海外FXのボーナスに税金はかかる?ボーナスの課税ルールを徹底解説

海外FXの取引で得た利益は総合課税の雑所得として課税対象になることはすでにご存知ですよね。

では、海外FXでもらえる様々なボーナスはどうでしょう。

結論から言うと、現金として出金できるボーナスは課税対象となり、出金できないボーナスは課税対象外となります。

とはいえ、課税対象となるほど多くのボーナスをもらうケースは極めて稀なはず。

ただし、多くの海外FXトレーダ―にとって、海外FXのボーナスは節税対策のために有効活用することができます。

本記事では、課税対象となる海外FXのボーナスとボーナスを使った節税対策について解説します。

海外FX70社のボーナスキャンペーンを徹底比較!入金ボーナス・口座開設ボーナスのおすすめは?

海外FXのボーナスは課税対象なのか

海外FXのボーナスには課税対象になるボーナスと課税対象にならないボーナスがあります。

課税対象になるか否かは、そのボーナスが出金できるか否かによって決まります。

つまり、課税対象のボーナスは出金することができ、課税対象にならないボーナスは出金することはできず、有効証拠金として取引に使用できるだけの機能しかありません。

それぞれのボーナスについて詳しく見てみましょう。

出金可能ボーナスは課税対象で税金が発生する

以下に課税対象となる出金可能なボーナス例をピックアップしていますので参考にしてみてください。

課税対象のボーナス

  • 条件達成で出金できる入金ボーナス(例:AXIORY、Traders Trust, HotForex)
  • 出金できるポイントプログラム(例:XMのロイヤリティプログラム)
  • 利息ボーナス(例:iFOREX)
  • トレードコンテストの賞金(例、Exclusive Markets, FBS)
  • 現金として付与されるキャッシュバック(例、XM, iFOREX)

それぞれのボーナスの具体例を見てみましょう。

条件達成で出金できる入金ボーナス

いくつかの条件をクリアすることで出金可能な入金ボーナスを提供している海外FXがあります。

例えば、AXIORYが毎年実施している「お年玉ボーナスキャンペーン」と「お中元ボーナスキャンペーン」では、キャンペーン期間中に入金すると入金額の100%相当のボーナス(上限額10万円)が付与されます。

さらに、同キャンペーン期間中に一定の取引を行うことで、取引量に応じて最大5万円までボーナスを出金することが可能になります。

AXIORYの他にも、Traders TrustやHotForexなどで同じようなボーナス制度を設けています。

出金できるポイントプログラム

XMでは、取引量に応じてポイントが付与される「XMロイヤルティプログラム(XMP)」を実施しています。

XMロイヤルティプログラム(XMP)で付与されるポイントは取引量と会員ステータスによって異なり、ステータスランクがDiamond(取引歴60日以上)になるとポイントを換金して現金として出金できるようになります。

ただし、出金する場合のポイント換金率は2.5%と非常に低いため、出金するメリットはほとんどないでしょう。

還元率は悪いとはいえ、ポイントを換金した場合は課税対象になります。

XMロイヤルティプログラム(XMP)の場合、確定申告の際の手間を考えると換金するメリットはなく、むしろ課税申告の手間が増えるだけかもしれませんね。

利息ボーナス

例えば、iFOREXでは口座残高に対して年率3の利息ボーナスが付与されるウェルカムボーナスを実施しています。

ただし、年率3%の利息ボーナスを受け取るためには以下の条件を達成しなければいけません。

  • 初回入金額が1,000ドル以上
  • 30日に一回以上の取引がある
  • 口座残高1,000ドル以上をキープしている

上記の条件をクリアすれば、口座残高に対して年率3%のボーナスが毎月1回付与されます。

年利3%ボーナスは口座残高に直接振り込みされ出金することができるため、課税対象になります。

トレードコンテストの賞金

Exclusive MarketsやFBSなどの海外FX業者では、毎月トレードコンテストを実施しています。

トレードコンテストで上記5位以内にランクインすると以下の賞金が授与されます。

Exclusive MarketsFBS(個人)
1位8,000ドル450ドル
2位3,500ドル250ドル
3位2,000ドル150ドル
4位1,000ドル100ドル
5位500ドル50ドル

賞金額は主催する海外FX業者によって異なりますが、授与された賞金は口座に直接入金され、取引に利用することも直接出金することも可能です。

つまり、トレードコンテストの賞金は課税対象となります。

ただし、賞品が賞金ではなく景品の場合は課税対象外になります。

現金として付与されるキャッシュバック

多くの海外FXG業者には、友達紹介プログラムによるキャッシュバック制度があります。

口座開設後に友達を紹介し、口座開設と一定量の取引を行うことで、紹介した人と紹介された友達の両者にキャッシュバックとボーナスが付与される制度です。

例えば、XMの場合、友達1人を紹介すると25∼35ドルのキャッシュバックが紹介者に付与され、紹介された友達は50ドルのボーナスが付与されます。

なお、紹介者が受け取るキャッシュバックは出金することができるため課税対象ですが、紹介された友達が受け取る50ドルは出金ができないボーナスとして付与されるため、課税対象にはなりません。

