XMのゼロ口座(Zero口座)の手数料とスプレッド一覧。デメリットまで徹底解説

XMにはスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座・KIWAMI極口座の3つの口座タイプがあります。

この記事では、ゼロ口座に絞って以下の内容を徹底解説。

  • XMゼロ口座とは?
  • XMゼロ口座の特徴
  • XMゼロ口座のスプレッド
  • XMゼロ口座と他口座との比較
  • XMゼロ口座の使い道・始め方
  • XMゼロ口座のメリット&デメリット

結論から言えば、ゼロ口座はスタンダード口座よりスプレッドが狭く、スキャルピングやロット数の多い取引をしたい人向きです。

ただし、ゼロ口座は入金ボーナス対象外なので、XMのスタンダード口座とゼロ口座、それぞれのメリットを活かしながら併用することもオススメします。

ゼロ口座についてすぐ知りたい方はこちら(XM公式サイト)から確認できます。

今回は、XMゼロ口座歴6年の管理人の経験を元に、ゼロ口座の実態に鋭く迫ります。

ゼロ口座を検討中の人は、ぜひご参考くださいませ。

では、XMのゼロ口座を詳しく見ていきましょう。

目次

ゼロ口座とは?5つの特徴

XMのゼロ口座とは、XMの4つの口座タイプの中で、最もスプレッドの狭い口座タイプです。

ゼロ口座は、スプレッドの狭さというメリットがある一方で、デメリットもあります。

ゼロ口座のメリット・デメリットの両面を、以下の5つの特徴から見ていきましょう。

狭いスプレッドで取引ができる

XMゼロ口座の特徴を表す画像

XMゼロ口座の最大のメリットは、スプレッドの狭さです。

ゼロ口座のスプレッドは、取引手数料を含めた実質スプレッドで計算した場合、スタンダード口座の6〜7割程度のスプレッドとなります。

スキャルピングなど取引回数をこなすトレーダーにとって、ゼロ口座のスプレッドの狭さは大きなメリットとなるでしょう。

ただし、ゼロ口座でスプレッドが狭くなるのは為替FXとゴールド・シルバーのみ。

他CFD商品(仮想通貨以外)での取引は可能ですが、スプレッドはスタンダード口座と同じ。

XMゼロ口座は、為替FX・ゴールド・シルバー限定で活用する口座となります。

別途手数料がかかる

XMゼロ口座では、スプレッドと別途で「取引手数料」がかかります。

XM公式サイトでは「取引手数料は10万ドルの取引に対して片道5ドル」となっていますが、これは通貨単位がドルだった場合の話。

ゼロ口座の取引手数料は、正確には「10万通貨の取引に対して片道5通貨(往復10通貨)」です。

取引する通貨ペアの左側の通貨が、手数料計算の軸(通貨単位)となります。

例を挙げてみましょう。

  • USD/JPYの場合、10万ドルの取引に対して往復10ドルの取引手数料
  • EUR/USDの場合、10万ユーロの取引に対して往復10ユーロの取引手数料
  • GBP/USDの場合、10万ポンドの取引に対して往復10ポンドの取引手数料

