TitanFXのレバレッジルールを解説!口座レバレッジは変更できる?

TitanFXは海外FX業界でもトップクラスの狭いスプレッドを提供しており、スキャルピングなどの短期売買を行うトレーダーに人気の海外FX業者です。

最大レバレッジは500倍と海外FX業者の中では平均的ですが、他社には無い特徴として口座残高によるレバレッジ制限は一切ありません。

また、FX通貨ペアと同様にCFD銘柄でも最大500倍のレバレッジが利用できるのはTitanFXの魅力のひとつといえるでしょう。

この記事では、そんなTitanFXのレバレッジの特徴やルールを他社と比較しつつ解説していきます。

それではまずはじめにTitanFXのレバレッジの概要について確認していきましょう。

海外FX業者のレバレッジに関しては以下の記事で一覧にしています。合わせてチェックしてみてください。

あわせて読みたい

海外FX最大の魅力のひとつが、ハイレバレッジです。 最大レバレッジが25倍までに制限されている国内FXとは違い、海外FXには最大レバレッジの制限がありません。 […]

海外FXレバレッジ比較のアイキャッチ画像

TitanFXのレバレッジは最大500倍

TitanFXでは「スタンダード口座」「ブレード口座」の2種類の口座タイプを利用可能です。

簡単に説明するとスタンダード口座がその名前の通りTitanFXの基本となる万人向けの口座タイプになり、ブレード口座が低スプレッドの中上級者向けの口座タイプになります。

どちらの口座タイプも最大レバレッジは500倍で、これは冒頭でもお伝えした通り海外FX業界では平均的な数値です。

しかし、平均的といえど500倍のレバレッジであれば、最低限の取引Lotである0.01Lotに必要な証拠金はたった200円で済みます。(米ドルが1ドル=100円の場合)

念のため、計算式は以下の通りです。

必要証拠金(円)= ロット数 × ロットサイズ ÷ 口座レバレッジ × 取引通貨のレート

ちなみに、最大レバレッジは500倍ですが、自分で別途設定も行えます。

口座開設時に6パターンから選ぶ

TitanFXでは口座開設時に以下の6パターンから最大レバレッジを設定することが可能です。

  • 500:1
  • 400:1
  • 300:1
  • 100:1
  • 50:1
  • 1:1

先述のとおりレバレッジが高ければ必要証拠金を抑えることができるため、基本的に最大レバレッジは500倍に設定することをおすすめします。

口座開設後でも最大レバレッジは自由に変更可能ですので「ついつい大きなポジションを持ちがちで自制ができない」というような人は、レバレッジを低く設定しなおすのも良いでしょう。

口座開設後でもレバレッジは変更可能

TitanFXでは口座開設した後でも最大レバレッジを変更することができます。

変更方法はマイページから、変更したい口座の「レバレッジ」を変更するだけです。

TitanFXの最大レバレッジの変更方法

ひとつ注意点として、最大レバレッジの変更は「ポジションを持っていない場合のみ」変更することができます。

そのため、レバレッジを変更する際はポジションを全て決済した状態になっているか確認するようにしましょう。

以上がTitanFXのレバレッジの概要の解説でした。

次からはTitanFXとその他海外FX業者のレバレッジを比較していきますので、ぜひご覧ください。

TitanFXのレバレッジを他社と比較

ここからはTitanFXのレバレッジと他の海外FX業者のレバレッジを取扱商品ごとに比較していきます。

ここで比較するのは通貨ペアをはじめとする以下の商品です。

  • FX通貨ペア
  • CFD銘柄
  • 株式銘柄
  • 仮想通貨

それでは早速FX通貨ペアの比較から確認していきましょう。

FX通貨ペアのレバレッジを比較

FX通貨ペアの比較結果は以下の通りです。

FX業者一般向け口座中上級者向け口座
TitanFX最大500倍
(スタンダード口座)
最大500倍
(ブレード口座)
Axiory最大400倍
(スタンダード口座)
最大400倍
(ナノスプレッド口座)
GEMFOREX最大1,000倍
(オールインワン口座)
最大1,000倍
(ノースプレッド口座)
XMTrading最大1000倍
(スタンダード口座)
最大500倍
(Zero口座)
LAND-FX最大500倍
(Live口座)
最大200倍
(ECN口座)
FBS最大3,000倍
(スタンダード口座)
最大500倍
(ECN口座)

