FXGT(エフエックスジーティー)はスキャルピングに向いているのか?為替も仮想通貨も徹底解説

FXGTはスキャルピングに関する規定がないため、自由にトレードできる点が魅力的です。

しかし、結論から言うと、FXGTは為替FXのスキャルピングにはあまり向いていません。

2021年6月に実装されたECN口座を踏まえて検討しても、FXGTは為替FXのスキャルピング向きの業者ではないでしょう。

一方、仮想通貨FXのスキャルピングに対しては、FXGTは十分に適しているブローカーです。

そこで、この記事では注意点も含めて、FXGTでのスキャルピングトレードについて詳しく見ていきましょう。

FXGTでの為替FX、ならびに仮想通貨FXのスキャルピングに関して、具体的に紹介します。

\\5,000円ボーナスをGETしよう//
無料で口座開設をする
(FXGT公式サイト)
あわせて読みたい

海外FXの利用を検討している方の中には、「スキャルピングで稼ぎたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。 この記事は、 海外FXが初めての方 […]

blank

FXGT(エフエックスジーティー)は為替FXのスキャルピングにはあまり向いていない

結論を述べると、FXGTは為替FXのスキャルピングには、あまり向いていない業者です。

決して、FXGTのスペックは悪くありません。

しかし、為替FXのスキャルピングを行うのであれば、FXGTよりもよりスペックが優れた業者が存在するでしょう。

FXGTにおける為替FXのスプレッドは平凡なレベルで、あまり優秀ではないためです。

加えて、FXGTのストップレベルはやや広めになっていて、やはりスキャルピングには向きません。

ただ、FXGTが使いやすくて気に入っている場合は、FXGTで為替FXのスキャルピングを試してみても良いでしょう。

この見出しでは、以下の2つのポイントについて見ていきます。

それぞれの点を分かりやすく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

為替FXのスキャルピングに向かない理由

  • スプレッドが平凡なレベルなのであまり優秀ではない
  • ストップレベルがやや広い

スプレッドが平凡なレベルなのであまり優秀ではない

先に説明したように、FXGTの為替FXのスプレッドは可もなく不可もない、普通のレベルです。

したがって、FXGTの為替FXにおけるスプレッドは、あまり優秀ではありません。

ここでは、以下の有名な海外FX業者とFXGTのスプレッドを比較してみましょう。

スタンダード口座とECN口座、それぞれの口座で主要7通貨ペアのスプレッドを比べます。

  • FXGT
  • GEMFOREX
  • XM
  • AXIORY
  • TitanFX

① 有名ブローカーのスタンダード口座における主要7通貨のスプレッド

まずは、有名な業者のスタンダード口座でのスプレッドをチェックしましょう。

FXGTのスプレッドは、XMと大差がなく、TitanFXとの差が大きい印象ですね。

通貨ペアFXGT
スタンダード口座
GEMFOREX
オールインワン口座
XM
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
TitanFXZero
スタンダード口座
取引手数料無料無料無料無料無料
USD/JPY1.7 pips1.5 pips1.6 pips1.4 pips1.3 pips
EUR/JPY2.2 pips1.6 pips2.6 pips1.3 pips1.5 pips
EUR/USD1.7 pips1.6 pips1.6 pips1.2 pips1.2 pips
GBP/JPY3.6 pips1.7 pips3.5 pips1.6 pips2.4 pips
AUD/JPY3.3 pips3.2 pips3.0 pips1.9 pips1.7 pips
GBP/USD2.4 pips2.4 pips2.3 pips1.4 pips1.5 pips
AUD/USD1.8 pips2.2 pips1.8 pips1.9 pips1.1 pips

② 有名ブローカーの低スプレッド口座における主要7通貨のスプレッド

続いては、有名な業者とFXGTの低スプレッド口座におけるスプレッドを見ていきましょう。

ここでは、各通貨ペアに対するスプレッドだけでなく、それぞれのブローカーで必要となる往復での取引手数料も記載しています。

ECN口座ではFXGTのスプレッドは悪くないものの、それほど狭い印象でもありませんね。

通貨ペアFXGT
ECN口座
GEMFOREX
ノースプレッド口座
XMTrading
Zero口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
TitanFX
Zeroブレード口座
取引手数料(往復)10ドル相当無料100,000ドル相当の取引に対して
:10ドル相当
1ロットに対して
:6ドル相当
1ロットに対して
:7ドル相当
USD/JPY0.3 pips0.3 pips0.1pips0.3 pips0.3 pips
EUR/JPY0.7 pips0.7 pips0.6 pips0.6 pips0.3 pips
EUR/USD0.3 pips0.3 pips0.1 pips0.2 pips0.2 pips
GBP/JPY1.2 pips1.2 pips1.2pips1.2 pips1.3 pips
AUD/JPY1.1 pips0.8 pips1.2pips0.9 pips0.8 pips
GBP/USD0.4 pips1.5 pips0.4 pips0.7 pips0.5 pips
AUD/USD0.5 pips0.5 pips0.4pips0.7 pips0.3 pips