上記のように、取引手数料はいつも10ドルになるわけではないのでご注意を。

1ユーロ140円のEUR/USDで10万ユーロ(=1ロット)取引すれば、10ユーロ1,400円の取引手数料が必要となります。

pips数で言えば、1ロット(10万通貨)の取引に対して、1pips分の取引手数料が必要とお考えください。

入金ボーナスやロイヤルティプログラムは利用不可

XMゼロ口座は入金ボーナスの対象外で、ロイヤルティプログラム(XMポイント)も利用不可です。

ゼロ口座でもらえるボーナスは口座開設ボーナス3,000円のみ。

入金ボーナスやXMポイントが対象外なのは、ゼロ口座のデメリットと言えます。

スプレッドが狭くなっている分、ボーナス待遇がスタンダード口座より劣るわけですね。

入金ボーナスによって初期資金を増やしたい人や、取引ごとに貯まるXMポイントを利用したい人は、スタンダード口座をオススメします。

仮想通貨CFDの取引ができない

XMゼロ口座では、仮想通貨CFDの取引ができないので、仮想通貨トレードをしたい人はスタンダード口座を選びましょう。

XMゼロ口座では、仮想通貨以外のCFDの取引はできますが、スプレッドはスタンダード口座と同じです。

XMゼロ口座での取引可能な商品・スプレッドを整理した表がこちら。

商品名スプレッドが
スタンダード口座より狭い
スプレッドが
スタンダード口座と同じ
為替FX-
貴金属(ゴールド・シルバー)-
貴金属(パラジウム・プラチナ)-
エネルギー-
商品先物-
株価指数現物・先物-
仮想通貨CFD--

仮想通貨でスプレッドの狭い取引をしたい人にとって、XMのゼロ口座で仮想通貨の取扱いが無いのは残念ですね。

ゼロ口座の最大レバレッジは500倍

XMゼロ口座の最大レバレッジは500倍となっています。

最大レバレッジ1000倍が利用できるのは、スタンダード口座・マイクロ口座のみとなっているのでご注意ください。

XMで少額資金からハイレバレッジ取引したい人は、スタンダード口座をオススメします。

XM公式でゼロ口座の詳細を見る >>

ゼロ口座のスプレッド一覧

では、XMゼロ口座のスプレッド一覧を見てみましょう。

実態に近いスプレッドを算出するため、2022年11月1日時点のリアルタイムスプレッドで計測した平均スプレッド値です。

為替FX(メジャー)
通貨ペアスプレッド(pips)
AUD/USD0.3
EUR/CHF0.8
EUR/GBP0.1
EUR/USD0.2
GBP/USD0.1
NZD/USD0.9
USD/CAD0.7
USD/CHF0.4
USD/JPY0.0
為替FX(クロス円)
通貨ペアスプレッド(pips)
AUD/JPY1.1
CAD/JPY1.3
CHF/JPY0.9
EUR/JPY0.2
GBP/JPY0.7
NZD/JPY1.9
SDG/JPY14.7
為替FX(マイナー・エキゾチック)
通貨ペアスプレッド(pips)
AUD/CAD0.9
AUD/CHF1.0
AUD/NZD1.6
CAD/CHF1.7
CHF/SGD22.7
EUR/AUD0.7
EUR/CAD0.5
EUR/HUF62.8
EUR/NZD1.5
EUR/PLN39.8
EUR/SEK53.5
EUR/SGD8.5
EUR/TRY140.0
EUR/ZAR160.0
EURDKK22.0
EURHKD20.7
EURNOK101.0
GBP/AUD1.2
GBP/CAD1.5
GBP/CHF1.3
GBP/DKK79.5
GBP/NOK140.0
GBP/NZD2.5
GBP/SEK66.0
GBP/SGD12.5
NZD/CAD1.4
NZD/CHF2.5
NZD/SGD19.4
USD/DKK17.3
USD/HKD1.3
USD/HUF49.5
USD/MXN158.0
USD/NOK78.5
USD/PLN21.0
USD/SEK42.5
USD/SGD15.1
USD/TRY180.0
USD/ZAR14.4
ゴールド・シルバー
通貨ペアスプレッド(pips)
GOLD1.8
SILVER2.2

上表の補足を3点お伝えします。

  • ①1.0pipsを加算した値が「実質スプレッド」となる
  • ②EUR/RUBとUSD/RUBは、市場の流動性低下のため取引停止中
  • ③USD/CNH(ドルオフショア人民元)は、ゼロ口座のみ取扱無し

