【最新】XMで法人口座は開設できなくなりました!海外法人でも不可

XMでは法人口座を作成する事はできません。

中には法人口座を作成できないのは日本法人に関しての話であり、海外で設立した法人なら作成できるという話もありました。

真偽を確かめるために、XMサポートに問い合わせたところ、法人口座は海外であっても一切開設することはできないとのこと。

この記事では、XMで法人口座が本当に作成できないのかや、法人口座を作成するメリットについて解説していきます。

またXM以外でも良いから法人口座が作りたいという方はこちらをご覧ください。

それでは早速みていきましょう。

XMで法人口座は開設できない

XMで法人口座は使えない

冒頭でもお伝えしましたが、日本にある法人がXMで法人口座を作成することはできません。

XM公式サイトのよくある質問にも、その旨は書かれています。

XMの法人口座

日本で法人化している方がXMで法人化することはできないようですね。

海外法人であればXM法人口座を作成できる?

ネット上に、「海外法人であれば、XMで法人口座を開設することができる」と書いていた人がいたのでサポートに問い合わせてみました。

チャット履歴はこちら。

XM公式サポートのチャット履歴

日本国内であっても、海外であっても法人口座は開設できないようですね。

その他、わからないことがある方は、XMのサポートページの「よくある質問」をみたり、実際に問い合わせたりすることで解決するでしょう。

XMは過去に法人口座が使えた

XMの法人口座は過去に使えた

過去、XMでは法人口座を開設することができていました。

しかし、2018年あたりからXMは法人口座の開設を停止し、再開の予定もないようです

使い勝手のよく、多くのトレーダーから愛されているXMですが、法人口座を使えないという理由から他のFX会社に離れていくトレーダーも少なくありません。

そもそも法人口座を使うメリットとは何でしょうか?

下記で法人口座を使うメリットやデメリットについてみていきましょう。

法人口座・法人化のメリットデメリット

XMの法人口座を使うメリット

法人化して法人口座を利用するメリットは主に税金面で優遇されやすいことが代表的です。

しかしこれには一定以上の利益がないと、あまり意味がなかったり、法人を維持するためにかかる費用などのデメリットがあわせて存在します。

これらについて下記で詳細にみていきましょう。

海外FXで法人・法人口座を利用するメリット

海外FXで法人化して法人口座を利用するメリットは主に下記3つです。

  • 法人化した方が税率面で有利な場合がある
  • 法人の方が経費で落とせる幅が広い
  • 法人だと最長9年まで赤字繰越ができる

メリット3つについて、詳しくみていきましょう。

法人化した方が税率面で有利な場合がある

個人事業主として納税する場合と、法人として納税する場合ではそれぞれ算出される税率が違う場合があります。

所得が少ない状態では個人事業主として納税する方が納税額が安く、逆に所得が多い状態では法人の方が納税額が安くなるといえます。

具体的には年間所得が約1,000万円を超えてくると、法人の方が納税額が安くなってきます。

そのため、海外FXで大きな利益を出している方(出す予定の方)にとっては、法人成りして納税した方が、節税になるといえるでしょう。

下記表にて、個人事業主の場合と法人の場合での納税額の違いについて、年間所得を元に算出したので、参考にしてみてくださいね。

年間所得個人事業主で納税する額法人の場合で納税する額
100万円0円約29万円
500万円約75万円約121万円
1,000万円約233万円約271万円
2,000万円約674万円約647万円
3,000万円約1,207万円約1,024万円
5,000万円約2,271万円約1,776万円
1億円約5,069万円約3,658万円

また、個人事業主として海外FXでFX取引をする方でも最大限節税する方法について、下記記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

記事:「XMの税金の仕組みは国内FXと180度異なる!仕組みを理解し、節税しよう

法人の方が経費で落とせる幅が広い

個人事業主の場合、経費として申告できる範囲は「FX取引で必要と認められる範囲内」です。

しかし、法人の場合であればFX取引で得た利益を個人の口座へ「役員報酬」として支払うことにより、経費として落とすこともできます

加えて、会社の維持にかかる経費として家賃や光熱費等、経費として落とせる範囲は個人事業主とは比較にならないといえるでしょう。

このように経費として落とせる幅が広いことにより、節税できる額も大きく変わってきます。

先述した所得にかかる納税額と合わせて、自身が法人としてFX取引を行うべきかどうか検討しながら進めていくと良いでしょう。

法人だと最長9年まで赤字繰越ができる

海外FXにおいて、個人口座では赤字の繰越をすることはできません。(国内FXであれば最長3年まで繰り越すことができます。)

