XMのスプレッド一覧!本当に広すぎなのか他社と比較して検証

XMは海外トレーダーだけでなく日本人利用者も多く、FX初心者にも頻繁に勧められる海外FX業者です。

しかしXMはボーナスが充実している反面、スプレッドの広さがデメリットとして取り上げられがちです。国内FX業者と比べると何倍も広いので、利用を躊躇ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • XMの全銘柄最新スプレッド一覧(2022年8月版)
  • XMのスプレッドは本当に広いのか海外業者4社と比較
  • スプレッドが広いといわれている真偽と原因

これらを徹底解説していきます。スプレッドの広さがネックでXMを利用しようか迷っていた方は、ぜひ最後までご覧ください。

XMの公式サイトでスプレッドを見る>>

目次

XMのスプレッド一覧

まずはXMで取引できる全銘柄のスプレッドを見ていきます。

XMではスタンダード口座・マイクロ口座のスプレッドが共通で、ゼロ口座のスプレッドはほかの2タイプよりも狭く設定してあります。ただしスプレッドとは別に往復手数料10ドルがかかるため、実質的なスプレッドは手数料を含めて考えましょう。

メジャー通貨ペアのスプレッド一覧

XMで取引できるメジャー通貨ペアのスプレッド一覧は以下の通りです。

通貨ペアスタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座(手数料込)
USD/JPY1.6pips1.6pips0.1pips(1.1pips)
GBP/JPY3.6pips3.6pips1.2pips(2.2pips)
EUR/JPY2.3pips2.3pips0.4pips(1.4pips)
EUR/USD1.7pips1.7pips0.1pips(1.1pips)
GBP/USD2.1pips2.1pips0.2pips(1.2pips)
AUD/USD1.8pips1.8pips0.4pips(1.4pips)

※2022/6/21調査時点のデータです。

マイナー通貨ペアのスプレッド一覧

XMで取引できるマイナー通貨ペアのスプレッド一覧は以下の通りです。

通貨ペアスタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座(手数料込)
AUDCAD3pips3pips1pips(2pips)
AUDCHF3pips3pips1.1pips(2.1pips)
AUDJPY3.3pips3.3pips1.2pips(2.2pips)
AUDNZD4pips4pips1.7pips(2.7pips)
CADCHF3.7pips3.7pips1.9pips(2.9pips)
CADJPY3.4pips3.4pips1.4pips(2.4pips)
USDCAD2.2pips2.2pips0.5pips(1.5pips)
CHFJPY3.3pips3.3pips1.1pips(2.1pips)
USDCHF2.1pips2.1pips0.4pips(1.4pips)
EURAUD3pips3pips0.9pips(1.9pips)
EURCAD3pips3pips0.9pips(1.9pips)
EURCHF2.7pips2.7pips0.9pips(1.9pips)
EURGBP2pips2pips0.3pips(1.3pips)
EURNZD4pips4pips2.7pips(3.7pips)
GBPAUD3.8pips3.8pips2pips(3pips)
GBPCAD5pips5pips2.2pips(3.2pips)
GBPCHF4.6pips4.6pips2pips(3pips)
GBPNZD7pips7pips4.3pips(5.3pips)
NZDCAD4.1pips4.1pips1.9pips(2.9pips)
NZDCHF4pips4pips2.7pips(3.7pips)
NZDJPY3pips3pips2pips(3pips)
NZDUSD2.7pips2.7pips1pips(2pips)