ゼロ口座の開設はこちら >>

XMのゼロ口座と他の口座を比較

続いて、XMのゼロ口座と他口座を比較してみましょう。

比較項目マイクロ口座スタンダード口座KIWAMI極口座ゼロ口座
通貨単位1ロット=1000通貨1ロット=10万通貨
最大レバレッジ1000倍500倍
取引手数料無料往復10ドル(1pips)
スプレッドUSD/JPY:1.6pips
EUR/JPY:2.1pips
GBP/JPY:3.4pips
EUR/USD:1.6pips
USD/JPY:0.7pips
EUR/JPY:1.2pips
GBP/JPY:1.4pips
EUR/USD:0.7pips
USD/JPY:0.1pips
EUR/JPY:0.2pips
GBP/JPY:0.7pips
EUR/USD:0.2pips
取扱商品全銘柄仮想通貨CFD以外の銘柄
(スプレッドが狭いのは為替FX・ゴールド・シルバーのみ)
取引最小ロットMT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット
1ポジションの最大ロット100ロット50ロット
最大保有ポジション数200200
最低入金額5ドル
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスありなし
ロイヤルティプログラムありなし

XMゼロ口座の特徴を整理すると、以下の通り。

XMのゼロ口座の特徴
  • ①スプレッドが狭い
  • ②取引手数料が1.0pipsかかる
  • ③レバレッジが500倍
  • ④仮想通貨CFDが取引不可
  • ⑤XMのボーナスの中でもらえるのは口座開設ボーナス3000円のみ

スプレッド重視ならゼロ口座、ボーナス・レバレッジ・仮想通貨CFDを重視するならスタンダード口座が有利と言えそうですね。

XMで開催しているボーナスの詳細はこちら >>

参考:XMの口座タイプおすすめはどれ?3つの違いを比較しながら解説

XMのゼロ口座と他社のECN口座を比較

続いて、XMのゼロ口座と、有力他社のECN口座(スプレッドの狭い口座)のスプレッドを比較します。

「スプレッド」「取引手数料」「実質スプレッド(スプレッド+取引手数料)」の3項目で比較した表がこちら。

スプレッド
通貨ペア(pips)XMゼロ口座TitanFXブレード口座AXIORYナノ・テラ口座FXGTECN口座LAND-FXECN口座BIGBOSSプロスプレッド口座
USD/JPY00.50.60.50.60.7
EUR/JPY0.20.50.30.80.80.5
GBP/JPY0.71.61.21.71.11.4
AUD/JPY1.110.81.30.81.3
EUR/USD0.20.30.30.30.30.5
EUR/GBP0.10.20.30.60.80.6
GBP/USD0.10.50.50.90.61
主要7通貨ペア平均0.30.70.60.90.70.9
取引手数料
通貨ペア(pips)XMゼロ口座TitanFXブレード口座AXIORYナノ・テラ口座FXGTECN口座LAND-FXECN口座BIGBOSSプロスプレッド口座
取引手数料10.70.610.60.9
実質スプレッド
通貨ペア(pips)XMゼロ口座TitanFXブレード口座AXIORYナノ・テラ口座FXGTECN口座LAND-FXECN口座BIGBOSSプロスプレッド口座
USD/JPY11.21.21.51.21.6
EUR/JPY1.21.20.91.81.41.4
GBP/JPY1.72.31.82.71.72.3
AUD/JPY2.11.71.42.31.42.2
EUR/USD1.210.91.30.91.4
EUR/GBP1.10.90.91.61.41.5
GBP/USD1.11.21.11.91.21.9
主要7通貨ペア平均1.31.41.21.91.31.8

XMゼロ口座は単純スプレッドでは、他社より狭いスプレッドとなっています。

ただし、取引手数料が1.0pipsと高く、「スプレッド+取引手数料」の実質スプレッドで見ると、スプレッド特化型のAXIORYよりスプレッドは広い状況。

しかし主要海外FX業界で見れば、XMゼロ口座の実質スプレッドは狭い水準にあり、及第点と言えるでしょう。

参考:XMのスプレッド一覧!本当に広すぎなのか他社と比較して検証

取引手数料が高いとスキャルピングが難しい

一般的に、スプレッドと取引手数料が高いECN口座では、スキャルピングが難しいとされています。

スプレッド・取引手数料のコストが高いと、取引回数の多いスキャルピングでは負担が大きくなるからです。

FXGTやBigBossのように、スプレッドと取引手数料の両方が高い水準の場合、実質スプレッドも広くなるので、スキャルピングには不向きと言わざるを得ないでしょう。

