FBSのレバレッジルールまとめ!3000倍のレバレッジを制限なく使う方法とは?

FBSでは最大3000倍のレバレッジをかけることができます。

ハイレバレッジで取引可能な海外FX業者は数多くありますが、FBSはその中でもトップクラスのハイレバレッジです。

しかし、3000倍のレバレッジを利用して取引するためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

条件やルールを知らないまま取引して、知らない間に最大レバレッジが制限されてしまったなんてことも。

そうはならないためにも、この記事ではFBSで3000倍のレバレッジを利用する方法、FBSでのレバレッジに関する注意点を解説していきます。

FBSのレバレッジ比較やよくある質問も紹介していますので、FBSのレバレッジについて知識を深めたい方はぜひ最後までご覧ください。

海外FX業者のレバレッジはこちらでまとめています。合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい

海外FX最大の魅力のひとつが、ハイレバレッジです。 最大レバレッジが25倍までに制限されている国内FXとは違い、海外FXには最大レバレッジの制限がありません。 […]

海外FXレバレッジ比較のアイキャッチ画像

FBSのレバレッジは最大3000倍

FBSは最大3000倍のレバレッジが利用可能、というのはすでにお伝えしているとおりです。

3000倍といわれても、イマイチ内容の凄さが伝わらないですよね。

国内FXの最大25倍のレバレッジであれば、1000通貨を取引するのに必要な証拠金は4000円です。(1ドル = 100円の場合)

同じ条件でFBSのレバレッジ3000倍の場合は、1000通貨を取引する際の必要証拠金は33円になります。

ちなみに必要証拠金の計算式は以下のとおりです。

必要証拠金(円)= ロット数 × ロットサイズ ÷ 口座レバレッジ × 取引通貨のレート

このように最大レバレッジが高いほど取引に必要な証拠金は下がっていくので、FBSの最大レバレッジを利用すればお小遣い程度の少額でも十分取引が行えます。

しかし、注意点としてFBSのすべての口座タイプで3000倍のレバレッジが利用できるというわけではありません。

口座タイプにより最大レバレッジは異なる

FBSの最大レバレッジ3000倍はすべての口座タイプで利用できるわけではないため、注意が必要です。

FBSの各口座タイプと最大レバレッジは以下のとおり異なっているため、口座を開設する前に確認しておきましょう。

口座タイプ最大レバレッジ
スタンダード口座3000倍
セント口座1000倍
マイクロ口座3000倍
ゼロスプレッド口座3000倍
ECN口座500倍
仮想通貨口座5倍

上記の表のとおり、3000倍のレバレッジが利用可能なのは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロスプレッド口座」の3口座タイプのみです。

3000倍のレバレッジを利用して取引したい方は、上記の3口座タイプを選ぶようにしましょう。

各種CFDの最大レバレッジ

FBSのCFD銘柄の最大レバレッジは以下のとおりです。

銘柄最大レバレッジ

333倍
パラジウム
プラチナ
100倍
エネルギー33倍
インデックス33倍
日経22510倍
株式100倍
暗号通貨5倍

金、銀の最大レバレッジは300倍で、その他のCFDは100倍もしくはそれ以下といった設定となっています。

後ほど競合他社と比較していきますが、CFDの最大レバレッジの数値は海外FX業界の中では平均的もしくは低めです。

人気の高い金(GOLD)は333倍と高めに設定されていますが、日経225の最大レバレッジは10倍と一長一短といえますね。

口座開設後にレバレッジ変更も可能

FBSでは口座開設した後でも最大レバレッジを変更することができます。

変更方法はマイページにログインして、変更したい口座の「レバレッジ」を変更するだけです。

FBSの最大レバレッジはマイページから変更可能

なお、レバレッジの変更は1口座につき1日1回までとなっています。

また、ポジションの保有中はレバレッジの変更ができませんので、レバレッジ変更の際はポジションを全て決済してから行うようにしましょう。

FBSのレバレッジに関するルール

ここからはFBSで取引する際に確認しておきたい取引のルールや制限について解説していきます。

それではまず最初に「レバレッジが制限されるケース」の確認から始めましょう。

レバレッジが制限されるケース

FBSでは以下の項目によってレバレッジが制限される場合があります。

  • 口座残高による制限
  • 政治経済イベントによる制限

制限されるケースの種類としてはそれほど多くありませんが、FBSの場合は「口座残高による制限」が他社と比べても制限が細かいため注意が必要です。

口座残高による制限

FBSでは口座の残高が一定以上となると最大レバレッジが制限されてしまいます。

制限される口座残高は以下のとおりです。

口座残高最大レバレッジ
2万円まで3,000倍
20万円まで2,000倍
50万円まで1,000倍
300万円まで500倍
1,500万円まで200倍
1,500万円以上100倍