※2022/6/21調査時点のデータです。

エキゾチック通貨ペアのスプレッド一覧

XMで取引できるエキゾチック通貨ペアのスプレッド一覧は以下の通りです。

通貨ペアスタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座(手数料込)
CHFSGD31pips31pips23.5pips(24.5pips)
EURDKK39pips39pips22.5pips(23.5pips)
EURHKD45pips45pips20pips(21pips)
EURHUF59pips59pips49pips(50pips)
EURNOK135.5pips135.5pips116pips(117pips)
EURPLN65pips65pips50pips(51pips)
EURRUB4560pips4560pips3640pips(3641pips)
EURSEK99pips99pips76pips(77pips)
EURSGD17pips17pips9pips(10pips)
EURTRY430pips430pips420pips(421pips)
EURZAR241pips241pips201pips(202pips)
GBPDKK120pips120pips88.5pips(89.5pips)
GBPNOK216pips216pips173pips(174pips)
GBPSEK134pips134pips105pips(106pips)
GBPSGD31pips31pips14pips(15pips)
NZDSGD28pips28pips20pips(21pips)
SGDJPY20pips20pips14.3pips(15.3pips)
USDCNH3.6pips3.6pips
USDDKK36pips36pips16pips(17pips)
USDHKD2.8pips2.8pips1.3pips(2.3pips)
USDHUF51pips51pips40pips(41pips)
USDMXN239pips239pips166pips(167pips)
USDNOK128pips128pips96pips(97pips)
USDPLN52pips52pips31.9pips(32.9pips)
USDRUB4370pips4370pips3060pips(3061pips)
USDSEK82pips82pips65pips(66pips)
USDSGD21pips21pips15pips(16pips)
USDTRY250pips250pips240pips(241pips)
USDZAR15.8pips15.8pips11.7pips(12.7pips)

※2022/6/21調査時点のデータです。

商品CFD(コモディティ)のスプレッド一覧

XMで取引できる商品CFD(コモディティ)のスプレッド一覧は以下の通りです。

銘柄スタンダード口座マイクロ口座
COCOA0.9pips0.9pips
COFFE5pips5pips
CORN10pips10pips
COTTO3pips3pips
HGCOP4.7pips4.7pips
SBEAN18.5pips18.5pips
SUGAR0.6pips0.6pips
WHEAT15pips15pips

※2022/6/21調査時点のデータです。

株価指数のスプレッド一覧

XMで取引できる株式指数のスプレッド一覧は以下の通りです。

銘柄現物先物
AUS20020pips
EU5015pips30pips
FRA4010pips20pips
GER4010pips20pips
HK501pips
IT401pips
JP2250.6pips1.6pips
NETH253pips
SPAIN350.5pips
SWI2030pips60pips
UK10010pips40pips
US10010pips30pips
US3025pips50pips
US5004pips8pips
USDX0.5pips

※2022/6/21調査時点のデータです。

貴金属のスプレッド一覧

XMで取引できる貴金属のスプレッド一覧は以下の通りです。

銘柄スタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座(手数料込)
GOLD3.5pips3.5pips2pips(3pips)
SILVER3.5pips3.5pips2pips(3pips)
PALL100.1pips100.1pips
PLAT42.5pips42.5pips

※2022/6/21調査時点のデータです。

エネルギーのスプレッド一覧

XMで取引できるエネルギーのスプレッド一覧は以下の通りです。

銘柄スタンダード口座マイクロ口座
BRENT0.3pips0.3pips
GSOIL12pips12pips
NGAS0.3pips0.3pips
OIL0.3pips0.3pips
OILMn0.3pips0.3pips

※2022/6/21調査時点のデータです。

仮想通貨のスプレッド一覧

XMで取引できる仮想通貨(暗号資産)のスプレッド一覧は以下の通りです。

銘柄スタンダード口座マイクロ口座
AAV/EUSD22.5pips22.5pips
ADA/USD40pips40pips
ALG/OUSD100pips100pips
AVA/XUSD10pips10pips
AXS/USD7.5pips7.5pips
BAT/USD150pips150pips
BCH/USD4.8pips4.8pips
BTC/EUR600pips600pips
BTC/GBP1200pips1200pips
BTC/USD390pips390pips
COM/PUSD8.5pips8.5pips
ENJ/USD100pips100pips
ETH/EUR75pips75pips
ETH/GBP95pips95pips
ETH/USD32pips32pips
FET/USD75.5pips75.5pips
GRT/USD40pips40pips
LIN/KUSD0.5pips0.5pips
LTC/USD0.45pips0.45pips
MAT/ICUSD85pips85pips
OMG/USD8pips8pips
SKL/USD25pips25pips
SNX/USD7.5pips7.5pips
SOL/USD0.35pips0.35pips
STO/RJUSD45pips45pips
SUS/HIUSD5pips5pips
UMA/USD1pips1pips
UNI/USD0.5pips0.5pips
XLM/USD30pips30pips
XRP/USD17pips17pips
ZRX/USD65pips65pips