比較結果を見ていただいて分かる通り、TitanFXの最大レバレッジは他社と比べると平均的、もしくは低い部類といえるでしょう。

GEMFOREXであれば最大レバレッジは1,000倍なのでTitanFXの半分の証拠金、FBSであれば最大3,000レバレッジなのでTitanFXの6分の1の証拠金で取引が可能です。

TitanFXは豪華なボーナスやキャンペーンも一切提供していないため、ボーナスの充実度や最大レバレッジの高さを優先させたいのであれば、他の業者を利用するのも選択肢のひとつでしょう。

CFD銘柄のレバレッジを比較

TitanFXでは「株価指数」「貴金属」「エネルギー」のCFD銘柄が取引可能で、最大レバレッジはすべての銘柄で最大500倍です。

ここでは以下の通り、主要のCFD銘柄の最大レバレッジを比較しています。

FX業者株価指数貴金属エネルギー
JPN225NAS100ブレント原油WTI原油
TitanFX500倍500倍500倍500倍500倍500倍
Axiory100倍100倍100倍100倍20倍20倍
GEMFOREX200倍100倍1,000倍1,000倍66.6倍66.6倍
XMTrading200倍100倍400倍400倍66.6倍66.6倍
LAND-FX200倍200倍200倍200倍100倍100倍
FBS10倍100倍333倍333倍33倍33倍
BigBoss50倍50倍50倍50倍50倍

先述したとおり、TitanFXはどのCFD銘柄でも最大レバレッジがFX通貨ペアと同じ500倍です。

他の海外FX業者はFX通貨ペアとCFDとで最大レバレッジが変わる業者多いため、結果的にTitanFXの最大レバレッジは非常に高い数値となっています。

貴金属を除いた主要銘柄ではTitanFXが最大レバレッジでトップとなっており、他社よりも高いレバレッジで取引が可能です。

株式銘柄のレバレッジを比較

次に株式のレバレッジを確認していきましょう。

FX業者株式
TitanFX20倍
Axiory5倍
FBS100倍
iFOREX20倍
HotForex14倍
FxPro25倍

株式銘柄でのTitanFXの最大レバレッジは平均的といえます。

FXだけではなく株式も同じ口座で取引したいという方は、TitanFXも十分選択肢に入るのであわせて覚えておきましょう。

仮想通貨のレバレッジを比較

最後に仮想通貨のレバレッジを確認していきます。

FX業者仮想通貨
TitanFX20倍
FXGT1,000倍
Bigboss50倍
iFOREX20倍
FxPro20倍
Tradeview10倍

仮想通貨の取引ができる海外FX業者は数に限りがありますが、TitanFXでは仮想通貨FXの取引が可能です。

最大レバレッジは20倍と平均的ですが、FXGTの最大1000倍には遠く及びません。

レバレッジが段違いということもあり、仮想通貨をメインに取引したいという方はFXGTの利用を検討するのも良いでしょう。

以上がTitanFXのレバレッジの比較結果でした。

ここで紹介してきた結果をふまえて、自分に合ったFX業者を選んでみてくださいね。

取引ルールと制限について

ここからはTitanFXで取引する際に確認しておきたい取引ルールや制限を解説していきます。

紹介する内容はどれも重要な内容になっていますので、取引する前に必ず内容をおさえておきましょう。

証拠金残高によるレバレッジ制限なし

TitanFXでは証拠金残高によるレバレッジの制限がありません。

以下に他社とのレバレッジ制限の比較表を作成しましたのでご覧ください。

FX業者2万円未満~20万円~50万円~200万円~300万円~500万円~1,000万円~1,500万円~2,000万円2,000万円~
TitanFX 500倍
AXIORY400倍300倍200倍
XMTrading1000倍200倍100倍
LAND-FX500倍200倍100倍
FBS3,000倍2,000倍1,000倍500倍200倍100倍
GEMFOREX1,000倍500倍