表のとおり、3,000倍のレバレッジが利用できるのは2万円までとなります。

2万円以降は2,000倍にまで制限されるので、3,000倍のレバレッジを常時利用したい方は口座残高を常に2万円以下に維持するようにしましょう。

ただし、50万円までは1,000倍という海外FXでもトップクラスのレバレッジが利用できますので、50万円まで口座残高を維持するのも一つの手です。

政治経済イベントによる制限

FBSでは政治や経済のイベントによって一時的にレバレッジが制限される場合もあります。

このようなレバレッジの制限はFBSに限った話ではなく、海外FX一般の制限ですので覚えておきましょう。

レバレッジの制限は米大統領選挙などのイベントや軍事行動などの大きなニュースが起こったタイミングで制限がかかる。

米雇用統計などの指標発表で制限がかかることは稀ですが、レバレッジ制限がかかる際はニュースメールや公式サイトで通知されますので事前に確認するようにしましょう。

レバレッジ制限の解除方法

レバレッジに制限がかかってしまった場合、口座残高を減額することによって制限が解除されます。

口座残高を基準以下にまで出金・資金移動で減額し、マイページの「レバレッジ変更」でレバレッジの変更が可能です。

なお、レバレッジの変更の際にサポート等へ連絡は不要となっています。

以上がレバレッジ制限にかかるケースの紹介でした。

レバレッジが制限されている原因の多くが証拠金残高によるものですので、レバレッジが制限されている場合は口座残高を確認するようにしましょう。

最大レバレッジは海外FXでもトップクラス

ここからはFBSのレバレッジと他の海外FX業者のレバレッジを取扱商品ごとに比較していきます。

ここで比較するのは通貨ペアをはじめとする以下の商品です。

  • FX通貨ペア
  • CFD銘柄
  • 株式銘柄
  • 仮想通貨

それでは早速FX通貨ペアの比較から確認していきましょう。

FX通貨ペアのレバレッジ比較

まずはFX通貨ペアのレバレッジを比較していきます。

海外FX業者最大レバレッジ
FBS3,000倍
GEMFOREX1,000倍
XM1000倍
LandFX500倍
TitanFX500倍
AXIORY400倍

上記の表のとおり、FBSの最大レバレッジは競合他社と比べてもずば抜けて高いことが分かりますね。

GEMFOREXの最大レバレッジ1,000倍も十分高いですが、FBSと比べるとレバレッジが低く感じてしまいます。

最大レバレッジが高ければ高いほど必要証拠金は少なく済みますので、少額の証拠金でも高額の運用が可能です。

そのため、少額の資金で大きな利益をあげれる環境が欲しいという方には最大レバレッジが高いFBSがおすすめですよ。

CFDのレバレッジ比較

次に主要なCFD銘柄のレバレッジを比較していきます。

FX業者株価指数貴金属エネルギー
JPN225NAS100ブレント原油WTI原油
FBS10倍100倍333倍333倍33倍33倍
GEMFOREX200倍100倍1,000倍1,000倍66.6倍66.6倍
XMTrading200倍100倍400倍400倍66.6倍66.6倍
LAND-FX200倍200倍200倍200倍100倍100倍
TitanFX500倍500倍500倍500倍500倍500倍
Axiory100倍100倍100倍100倍20倍20倍

