax-2.73-2.27
PayPal-2.73-2.27
Pepsi-2.73-2.27
QUALCOMM-2.73-2.27
RegeneronPharmaceuticals-2.73-2.27
Starbucks-2.73-2.27
TMobile-2.73-2.27
Tesla-2.73-2.27
TexasInstruments-2.73-2.27
TripAdvisor-2.73-2.27
TrivagoAdr-2.73-2.27
VertexPharmaceuticals-2.73-2.27
WalgreensBoots-2.73-2.27
WynnResorts-2.73-2.27
AT&T-2.73-2.27
AbbVie-2.73-2.27
Abbott-2.73-2.27
Alibaba-2.73-2.27
Altria-2.73-2.27
AmericanTower-2.73-2.27
Amex-2.73-2.27
BankofAmerica-2.73-2.27
BestBuy-2.73-2.27
BeyondMeat-2.73-2.27
Boeing-2.73-2.27
Bristol-MyersSquibb-2.73-2.27
CVS-2.73-2.27
Carnival-US-2.73-2.27
Chevron-2.73-2.27
Citigroup-2.73-2.27
Coca-Cola-2.73-2.27
Disney-2.73-2.27
ExxonMobil-2.73-2.27
Ford-2.73-2.27
GeneralElectric-2.73-2.27
HomeDepot-2.73-2.27
IntBusinessMach-2.73-2.27
JPMorgan-2.73-2.27
Johnson&Johnson-2.73-2.27
LockheedMartin-2.73-2.27
3M-2.73-2.27
Macys-2.73-2.27
YumBrands-2.73-2.27
Mastercard-2.73-2.27
McDonalds-2.73-2.27
Merck&Co-2.73-2.27
Morgan-2.73-2.27
NIKE-2.73-2.27
Oracle-2.73-2.27
Pfizer-2.73-2.27
PhilipMorris-2.73-2.27
Procter&Gamble-2.73-2.27
ResMed-US-2.73-2.27
RoyalCaribbean-2.73-2.27
SonyCorp-2.73-2.27
Spotify-2.73-2.27
Sysco-2.73-2.27
Target-2.73-2.27
ThermoFisher-2.73-2.27
Twitter-2.73-2.27
UBER-2.73-2.27
UPS-2.73-2.27
UnitedHealth-2.73-2.27
Verizon-2.73-2.27
Visa-2.73-2.27
Walmart-2.73-2.27
WellsFargo-2.73-2.27
WesternUnion-2.73-2.27

仮想通貨のスワップポイント

仮想通貨のスワップポイントは以下のとおりです。

仮想通貨も株式と同様にスワップポイントは一律で設定されています。

仮想通貨買い売り
BTCUSD-25-15
BTCJPY-25-15
ETHUSD-25-15
ETHJPY-25-15
XRPUSD-25-15
XRPJPY-25-15
BCHUSD-25-15
BCHJPY-25-15
LTCUSD-25-15
LTCJPY-25-15
EOSUSD-25-15
EOSJPY-25-15
XLMUSD-25-15
XLMJPY-25-15
BNBUSD-25-15
BNBJPY-25-15
DOTUSD-25-15
DOTJPY-25-15
UNIUSD-25-15
UNIJPY-25-15
LNKUSD-25-15
LNKJPY-25-15
XTZUSD-25-15
XTZJPY-25-15

