XMはスタンダード口座から始めよ!スプレッド一覧と特徴を徹底解説

XMでは、スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座の3つの口座タイプを選べます。

最大レバレッジ1000倍、全ボーナス受け取り可能なスタンダード口座は、XMユーザーの約8割が口座開設している、最も人気の口座タイプです。

今回は、XMスタンダード口座について、ゼロ口座・マイクロ口座との違いを比較し、徹底解説します。

  • XMスタンダード口座の特徴・メリット
  • XMスタンダード口座と他口座の違いを比較
  • XMスタンダード口座のスプレッド一覧
  • XMスタンダード口座のロット計算・必要証拠金の計算
  • XMスタンダード口座の口座開設手順

結論、XMで口座開設するなら断然スタンダード口座がオススメです。

ゼロ口座と違い、入金100%ボーナスやXMポイントによるボーナスが付与され、かつ最大レバレッジ1000倍でトレードできる点は、スタンダード口座の大きな魅力。

スタンダード口座との違いを理解した上で、スプレッドの狭いゼロ口座を併用するのもアリでしょう。

では、XMスタンダード口座について、ゼロ口座・マイクロ口座や他社との違いを比較検証していきましょう。

これからスタンダード口座を開設する方はこちら(XM公式サイト)>>

目次

XMのスタンダード口座の特徴・メリット

項目スタンダード口座
通貨単位1ロット=10万通貨
最大レバレッジ1000倍
取引手数料無料
スプレッドUSD/JPY:1.6pips
EUR/JPY:2.1pips
GBP/JPY:3.4pips
取扱商品為替FX
仮想通貨CFD
貴金属CFD
エネルギーCFD
商品先物CFD
株価指数現物CFD
株価指数先物CFD
取引最小ロット0.01ロット
1ポジションの最大ロット50ロット
最大保有ポジション数200
最低入金額5ドル
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスあり
ロイヤルティプログラム
(XMポイント)
あり

上表は、XMスタンダード口座の取引条件の一覧表です。

ここではマイクロ口座・ゼロ口座との違いや、他業者との違いにも注目しながら、XMスタンダード口座のメリットを見ていきましょう。

メリット①最大レバレッジ1000倍

XMスタンダード口座の最大レバレッジは1000倍です。

これは海外FX業界で比較してもハイレバレッジ。

業者別とのレバレッジ比較表をご覧ください。ドル円1ロットの必要証拠金も合わせて記載(1ドル=130円の場合)。

業者名最大レバレッジドル円1ロットの必要証拠金
XM(スタンダード口座)1000倍13,000円
GEMFOREX1000倍
FXGT1000倍
BigBoss999倍13,014円
XM(ゼロ口座)500倍26,000円
TITANFX500倍
Tradeview500倍
LANDFX500倍
AXIORY400倍32,500円
iFOREX400倍
IFC Markets400倍
FxPro200倍65,000円
国内FX業者25倍520,000円

レバレッジの違いが、必要証拠金の違いになって表れていますね。

XMスタンダード口座なら、最大レバレッジ1000倍なので、少ない証拠金でも大きなポジションを保有可能です。

低レバレッジ業者やXMゼロ口座と違い、少額資金からでも大きな利益を狙える点は、XMスタンダード口座の大きなメリットと言えるでしょう。

メリット②1ロット10万通貨・1ポジション最大50ロットの取引が可能

XMスタンダード口座なら、1ロット=10万通貨かつ1ポジション最大50ロットの取引が可能です(ポジション数は最大200まで保有可能)。

ハイレバレッジとのシナジー効果で、少額資金でも大きな利益を狙える点も、XMスタンダード口座のメリット。

FXでは通貨単位の違いによって、利益額にも違いが出てきます。

ここで、XMスタンダード口座の「1ロット=10万通貨」のメリットを、「1pips勝った時の利益額」から比較検証してみましょう。

1ロット=1万通貨が一般的な国内FX業者と、1ロット=1000通貨のXMマイクロ口座を対象として、その違いを比較したものが下表です(クロス円の場合)。

1pipsの利益額XMスタンダード口座国内FX業者XMマイクロ口座
1ロット=10万通貨1ロット=1万通貨1ロット=1000通貨
0.01ロット10円1円0.1円
0.1ロット100円10円1円
1ロット1,000円100円10円
10ロット10,000円1,000円100円
100ロット100,000円10,000円1,000円