上記の表で分かるとおり、大多数の海外FX業者は証拠金残高が多くなるにつれて最大レバレッジが制限されていきます。

TitanFXは証拠金残高がいくらになろうと最大レバレッジは500倍のままです。

そのため、高額を運用したい人にはTitanFXはおすすめといえます。

また、少額をまとまった金額にするまではFBSなどの最大レバレッジが高い業者を使って、資金がまとまってきたらTitanFXに移行するというのも一つの運用方法と言えるでしょう。

取引ロット数によるレバレッジ制限なし

TitanFXでは保有ロット数でレバレッジ制限がかかることはありません。

業者によっては口座残高によるレバレッジ制限のほかに、保有ロット数の多さによってレバレッジが規制される場合があります。

主要の海外FX業者でいえば以下の業者では保有ロット数・取引ロット数によるレバレッジ制限を設けていますので覚えておきましょう。

  • LAND-FX
  • HotForex
  • FXGT
  • exness

ロスカット水準は20%と低めの設定

TitanFXのロスカット水準は20%に設定されており、平均的な水準といえるでしょう。

以下はその他の海外FX業者とのロスカット水準の比較です。

FX業者マージンコールロスカット
TitanFX90%20%
Axiory50%20%
GEMFOREX50%20%
XMTrading50%20%
LAND-FX50%30%
FBS40%20%

国内FXではロスカット水準は100%前後の業者がほとんどですので、表中の20%といったロスカット水準は相当低い水準に見えますね。

TitanFXの場合、ロスカットの警告にあたるマージンコールは他社よりも高い90%に設定されています。

他社に比べて早い段階で警告が届くということですので、気づいたらロスカットになっていたということは避けやすいといえるでしょう。

海外FX業社のロスカット水準比較はこちら。

あわせて読みたい

ロスカットとは、損失の拡大を防ぐためにFX業者が行う強制的なポジションの決済のことです。 国内FXでの取引に慣れた方の場合は、ロスカットと聞くと追証を連想されるかも[…]

blank

相場が荒れると一時的にレバレッジが制限されることもある

TitanFXでは相場が荒れやすい状況では一時的にレバレッジが制限される場合があります。

このようなレバレッジ制限はTitanFXに限った話ではありませんので、海外FXの基本として押さえておきましょう。

相場が荒れやすい状況とは、米大統領選挙などの政治イベントや軍事行動などの大きなニュースが発生するタイミングが一般的です。

米雇用統計などの指標発表で制限がかかることは稀ですが、レバレッジ制限がかかる際はニュースメールや公式サイトで通知されますので事前に確認するようにしましょう。

ロット上限、ポジション上限は平均的水準

TitanFXの取引ロット上限は1注文あたり100ロット、最大保有ポジションは200ポジションに設定されています。

以下はその他の海外FX業者との比較表です。

FX業者最大ロット数最大ポジション数
TitanFX100ロット200ポジション
Axiory1,000ロット無制限
GEMFOREX30ロット30ポジション
XMTrading50ロット200ポジション
LAND-FX30ロット100ポジション
FBS500ロット200ポジション

最大ロット数・最大保有ポジション数ともに平均的といえる水準で、取引に際して不足は無いでしょう。

より大口の取引を行いたいのであれば、TitanFXに似た取引環境のAxioryが最大1,000ロット・保有ポジション数が無制限となっているのでこちらもおすすめです。

実効レバレッジの確認方法

ここでは実効レバレッジの確認方法を解説していきます。

実効レバレッジとは資産に対して現在のポジションが何倍に達しているのかをあらわしている数値で、簡単に言うならば「実際にどれだけのレバレッジを効かせているのか」を指す数値です。

実効レバレッジを知っておけば証拠金不足になるリスクを抑えることができ、ロスカットを防ぐことに役立つため必ず意識しておきたい数値といえます。

その重要な数値である実効レバレッジは以下の計算式で求めることが可能です。

取引数量 × 現在の為替レート ÷ 有効証拠金 = 実効レバレッジ

例えば1ドルが100円の時に10万円の証拠金で1万ドルの取引を行ったとしましょう。

上記の計算式に当てはめると「10,000(取引数量) × 100(現在のレート) ÷ 100,000(有効証拠金) = 10倍」となるため、実効レバレッジは10倍であることが分かりますね。

