Home ユーザー登録 ツアー FX業者一覧 BO業者一覧 サービス アフィリエイト FAQ
FX関連の単語用語集
FXの基礎単語
FX(外国為替証拠金取引)
FX(Foreign exchange)は「外国為替証拠金取引」とも呼ばれ、証拠金を担保に通貨の売買を行う取引のことを指します。日本では1998年にスタート。 FXの大きな特徴として、レバレッジと呼ばれる倍率をかけることにより「少額で大きな額の取引」をすることができます。

レバレッジ
レバレッジ(leverage)とは「てこの作用」を意味し、FXで使われるレバレッジとは、てこの原理のように小さな力(少額)で大きなモノ(大きな金額)を動かす力を意味します。 つまり、少額で大きな金額の取引を行う仕組みのことをいい、またレバレッジは「○○倍」と表されます。海外FXはレバレッジ500倍といった大きなレバレッジを提供しています。 逆に低金利の通貨を買って高金利の通貨を打っているときは支払うことになります。

通貨ペア
2種類の通貨の組み合わせが「通貨ペア」であり、両通貨の間に「/」を入れて「米ドル/円」というように区切って表現します。 このスラッシュに対して左側を「基軸通貨」、右側を「決済通貨」と呼びます。 ある通貨ペアを買う場合とは「基軸通貨を決済通貨で買うこと」を意味します。 例えば、米ドル/円を買ったとすると、日本円で米ドルを買ったことを指します。逆に米ドル/円を売ったとなると、米ドルを売って日本円を買ったことになります。

証拠金
FX(外国為替証拠金取引)を行うには、FX口座に一定のお金を担保として預け入れます。この担保金が「証拠金」と呼ばれるものです。 証拠金は、取引代金とは別に取り扱われます。取引額全てのお金をやりとりするのではなく、取引で生じた損益分のみのお金をやりとりします。これを「差金決済」と言います。 FXは取引会社に預けている証拠金の数倍〜数百倍の取引が可能です。 たとえば、100万円の証拠金で10倍の取引が可能であれば、取引可能額が1,000万円ということになり、また、こうした取引をすることを『レバレッジ(てこ)』を効かせるといいます。

Ask(アスク)
買いレートのことを意味します。

Bid(ビッド)
売りレートのことを意味します。

スプレッド
スプレッド(spread)とは「広がり」という意味です。 買値(Ask)と売値(Bid)の差のことを指します。 海外FXではECNと呼ばれる超低スプレッドでの取引が体験できます。

スワップ(スワップ金利・スワップポイント)
スワップ(swap)とは「交換する」という意味です。 FXでは取引を行っている通貨間の金利差のことを指すことから「スワップ金利」とも呼ばれます。

スリッページ
スリッページとは、主に逆指値注文の約定時に生じる、指定したレートと実際に約定したレートとの差の事をいいます。

ロング
エントリー時の買いを意味します。

ショート
エントリー時の売りを意味します。

建て玉(ポジション)
売買を行った後、決済を行っていない通貨や数量等の状況の事。売っている状況を売建玉、買っている状況を買建玉と言います。

成り行き注文
買いたい(売りたい)値段を指定せず. 市場で形成される値段に任せる注文方法です。 しばしばスリッページなどで不利な約定価格になる可能性をはらんでいますが、ントリーしたいタイミングで無条件で約定できることがメリットです。

指値
希望価格を指定して注文を出すこと。買い注文であれば指値以下、売り注文であれば指値以上での約定となる。

逆指値
「逆指値注文」は、現在のレートより「価格が下がったら売る」「価格が上がったら買う」という指値注文とは逆の注文を出す方法です。

IFD注文
「IFD(イフダン)注文」は、一度に二つの注文を出し、最初の注文が約定したら二つめの注文が自動的に発動される注文方法です。

OCO注文
「OCO(オーシーオー)注文」は、一度に二つの注文を出して、高いレートになったら売り注文、安いレートになったら買い注文が約定されるという注文方法です。