1ロット=10万通貨のXMスタンダード口座と、国内FXやXMマイクロ口座との違いを、利益額からもご理解頂けたことでしょう。

国内FX業者やマイクロ口座との通貨単位の違いが、利益額の違いとなって表れていますね。

もちろん、1ロット=10万通貨だと1pipsの損失額も大きくなりますが、XMには口座開設ボーナスや入金100%ボーナスがあるので、低リスクでトレード開始可能。

国内FX業者と違い、XMにはゼロカットシステムもあるので、入金額以上の借金(追証)のリスクもゼロです。

初期ボーナス無し・1ロット=1万通貨・ゼロカット不採用の国内FX業者と比較しても、XMスタンダード口座のほうが、限定的なリスクの中で大きな利益を狙えるでしょう。

メリット③全てのボーナスとロイヤルティプログラムが利用可能

スタンダード口座なら、XMの全ボーナス・ロイヤルティプログラム(XMポイント)を受け取れる点も大きなメリット。

下表は、XMで常設のボーナスキャンペーン一覧ですが、スタンダード口座なら全て利用可能です。

XMボーナスボーナス内容
口座開設ボーナス3,000円
入金ボーナス入金100%ボーナス(上限5万円)+入金20%ボーナス(上限45万円)
XMポイント(XMP)ロイヤルティプログラムで取引ごとにXMポイント付与、ボーナス換金可
友達紹介キャンペーン友達1人紹介で25~35ドルのボーナス付与

入金100%ボーナスを使えば証拠金は倍になる

XMのゼロ口座だと、口座開設ボーナス以外のボーナスは対象外です。

しかしスタンダード口座なら、XMの豪華なボーナス全てが付与され、制限なく利用可能。

5万円入金すれば、入金100%ボーナス5万円と口座開設ボーナス3,000円によって、計10万3,000円の証拠金からトレード開始できるのは、メリットとしか言いようがありません。

ゼロ口座だと口座開設ボーナス3,000円のみなので、その違いは歴然。

特に初期資金を多く用意できない人にとって、XMスタンダード口座の入金100%ボーナスは大きなメリットとなるでしょう。

ロイヤルティプログラム(XMポイント)のメリットは絶大

スタンダード口座で、ロイヤルティプログラム(XMポイント)を利用できるのには、絶大なメリットがあります。

XMロイヤルティプログラムでは、活動日数に応じてステータスが与えられ、各ステータスに応じて、1ロット取引するごとにXMポイント(XMP)が付与される仕組み。

XMポイントは「XMポイント÷3(ドル)」のボーナスに換金可能です。

では、XMポイントのメリットの大きさを、金額やpips換算して見てみましょう。

XMポイントをボーナス換算・pips換算したものが下表となります(1ドル=130円試算)。

ステータス名活動期間XMポイント(XMP)1ロットあたりのXMポイント
ボーナス換算額
pips換算
エグゼクティブ口座開設直後10XMポイント/1ロット433円約0.4pips
ゴールド30日以上13XMポイント/1ロット563円約0.6pips
ダイアモンド60日以上16XMポイント/1ロット693円約0.7pips
エリート100日以上20XMポイント/1ロット867円約0.9pips

ステータスが「エリート」の場合、1ロット取引するごとに、なんとボーナス867円相当のXMポイントが付与されるのです。

pips換算すると約0.9pipsなので、スタンダード口座を利用して1ロット取引すれば、スプレッドが実質0.9pips狭くなるのと同じことに。

XMポイントによってスタンダード口座の実質スプレッドは狭くなる!

ステータス「エリート」で得たXMポイントを、ボーナス換金してスプレッドに充当すると考えた場合の、スタンダード口座とゼロ口座の実質スプレッドも比較してみましょう。

ゼロ口座の実質スプレッドは「スプレッド+取引手数料」とします。

スプレッド(pips)スタンダード口座スタンダード口座
XMポイント有り(エリート)
ゼロ口座
USD/JPY1.60.71.0
EUR/JPY2.11.21.2
GBP/JPY3.42.51.7
AUD/JPY3.22.32.1
EUR/USD1.60.71.2
EUR/GBP1.91.01.1
GBP/USD1.91.01.1
主要7通貨ペア平均2.21.31.3

なんとスタンダード口座の実質スプレッドは、ゼロ口座に匹敵する狭さに。

ドル円やユーロドルでは、スタンダード口座のほうが実質スプレッドは狭くなります。

かつ豪華ボーナスは全て利用可能なわけですから、スタンダード口座を活用しない手はないでしょう。

ちなみにマイクロ口座では、同ロット数で取引時、XMポイントはスタンダード口座の100分の1で、XMポイント数にも大きな違いがあります。

スタンダード口座は、ロイヤルティプログラムのメリットを最も享受できる口座タイプと言えるでしょう。

ロイヤルティポイントについてより詳しく解説している記事はこちら公式サイトで確認したい方はこちらをご覧ください

メリット④取引手数料は全ての商品で無料

スタンダード口座では、全ての商品銘柄において取引手数料が無料である点もメリット。

スプレッドの狭いゼロ口座の場合、スタンダード口座と違い、スプレッドとは別途で取引手数料が1pipsかかります。

1ロット取引時、1pipsはクロス円の通貨ペアなら約1,000円、ドルストレートの通貨ペアなら約1,300円に相当。

一見、狭そうなゼロ口座のスプレッドも、取引手数料を加味するとそれなりの広さになります。

ゼロ口座のスプレッドは、スタンダード口座の6〜7割程度とお考えください。

スタンダード口座なら、取引手数料による負担を気にせず取引できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