まとめると、スタンダード口座、ECN口座共に、FXGTのスプレッドはそれほど狭くありません。

為替FXのスキャルピングに挑むなら、FXGTのスプレッドは平凡なレベルと言えるでしょう。

関連:FXGT(エフエックスジーティー)のスプレッドは狭いのか広いのか?為替と仮想通貨に分けて徹底調査

ストップレベルがやや広い

次に、ここでは、FXGTのストップレベルについて見ていきましょう。

ストップレベルとは、通貨ペアの市場レートと注文設定できるレートとの乖離している範囲のことです。

より詳しく言うと、指値注文や逆指値注文、また利確や損切りを設定するときに、現時点でのレートから最低限離れていないといけない値幅の範囲を指します。

たとえば、市場価格が1ドル=114.50円で、ストップレベルが3.0pipsと仮定しましょう。

すると、注文できるレートは114.47円、もしくは114.53円からになります。

上記の例のように、ストップレベルが広いブローカーでは、利確や損切りがやりづらい点がデメリットです。

反対に、ストップレベルが狭い場合は、1.0pipsずつ利確や損切りができるため、スキャルピングがやりやすいでしょう。

したがって、ストップレベルがゼロのブローカーの方が、スキャルピングトレードに向いています。

たとえば、XMTrading(XM)やAXIORY(アキシオリー)、TitanFX(タイタンFX)、Tradeview、TTCMなどのストップレベルはゼロです。

ストップレベルに関して、FXGTも努力していないわけではありません。

実際に、26通貨ペアに対して、FXGTはストップレベルを改善しました。

けれども、残念ながら、FXGTのストップレベルは依然広い方です。

そこで、より明確に分かるようにように、ここではFXGTのストップレベルをチェックしておきましょう。

主要8通貨に対するFXGTのストップレベルは、以下の表の通りです。

狭くなっても、スキャルピングをするには、まだ広めのストップレベルな印象ですね。

通貨ペアストップレベル
USD/JPY3.2 pips
EUR/JPY3.7 pips
EUR/USD2.8 pips
GBP/JPY5.9 pips
AUD/JPY4.7 pips
GBP/USD3.8 pips
NZD/JPY9.7 pips
CAD/JPY8.8 pips

なお、スキャルピングEA(自動売買)を運用する上で、ストップレベルは弊害が出ることが多いので気をつけましょう。

一方で仮想通貨FXのスキャルピングには向いている

為替FXのスキャルピングには不向きなFXGTでしたが、仮想通貨FXにはおすすめのブローカーです。

他の業者よりもスプレッドが極端に狭いため、十分にFXGTでスキャルピングトレードに挑戦する価値があるでしょう。

たとえば、以下の表にてFXGTとTitanFXを比較したので、参考にしてください。

TitanFXと比べて、FXGTのスプレッドは圧倒的に狭いですよね。
 

通貨ペアFXGTTitanFX
BTC/USD16.3 pips33.1 pips
BCH/USD0.6 pips1.4 pips

ちなみに、仮想通貨FXのスプレッドに関しては、FXGTのスタンダード口座でもECN口座でもあまり差がありません。

そのため、仮想通貨FXのトレードだけを考慮すると、FXGTでいずれの口座を選んでも問題ありません。

\\5,000円ボーナスをGETしよう//
無料で口座開設をする
(FXGT公式サイト)

では、この見出しでは、以下の4ポイントについて見ていきましょう。

それぞれの点に関して、具体的に紹介します。

仮想通貨FXのスキャルピングには向いている理由

  • レバレッジ1000倍で仮想通貨FXトレードができる
  • 仮想通貨のスプレッドは比較的狭めで優秀
  • そもそも仮想通貨はスキャルピングに向いている
  • 結論:色んな要素がかみ合うので仮想通貨のスキャルピングがオススメ