※2022/6/21調査時点のデータです。

参考:XMでCFD取引はどの銘柄がおすすめ?CFD取引の完全マニュアル

続いて、XMのスプレッドと他の海外FX業者のスプレッドを比較していきましょう。

XMのスプレッドを海外FX他社と比較

ここまでXMのスプレッドをまとめてきましたが、本当にスプレッドが広いかどうかは他社と比較してみなければわかりません。

そこで、次に各社のスタンダード口座と低スプレッド口座とでスプレッドを比較していきます。

ただし実際の取引では口座タイプごとに取引手数料やレバレッジ、最低入金額なども変わるため、一概にスプレッドのみを比べて良し悪しを決めることはできません。スプレッドはあくまでもFX業者を選ぶ際の判断材料のひとつとして捉えておきましょう。

スタンダード・マイクロ口座と他社のスプレッドを比較

XMと各海外FX業者のスタンダード口座スプレッド比較は以下の通りです。

通貨ペアXMGEMFOREXFXGTAXIORYTITAN FX
USDJPY
ドル円
1.6pips1.6pips1.5pips1.3~1.5pips1.33pips
GBPJPY
ポンド円
3.6pips3pips2.9pips1.6~2.1pips2.45pips
EURJPY
ユーロ円
2.3pips2.4pips2.1pips1.2~1.8pips1.74pips
EURUSDユーロドル1.7pips1.6pips1.4pips1.2~1.5pips1.2pips
GBPUSD
ポンドドル
2.1pips2.2pips1.6pips1.3~1.9pips1.57pips
XAUUSD
ゴールド
3.5pips3.2pips2.5pips3.1~3.9pips2.23pips

※2022/6/21調査時点のデータです。

ゼロ口座と他社のスプレッドを比較

XMと各海外FX業者の低スプレッド口座比較は以下の通りです。

通貨ペアXM
(Zero口座)
GEMFOREX
(ノースプレッド口座)
FXGT
(ECN口座)
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
TITAN FX
(ブレード口座)
USD/JPY0.1pips(1.1pips)0.3pips0.1pips(0.7pips)0.3~0.5pips(0.9~1.1pips)0.33pips(1.03pips)
GBP/JPY1.2pips(2.2pips)1pips1.1pips(1.7pips)0.6~1pips(1.2~1.6pips)1.45pips(2.15pips)
EUR/JPY0.4pips(1.4pips)0.5pips0.5pips(1.1pips)0.2~0.8pips(0.8~1.4pips)0.2pips(0.9pips)
EUR/USD0.1pips(1.1pips)0.3pips0pips(0.6pips)0.2~0.5pips(0.8~1.1pips)0.2pips(0.9pips)
GBP/USD0.2pips(1.2pips)1.3pips0.2pips(0.8pips)0.3~0.9pips(0.9~1.5pips)0.57pips(1.27pips)
XAU/USD2.1pips0.1pips(0.7pips)1.4~1.9pips(2.0~2.5pips)2.27pips(2.34pips)

※2022/6/21調査時点のデータです。
※()内は取引手数料込み

表内ではGEMFOREXのスプレッドが群を抜いていますが、GEMFOREXのノースプレッド口座は最低入金額が30万円と高めの設定になっています。

また、EA(自動売買)が利用できないなどのデメリットもあるため、利用の際は注意しましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスがもらえる//