メリット⑤仮想通貨CFDの取引ができる

XMスタンダード口座のメリットとして、仮想通貨CFDの取引ができる点も挙げられます。

XMでは、2022年5月24日より仮想通貨CFDを再開。

スタンダード口座・マイクロ口座のみ仮想通貨CFDの取引が可能です。

では、海外FX業者における、仮想通貨CFDの取扱銘柄数・通貨ペア数を比較してみましょう。

海外FX業者名仮想通貨の取扱い銘柄数通貨ペア数
XM(スタンダード口座)2731
GEMFOREX×--
FXGT2734
BigBoss1530
TITANFX1734
Tradeview34
LANDFX×--
AXIORY×--
IFC Markets1414

GEMFOREXやAXIORYなど、有力業者ですら仮想通貨CFDを取り扱っていない中、XMにおいて仮想通貨CFDが取引可能という時点で、すでにメリット。

また、XMは他業者と比較しても、仮想通貨の取扱銘柄数が27銘柄と多いのも特徴です。

豊富な銘柄で取引できる点も、XMのメリットと言えます。

銘柄数がこれだけ多いと、お目当ての仮想通貨を見つけられるのではないでしょうか。

XMで取引可能な、仮想通貨CFD26銘柄は下表の通りです。

銘柄銘柄名
AAVEアーべ
ADAカルダノ
ALGOアルゴランド
AVAXアバランチ
BATベーシックアテンショントークン
BCHビットコインキャッシュ
BTCビットコイン
COMPコンパウンド
ENJエンジンコイン
ETHイーサリアム
FETフェッチAI
GRTザ・グラフ
LINKチェーンリンク
LTCライトコイン
MATICポリゴン
OMGオーエムジー
SKLスケール
SNXシンセティクス
SOLソラナ
STORJスト―ジ
SUSHIスシスワップ
UMAユーエムエー
UNIユニスワップ
XLMステラルーメン
XRPリップル
ZRXゼロエックス

XMでは、主要仮想通貨に加えて、新興通貨やNFT・トークンなども幅広く取引可能。

スタンダード口座でもらえる豪華なボーナスは、仮想通貨CFD取引でも使えます。

スタンダード口座のボーナスだけを使って、仮想通貨トレードを試すのもオススメですよ。

参考:【2022年最新】XMでビットコイン・仮想通貨を取引!スプレッドやレバレッジ取引条件を徹底解説

XMスタンダード口座と他の口座の取引条件の違いを比較

続いて、XMスタンダード口座と他口座との違いを比較します。

スタンダード口座と他口座の取引条件の違いがこちら。

比較項目スタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座
通貨単位1ロット=10万通貨1ロット=1000通貨1ロット=10万通貨
最大レバレッジ1000倍1000倍500倍
取引手数料無料無料往復10ドル(1pips)
スプレッドUSD/JPY:1.6pips
EUR/JPY:2.1pips
GBP/JPY:3.4pips
EUR/USD:1.6pips
USD/JPY:0.1pips
EUR/JPY:0.2pips
GBP/JPY:0.7pips
EUR/USD:0.2pips
取扱商品全銘柄全銘柄仮想通貨CFD以外の銘柄
(スプレッドが狭いのは
為替FX・ゴールド・シルバーのみ)
取引最小ロット0.01ロットMT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット
1ポジションの最大ロット50ロット100ロット50ロット
最大保有ポジション数200200200
最低入金額5ドル5ドル5ドル
口座開設ボーナスありありあり
入金ボーナスありありなし
ロイヤルティプログラム
(XMポイント)
ありありなし

スタンダード口座とマイクロ口座の違いを比較

XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いは2つ。

第1の違いは通貨単位です。

スタンダード口座が1ロット=10万通貨に対して、マイクロ口座は1ロット=1000通貨。

マイクロ口座は、スタンダード口座と同じロット数で取引しても、利益・損失ともに100分の1です。

第2の違いは、最大ロット数。

スタンダード口座は50ロットに対してマイクロ口座は100ロット。

ただし、マイクロ口座の100ロットは、スタンダード口座の1ロット相当なので、マイクロ口座で大きな利益を得るのは難しそうです。

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは上記2点ですが、同ロットで取引した際の利益額にも100倍の違いが出ます。