レバレッジ1000倍で仮想通貨FXトレードができる

FXGTの強みの1つは、仮想通貨FXにレバレッジ1,000倍を適応できることです。

CFD商品として、仮想通貨をトレードできる業者は他にもあります。

しかし、1,000倍のレバレッジをかけて仮想通貨FXをトレードできるブローカーは珍しいです。

そこで、他の有名なブローカーとFXGTのスペックを比べてみましょう。

以下の表では、主要な5つの海外FX業者における、仮想通貨トレードの最大レバレッジ倍率と取り扱っている仮想通貨の種類をまとめました。

やはり、レバレッジ1,000倍をかけたトレードができるブローカーはFXGTだけですね。

FXGTBitterzCryptoGTBigBossTitanFX
仮想通貨FXに適応できる最大レバレッジ倍率1,000倍888倍500倍999倍20倍
仮想通貨の取扱種類BTC
BCH
ETH
XRP
LTC
ADA
XLM
DOT
DOG
SHB
SOL
LUN
BTC
BCH
ETH
XRP
LTC
USDT
ADA
ATOM
DOT
SOL
BTC
BCH
ETH
XRP
LTC
ADA
DSH
XMR
EOS
TRX
BSV
BNB
XLM
XTZ
IOT
MBT
DOT
DOG
SHB
SOL
LUN
BTC
BCH
ETH
XRP
LTC
EOS
USDT
NEO
UNI
BTC
BCH
ETH
XRP
LTC
BNB
DOT
UNI
LNK
XLM

仮想通貨のスプレッドは比較的狭めで優秀

さらに、FXGTの仮想通貨FXでのスプレッドは、比較的狭めになっています。

以下の表でも、他社と比べても、FXGTのスプレッドが優秀な点が分かりますね。

なお、FXGTとCryptoGTの運営元は同じ会社です。

したがって、運営元が共通のFXGTとCryptoGTのスプレッドが優れている印象ですね。

通貨ペアFXGTBitterzCryptoGTTitanFX
BTC/JPY2280242118033500
ETH/JPY2801483231320
XRP/JPY109230118180
LTC/JPY3817043120
BCH/JPY108272124148
ADA/JPY28704800
DOT/JPY98180129
XLM/JPY2123140

続いては、仮想通貨FXとスキャルピングに関して見ていきましょう。

そもそも仮想通貨はスキャルピングに向いている

FXGTは仮想通貨FXのスキャルピングにおすすめのブローカーですが、そもそも仮想通貨はスキャルピングと相性が良いことが特徴です。

仮想通貨がスキャルピングに向いている理由は、具体的には以下の2点になります。

  • 仮想通貨はとてもボラティリティ(価格変動)が大きいので、短期間でも相場が大きく動く
  • まだ仮想通貨の市場が成熟していないため、チャートが読みやすい

ちなみに、スキャルピングを目的とする場合は、仮想通貨の中でもビットコイン(BTC)が最適でしょう。

スキャルピングではトレードする通貨の流通量の多さが重要ですが、ビットコインは最も流通量が多い通貨であるためです。

しかも、仮想通貨市場は土日も空いているため、365日24時間トレードができます。

いつでもトレード可能なので、仮想通貨FXであれば、平日は忙しいトレーダーでも参加できますね。

結論:色んな要素がかみ合うので仮想通貨のスキャルピングがオススメ

結論としては、スキャルピングに適したポイントを有するため、仮想通貨のスキャルピングはおすすめです。

1,000倍のレバレッジをかけて仮想通貨FXのトレードができるFXGTは、とてもスキャルピングに向くブローカーと言えるでしょう。

ちなみに、この見出しでは、FXGTの仮想通貨FXでのスプレッドやスワップポイントを、具体的な数値で紹介しました。

FXGTでスキャルピングする際に必須の情報なので、ぜひ役に立ててくださいね。

FXGTでのスキャルピングの注意点

では、最後に、FXGTでのスキャルピングに関する注意点を見ていきましょう。

この見出しでチェックする注意点は、以下の6点です。

FXGTでのスキャルピングの注意点

  1. 仮想通貨FXはレバレッジ制限に注意する
  2. 仮想通貨FXにはマーケットデプスが採用されている
  3. アービトラージは禁止されている
  4. 接続遅延やレートのエラーを利用したトレードも禁止
  5. 窓開けなどゼロカットを多用したトレードも注意が必要
  6. MT4用のEA(自動売買)やインジケーターは利用不可

仮想通貨FXのレバレッジ制限とマーケットデプスの採用については、FXGT独自の注意すべきポイントになります。

また、MT4用のEA(自動売買)ツールやインジケーターが利用できない点も、MT5にしか対応していないFXGTの注意事項でしょう。

一方、アービトラージやシステムエラー、ゼロカットシステムの悪用に関しては、他のブローカーにもよく見られる注意点です。

ここで紹介するポイントにはくれぐれも気をつけて、FXGTでスキャルピングしましょう。

仮想通貨FXはレバレッジ制限に注意する

まず1つ目のFXGTでスキャルピングを行う際の注意点は、仮想通貨FXではレバレッジ制限に気をつけることです。

前述の通り、FXGTの仮想通貨FXでは、最大1,000倍のレバレッジをかけたトレードができます。

しかし、レバレッジ1,000倍をかけたい場合は、取引量(ポジションの総額)が3,000ドル以下である点が条件です。

取引量が3,000ドル以下という基準は、なかなか厳しいレバレッジ制限でしょう。

FXGTにおける仮想通貨FXのレバレッジ制限は、下記の表の通りです。

取引量が3,000ドルまでであれば1,000倍のレバレッジをかけたトレードが可能ですが、最低でも20倍のレバレッジを適応できますね。

仮想通貨FXの取引量(ドル)最大レバレッジ倍率
0〜3,0001,000倍
3,000〜10,000500倍
10,000〜50,000200倍
50,000〜100,000100倍
100,000〜200,00050倍
200,000を超える場合20倍