ただしXMゼロ口座の場合、取引手数料は1.0pipsと高い水準ながら、取引手数料の高さを補うだけのスプレッドの狭さがあります。

XMゼロ口座のスプレッドは近年、他社と比較しても互角以上の狭さに改善。

管理人は6年間、XMゼロ口座を愛用していますが、現在のゼロ口座のスプレッドの狭さは大いに満足できるレベルです。

実質スプレッドで比較すると、さすがにスプレッド特化型のAXIORYには劣るものの、有力業者との比較で見れば、十分なスプレッドの狭さと言えるでしょう。

XMゼロ口座がスキャルピング向きと言えるメリット 2つ

また、XMゼロ口座のメリットに「約定力の高さ」と「ストップレベルゼロ」も挙げられます。

XMゼロ口座を長年使っていても、ゼロ口座でのスリップはほぼ皆無。約定力が抜群に高いので快適です。

また、指値・逆指値注文(利確・損切り)で離さないといけない値幅「ストップレベル」もゼロなので、スキャルピング向きの取引環境。

及第点のスプレッドの狭さ・約定力の高さ・ストップレベルゼロという3点を鑑みると、XMゼロ口座はスキャルピングにも向いていると言えるでしょう。

ゼロ口座の使い道

ここでは、XMゼロ口座の使い道を検証します。

結論から言えば、XMゼロ口座の使い道は以下の5つです。

XMのゼロ口座の使い道
  • ①スプレッドの狭い通貨ペアでの取引
  • ②多ロットでの取引
  • ③スキャルピング取引
  • ④ゴールド取引
  • ⑤自動売買EA

①スプレッドの狭い通貨ペアでの取引

XMゼロ口座の使い道として、スプレッドの狭い通貨ペアでの取引があります。

これは単純なスプレッド値ではなく、「スタンダード口座に対して何%のスプレッドか」を見て、スプレッドの狭まり率がお得な通貨ペアを狙うのがオススメ。

ゼロ口座とスタンダード口座のスプレッド比較と、「ゼロ口座のスプレッドの、スタンダード口座に対しての比率」を示したものが下表です。

通貨ペア別スプレッド(pips)スタンダード口座ゼロ口座スプレッド比(対スタンダード口座)
USD/JPY1.6163%
EUR/JPY2.41.250%
GBP/JPY3.11.755%
AUD/JPY3.32.164%
EUR/USD1.91.263%
EUR/GBP1.91.158%
GBP/USD2.21.150%
主要7通貨ペア平均2.31.357%