参考:XMのゼロ口座(ZERO)を海外FX5社と徹底比較!スキャルパー必見

XMのスプレッドが広い理由

XMのスプレッドは、どの口座タイプでも他社と比較して広めであることは否めません。

ただ、XMのスプレッドが広いことには下のような理由があります。

  • 取引環境よりもボーナスに力を入れている
  • 取引方式に「NDD方式」を採用している
  • 変動制スプレッドを採用している

スプレッドはFXにおける取引手数料ともいわれるため悪いイメージがあるかもしれませんが、実はスプレッドを広く設定してあることでトレーダーが得られるメリットも存在します。

それぞれ詳しく説明していきましょう。

取引環境よりもボーナスに力を入れているため

XMのスプレッドが広い理由1つ目は、取引環境よりもボーナスに力を入れているためです。

取引環境を疎かにしているわけではないものの、他社と比較すると明らかにボーナス寄りといえます。

海外FX業者は基本的にボーナス重視か、スプレッドなどの取引環境重視かにわかれていて、XMは前者のボーナス重視です。

XMでは口座開設時ボーナスや入金ボーナス、ポイント制度を用意しているほか、不定期なキャンペーンも開催しています。

具体的なボーナスの内容については、「ボーナスキャンペーンが豪華」の見出しで解説しているのでご覧ください。

しかし、スプレッドに力を入れている業者は入金ボーナスが常時ではなく、年に3〜4回しか開催されないことも珍しくありません。

つまりXMはスプレッドが広い分、ボーナスを多くして利用者へ還元しているのです。

ボーナス重視と取引環境重視のどちらが良いかはトレードスタイルによって異なるため、「スキャルピング以外の取引ならさほどコストは気にならない」の見出しを参考に自分に合ったFX業者を選びましょう。

取引方式に「NDD方式」を採用しているため

XMのスプレッドが広い理由2つ目は、取引方式にNDD方式を採用しているためです。

一般的にFXの取引方式はDD(ディーリング・デスク)方式とNDD(ノン・ディーリング・デスク)方式の2種類で、NDD方式は業者が得る利益がスプレッド分のみという特徴があります。

それぞれの違いについては下の表にまとめた通りです。

DD方式・トレーダーの注文をFX業者が仲介して約定する方式で透明性が低い
・トレーダーの損失がFX業者の利益につながる
・FX業者にとって不利な注文は約定拒否されることがある
NDD方式・トレーダーがインターバンクと直接取引を行う方式で透明性が高い
・トレーダーの利益がFX業者の利益につながる・
トレーダーにとって有利なレートで約定できる

国内FX業者の多くが採用しているのはDD方式で、XMをはじめとした海外FX業者は基本的にNDD方式が多くなっています。

DD方式はトレーダーの損失がFX業者の利益になるので、別途スプレッドを上乗せする必要がありません。

そのため見た目のスプレッドは非常に低くできますが、注文を一度FX業者が呑むため透明性が低く、FX業者にとって不利な注文を拒否することも有り得ます。

一方で、NDD方式はトレーダーの注文がそのまま市場に流されるので透明性に優れている取引方式です。

故意に約定拒否されたり、注文時とは異なるレートを提示されるリクオートが発生することがなく、トレーダーにとって有利な条件で取引することができます。

ただしNDD方式はDD方式と違い、FX業者の利益がスプレッド分のみに限られます。

そこでFX業者は自社の利益を確保するため、スプレッドを上乗せしているのです。

スプレッドだけを見るとNDD方式はDD方式よりも広めになるものの、取引の透明性を確保するための手数料を支払っているという考え方もできます。

スプレッドを最優先するならDD方式、取引環境で選ぶならNDD方式が適しているでしょう。

変動制スプレッドを採用しているため

XMのスプレッドが広い理由3つ目は、変動制スプレッドを採用しているためです。

FXのスプレッドには固定制と変動制の2種類があり、どちらを採用しているかは業者によって異なります。

XMが採用しているのは変動制のため、スプレッドは1日中細かく動き続けています。

言い換えれば、ポジションを持とうと注文した瞬間にスプレッドが急拡大することも有り得るのです。

ただし、変動制スプレッドといっても常に急激な拡大・縮小を繰り返しているわけではありません。

スプレッドが大きく変化するのは、主に「XMのスプレッドが広がる時間帯」の見出しで取り上げたような限られたタイミングです。

スプレッドが広がりやすい時間帯まで含めた平均スプレッドとして見ると広く感じても、主に取引する時間帯の実測値ならコンパクトにまとまるのは「XMのスプレッド一覧」の見出しで確認した通りです。