関連:FXGTのスワップポイントはわかりにくい?為替と仮想通貨に分けてわかりやすく解説

仮想通貨FXにはマーケットデプスが採用されている

2つ目のFXGTでスキャルピングをする上での注意点は、仮想通貨FXにはマーケットデプスが採用されている点です。

マーケットデプスとは、注文するロット数に応じて、約定価格が変動するシステムを指します。

「マーケットデプスは板情報と類似したシステム」とも言えますね。

そのため、注文するロットが少ないほど、スプレッドは狭くなります。

反対に、注文するロットが多くなるほど、スプレッドは広くなってしまうことがデメリットでしょう。

よって、マーケットデプスを採用しているFXGTでは、ロット数を分けて、少しずつ仮想通貨を注文する方がお得です。

アービトラージは禁止されている

続いては、FXGTで禁止されているトレードスタイルに関して見ていきましょう。

FXGTで禁止されているトレードスタイルの1点目は、アービトラージ(裁定取引)です。

故意でなくても、EA(自動売買)ツールの利用時は、アービトラージになってしまう可能性があります。

したがって、あらかじめロジックの確認をしておくことがおすすめです。

また、FXGTにおける両建てトレードは、同一口座内のみ可能となっています。

つまり、FXGTの複数口座間や他のアカウント、もしくは他社の口座との両建ては認められていません。

接続遅延やレートのエラーを利用したトレードも禁止

さらに、FXGTでは接続遅延やレートのエラーを利用したトレードも禁止です。

たとえば、世界的な有事が発生すると、相場は急変動する傾向があります。

そして、市場が荒れたときには、サーバーやサイトにアクセスが集中するでしょう。

そのため、接続遅延やネットワークエラーが起こりやすくなります。

接続遅延やネットワークエラーが起きた場合は、正しいレートがチャートに反映されていないタイミングがあるでしょう。

もし適切なレートがチャートに反映できていないタイミングを狙ったトレードを実行すると、FXGTには認められません。

仮に、接続遅延やレートのエラーを狙ったトレードで利益を得ても、後で利益は取り消されるので辞めておきましょう。

窓開けなどゼロカットを多用したトレードも注意が必要

加えて、窓開けなどのゼロカットを多用したトレードにも注意が必要です。

窓開けとは、金曜日の市場クローズ時のレートと、月曜日の市場オープン時のレートが大きく離れていることを指します。

窓開けを狙ったトレードは、厳密には、FXGTで禁止されていません。

しかし、窓開けを狙ったトレードを繰り返すと、FXGTからゼロカットの悪用とみなされる可能性があるでしょう。

万が一FXGTにゼロカットの悪用とみなされた場合は、せっかく得た利益も取り消されます。

よって、窓開けを狙って、金曜日の市場クローズ時に複数口座間で両建てするトレードスタイルは避ける方がおすすめです。

関連:FXGTのゼロカットまでの流れと注意点を解説!他社との違いや発動条件とは?

MT4用のEA(自動売買)やインジケーターは利用不可

最後に紹介するFXGTのスキャルピングに関する注意事項は、MT4用のEA(自動売買)ツールやインジケーターは利用できないことです。

取引プラットフォームとして、FXGTの提供はMT5のみで、MT4は利用できません。

したがって、FXGTでMT4用のEA(自動売買)ツールやインジケーターは利用できないため、MT5用を用意しましょう。

まとめ

FXGTのスキャルピングに関する詳細を把握したところで、ここでは、本記事を簡単におさらいしておきましょう。

FXGTでの為替FXスキャルピングについては、スペックが平凡なので、あまりおすすめではありません。

しかし、悪いスペックでもないため、FXGTが好きなら試してみても良いでしょう。

一方、FXGTにおける仮想通貨FXのスキャルピングはおすすめです。

他社と比べても、FXGTの仮想通貨FXスキャルピングのスペックは高く、最大1,000倍のレバレッジもかけられます。

ただし、1,000倍のレバレッジをかけたトレードは、取引量が3,000ドル以下の場合に制限されているので注意しましょう。

また、FXGTのスキャルピングには注意事項もあるので、ぜひ本記事を参考にして問題のないトレードをしてくださいね。

あわせて読みたい

2019年に設立された新興海外FX業者「FXGT」。 取り扱い銘柄数が多く、最大1,000倍のレバレッジをかけた為替FXや仮想通貨FXができる点がFXGTの特徴です[…]

blank