次に、課税対象にならないボーナスについて見てみましょう。

出金できないボーナスに税金は発生しない

以下に課税対象外となる出金できないボーナス例をピックアップしていますので参考にしてみてください。

非課税のボーナス

  • 口座開設ボーナス(例:XMTradin, GEMFOREX, FXGT)
  • 入金ボーナス(例:XM, GEMFOREX, FXGT)
  • 損失補填ボーナス(例:GEMFOREX)

それぞれのボーナスの具体例を見てみましょう。

口座開設ボーナス

海外FXには、新規で口座開設した場合のみ付与される口座開設ボーナスを提供している海外FX業者があります。

以下の表に、口座開設ボーナスを提供している代表的な海外FX業者をピックアップしていますので参考にしてみてください。

海外FX業者口座開設ボーナス額
XM5,000円
GEMFOREX20,000円
FXGT3,000円
FBS10,000円
Exclusive Markets5,000円

上記の口座開設ボーナスは取引時の有効証拠金としての役割はありますが、ボーナス自身を出金することはできません。

そのため、口座開設ボーナスは課税対象外となります。

入金ボーナス

多くの海外FX業者では入金ボーナスを提供しています。

入金ボーナス額は各業者によって異なりますが、入金額の100%相当額のボーナスをボーナス支給上限額に達するまで何度でも付与するケースが一般的です。

以下の表に、口座開設ボーナスを提供している代表的な海外FX業者をピックアップしていますので参考にしてみてください。

海外FX業者入金ボーナス額ボーナス支給上限額
XM入金額の100%(注記1)50万円
GEMFOREX入金額の100%(注記2)500万円
FXGT初回入金額の100%(注記3)3万円
iFOREX入金額の100%(注記4)10万円
Land-FX入金額の100%(注記5)50万円

(注記1)入金ボーナスの付与額が50万円を超えると、入金額の20%相当額のボーナスが上限50万円ドルに達するまで提供されます。
(注記2)GEMFOREXの入金ボーナスは当選制です。当選者にはマイページにて発表およびメールで通知が届きます。
(注記3)2回目移行は入金額の30%相当額のボーナスが上限額700万円に達するまで提供されます。
(注記4)上限額の10万円に達した後は、入金額の25%相当額のボーナスが上限10万円に達するまで提供されます。
(注記5)1回の入金額の1万円以上の場合のみ入金額の100%相当額のボーナスが上限額に達するまで提供されます。

上記の入金ボーナスは取引時の有効証拠金としての役割はありますが、ボーナス自身を出金することはできません。

そのため、入金ボーナスは課税対象外となります。

損失補填ボーナス

GEMFOREXでは、他社からGEMFOREXに乗り換える場合に、乗り換え前の口座にある含み損をGEMOFOREXが補填してくれるボーナスを実施しています。

つまり、含み損で塩漬け状態になった口座からGEMFOREXに乗り換える時、塩漬け口座を強制決済することで確定する損失額をGEMFOREXがボーナスとして負担するということです。

このようなボーナスを実施しているFX業者はGEMFOREX以外にありません。

ただし、損失補填ボーナスを利用するには、乗り換え前にGEMFOREXによる事前審査が必要になります。

なお、損失補填ボーナスは取引時の有効証拠金としての役割はありますが、ボーナス自身を出金することはできません。

そのため、損失補填ボーナスは課税対象外となります。

以上が課税対象にならないボーナス例でした。

次に、課税対象ボーナスの所得区分について確認してみましょう。

課税対象ボーナスの所得区分とは?

海外FXの取引で得た利益は「雑所得」に所得区分されます。

一方、課税対象となるボーナスには「雑所得」として所得区分できるものと、「一時所得」として所得区分するものの2種類に分けられます。

それぞれの所得区分の具体例を見てみましょう。

ボーナスの種類によって所得区分は異なる

海外FXのボーナスの中でも、出金可能なボーナスや利息ボーナスなどは「雑所得」に所得区分されます。

雑所得のボーナス例

  • AXIORYなどの条件達成で出金できる入金ボーナス
  • XMのロイヤルティプログラム
  • iFOREXの利息ボーナス
  • XMの友達紹介ボーナス

一方、海外FXのボーナスの中でも、トレードコンテストの賞金などは「一時所得」として所得区分されます。

一時所得のボーナス例

  • Exclusive Markets,やFBSのトレードコンテストの賞金

では、いくら以上の所得に対して税金がかかるのでしょうか。

具体例を見てみましょう。

海外FXは所得額がいくらから税金がかかる?