変動制スプレッドであっても、スプレッド拡大のタイミングさえ避ければ固定制スプレッドとそれほど使い勝手は変わらないでしょう。

スプレッドが広いのにXMが人気な理由

XMのスプレッドが広い理由について確認したところで、なぜ人気があるのか整理していきます。

XMが広いスプレッドでも人気を集める理由は、主に下の3つです。

XMが人気の理由
  • 安全性・信頼性が高い
  • ボーナスキャンペーンが豪華
  • スキャルピング以外の取引ならさほどコストは気にならない

「XMのスプレッドを他社と比較」の見出しでもまとめたように、XMのスプレッドは他社よりもやや広めです。

それでもトレーダーから支持を集めているのは、スプレッド以外にも魅力的な要素があるからに他なりません。

XMならではの魅力について、詳しく見ていきましょう。

安全性・信頼性が高い

XMのスプレッドが広くても人気がある理由1つ目は、安全性・信頼性が高いことです。

XMは海外FX業者の中で比較しても日本人トレーダーからの人気が高く、世界的に見ると100万人以上の利用者がいます。

利用者が多いということは、信頼できる安全な業者であることを意味します。

海外FX業者を選ぶ時は、安全性・信頼性の高さが第一条件です。

実は、海外FX業者の中にはトレーダーの資金を持ち逃げするような詐欺業者も存在します。

もちろん全ての海外FX業者が詐欺業者というわけではなく、優良な業者も多いのですが、海外FX業者を利用する時は詐欺業者に騙されないように注意しなければいけません。

そこで真っ先に見るべきなのが利用者の多さや出金拒否、詐欺トラブルなどの事例です。

業者名で出金拒否などを調べれば過去の事例はすぐに出てきますが、もし情報が見つからなくても新興業者や利用者の少ない業者は利用を避けるようにしましょう。

できたばかりの業者だと低スプレッドやボーナスを大々的に宣伝し、利用者を集めたところで資金を持ち逃げするといった詐欺行為を働く可能性もゼロではないためです。

実際に、入金して利益が出たのに出金拒否されてしまった、といったトラブルも多数発生しています。

しかし、XMなら100万人が使っている安心感があることに加え、出金やサポートの評判も全体的に高評価です。

他社と比較するとスプレッドはやや広めでも、安全性・信頼性の高さを重視すればXMは海外FX業者の中でも有力な候補といえるでしょう。

ボーナスキャンペーンが豪華

XMのスプレッドが広くても人気がある理由2つ目は、ボーナスキャンペーンが豪華なことです。

「取引環境よりもボーナスに力を入れているため」でも解説したように、XMはスプレッドが広い代わりにボーナスで豊富な還元を受けることができます。

言い方を変えれば、ボーナスキャンペーンの内容や頻度の満足度が高いからこそ利用者に受け入れられているのです。

XMで開催しているボーナスキャンペーンとしては、

  • 口座開設ボーナス3,000円
  • 入金100%+20%ボーナス(最大50万円)

これらが常時開催となっているほか、2022年6月には「トレードチャンピオンプロモーション」も開催されました。

獲得pips数、収益額、利益取引数ごとにランキングがあり、1位には約260万円相当の賞金が用意されているなど、非常に豪華なプロモーションでした。

さらに、取引日数に応じてランクが上がり、高ランクになるほどXMポイントが貯まるロイヤルティプログラム、紹介した人数に応じて2,500円~3,500円を受け取ることができる友達紹介ボーナスなど、XMには多様なボーナスキャンペーンがあります。