そのため、海外FXを始めた最初の年では損失の方が大きかったものの、次の年では利益が残った場合、納税する額は残った利益の全額分ということになります。

一方、海外FXで法人として取引した場合、最長9年まで赤字を繰越して、所得を低くすることが可能です。

このように法人であれば赤字繰越が可能な点も、節税面では非常に大きなポイントといえるでしょう。

海外FXの取引で大きな利益を出す方で、節税対策を万全にしたい方は、法人として海外FXの取引をすることをおすすめします。

では続いて、海外FXで法人口座を利用するデメリットについてもみていきましょう。

海外FXで法人口座を利用するデメリット

海外FXで法人口座を利用するデメリットは主に下記4つが挙げられます。

  • 法人を設立するための初期費用がかかる
  • 法人を維持するための費用がかかる
  • 含み損益も課税対象になる
  • 利益を自由に引き出せない

それぞれについて詳しくみていきましょう。

法人を設立するための初期費用がかかる

法人を設立するためには登記をする必要があり、その際におよそ20万円程度の初期費用がかかってしまいます。(合同会社の場合は約6万円程度)

資本金などは、極論1円からでも問題ありませんが、法人作成の際に登録免許税などを支払う必要があり、どうしても初期費用はかかってしまうのです。

そのため、資金力に自信があり、かつ大きな利益を見込める方でない限りは法人化するのはやめておいた方が無難です。

法人を維持するための費用がかかる

法人として会社を建てた後でも、それを維持するためにお金がかかります。

代表的なものでいうと、法人住民税で年間に約7万円の費用が発生します。(資本金が1,000万円以上の場合は18万円。)

そのため、法人を設立した後でも維持費用が発生するため、海外FX取引の利益で維持費が気にならない程度の利益を上げていない限りは、法人化しない方が無難といえます。

含み損益も課税対象になる

含み損益も課税対象になってしまうのは、法人化の大きなデメリットといえるでしょう。

個人事業主として海外FXで取引をしている場合は、含み益が発生しているポジションを確定させない限り、「所得」として見なされることはありません。

一方で法人の場合は、含み益のでているポジションを持っている状態でも課税対象となってしまいます。

含み損益を計上しなくてはならないのは、単純に利益計上が複雑になるだけでなく、節税面の難しさなどもあるため、税理士などを雇った方が良いでしょう。

加えて税理士を雇うのにも費用が発生するため、法人として海外FXで取引をしていくのは難易度がかなり高いといえます。

利益を自由に引き出せない

法人として利益を出している以上、会社のお金を自由に使うことはできません。

「役員報酬」として自身の個人口座に送金することができますが、役員報酬として払う金額を変更できるのは事業開始日から3ヶ月以内と決められています。

そのため、取引がうまくいって利益がたくさん出たから役員報酬を多めに払う、といった行為は行いづらいといえます。

一応、決めた役員報酬以上の額を個人口座へ払うこともできますが、はじめに規定した役員報酬額より多い金額については、損金不算入となってしまい経費として落とすことはできません。

このように法人として節税できるメリットがある一方で、節税するためにかかる費用や利益を自由に使用できないデメリットもあります。

デメリットは主に金額面についてなので、よほど大きな利益を出す見込みがあり、法人化によるデメリットが気にならない方は法人化して海外FXを始めても良いといえますね。

また上述した通り、XMには法人口座がありません。

そこで法人口座を開設できるおすすめの海外FX業者を2つ、下記で紹介していきます。

海外FXで法人口座を利用したい人におすすめの海外FX業者2選

XMTradingでは法人口座の開設はできませんが、他の海外FX業者ならできるところもあります。

海外FXで法人口座を利用したい人におすすめの海外FX業者は下記2つです。

どちらの海外FX業者も海外FXの中では、有名なため名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

GEMFOREXとFXGTが法人口座を開設できることに加えて、なぜおすすめなのかについても紹介していきます。

ボーナスキャンペーンが豪華なGEMFOREX

法人口座が開設できるGEMFOREXがおすすめの理由は下記の通りです。

  • 法人口座でも口座開設ボーナスなど、豪華なキャンペーンを受け取ることが可能
  • 入金ボーナスの上限額が500万円と非常に高く、法人の大口トレードでも大きな恩恵を受けられる