XMのマイクロ口座は練習用口座と考え、大きな利益を狙うためにはスタンダード口座を使うのがよいでしょう。

スタンダード口座とゼロ口座の違いを比較

XMのスタンダード口座とゼロ口座の違いは3つ。

第1の違いはスプレッドの狭さです。

ゼロ口座の取引手数料を含めた実質スプレッドで比較すると、ゼロ口座のスプレッドはスタンダード口座の5~7割程度

ただし、スタンダード口座には先述のようにXMポイントによるメリットがあります。

XMポイントをpips換算してスプレッドに考慮して計算すると、スタンダード口座とゼロ口座の実質スプレッドはほぼ同じです。

第2の違いはボーナス。

スタンダード口座は全ボーナスを受け取れますが、ゼロ口座では口座開設ボーナス以外は対象外。

入金100%ボーナスが利用可能かどうか、この違いは大きいですよね。

第3の違いは最大レバレッジ。

スタンダード口座は最大レバレッジ1000倍ですが、ゼロ口座は最大レバレッジ500倍です。

上記3点の違いを鑑みて比較検討すると、証拠金が少額の人やボーナスのメリットを享受したい人は、スタンダード口座の開設をオススメします

スタンダード口座の開設ページはこちら(XM公式)>>

スタンダード口座のスプレッド一覧

では、XMスタンダード口座のスプレッド一覧を見てみましょう。

実態に近いスプレッドを算出するため、2022年7月18日17時のリアルタイムスプレッドで計測

為替FX(メジャー)
通貨ペアスプレッド(pips)
AUD/USD1.6
EUR/CHF2.6
EUR/GBP1.9
EUR/USD1.6
GBP/USD1.9
NZD/USD2.6
USD/CAD2.2
USD/CHF1.9
USD/JPY1.6
為替FX(クロス円)
通貨ペアスプレッド(pips)
AUD/JPY3.2
CAD/JPY3.1
CHF/JPY3.0
EUR/JPY2.1
GBP/JPY3.4
NZD/JPY2.7
SGD/JPY20.1
為替FX(マイナー・エキゾチック)
通貨ペアスプレッド(pips)
AUD/CAD3.4
AUD/CHF2.7
AUD/NZD3.5
CAD/CHF3.8
CHF/SGD30.4
EUR/AUD2.6
EUR/CAD3.0
EUR/DKK38.5
EUR/HKD45.9
EUR/HUF75.5
EUR/NOK125.0
EUR/NZD2.8
EUR/PLN56.3
EUR/SEK76.5
EUR/SGD19.2
EUR/TRY150.0
EUR/ZAR255.0
GBP/AUD3.9
GBP/CAD4.9
GBP/CHF4.3
GBP/DKK129.2
GBP/NOK183.0
GBP/NZD4.1
GBP/SEK111.2
GBP/SGD33.4
NZD/CAD4.0
NZD/CHF4.7
NZD/SGD27.6
USD/CNH3.7
USD/DKK40.6
USD/HKD2.8
USD/HUF83.6
USD/MXN238.0
USD/NOK110.5
USD/PLN61.5
USD/SEK59.0
USD/SGD20.5
USD/TRY190.0
USD/ZAR22.9
仮想通貨CFD
通貨ペアスプレッド(ドル等)
AAVE/USD4.8
ADA/USD0.003
ALGO/USD0.015
AVAX/USD1.2
AXSUSD0.71
BAT/USD0.017
BCH/USD1.3
BTC/EUR80.0
BTC/GBP62.8
BTC/USD39.5
COMP/USD1.1
ENJ/USD8.7
ETH/EUR9.3
ETH/GBP7.1
ETH/USD4.3
FET/USD0.006
GRT/USD0.005
LINK/USD0.05
LTC/USD1.4
MATIC/USD0.002
OMG/USD0.08
SKL/USD0.002
SNX/USD0.08
SOL/USD0.22
STORJ/USD0.02
SUSHI/USD0.06
UMA/USD0.10
UNI/USD0.07
XLM/USD0.07
XRP/USD0.002
ZRX/USD0.016
貴金属CFD
銘柄スプレッド(pips)
GOLD3.3
SILVER3.6
PALL12.4
PLAT4.2
エネルギーCFD
銘柄スプレッド(pips)
OIL0.3
OILMn0.3
BRENT0.3
NGAS3.0
GSOIL16.0
商品先物CFD
銘柄スプレッド(pips)
COCOA0.9
COFFE5.0
CORN10.0
COTTO3.0
HGCOP4.7
SBEAN17.8
SUGAR0.6
WHEAT15.0
株価指数現物CFD
銘柄スプレッド(pips)
AUS200Cash50.0
EU50Cash15.0
FRA40Cash10.0
GER40Cash10.0
HK50Cash1.0
IT40Cash1.0
JP225Cash0.6
NETH25Cash3.0
SPAIN35Cash0.5
SWI20Cash30.0
UK100Cash10.0
US100Cash20.0
US30Cash35.0
US500Cash5.0
株価指数先物CFD
銘柄スプレッド(pips)
EU5030.0
FRA4020.0
GER4020.0
JP2251.6
SWI2060.0
UK10040.0
US10040.0
US3053.0
US5009.0
USDX5.9