海外FXの所得は総合課税の雑所得として計上します。

つまり、給与所得などの海外FX以外の所得と合計した総所得額によって税率が決定します。

総所得額に対する課税率と控除額は以下の表を参考にしてください。

総所得額課税率控除額
195万円以下5%0円
195万円超~330万円以下10%97,500円
330万円超~695万円以下20%427,500円
695万円超~900万円以下23%636,000円
900万円超~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

ただし、以下の場合は課税滞納外となります。

課税対象外となる例

  • 給与所得がある人:海外FXの雑所得が年間20万円以下
  • 給与所得がない人:海外FXの所得が年間38万円以下

上記の場合は課税対象外となるため、確定申告する必要はありません。

一方、トレードコンテストの賞金などの一時所得は50万円以下であれば課税対象外です。

ただし、一時所得が50万円を超えると、超えた額の50%をその他の総所得額と合算して確定申告を行う必要があります。

例えば、トレードコンテストの賞金総額が年間80万円になった場合は以下のように課税所得が算出されます。

(80万円 – 50万円(一時所得の特別控除額))÷ 2 + その他の総所得額 = 課税所得

課税所得に対する課税率は、先ほどの総所得額に対する課税率の表を参考にしてください。

入金ボーナスを使った節税方法

入金ボーナスで節税対策する方法があります。

出金不可の入金ボーナスは課税対象外ということはすでに解説した通りです。

ただし、入金ボーナスを使った取引によって得た利益は、当然ながら課税対象になりますよね。

では、入金ボーナスを使った取引によって損失が発生した場合はどうなるでしょうか。

例えば、100%入金ボーナスの場合、10万円入金すると10万円分のボーナスが付与され、計20万円の有効証拠金を利用した取引が可能になります。

この時、もし取引で有効証拠金がゼロになってしまった場合、取引に使用した入金ボーナスと入金額(自己資金)を合算した計20万円分を損失計上することが可能です。

つまり、確定申告する際の総所得額に対して損失額を計上する(差し引く)ことができるため、最終的な課税所得額を低く押さえることができるのです。

ただし、ボーナスを損失計上できるのは、自己資金と合算された証拠金で取引をして損失を負った場合のみです。

未入金ボーナスの損失は計上できませんのでご注意ください。

「入金ボーナスを使った両建てによる節税」という方法がネット界隈では有名ですが、ボーナスを使った両建ては規約違反になる可能性が高いためご注意ください。

海外FXのボーナスで両建てするのは違反!?知らなきゃ損する豆知識

未入金ボーナスは損失計上できない

例えば、口座開設ボーナスの場合、自己資金を入金することなくボーナスのみで取引することが可能です。

このような未入金ボーナスを使った取引で得た利益については課税対象となりますが、未入金ボーナスを使った取引で損失を負った場合は、ボーナスを損失計上することはできません。

例)XMの新規口座開設ボーナスを使った取引の場合

  • 口座開設ボーナスのみの取引で負った損失額は損失計上不可
  • 口座開設ボーナス+自己資金の取引で負った損失額は口座開設ボーナスと自己資金を合算して損失計上可能

つまり、口座開設ボーナスのみで取引をするのではなく、少しでも自己資金を入金して取引することで万が一損失を負った時に節税対策することができるようになります。

まとめ

海外FXのボーナスの中でも、現金として出金できるボーナスは課税対象となり、出金できないボーナスは課税対象外となります。

課税対象のボーナス

  • 条件達成で出金できる入金ボーナス(例:AXIORY、Traders Trust, HotForex)
  • 出金できるポイントプログラム(例:XMのロイヤリティプログラム)
  • 利息ボーナス(例:iFOREX)
  • トレードコンテストの賞金(例、Exclusive Markets, FBS)
  • 現金として付与されるキャッシュバック(例、XM, iFOREX)
非課税のボーナス

  • 口座開設ボーナス(例:XMTradin, GEMFOREX, FXGT)
  • 入金ボーナス(例:XM, GEMFOREX, FXGT)
  • 損失補填ボーナス(例:GEMFOREX)

とはいえ、課税対象となるボーナスの総額はけして多くはありません。

また、以下の場合は海外FXで得た所得は課税対象外となることが認められています。

課税対象外となる例

  • 給与所得がある人:海外FXの雑所得が年間20万円以下
  • 給与所得がない人:海外FXの所得が年間38万円以下

つまり、上記の金額を超えた所得が発生した場合のみ確定申告が必要になります。

ただし、ボーナスは課税対象になるだけでなく、ボーナスを使った取引で生じた損失額は確定申告時に損失計上することができるため、節税対策として利用することが可能です。

特に入金ボーナスは総支給上限額が大きい傾向にあるため、万が一損失が発生した場合はボーナスと自己資金を合算した損失額を損失計上することができるため、節税効果も大きくなるでしょう。

つまり、海外FXの入金ボーナスは少ない自己資金で大きな利益を狙うことができるだけでなく、節税対策としても利用することができるのです。

海外FXで得た利益は総合課税となるため、所得額が大きくなれば税金負担も大きくなる傾向があります。

そのため、海外FXのボーナスを使った節税対策は海外FXトレーダーにとって必須となるでしょう。