ボーナス目当てにXMを愛用しているトレーダーが多いだけでなく、これらのボーナスをうまく活用し、スプレッド分のコストと相殺させれば実質的には費用を最小限に抑えることが可能です。

>>XMのボーナスについてより詳しくはこちら

スキャルピング以外の取引ならさほどコストは気にならない

XMのスプレッドが広くても人気がある理由3つ目は、スプレッドによるコストはスキャルピング以外ならそれほど気にならないためです。

スプレッドはFXにおける実質的な手数料といわれるため、スプレッドが狭いFX業者こそが優良というイメージもあるかもしれません。

しかし、実際にはスプレッドの負担が大きくなるのはスキャルピングなどの短期売買を頻繁に繰り返す取引スタイルに限られます。

スプレッドによるコストが発生するのは、原則としてポジションを取る時だけです。

デイトレードやスイングトレードは1日に取引する回数が少ないため、スプレッドの発生頻度も自然と抑えられます。

仮に1回の取引で10pipsずつの獲得を目指すならスプレッドによるコストが響きますが、30pipsや50pipsずつなら大きなデメリットとはならないでしょう。

スプレッドが広いからと言って勝てないというわけではないということです。

それでも他社に比べてスプレッドが広いことは事実なので、取引回数やコストから見て負担が大きいようならスプレッドに力を入れているTitanFXやAXIORYがおすすめです。

XMのスプレッドが広がる時間帯

それでは、具体的にXMのスプレッドが広がるのはどのような時間帯なのかもチェックしておきましょう。

変動制スプレッドを採用しているといっても、スプレッドが拡大するのは主に下に挙げた3つの時間帯に絞られます。

  • 重要な経済指標の発表時
  • 日本時間の早朝6時~7時
  • クリスマス・年末年始

スプレッドが広がりやすいタイミングをあらかじめ把握しておけば、トレードを回避するなどの対策を立てることも可能です。

XMではイレギュラーなスプレッド拡大は起こりにくいので、押さえるべき時間帯をしっかり覚えておくことが大切です。

重要な経済指標の発表時

XMのスプレッドが広がる時間帯1つ目は、重要な経済指標発表の前後です。

国内・海外FX業者の全てに当てはまることですが、アメリカの雇用統計など重要な経済指標が発表されるタイミングではスプレッドが急激に拡大します。

アメリカの雇用統計をはじめとした重要な指標発表は、多くのトレーダーが注目しているビッグニュースです。

その結果に対して集中する注文を緩和するために、FX業者がスプレッドを広げて対応しているのです。

ただし、経済指標発表のスケジュールは事前に公開されています。

そのため、経済指標が発表される前後30分は取引を控えるようにすればスプレッドの急拡大によって予想外の損失を被ることはないでしょう。

また、FX業者には経済指標発表時でもスプレッドの変動幅が小さい業者もあります。

例えば原則固定スプレッドを提供しているGEMFOREXは経済指標発表の影響を受けにくいほか、約定力の高い業者もスプレッドが広がりにくいという特徴があります。

もっとも、経済指標発表をあえて狙うトレードは予測と逆方向に相場が動いた時のリスクが高いためおすすめできません。

しかし、取引タイミングがどうしても被りやすいようならスプレッドが安定しやすいFX業者も検討してみましょう。

日本時間の早朝6時~7時

XMのスプレッドが広がる時間帯2つ目は、日本時間の早朝6時~7時にかけてです。

早朝6時~7時は取引しているトレーダーの数が少なく、市場の流動性が低くなります。

そして、流動性が下がると価格変動率であるボラティリティが高くなり、注文価格と約定価格がずれるスリッページも発生しやすくなってしまいます。

そこで、スリッページの発生を起こりにくくするためにFX業者はスプレッドを拡大させるのです。

スプレッドの狭い時間帯に取引するなら、下記を目安にしてみましょう。

  • 東京市場:日本時間8時~10時
  • ロンドン市場:日本時間15時~19時
  • ニューヨーク市場:日本時間21時~2時

これらの時間帯は市場参加者が多く取引が活発なので、スプレッドも狭くなる傾向にあります。逆にニューヨーク市場が閉まり、東京市場が開くまでの早朝6時~7時は取引量が減少するため、基本的にトレードは避けた方が無難です。