スワップポイントの確認方法

ここではTitanFXのスワップポイントを確認する方法について解説していきます。

海外FXではスワップカレンダーが無い業者が大多数で、TitanFXもそのうちのひとつです。

そのため、公式HPでスワップを確認することはできませんので、取引ツールから確認するのが唯一の手段となっています。

取引ツールから確認する

TitanFXではMT4・MT5・ウェブトレーダーでの取引が可能です。

これらのツールはすべてメタクオーツ社の開発したツールとなっているので、すべて同じ操作方法で確認が行えます。

具体的な操作方法は各ツールでログイン後、「気配値表示」で右クリックし「銘柄一覧」を選択するだけです。

MT4・MT5からスワップポイントを確認する手順①

ここで各通貨ペアが表示されるため、確認したい通貨ペアをクリックすれば同じ画面内でスワップポイントを確認できます。

MT4・MT5からスワップポイントを確認する手順②

確認手順は以上です。

TitanFXに限らず、MT4やMT5が利用できるFX業者であれば同様の手順で確認できますので覚えておくと便利ですよ。

スワップポイントの計算方法

次に参考までにスワップポイントの計算方法をご紹介します。

海外FX業者のほとんどがMT4・MT5を採用していますので、先ほど紹介した手順で多くの業者ではスワップポイントの確認が可能です。

ですが、MT4を採用していない業者を利用している方や、先々までシミュレーションしてみたいという方はスワップポイントの計算方法を覚えておくと便利ですよ。

スワップポイントの計算式は以下のとおりです。

契約サイズ × 小数桁 × 取引ロット数 × スワップポイント

上記の計算式を使って「EUR/USD」をショートのポジションで実際に1ロット取引した際に発生するスワップポイントを計算をしてみましょう。

契約サイズ・少数桁はスワップポイントの確認手順で紹介した「銘柄一覧」の画面から確認することが可能です。

MT4・MT5の「銘柄一覧」から契約サイズと少数桁を確認可能

EUR/USDの契約サイズは100,000、少数桁は5ですので、計算式は「100,000(契約サイズ) × 0.00001(少数桁) × 1(取引ロット数) × -1.14(売りスワップポイント)」となります。

計算結果は-1.14(ドル)となりますので、1日あたり約130円マイナスとなるということですね。

また、計算を行って分かったとおり、TitanFXのスワップはすべてポイントで表示されていますがそのままドル換算すればすぐ計算可能なので、こちらもあわせて覚えておきましょう。

よくある質問

ここからはTitanFXのスワップポイントに関するよくある質問を紹介していきます。

ここで紹介する質問は以下のとおりです。

  • TitanFXではスワップポイントだけ出金することはできますか?
  • スワップカレンダーはどこで確認できますか?
  • スワップポイントが「○○.○○」のように表記されていますが、お金にするといくらですか?

それでは順番に確認していきましょう。

TitanFXではスワップポイントだけ出金することはできますか?

TitanFXではスワップポイントのみ出金することはできません。

スワップポイントは為替損益と別で計算されますが、出金のためには該当のポジションを決済する必要があるので注意しましょう。

スワップカレンダーはどこで確認できますか?

TitanFXではスワップカレンダーは提供していません。

スワップポイントを確認するにはMT4などの取引ツールから確認する必要があります。

スワップポイントが「○○.○○」のように表記されていますが、お金にするといくらですか?

表記されている数値はUSD表記ですので、そのままドル換算すれば計算可能です。

例) 11.38 → 11.38USD → 約1,308円

TitanFXのスワップポイントまとめ

ここまでTitanFXのスワップポイントについて解説してきました。

ポイントをまとめると以下のとおりです。

  • TitanFXはマイナススワップの通貨ペアが多い
  • ロシアルーブルやトルコリラといった高金利通貨のスワップポイントは高い
  • 株式と仮想通貨のスワップポイントは一律で設定/li>
  • スワップポイントは取引ツールで確認する必要がある

TitanFXのスワップポイントは、他の海外FX業者と同様にマイナススワップの通貨ペアが多くなっています。

一方でロシアルーブルやトルコリラ、南アフリカランドといった高金利通貨はスワップポイントが高く設定されているため、スワップポイント狙いのトレードでは狙い目の通貨ペアといえるでしょう。

高金利通貨は政治的・軍事的なイベントによって変動するリスクが高いという特徴がありますが、TitanFXはゼロカットに対応しているので損失を限定させることができます。

また、TitanFXは証拠金が多くなってもレバレッジ制限がかからないため、証拠金に余裕を持たせたいスイングトレードにも適した取引環境を備えているといって良いでしょう。

これらの理由からTitanFXは中長期売買がメインのトレーダーにもおすすめの海外FX業者といえます。

スイングトレードに向いた海外FX業者をお探しの方は、TitanFXを利用してみてはいかがでしょうか。

TitanFXについてもっと詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。

あわせて読みたい

2014年にサービスを開始したTitanFX(タイタンエフエックス)は、海外FX業者の中でもスプレッドの狭さに定評があります。しかし、スペックの良さだけの情報だけではなく[…]

blank