GEMFROEXでは口座開設だけで、数千円〜1万円分のボーナスをもらえるキャンペーンを開催しています。

加えて個人口座とスペックも変わらないことから、FX取引で不利になることもないといえるでしょう。

個人口座とスペックが変わらないことから、証拠金が200万円以上を超えてもレバレッジ500倍でFX取引が可能です。

法人としてFX取引を始める際に、少しでも多い資金で取引をスタートさせたい方やレバレッジをかけて大きなポジションを持つFX取引をしたい方にGEMFOREXはおすすめです。

GEMFOREXで口座開設するにはこちら

仮想通貨取引もできるFXGT

FXGTも法人口座を開設できる海外FX業者の一つです。GEMFOREXとは一味違った特徴を持つ海外FX業者なので、合わせてチェックしておきましょう。

FXGTの主な特徴は下記の通りです。

  • 仮想通貨の取引が、最大レバレッジ1000倍でできる数少ない海外FX業者の1つ
  • 上限120万円の入金ボーナスがあるため、高額入金をする法人に大きなメリットがある

FXGTは仮想通貨FXの取引が可能な数少ない海外FX業者の一つのため、仮想通貨FXも合わせて取引したいと考えている方におすすめといえます。

またレバレッジも最大1,000倍までかけることができるため、少ない資金でも大きなポジションを持つことが可能です。

「仮想通貨FXで取引をしたい」「資金が少ないけど、大きな取引をしたい」という方はFXGTでFX取引を開始してみてはいかがでしょうか。

FXGTで口座開設するにはこちら

まとめ

ここまでXMでは法人口座が開設できないことと、法人化して海外FXを行うメリットデメリット、法人口座が作れる海外FX業者について紹介してきました。

総合して、大半の方にとっては法人化するメリットはあまりないといえるでしょう。

そのため、海外FX業者の中でも特に信頼性の高いXMで取引を開始するのがおすすめです。

またXMでは、口座開設だけで3,000円分のボーナスがもらえる無料口座開設キャンペーンなども開催しています。

さらに仮想通貨CFDの取引も開始したことで、取引の幅は格段に広くなりました。

法人として海外FX取引を始める方も、一度XMについてチェックしておくと良いでしょう。

XMの評判について知りたい方は、下記記事を参考にしてみてくださいね。

参考:「XM評判検証! | 口コミから分かったメリット・デメリットとは

XM公式サイトはこちら

一方で法人口座を開設してFX取引を始めたい方は「GEMFOREX」か「FXGT」がおすすめです。

「口座開設ボーナスや入金ボーナスを利用して、少しでも多くの資金から取引を始めたい!」と考えている方は、GEMFOREXを利用すると良いでしょう。

GEMFOREXで無料口座開設するにはこちら

一方で、「仮想通貨も合わせて取引していきたい」と考えている方はFXGTがおすすめです。

FXGTで無料口座開設するにはこちら

法人口座で取引を始めるのかや、自分にあった海外FX業者はどこかについて検討したうえで、自分に合った海外FX業者を選択しましょう。

まだ、迷っていますか??

あなたはFX口座に何を求めますか??

もしあなたが優秀な取引環境を求めるなら、XMで始めるべきです。888倍のレバレッジとゼロカットシステム、金融ライセンスと顧客資金管理においてXMの右にでる海外FX会社はありません。

まずは口座開設ボーナス3000円で、XMの取引環境を体感して下さい。

入金不要・無料で取引できます。

100万人以上の日本人が登録する、最大手FXブローカーXMではじめましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

TwitterでXMや海外FXの最新情報を受け取ろう

XMが選ばれる3つの理由
XMの評判について
評判が良い
XMの評判・口コミは良く、9年の運営歴、金融ライセンスなどの安全性に対する評価はダントツです。
XMのボーナス
ボーナスが豪華
3000円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナス等の制度が充実!!少額でも問題なく投資できます。
888倍のレバレッジ
XMの一番の特徴は最大888倍のレバレッジ。海外FX会社の中でも破格のレバレッジを提供しています。