クリスマス・年末年始

XMのスプレッドが広がる時間帯3つ目は、クリスマスや年末年始です。

大きく見て、12月末から年末年始にかけての期間は市場参加者が通常に比べてはるかに少なくなります。スプレッドも普段の数倍程度まで膨れ上がることがあるため、クリスマスや年末年始に合わせて取引するメリットはほとんどないといって良いでしょう。

ほかにも海外で大型連休に入るタイミングなどはスプレッドが広がりやすいので、あらかじめ把握した上でトレード計画を立てることをおすすめします。

XMのスプレッドの計算方法

スプレッドについてより深く理解するために、取引コストの計算方法も理解しておきましょう。

スプレッドによって発生する取引コストは、下の計算式で算出できます。

クロス円通貨ペア:通貨量×スプレッド
クロス通貨ペア:通貨量×スプレッド×日本円に直すレート

クロス円とは、USD/JPY(ドル/円)のように後ろ側がJPY(円)になっている通貨ペアのことです。一方、クロス通貨はEUR/USD(ユーロ/ドル)のような円を含まない通貨ペアを指します。

  • 1pips=1銭=0.01円
  • 1pips=0.01セント

となるので、スプレッド1.5pipsのUSD/JPY(ドル/円)を10万通貨1ロット取引するなら、

100,000×0.015=1,500

上のようにスプレッドによる取引コストは1,500円となります。具体的な計算例については、「XMのスプレッドを日本円に換算する計算式を教えてください。」の見出しでも取り上げているのでご覧ください。

また、XM公式サイトでは取引に役立つ各種計算ツールを利用できます。

スプレッドによるコストを取引のたびに計算しようと思うと面倒ですが、公式ツールを使うと計算式がわからなくても手軽にコストの確認が可能です。pips計算や損益計算など、用途に応じて使い分けられるので取引の際に活用しましょう。

参照:XMTradingのFX計算ツール

XMのスプレッドに関するよくある質問

最後に、XMのスプレッドに関してよくある質問をまとめておきます。

  • XMでスプレッドを確認する方法
  • MT4とMT5でのスプレッドの違い
  • XMでスプレッドが狭い通貨ペア
  • XMのスプレッドを日本円に換算する計算式

XMのスプレッドでよくわからないことや、迷うことがあれば一度目を通してみてください。

スプレッドを表示・確認する方法を教えてください。

MT4、もしくはMT5でXMのリアルタイムスプレッドを確認する手順は以下の通りです。

  1. 気配値を表示する
  2. 気配値の上で右クリックをする
  3. 「スプレッド」にチェックを入れる

「!」マークで表示された列がスプレッドで、数値を10で割ることでpipsに換算できます。例えば上画像だとUSD/JPY(ドル/円)の数値は「15」なので、1/10の「1.5」がスプレッドです。

なお、一部銘柄のリアルタイムスプレッドはXM公式サイトでも公開されています。

>>XMTrading公式サイトはこちら

口座タイプごとのスプレッドの違いも確認できるので、口座開設前などに一度チェックしておくことをおすすめします。

MT4とMT5で、リアルタイムスプレッドは変化しますか?

スプレッドはMT4・MT5で共通になっています。

基本的に取引プラットフォームの違いでスプレッドが変わることはないため、普段から使い慣れている方を選んで問題ありません。ダウンロード版のMT4・MT5だけでなく、ブラウザ版やスマホアプリでも表示されているスプレッドは同様です。

ただし、取引サーバーによって多少の通信速度差があることから表示されるリアルタイムスプレッドがずれることはあります。とはいえ、実際の取引にあたって大きな違いが出ることはないので特別気にする必要はないでしょう。

XMでスプレッドが狭い通貨ペアはどれですか?