XMのスプレッドについてより詳しく解説している記事はこちら>>

スタンダード口座でのロット計算方法

続いて、XMマイクロ口座の必要証拠金の計算方法を見ていきましょう。

  • 1ロット取引時の必要証拠金の計算方法
  • 最小ロット・最大ロットでの必要証拠金の計算方法

為替FX・ゴールドを例として、上記2つの計算方法を解説します。

なお、計算における前提条件は以下の通り。

  • レバレッジ1000倍
  • 1ドル=130円
  • 1オンス=1,700円 (1ゴールド=170,000円)

1ロットの必要証拠金の計算方法

1ロット保有するための必要証拠金の計算方法を見ていきましょう。

為替FX・ゴールドともに、必要証拠金の計算式は以下のようになります。

  • 「必要証拠金=ロット数×レート×コントラクトサイズ÷レバレッジ」

この計算式を使って、為替FX・ゴールドの1ロットの必要証拠金を計算します。

【為替FX】1ロットの必要証拠金の計算

スタンダード口座での為替FXの通貨単位は、1ロット=10万通貨。

通貨単位は通貨ペアの左側を単位とするので、ドル円なら10万通貨=10万ドル、ポンド円なら10万通貨=10万ポンドのことです。

では、必要証拠金を計算式に当てはめて計算しましょう。

例えばドル円(USD/JPY)なら、1ロットの必要証拠金は、「1ロット×100,000ドル×130円÷1,000=13,000円」

以上の計算により、ドル円1ロットの必要証拠金は13,000円となります。

同じ計算手順で、主要通貨ペアの必要証拠金を計算したものが下表です(レートは概数)。

通貨ペアレート1ロットの必要証拠金
USD/JPY130円13,000円
EUR/JPY140円14,000円
GBP/JPY160円16,000円
AUD/JPY90円9,000円
EUR/USD1.02ドル102ドル=13,260円
GBP/USD1.20ドル120ドル=15,600円
EUR/GBP0.85ポンド85ポンド=13,600円

クロス円以外の必要証拠金の計算の場合は、最後に日本円換算してください。

【ゴールド】1ロットの必要証拠金の計算

XMスタンダード口座の証拠金計算

ゴールドの通貨単位は覚えて頂くしかないのですが、XMスタンダード口座でのゴールドの通貨単位は1ロット=100オンスです。

また、ゴールドの必要証拠金の計算結果の単位はドルなので、計算後に日本円換算する必要があります。

では、計算式を使って必要証拠金を計算しましょう。

ゴールド1ロットの必要証拠金は、「1ロット×100オンス×1,700ドル÷1,000=170ドル=22,100円」

以上の計算により、ゴールド1ロットの必要証拠金は22,100円となります。

最大ロット・最小ロットの必要証拠金

続いて、XMスタンダード口座での最大ロット・最小ロットの必要証拠金も計算してみましょう。

最大ロット・最小ロットの必要証拠金の計算方法

最大ロット・最小ロットの必要証拠金の計算式は、ロット数が変わるだけで、先ほどと同じ計算方法です。

  • 「必要証拠金=ロット数×コントラクトサイズ×レート÷1000」

【為替FX】最大ロットの必要証拠金の計算

スタンダード口座の最大ロット数は50ロットです。

ドル円の最大ロットの必要証拠金は、「50ロット×100,000ドル×130円÷1,000=650,000円」

上記の計算により、ドル円で最大ロット保有するための必要証拠金は650,000円となります。

主要通貨ペアにおける最大ロットの必要証拠金はこちら。

通貨ペアレート最大ロットの必要証拠金
USD/JPY130円650,000円
EUR/JPY140円700,000円
GBP/JPY160円800,000円
AUD/JPY90円450,000円
EUR/USD1.02ドル5,100ドル=663,000円
GBP/USD1.20ドル6,000ドル=780,000円
EUR/GBP0.85ポンド4,250ポンド=680,000円

【ゴールド】最大ロットの必要証拠金の計算

ゴールドの最大ロットの必要証拠金は、「50ロット×100オンス×1,700ドル÷1,000=8,500ドル=1,105,000円」です。

この計算より、ゴールドを最大ロットで保有するための必要証拠金は1,105,000円となります。

【為替FX】最小ロットの必要証拠金の計算

スタンダード口座の最小ロット数は0.01ロット。

ドル円の最小ロットの必要証拠金は、「0.01ロット×100,000ドル×130円÷1,000=130円」です。

以上の計算により、ドル円を最小ロットで取引する際の必要証拠金は130円となります。

主要通貨ペアにおける最小ロットの必要証拠金はこちら。

通貨ペアレート最小ロットの必要証拠金
USD/JPY130円130円
EUR/JPY140円140円
GBP/JPY160円160円
AUD/JPY90円90円
EUR/USD1.02ドル1.02ドル133円
GBP/USD1.20ドル1.20ドル=156円
EUR/GBP0.85ポンド0.85ポンド=136円