スプレッドの狭いゼロ口座だけあって、主要全通貨ペアでスタンダード口座より狭いスプレッドになっています。

ここで注目して頂きたいのが「スプレッド比率(対スタンダード口座)」。

スプレッド比率が低いほど、ゼロ口座のスプレッドの狭さがお得ということになります。

例えば、EUR/JPYやGBP/USDなら「50%」なので、ゼロ口座のスプレッドはスタンダード口座の半分の狭さ。

「スプレッドの狭まり率」から見ても、EUR/JPYやGBP/USDはゼロ口座のスプレッドがかなりお得なことが分かりますね。

GBP/JPYやEUR/GBPも、対スタンダード口座のスプレッド比率50%台なのでゼロ口座で使いたい通貨ペア。

また、USD/JPYは、主要他社との比較でXMゼロ口座が最も実質スプレッドが狭いため、こちらもオススメしたい通貨ペアです。

②多ロットでの取引

多ロットでの取引時だけ、ゼロ口座を使うのもオススメの使い道。

取引ロット数が多いと、スプレッドも多くかかってきます。

その際にゼロ口座を活用すれば、スプレッドコストを最小限に抑えることが可能。

ロット数が多くなるとスプレッドの影響も大きくなるので、小ロットならスタンダード口座、多ロットならゼロ口座、とロット数に応じて使い分けるのもオススメですね。

③スキャルピング取引

XMゼロ口座は、海外FX業界で見ても比較的狭いスプレッドとなっており、スキャルピングにも向いています。

XMのゼロ口座はスリップもほぼ無く約定力が高いうえ、ストップレベルもゼロなので、短期スキャルピングがしやすい取引環境です。

スプレッドの狭さ・約定力・ストップレベルの3点を満たすXMのゼロ口座なら、快適にスキャルピングできる可能性は高いでしょう。

④ゴールド取引

XMと有力他社との、ゴールドのスプレッド比較表がこちら。

スプレッド(pips)XMスタンダード口座TitanFXスタンダード口座GEMFOREXオールインワン口座FXGTスタンダード口座XMゼロ口座
ゴールド3.32.83.53.61.8