レバレッジはかければかけるほど利益が大きくなる半面、損失も大きくなってしまうという可能性がでてきます。

そのため、闇雲にハイレバレッジで取引するのではなく、実効レバレッジを把握して資金管理をしっかり行うことが資産を増やしていくコツといえるでしょう。

TitanFXのレバレッジに関するよくある質問

ここからはレバレッジにまつわるTitanFXのよくある質問を紹介していきます。

紹介するよくある質問は以下の通りです。

  • TitanFXの最大レバレッジは何倍ですか?
  • TitanFXにはレバレッジ制限はありますか?
  • TitanFXのレバレッジは変更できますか?
  • TitanFXのCFDのレバレッジは何倍ですか?
  • TitanFXの仮想通貨はレバレッジ何倍でトレードできますか?

それではひとつずつ順番に確認していきましょう。

TitanFXの最大レバレッジは何倍ですか?

TitanFXの最大レバレッジは500倍です。

最大レバレッジは口座開設時に以下の倍率のうちから設定することができます。

  • 500:1
  • 400:1
  • 300:1
  • 100:1
  • 50:1
  • 1:1

TitanFXにはレバレッジ制限はありますか?

TitanFXにレバレッジ制限はありません。

口座残高・取引ロット・取引ポジション数などで制限は一切かかりませんので、常に設定されている最大レバレッジで取引が可能です。

TitanFXのレバレッジは変更できますか?

口座開設後にマイページから変更することができます。

マイページにログインし、変更したい口座のレバレッジを変更して保存するだけでレバレッジの変更は完了です。

TitanFXのレバレッジの変更手順

TitanFXのCFDのレバレッジは何倍ですか?

各CFDのレバレッジは以下の通りになります。

銘柄銘柄レバレッジ
株価指数AUS200最大500倍
CAN60
CN50
EUSTX50
FRA40
GER30
HK50
HSCEI
IND50
JPN225
NAS100
NETH25
SING30
SWISS20
TWFTSE
UK100
US2000
US30
US500
USDX
VIX
貴金属XAU/AUD最大500倍
XAU/CHF
XAU/EUR
XAU/GBP
XAU/JPY
XAU/USD
XAG/AUD
XAG/EUR
XAG/USD
XPD/USD
XPT/USD
エネルギーUKO/USD最大500倍
USO/USD
XBR/USD
XTI/USD
株式米国株式20倍固定

TitanFXの仮想通貨はレバレッジ何倍でトレードできますか?

各仮想通貨のレバレッジは以下の通りです。

銘柄レバレッジ
ビットコイン20倍
イーサリアム20倍
リップル20倍
ビットコインキャッシュ20倍
ライトコイン20倍
バイナンスコイン20倍
ポルカドット20倍
ユニスワップ20倍
チェーンリンク20倍
ステラ20倍
イオス20倍
テゾス20倍

まとめ

ここまでTitanFXのレバレッジについて解説を行ってきました。

ポイントをおさらいすると以下のとおりです。

  • TitanFXの最大レバレッジは500倍
  • FX業界でレバレッジ最大500倍は平均的
  • 証拠金残高やロット数・ポジション数での制限は一切なし
  • CFDの最大レバレッジは業界最高水準

文中でも紹介してきたように証拠金残高などによるレバレッジ制限が一切ないのはメリットといえるでしょう。

海外FXではレバレッジ制限がある業者がほとんどですので、TitanFXの「レバレッジ制限無し」は大きな特徴のひとつといえます。

一方でデメリットとしては最大レバレッジの物足りなさがいえるでしょう。

レバレッジの高さで言えばFBSの3,000倍やGEMFOREXの1,000倍に劣ってしまいます。

しかし、何度もお伝えしている通りTitanFXには証拠金によるレバレッジ制限がないため「少額を増やすのは最大レバレッジの高い別業者で行い、まとまった金額になったらTitanFXに移行して引き続きハイレバレッジで取引する」という運用も考えられるでしょう。

TitanFXはCFDや仮想通貨の取引も可能と、万能な口座でもあるので口座開設をしておいても損はありませんよ。

TitanFXについてより詳しくは以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい

2014年にサービスを開始したTitanFX(タイタンエフエックス)は、海外FX業者の中でもスプレッドの狭さに定評があります。しかし、スペックの良さだけの情報だけではなく[…]

blank