レバレッジ1000倍で最小ロット(0.01ロット)の取引をする場合、レートと同じ金額が必要証拠金となります。

【ゴールド】最小ロットの必要証拠金の計算

ゴールドの最小ロットの必要証拠金は、「0.01ロット×100オンス×1,700ドル÷1,000=1.7ドル=221円」

この計算から、ゴールドを最小ロットで保有する際の必要証拠金は221円となります。

レートによって必要証拠金の計算結果に違いが出る

XMスタンダード口座の必要証拠金計算

ここまで、XMスタンダード口座における1ロット・最大ロット・最小ロットの必要証拠金の計算方法を見てきましたが、注意点を1つ。

必要証拠金の計算結果は、レートによって違いが出るということです。

例えば、ドル円のレートは2022年に円安が進み、2021年と比較しても40円近く違います。

ゴールド1ロットの必要証拠金は、1ドル=100円なら「1.7ドル=17,000円」だったのが、1ドル=140円なら「1.7ドル=23,800円」となり、7,000円も違いが出ることに。

円安が進むと1ロットあたりの必要証拠金に違いが生じる(上がる)と言う点は、ぜひお知りおきください。

XMのスタンダード口座を使う際の注意点

XMのスタンダード口座を使う際の注意点を見ていきましょう。

銘柄によるレバレッジの違い

XMスタンダード口座の最大レバレッジは1000倍ですが、銘柄によってレバレッジは違います。

下表がXMスタンダード口座の銘柄別レバレッジ一覧です。

銘柄最大レバレッジ
為替FX(CHFを含む通貨ペア)400倍
為替FX(USD/TRY、EUR/TRY)100倍
為替FX(EURDKK、EURHKD、GBPDKK、USDDKK、
USDHKD,USDCNH、EURRUB、USDRUB)
50倍
為替FX(上記以外の全通貨ペア)1000倍
仮想通貨CFD250倍
貴金属CFD(ゴールド・シルバー)1000倍
貴金属CFD(パラジウム・プラチナ)22.2倍
エネルギー(GSOIL,NGAS)33.3倍
エネルギー(BRENT,OIL,OILMn)66.7倍
商品先物CFD50倍
株価指数現物・先物(JP225)200倍
株価指数現物(HK50)66.7倍
株価指数現物・先物(上記以外の全銘柄)100倍

上表のように、XMスタンダード口座のレバレッジは銘柄によって違いますので、ご注意ください。

証拠金残高によるレバレッジの違い

XMスタンダード口座では、証拠金残高によっても最大レバレッジに違いが出ます。

有効証拠金残高最大レバレッジ
20,000ドルまで1000倍
20,001ドル~100,000ドル200倍
100,001ドル以上100倍

レバレッジ1000倍を継続したい場合は、証拠金残高が200万円以上になったら1度出金するのがオススメです。

スプレッドを他社比較すると狭くはない

XMスタンダード口座のスプレッドは、他の海外FX業者と比較した場合、そこまで狭くはありません。

下表が、XMスタンダード口座と他社とのスプレッド比較表です(主要7通貨ペア+ゴールドで比較)。

通貨ペア(pips)XM
スタンダード口座
GEMFOREX
オールインワン口座
FXGT
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
BIGBOSS
スタンダード口座
USD/JPY1.61.81.81.42.0
EUR/JPY2.12.42.41.71.9
GBP/JPY3.42.64.22.42.9
AUD/JPY3.22.83.42.12.3
EUR/USD1.61.61.71.21.6
EUR/GBP1.91.92.21.22.1
GBP/USD1.92.12.11.61.7
ゴールド3.33.53.62.83.8
主要7通貨ペア+ゴールド平均2.42.32.71.82.3

他社比較では、XMスタンダード口座のスプレッドは平均的なので、スキャルピングにはそこまで向いていないと言えるでしょう。

ただ、エネルギーの原油系(OIL・OILMn・BRENT)は全てスプレッド0.3pipsと優秀なので、原油取引はかなり狙い目ですよ。

スタンダード口座の見た目のスプレッドが気になる人、スキャルピングがメインの人は、XMのゼロ口座を併用するのもオススメ。

参考:XMのゼロ口座(Zero口座)の手数料とスプレッド一覧。デメリットまで徹底解説

ただしXMスタンダード口座には、他社との違いとして「XMポイント」があります。

先述のように、XMポイントをボーナス換金してスプレッドに充当すると考えれば、実質スプレッドは狭くなるので、ぜひXMポイントを活用したいところ。

海外FX業者の選定にあたっては、スプレッドのみの単純比較ではなく、XMポイントのようなボーナスメリットの違いも加味して、比較検証することをオススメしますよ。

最小取引単位は1000通貨

XMスタンダード口座の最小取引単位は1000通貨、つまり0.01ロットです。

これ以上小さな通貨単位で取引したい人は、最小取引単位が10通貨のマイクロ口座の開設をオススメします。

ただ、マイクロ口座では大きな利益は狙えないので、XMの使用感を確認できたら、早めにマイクロ口座からスタンダード口座へ移行するのがよいでしょう。

XMでスタンダード口座を開設する手順

続いて、XMでスタンダード口座を開設する手順をお伝えします。

XMでの口座開設手順をまとめると下表のような感じです。

口座開設手順作業内容
①口座開設フォームの入力個人情報・取引口座詳細・取引ツール・住所等を入力
②メール認証XMからのメールが届くので認証、口座開設完了
③本人確認書類の送信XMマイページより身分証明書・住所確認書を送信、口座の有効化完了
④MT4・MT5にスタンダード口座用チャートを表示実際のトレードを始める準備