XMのゴールドのスプレッドは、スタンダード口座では平均レベルですが、ゼロ口座であれば1.8pipsと、十分に狭いスプレッドになっています。

ゴールドはXMでも人気商品なので、XMでのゴールド取引を考えている人も多いのではないでしょうか。

中長期的にXMでゴールド取引するなら、ゼロ口座がオススメです。

「ゼロ口座=ゴールド用口座」と割り切った使い方をするのも一手。

スタンダード口座でボーナスをもらいゴールドで資金を増やした後、ゼロ口座の狭いスプレッドで有利にゴールド取引するのもオススメかもしれません。

⑤自動売買EA

XMゼロ口座は、スプレッドが狭くストップレベルもゼロなので、自動売買EAと相性が良いのも特徴。

自動売買EAの中には、スキャルピングによって小さな利益を積み重ねるEAも多いですよね。

スキャルピング系EAの場合、スプレッドの狭さとともにストップレベルも重要。

ストップレベルが広いと、スキャルピングEAだと正常稼働しないこともあります。

しかし、XMのゼロ口座ならストップレベルゼロなので、利確・損切りの値幅も気にせず自動売買できる点がメリットです。

特にスキャルピング系EAを使いたい人は、ゼロ口座をオススメしますよ。

ゼロ口座の開設はこちら >>

取引手数料の確認方法

XMゼロ口座の取引手数料の確認方法を、3つ見ておきましょう。

パソコン版での確認方法

パソコンでXMゼロ口座の取引手数料を確認する方法

ゼロ口座の取引手数料をパソコン版で確認するには、チャート下部の「取引」タブを選択します。

現在の保有ポジション欄に表示される「手数料」が、ゼロ口座の取引手数料です。

スマホ版での確認方法

スマホでXMゼロ口座の取引手数料を確認する方法
ゼロ口座の取引手数料をスマホ版で確認するには、スマホ画面左上、「気配値」横のメニューバーをタップします。

スマホでXMゼロ口座の取引手数料を確認する方法

メニューの中から「トレード」を選択。

スマホでXMゼロ口座の取引手数料を確認する方法

すると、保有中のポジションが表示されるので、ロングタップ。

スマホでXMゼロ口座の取引手数料を確認する方法

ここで表示される「手数料」が、ゼロ口座の取引手数料です。

取引履歴での確認方法

スマホでXMゼロ口座の取引手数料を確認する方法
ゼロ口座の取引手数料は、取引履歴からも確認可能。

「口座履歴」タブを選択後、右クリックから「手数料」をクリックすると、取引手数料が表示されます。

ゼロ口座の始め方

次は、XMゼロ口座の始め方を見ていきましょう。

まだXMで1度も口座開設したことがない人は、こちらを参考に口座開設して頂ければ幸いです。

XMの口座開設方法をデバイス別画像付きでわかりやすく解説!【PC/スマホ対応】

口座開設をして取引ツールをインストールしたらゼロ口座での取引に移ります。

パソコンで始める方法

パソコンでゼロ口座を始める方法として、まずゼロ口座専用の通貨ペアをMT4(MT5)に表示させる必要があります。

ゼロ口座は、通貨ペアの後ろに「.(ドット)」が付いているのですが、最初は表示されていない状態。

パソコンでゼロ口座を始める方法

まず、MT4チャートの「気配値表示」の上でマウスを右クリック後、「すべて表示」を選択。

パソコンでゼロ口座を始める方法

すると、通貨ペアの後ろに「.(ドット)」の付いた、ゼロ口座専用の通貨ペア一覧が出てきます。

パソコンでゼロ口座を始める方法

あとは「気配値表示」の上でマウス右クリック→「チャート表示」をクリックすれば、ゼロ口座用のチャート表示は完了です。

パソコンでのゼロ口座の始め方は、もう1つあります。

パソコンでゼロ口座を始める方法

チャート上部「表示」→「通貨ペアリスト」を選択して、ゼロ口座専用の通貨ペア一覧を表示。

パソコンでゼロ口座を始める方法

通貨ペアをダブルクリックして、アイコンが黄色になったらOKです。最後に「閉じる」をクリック。

パソコンでゼロ口座を始める方法

「ファイル」→「新規チャート」とクリックすると、先ほど追加した追加ペアが表示されるので、選択すれば新規チャート表示されて、ゼロ口座の取引を開始できます。

スマホで始める方法

スマホでゼロ口座を始める方法も、パソコンと同様。

ゼロ口座専用の「.(ドット)」の付いた通貨ペアを表示させる必要があります。

スマホでゼロ口座を始める方法

気配値表示画面の右上「+」をタップ。

スマホでゼロ口座を始める方法

「シンボルを追加」画面になるので、追加したい通貨ペア群をタップしてください。

為替FXなら「Forex2 ZR」を選択。

スマホでゼロ口座を始める方法

追加したい通貨ペアをタップ。

スマホでゼロ口座を始める方法

これで「.(ドット)」付きのゼロ口座用の通貨ペアが追加表示。

スマホでゼロ口座を始める方法

通貨ペアをロングタップすると、新規注文・チャート表示に移り、取引開始となります。

以上が、XMゼロ口座のスマホでの始め方です。

まとめ:XMのゼロ口座のメリット・デメリット

XMのゼロ口座のメリット
  • スタンダード口座よりスプレッドが狭い
  • 他の海外FX業者ECN口座と比較しても、実質スプレッドは平均より狭い
  • 約定力も高くストップレベルゼロなのでスキャルピング向き
  • スキャルピング系の自動売買EAと相性が良い
  • 多ロット取引、ゴールド取引にも向いている
XMのゼロ口座のデメリット
  • 取引手数料は1.0pipsと高め
  • 入金ボーナス・XMポイントは対象外
  • 仮想通貨CFDは取引不可
  • 為替FX・ゴールド・シルバー以外はスタンダード口座と同スプレッド
  • 最大レバレッジは500倍

上記のメリット・デメリットを鑑みると、XMゼロ口座は、以下のような人に向いているでしょう。

  • ボーナスより取引ごとのスプレッドを重視したい人
  • スキャルピング取引がメインの人
  • スプレッドを抑えて自動売買EAを使いたい人
  • ゴールドなど特定通貨ペアのみ、狭いスプレッドで取引したい人