XMのスプレッドは海外FX業者の中でも平均的か、あるいはやや広いレベルです。

そのため、他社よりも特別スプレッドが狭い通貨ペアはありません。ですが、Standard口座ならUSD/JPY(ドル/円)やUER/USD(ユーロ/ドル)、Zero口座ならGBP/USD(ポンド/ドル)などが比較的スプレッドの小さい通貨ペアといえます。

XMと他社のスプレッド比較については、「XMのスプレッドを他社と比較」の見出しをご覧ください。

XMのスプレッドを日本円に換算する計算式を教えてください。

XMのスプレッドを日本円に換算するには、下の計算式を使用します。

レート差※1×ロット×通貨量(契約サイズ※2)×日本円に直すレート

※1 スプレッドのポイント差
※2 1ロットあたりの通貨量

「日本円に直すレート」は通貨ペアがクロス通貨かクロス円かで変わります。実際に計算して確認してみましょう。

  • スプレッド1.5pips
  • ロット:5lot
  • 通貨量:10万

とした場合、USD/JPY(ドル/円)であればクロス円なので日本円に直すレートは1となり、

0.015×5×100,000×1=7,500

XMでUSD/JPY(ドル/円)を5ロット取引する際のスプレッドは7,500円とわかります。

もし同条件でEUR/USD(ユーロ/ドル)を取引するとしたら、クロス通貨なので1ドル130円として計算し、

0.00015×5×100,000×130=9,750

XMでEUR/USD(ユーロ/ドル)を5ロット取引する際のスプレッドは9,750円となります。

ゴールドのスプレッドは狭いですか?

XMと他社のゴールドのスプレッドを比較すると以下のようになっています。

通貨ペアXMGEMFOREXFXGTAXIORYTITAN FX
XAUUSD
ゴールド
3.5pips3.2pips2.5pips3.1~3.9pips2.23pips

ゴールドのスプレッドも決して狭いとは言えません。

ただし、他社と比較してスプレッドの開き具合(変動幅)に違いがあります。

XMはスプレッドが開いても他社ほど、ひどい数値にはならないので安心して取引することができるでしょう。

XMのスプレッド まとめ

XM(エックスエム)のスプレッドは海外FX業者の中で比較しても平均かやや広めで、お世辞にも狭いとはいえません。

しかし、豊富なボーナスによる還元や高い安全性など、XMならではの魅力で数多くの利用者を集めています。

総合的に見てスプレッドによるコストが取引にあたってあまり大きな負担にならないようなら、XMは十分利用する価値のある業者といえるでしょう。

ただスキャルピングをメインに取引している方には明らかに不向きなので、トレードスタイルに応じてGEMFOREXやAXIORYなど他社を検討することをおすすめします。

スプレッドは絶対的な指標ではないため、判断材料のひとつとして利用業者を選んでください。

参考:XMの評判を徹底検証!XMの真実を語る

まだ、迷っていますか??

あなたはFX口座に何を求めますか??

もしあなたが優秀な取引環境を求めるなら、XMで始めるべきです。888倍のレバレッジとゼロカットシステム、金融ライセンスと顧客資金管理においてXMの右にでる海外FX会社はありません。

まずは口座開設ボーナス3000円で、XMの取引環境を体感して下さい。

入金不要・無料で取引できます。

100万人以上の日本人が登録する、最大手FXブローカーXMではじめましょう。

\\口座開設で3000円ボーナスはコチラ//

TwitterでXMや海外FXの最新情報を受け取ろう

XMが選ばれる3つの理由
XMの評判について
評判が良い
XMの評判・口コミは良く、9年の運営歴、金融ライセンスなどの安全性に対する評価はダントツです。
XMのボーナス
ボーナスが豪華
3000円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナス等の制度が充実!!少額でも問題なく投資できます。
888倍のレバレッジ
XMの一番の特徴は最大888倍のレバレッジ。海外FX会社の中でも破格のレバレッジを提供しています。