「③本人確認書類の提出」まで完了しなければ、口座開設ボーナスや入金100%ボーナスをもらえないのでご注意ください。

画像付きでXMスタンダード口座の開設手順を詳しく見たい人は、「XM口座開設方法を画像付きでわかりやすく解説!」をご参照くださいませ。

ここでは「④MT4・MT5にスタンダード口座用チャートを表示」の手順を画像付きで解説します。

パソコンの手順

パソコンでXMのMT4(MT5)にログインした時、表示されているのは4つの通貨ペアチャートのみです。

XMスタンダード口座のチャート

取引したい通貨ペアをチャート表示させる手順を見ていきましょう。

XMスタンダード口座のチャート

手順としては、MT4・MT5上部の「表示」より「銘柄」を選択してください。

XMスタンダード口座の始め方

「Forex→Standard→Majors」の順にクリックすると、スタンダード口座のメジャー通貨ペア一覧が出てきます。

XMスタンダード口座の始め方

チャート表示させたい通貨ペアをダブルクリックすると、通貨ペアのアイコンが黄色に変わるので、最後に「OK」をクリック。

XMスタンダード口座の始め方

MT4・MT5上部の「ファイル→新規チャート→Forex→Standard→Majors」と選択し、チャート表示させたい通貨ペアを選択してください。

XMスタンダード口座の始め方

これで追加した通貨ペアがチャート表示されます。スタンダード口座でのチャート追加手順は以上です。

ちなみにXMでは、口座タイプごとにMT4・MT5に表示されるシンボル名が違います。

ゴールドを例に挙げると、下表のような違いがあるのでご注意を。

口座タイプシンボル名
スタンダード口座GOLD
ゼロ口座GOLD.
マイクロ口座GOLDmicro

ゼロ口座では通貨ペアの末尾に「.(ドット)」、マイクロ口座では「micro」が付きます。

ゼロ口座やマイクロ口座では、チャート表示手順においてシンボル名を気にする必要がありますが、スタンダード口座の手順はシンプル。

XMスタンダード口座の始め方

スタンダード口座のIDでログインすれば、スタンダード口座用の通貨ペアのみ表示される仕様となっているのでご安心ください。

スマホの手順

スマホ版MT4・MT5でチャート表示する手順も見ておきましょう。

スマホでオススメなのは高性能のMT5なので、MT5を例に手順を解説します。

XMスタンダード口座の始め方

XMのスマホ版MT5にログインすると、最初は株価指数の気配値が表示されている状態。

手順としては、まず株価指数を削除します。

右上の鉛筆アイコンをタップ。

XMスタンダード口座の始め方

右上のゴミ箱アイコンをタップし、削除したい株価指数にチェックを入れて、最後にもう1度ゴミ箱アイコンをタップすれば、株価指数は削除されます。

XMスタンダード口座の始め方

これで株価指数は削除され、残ったのはEURUSDのみ。

次の手順として、為替FXの通貨ペアを追加しましょう。

XMスタンダード口座の始め方

右上の「+」アイコンをタップしてください。

XMスタンダード口座の始め方

XMスタンダード口座で取り扱っている通貨ペア一覧が表示されます。

USD/JPYを追加した場合は「Forex\Standard\Majors」をタップ。

XMスタンダード口座の始め方

メジャー通貨ペア一覧が出てくるので、USD/JPYをタップし、「←(戻る)」をタップしましょう。

XMスタンダード口座の始め方

これで気配値にUSD/JPYが追加表示されるので、同じ手順で表示させたい通貨ペアを追加してください。

XMスタンダード口座の始め方

追加した通貨ペアをチャート表示させるためには、気配値画面の通貨ペアをロングタップします。操作画面が出てくるので、「チャート」をタップ。

XMスタンダード口座の始め方

以上が、XMのスマホ版MT5へ通貨ペアを追加表示させる手順となります。

まとめ:スタンダード口座のメリット・デメリット

XMスタンダード口座のメリット
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 1ロット10万通貨なので大きな利益を狙える
  • XMの全ボーナスが利用可能
  • ロイヤルティプログラム(XMポイント)も対象
  • 仮想通貨CFDなど全銘柄の取引可能
XMスタンダード口座のデメリット
  • 銘柄によってレバレッジに違いがある(ゼロ口座・マイクロ口座も同様)
  • スプレッドはそこまで狭くない(ゼロ口座と比較すると広い)