まずスタンダード口座を使って入金ボーナスやXMポイントを稼ぎ、資金に余裕が出た時点で、スプレッドの狭いゼロへ移行するのもオススメですよ。

XMでは8つまで複数口座を持てるので、スタンダード口座とゼロ口座の両方を開設し、状況に応じて口座を使い分けるのもアリでしょう。

参考:XMはスタンダード口座から始めよ!スプレッド一覧と特徴を徹底解説

XMTradingゼロ口座のよくある質問

XMゼロ口座に関してのよくある質問をまとめたので、ゼロ口座で不明点が出た際に、ぜひご活用ください。

ゼロ口座の手数料の仕組み・計算方法を教えてください

XMゼロ口座の取引手数料は、「10万通貨の取引に対して往復10通貨」かかります。

取引手数料の「10通貨」は、通貨ペアの左側の通貨を単位にしてください。

計算式は「ロット数×10通貨×日本円換算レート」です。

例として、「1ポンド=160円のGBP/JPYを0.5ロット取引した場合」の取引手数料を計算してみましょう。

左側の通貨、つまりGBPを通貨単位にして、「0.5ロット×10ポンド×160円=800円」という計算になり、取引手数料は800円と算出できます。

取引手数料の計算式を「ロット数×10(通貨ペアの左側の通貨の単位)×日本円換算レート」と覚えておくと簡単に計算できるでしょう。

デメリットはありますか?

XMゼロ口座のデメリットは以下3点です。

  • ①入金ボーナス・XMポイントの対象外
  • ②最大レバレッジが500倍(他口座は1000倍)
  • ③仮想通貨CFDが取引不可

ゴールドの取引はできますか?

はい、ゼロ口座でゴールドの取引は可能です。

ボーナスは利用できますか?

ゼロ口座では、口座開設ボーナス3,000円は受け取れますが、入金ボーナスとXMポイントは利用できません。

スキャルピングに向いていますか?

XMゼロ口座は、「スプレッドの狭さ」「約定力の高さ」「ストップレベルゼロ」を備えているので、スキャルピング向きと言えるでしょう。

取引手数料は経費になりますか?

はい、ゼロ口座の取引手数料は経費になります。

取引手数料は確定申告で経費計上が可能です。

ただしスプレッドは経費計上できないので、ご注意ください。

取引できる通貨ペアは同じですか?

ゼロ口座で取引できる通貨ペアは、USD/CNH以外はスタンダード口座・マイクロ口座と同じです。

USD/CNHは、ゼロ口座のみ取引できません。

ゼロ口座で取引できないのはなぜですか?

ゼロ口座は取引開始前に、ゼロ口座専用の通貨ペアチャートを表示させる必要があるためです。

ゼロ口座が取引できない時にやること

MT4(MT5)の気配値表示を右クリックし「すべて表示」を選択することで、通貨ペアの後ろに「.(ドット)」の付いたゼロ口座専用の通貨ペアが表示され、取引開始できます。

他の理由で取引ができない場合はXM公式のサポートに連絡をしてみましょう。

ゼロ口座のデモ取引は可能ですか?

はい、ゼロ口座のデモ取引は可能です。

ゼロ口座のデモ口座開設手順の画像

XMサイトトップより「デモ口座開設」を選択後、「取引口座詳細」の口座タイプ欄で「Zero」を選択すれば、ゼロ口座のデモ取引ができます。

ゼロ口座もゼロカットは適用されますか?

はい、XM(エックスエム)のZERO口座もゼロカットシステムの対象です。

口座残高がマイナスになった場合でも追加証拠金を入金する必要はありませんのでご安心ください。

XMのゼロカットシステムについては以下の記事でより詳しく解説しています。

参考:XMでゼロカットされないケースとゼロカットのタイミングを解説

まだ、迷っていますか??

あなたはFX口座に何を求めますか??

もしあなたが優秀な取引環境を求めるなら、XMで始めるべきです。888倍のレバレッジとゼロカットシステム、金融ライセンスと顧客資金管理においてXMの右にでる海外FX会社はありません。

まずは口座開設ボーナス3000円で、XMの取引環境を体感して下さい。

入金不要・無料で取引できます。

100万人以上の日本人が登録する、最大手FXブローカーXMではじめましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

TwitterでXMや海外FXの最新情報を受け取ろう

XMが選ばれる3つの理由
XMの評判について
評判が良い
XMの評判・口コミは良く、9年の運営歴、金融ライセンスなどの安全性に対する評価はダントツです。
XMのボーナス
ボーナスが豪華
3000円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナス等の制度が充実!!少額でも問題なく投資できます。
888倍のレバレッジ
XMの一番の特徴は最大888倍のレバレッジ。海外FX会社の中でも破格のレバレッジを提供しています。