比較結果を見ていただいて分かるとおり、FBSのCFDの最大レバレッジは他社と比べると平均的、もしくは低い部類といえるでしょう。

FBSの中では一番高い金・銀のレバレッジ333倍も競合他社と比べると、そこまで高いとはいえません。

人気のCFDである日経225も特にレバレッジが低く、あまりCFDのレバレッジ環境は良いとは言えないでしょう。

株式銘柄のレバレッジを比較

次に株式のレバレッジを確認していきましょう。

FX業者株式
FBS100倍
TitanFX20倍
Axiory5倍
iFOREX20倍
HotForex14倍
FxPro25倍

株式の最大レバレッジは海外FXでもトップクラスに高い水準です。

取引可能な株式も100以上取り揃えており、FXはもちろんですが株式取引の環境も揃っているといえるでしょう。

仮想通貨のレバレッジを比較

最後に仮想通貨のレバレッジを確認していきます。

FX業者仮想通貨
FBS5倍
FXGT1,000倍
Bigboss50倍
iFOREX20倍
FxPro20倍
TitanFX20倍
Tradeview10倍

仮想通貨の取引ができる海外FX業者は数に限りがありますが、FBSでは仮想通貨の取引が可能です。

ただし、最大レバレッジは最低水準であり、仮想通貨取引に向いた業者選びでFBSは第一候補とはなりません。

比較してみるとFXGTの最大レバレッジ1,000倍が飛び抜けており、最大レバレッジで仮想通貨の業者選びをするのであればFXGTがおすすめです。

FBSのレバレッジに関するよくある質問

ここからはレバレッジにまつわるFBSのよくある質問を紹介していきます。

紹介するよくある質問は以下の通りです。

  • 現在のレバレッジの確認方法は?
  • レバレッジの変更方法は?
  • 保有ポジション数でレバレッジ制限はかかる?
  • レバレッジが3000倍に設定できないのはなぜ?

それではひとつずつ順番に確認していきましょう。

現在のレバレッジの確認方法は?

マイページにログインし、確認したい口座の「口座設定」から確認できます。

取引ツールでは確認できませんので注意してください。

レバレッジの変更方法は?

マイページにログインし、変更したい口座の「レバレッジ」を変更することでレバレッジの変更が可能です。

なお、ポジションの保有中はレバレッジの変更ができませんのでご注意ください。

あわせてレバレッジの変更は1日1回までとなっているため、こちらも覚えておきましょう。

保有ポジション数でレバレッジ制限はかかる?

FBSでは保有ポジション数でレバレッジ制限はかかりません。

なお、FBSでは最大200ポジションの保有が可能です。

レバレッジが3000倍に設定できないのはなぜ?

理由としては「口座残高が規定より多い」「ボーナスが適用されている」「CFD銘柄の取引を行っている」の3点が考えられます。

まず、FBSでは口座残高が2万円未満の場合のみ3,000倍のレバレッジが利用可能です。

また、入金ボーナスなどのボーナスが適用されている場合は、最大レバレッジが制限されます。

そして、CFD取引はそもそも3,000倍のレバレッジで取引が行えません。

最大レバレッジが制限されている場合はこれらの理由が考えられますので、それぞれ内容を確認してみてください。

FBSのレバレッジまとめ

ここまでFBSのレバレッジについて解説を行ってきました。

ポイントをおさらいすると以下のとおりです。

  • FBSの最大レバレッジは3,000倍
  • FX業界でレバレッジ最大3,000倍はトップクラス
  • 3,000倍が利用できるのは口座残高2万円まで
  • CFDの最大レバレッジは平均もしくは低水準

文中でも紹介してきたようにFBSの最大レバレッジ3,000倍は大きな魅力のひとつといえるでしょう。

3,000倍のレバレッジが利用できるのは口座残高が2万円までと限定的ですが、50万円まで1,000倍という高水準のレバレッジで取引が可能です。

一方でデメリットとしてはCFDのレバレッジの低さがいえるでしょう。

人気銘柄である金(GOLD)や日経225のレバレッジは特に低く、FXとあわせてCFDも取引したいという方にはあまりFBSをおすすめできません。

一方、株式は銘柄数・最大レバレッジの高さともに海外FX業者の中ではトップクラスです。

これらの理由からCFDはあまり取引しないけど「FX」「株式」はよく取引するという方はFBSをおすすめします。

FBSについては以下の記事でより詳しく解説しています。

あわせて読みたい

FBS(エフビーエス)は2009年に設立した海外FX業者です。 最大3,000倍のレバレッジと豪華なキャンペーンが特徴で、日本人トレーダーからも知名度の高い大手業者[…]

blank