上記のメリット・デメリットを鑑みると、XMスタンダード口座は、以下のような人に向いているでしょう。

XMのスタンダード口座がおすすめな人
  • XMのボーナスを全て受け取りたい人
  • ハイレバレッジで大きな利益を狙いたい人
  • XMで仮想通貨取引をしたい人
  • XMポイントを貯めてボーナス換金したい人
  • スキャルピング以外の取引手法の人

スタンダード口座を使って入金ボーナスやXMポイントを稼ぎ、資金に余裕が出た時点で、スプレッドの狭いゼロ口座と併用するのもオススメの使い方です。

XMの全ボーナスを受け取れて、最大レバレッジ1000倍、しかも仮想通貨を含めた全銘柄で取引可能なので、まずスタンダード口座を開設しておけば間違いはないでしょう。

スタンダード口座に関するよくある質問

XMスタンダード口座に関するよくある質問をまとめたので、ぜひご活用ください。

どの口座がオススメですか?

XMではスタンダード口座が最もオススメです。

スタンダード口座ならボーナスを全て利用でき、最大レバレッジ1000倍の取引ができるうえ、仮想通貨など全銘柄で取引可能。

XMの口座開設で迷ったらスタンダード口座を選ぶのがよいでしょう。

最小ロットはいくつですか?

スタンダード口座の最小ロットは0.01ロットです。

ゼロ口座とどちらがオススメですか?

スタンダード口座をオススメします。

XMのメリットである入金100%ボーナスや、XMポイントを利用できるからです。

ゼロ口座はスプレッドが狭いものの、口座開設ボーナス以外のボーナスメリットを一切享受できません。

手順としては、まずスタンダード口座でボーナスをもらい、証拠金が増えてボーナス不要の状態になってから、ゼロ口座に移行、もしくはゼロ口座を併用するのがオススメです。

マイクロ口座とどちらがオススメですか?

スタンダード口座をオススメします。

1ロット=10万通貨のスタンダード口座と違い、マイクロ口座は1ロット=1000通貨のため、大きな利益を狙えないためです。

同じロット数で取引しても、マイクロ口座ではスタンダード口座の100分の1の利益しか得られないので、証拠金を大きく増やすのは難しいでしょう。

マイクロ口座はXMの練習用口座と考え、スタンダード口座を開設することをオススメします。

参考:XMのマイクロ口座の使い道は?スプレッドやゴールドの必要証拠金を解説

スキャルピングはできますか?

はい、XMのスタンダード口座ではスキャルピングは可能です。

XMでスキャルピングをしたい人は、スプレッドの狭いゼロ口座と、全ボーナスをもらえるスタンダード口座との併用もオススメします。

参考:XMでスキャルピングは禁止?取引前の注意点とおすすめ手法を解説

レバレッジは何倍ですか?

XMスタンダード口座の最大レバレッジは、為替FX・ゴールド・シルバーの1000倍です。

ただし銘柄によってレバレッジに違いがあるので、下表をご参考ください。

銘柄最大レバレッジ
為替FX(CHFを含む通貨ペア)400倍
為替FX(USD/TRY、EUR/TRY)100倍
為替FX(EURDKK、EURHKD、GBPDKK、USDDKK、
USDHKD,USDCNH、EURRUB、USDRUB)
50倍
為替FX(上記以外の全通貨ペア)1000倍
仮想通貨CFD250倍
貴金属CFD(ゴールド・シルバー)1000倍
貴金属CFD(パラジウム・プラチナ)22.2倍
エネルギーCFD(GSOIL,NGAS)33.3倍
エネルギーCFD(BRENT,OIL,OILMn)66.7倍
商品先物CFD50倍
株価指数現物・先物CFD(JP225)200倍
株価指数現物CFD(HK50)66.7倍
株価指数現物・先物CFD(上記以外の全銘柄)100倍

XMTradingの口座タイプの違いについては以下の記事で詳しく解説しています。

XMの口座タイプおすすめはどれ?3つの違いを比較しながら解説

まだ、迷っていますか??

あなたはFX口座に何を求めますか??

もしあなたが優秀な取引環境を求めるなら、XMで始めるべきです。888倍のレバレッジとゼロカットシステム、金融ライセンスと顧客資金管理においてXMの右にでる海外FX会社はありません。

まずは口座開設ボーナス3000円で、XMの取引環境を体感して下さい。

入金不要・無料で取引できます。

100万人以上の日本人が登録する、最大手FXブローカーXMではじめましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

TwitterでXMや海外FXの最新情報を受け取ろう

XMが選ばれる3つの理由
XMの評判について
評判が良い
XMの評判・口コミは良く、9年の運営歴、金融ライセンスなどの安全性に対する評価はダントツです。
XMのボーナス
ボーナスが豪華
3000円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナス等の制度が充実!!少額でも問題なく投資できます。
888倍のレバレッジ
XMの一番の特徴は最大888倍のレバレッジ。海外FX会社の中でも破格のレバレッジを提供しています。