オフクォート(リクォート)
FX会社側(ブローカー)に約定拒否がされ、注文が執行されなかった場合を指します。 海外FXでは、XEMarkets社のようにオフクォートなしで100%約定を保証している優秀な会社もございます。

カウントダウン方式
成り行き注文の際、指値、逆指値オーダーを同時に入れることのできない方式。 一度成り行き注文で建て玉を保有した後に、指値、逆指値を入れることが可能です。



FXの応用単語
NDD
NDDとは、ディーリングデスクがいないことをいいます。 カバー取引ともいいます。

ECN
ECNとは、FXブローカー、個人投資家、ファンド、リクイディティプロバイダー、銀行などあらゆるFX参加者同士が相互に注文を出し合って、 それらをマッチングする仕組みです。日本の株式取引を行ったことのある方にはなじみのある売買方式で極めて透明性の高い取引方法になります。 日本国内のFXではこの方式はまだ少ない現状ですが、海外FXの証券会社の多くはこの仕組みを取り入れています。

STP
投資家から受けた注文を直接、他のFXブローカーや銀行、LP等のカバー先へ注文を流します。Straight Through Processingの略称になります。

システムトレード
ある一定の決められたルールに従い粛々とトレードすること。

自動売買
コンピューターに、決められた売買ルールに基いて執行させること。 最近では後述するメタトレーダーというプラットフォームが自動売買ツールとして一般化しています。

MetaTrader(メタトレーダー)
MetaTraderはロシアのメタクォーツ社が開発した海外製のFXソフトウェアです。 その高機能かつ軽快な動作から、リリース直後から世界中のFX会社が採用、無料で手軽に自動売買を使えることから、今FXユーザーに最も認知されているソフトウェアになっています。

EA(Expert Advisers)
MetaTrader4に搭載されている自動売買機能のこと。 その言葉がトレーダーの間から派生して、しばしばEA=取引手法、 という言葉で使われるようになっています。

ミラートレード
EA、あるいはトレーダーの執行する売買シグナルをプラットフォームを立ち上げることなく自動売買できる画期的な仕組み。 TradencyやZuluTradeといった海外のFXシステム開発会社が代表的。



経済指標関連
FOMC(連邦公開市場委員会)
アメリカの中央銀行ともいうべきFRB(連邦準備制度理事会)の理事7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成されており、 アメリカの金融政策を決定する最高意思決定機関です。海外FXユーザーの間で最も注視すべき指標といえます。

米雇用統計
米労働省が毎月第一金曜日に発表する雇用に関する統計のこと。ニューヨーク時間で午前8時30分に発表され、日本時間では22時30分、 米国がサマータイムを導入している期間は日本時間21時30分となります。 FOMCに突いてFXユーザーにとっては重要な指標になります。

米・ISM製造業景況指数
米・ISM製造業景況指数とは. ISM(Institute for Supply Management:供給管理協会)が発表する製造業における景気転換の先行指標。

CGPI(企業物価指数)
企業間で取引される財(商品)の価格の変動を示す指数。国内企業物価指数・輸出物価指数・輸入物価指数で構成され、日本銀行が月次で公表しています。

CPI(消費者物価指数)
消費者段階における物価の変動を示す,最も代表的な物価指数。

PPI(生産者物価指数)
生産者の卸売り価格を指数化したものです。

日銀短観
日本銀行が3、6、9、12月に行なう上場企業や中小企業への業況調査のことです。

VIX指数
VIX指数とは、シカゴ・オプション取引所が作り出した「ボラティリティ・インデックス」の略称です。 VIXはS&P500を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表されており、このVIX指数は投資家心理を示す数値として利用されており、「恐怖指数」という別名が付けられています。



お勧めキャンペーン開催中
PivotMarketsの詳細ページへ
12月末までリベート2倍キャンペーン
	
MyfxMarketsの詳細ページへ
2017年お年玉キャンペーン
TradersTrustの詳細ページへ
$500プレゼントキャンペーン
XMの詳細ページへ
ワールドチャンピオンシップ開催中
アフィリエイト
CFDキャッシュバック
海外FX業者人気ランキングTop5!
キャッシュバック見積もり
リベート受取り方法
SSL証明書シール